スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (2) 40

「おい、シャム。くだらねえこと言ってねえで仕事しろ!アンの性癖がどうだろうがテメエにゃ関係ねーじゃねーか!」 

 思わず怒鳴るランにシャムがしょげたように自分の席に戻る。その様子をニヤニヤ笑いながら眺めるロナルド。

「そう言えばアメリカは多いんじゃないのか?ゲイ」 

 吉田の言葉にしばらく呆然とした後苦笑いを浮かべながらロナルドは頭を掻く。

「まあ……公然と認めてる芸能人が多いのは事実だけど……今の結構世論は保守的だからね。田舎に行けば相変わらず差別もあるし……まあ東和とたいして変わらないよ」 

「へー……じゃあアイシャとかが好きな小説とかは読まれないんだ」 

 シャムの言葉にまたしばらく思考停止したように彼女を見つめるロナルド。その表情が彼自身がいわゆる『保守的』な人間で同性愛に不寛容であることを示しているようにその場の誰にでも見て取ることが出来た。

「そうだね。メジャーな書店では表には出ていないかな。日本で売れてるそっちの系統の雑誌を表に出してた大手の書店が市民団体の不買運動とかで引っ込めた事例もあるくらいだから」

「ふーん」 

『市民団体』、『不買運動』。難しい言葉が出てきて明らかに興味を失ったと言うようにシャムはそのまま端末に目を向けて作業を始めた。

「静かだな……」 

 首筋のジャックから端末へつながるコードをいじりながら要が呟く。確かにいつもならまじめに仕事をしようとする誠をからかいに来るアイシャの乱入も、要が壊した機材の請求書に一筆添えてくれとカウラに泣きついてくる管理部経理課長の菰田曹長の姿も無く淡々と時間が流れた。

「昼飯は……どうしようかな……」 

「西園寺。お前が一番うるせーな」 

 端末に映っている難しそうな部隊運用規則の草案を眺めていたランがただですら目つきの悪い瞳で貧乏ゆすりを続ける要をにらみつけた。要はランの幼く見える表情から怒りの意図を見つけると何度か頷いて貧乏ゆすりを止めると斜に座っていた椅子にしっかりと腰掛けてモニターに目をやった。

 シャムはその有様を横目に見ながらひたすら手にした請求書の数字を起動した請求書類用のソフトの項目に打ち込む作業に集中していた。

「おい、シャム。ミスタイプが多すぎるぞ」 

 思わず吉田の声が飛んだ。シャムは顔をしかめながらモニターの横からふんぞり返って目をつぶっている吉田をにらみつけた。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (2) 39


「そう言えばさあ……」 

 島田が去って10分も経っていない時間にシャムは飽きたように伸びをした。

「オメエ少しは我慢を覚えろよ」 

 いらだたしげに要がシャムを眺める。第四小隊は誰もが黙り込んで二人にかかわらないように決めているようだった。

「でも……やっぱり楓ちゃんと行けばよかったかな……」 

「じゃあ今からでも行けよ」 

「それって酷くない?アタシは仕事を片付けたくてこうしてがんばっているのに!」 

「それで片付いたのか?」 

 冷たく放たれた要の言葉にシャムの薄笑いが困惑に変わる。

「片付かない……」 

 そう言いながらシャムは目の前の吉田に目を向けた。吉田は先ほどから目をつぶってじっとしていた。首筋にあるコードは端末に直結しているので彼が寝ているのか仕事をしているのかは誰にも分からなかった。

「そうやって吉田に頼っているからいつまで経っても事務仕事や報告書で詰まるんだろ?自分でやれたまには」 

 要はそれだけ言うと自分の仕事に戻った。シャムは話し相手を失って周りを見回す。

「そう言えばアン君は?」 

 第三小隊三番機担当アン・ナン・パク曹長。部隊でも数少ない十代の新人の姿は朝からシャム達の前には無かった。

「ああ、アイツなら神前と一緒に東都だ……」 

 軽くそう答えてから要は猛烈な後悔に襲われた。その視線の中でシャムの笑みが大きく育っていくのが要にも分かる。

「じゃあ二人して今頃は……」 

「妄想中止だ!それじゃあアイシャだぞ!」 

 要はそう言うとそのまま再び画面に向き直ろうとした。だがシャムは自分の椅子から飛び降りるとそのまま軽い足取りで要の肩にしなだれかかる。

「やめろって!」 

「ふふふ……先輩……僕……」 

 そう言うとシャムは要の頬に手を伸ばした。



FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (2) 38

「やっぱり俺を解剖じゃないですか!」 

 島田が叫ぶが誰一人として要の軽口を止めるものはいない。

「だって……」 

「なあ」 

 岡部もフェデロも島田が解剖されるのは当然と言うような顔で島田を見つめている。

「死なないんだろ?貴官は」 

 ロナルドの言葉が島田に止めを刺す。うつむいてうなづく島田。確かに彼は本当に不死身だった。

 不老不死。そういう存在も先住民族『リャオ』には存在した。島田はその血が現れた珍しい能力を保持していた。意識がはっきりしている間の彼の再生能力は異常だった。先日の同盟厚生局の暴走の際に出動した際も腹部に数十発の弾丸を受けて内臓を細切れにされても翌日には平気で歩き回っていたほどの再生能力。それはかつて嵯峨がアメリカ陸軍の研究施設で完全に臓器ごとに解剖されてから再生されたと言う事実に匹敵するインパクトを部隊の隊員達に与えた。

「確かにそうですけど……痛いんですよ、あれは結構」 

「痛いですむのか?それなら一度こいつを三枚に下して……」 

「俺はマグロか何かですか!」 

 叫んだ島田に部屋中のにやけた視線が集まる。

「まあ安心しろよ。再生すると分かっていてもお前の頭に風穴を開けたら殺人未遂でアタシ等が刑務所行きだ。誰もそんなことはしねえだろう……多分」 

「西園寺さん!多分が余計ですよ!」 

 島田が叫ぶのを見ながらシャムは自分の端末のスロットに島田から受け取ったディスクを差し込む。

「じゃあアタシも勉強するから」 

「期待してませんがね。がんばってくださいよ」 

 シャムの言葉に吐き捨てるようにそう言うと島田は出て行った。

「アイツ……冗談くらい分かればいいのに」 

「島田にしか通用しない冗談だな。それにさっきの大尉の言葉どおり貴官が銃を島田に向けた時点で殺人未遂で懲戒免職だ」 

「それは大変だねえ。クワバラクワバラ」 

 ロナルドの言葉に首をすくめながら再び要は作っていた書類の作成の業務に立ち戻った。





FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (2) 37

「解剖か……」 

「俺がですか?」 

 突然の声に驚いて振り返る要。そこにはつなぎを着た技術部整備班班長の島田正人准尉が立っていた。

「ちゃんとノックぐらいしろ!」 

「しました。気づいてないのは西園寺さんくらいですよ」 

「アタシも気が付かなかったよ!」 

「ナンバルゲニア中尉は……まあいいです」 

 そう言うと島田はディスクを一枚シャムの前に差し出した。

「何?これ」 

 シャムの言葉に大きく肩を落とす島田。そして要に目をやる。要は自分が話しの相手で無いと分かるとそそくさと自分の席に戻って書類の作成を開始していた。

「先週の対消滅エンジンの位相空間転移実験の修正結果です」 

「エンジン?あの時はちゃんと回ったじゃん」 

 抗議するような調子のシャムに大きくため息をついた後、島田は頭を掻いてどう説明するか考え直しているように見えた。

「無駄無駄。どうせシャムにはわからねえよ」 

「要ちゃん酷い!アタシだって……」 

「じゃあ対消滅エンジンの起動に必要な条件言ってみろよ」 

 要にそう言われると黙って何も言えないシャム。フォローしてやるかどうか考えている吉田は黙って動くことも無かった。

「まあぶっちゃけ理屈が分からなくてもきっちり成果はありましたと言うのが結論なんですがね」 

 島田はそう言うとそのまま立ち去ろうとする。シャムは首を捻りながら相変わらず対消滅エンジンの理論を思い出そうとしていた。

「ああ、解剖なら最適の人材がいたな」 

 何気ない要の一言にびくりと驚いたようによろける島田。それを見てさらに要はにんまりと笑って立ち上がりそのまま島田の肩を叩いた。




FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (2) 36

「弓だね!それは名人がいるよ!」 

 シャムの言葉に気分を害したと言うように要がうつむく。

「もしかして西園寺大尉が?」 

「違うよ、隊長。隊長の家の芸が流鏑馬なんだって」 

「流鏑馬?」 

 不思議そうでそれでいて興味津々のロナルドに嫌々ながら要が口を開いた。

「馬を疾走させながら的を射抜くんだ。結構慣れとか必要らしいぞ」

「隊長が……あの人はスーパーマンだな」 

 ロナルドは感心したように何度と無くうなづいた。それを見ている部下のジョージ岡部大尉とフェデロ・マルケス中尉はすでに知っていると言うような顔でロナルドを見つめていた。

「でもなあ……叔父貴がスーパーマンだとスーパーマンがかわいそうだな」 

「確かにね。あんなに汚い部屋に住んでるんだもんね」 

 シャムの言葉にロナルドはうなづいた。

 隊長室。そこは一つのカオスだった。趣味の小火器のカスタムのために万力が常に銃の部品をはさんでいてさらにそこから出た金属粉が部屋中に散らかっている。かと思えば能書で知られることもあって知り合いから頼まれた看板や表札のためにしたためられた紙があちこちに散らばる。そして常に書面での提出を求められている同盟司法局への報告書の山がさらに混乱に拍車をかける。

「まあ芸が多いのと部屋を片付けられるのは別の才能だからな」 

 ロナルドは納得したように席に戻った。

「それにしても……誠ちゃん大丈夫かな」 

 話を変えてシャムはそのままにやけながら要を見つめた。

「何が言いてえんだ?」 

 明らかに殺気を込めた視線で要はシャムをにらみつける。

「だって東都の病院でしょ?警察とか軍とか誠ちゃんの秘密を知りたい人達の縄張りじゃないの。下手をしたら隊長みたいに解剖されちゃうかも知れないよ」 

 シャムの豊かな想像力に要は大きなため息をついてシャムを見上げた。




FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。