スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (2) 60

「おう、神前。アタシの皿、かたしといてくれ」 

 ランはそう言うと一人黙ってタンメンを啜っている要に目を向けた。それが合図だったかのように全員の視線が要に向く。

「ただ今戻りました」 

 そのタイミングで帰ってきたカウラ。その視線の先には黙って麺を啜る要の姿がある。

「西園寺さん……おいしいですか?」 

 重くなった空気に耐えられなくなった誠の声に静かに目だけ反応する要。しかし何も言わずに再びその目は汁ばかりになったどんぶりの澄んだ中身に注がれる。

「神前、昼過ぎに少しばかりシミュレータの結果について話があるんだが……」 

 カウラの言葉が要を意識したものではないことはシャムにも分かった。だが明らかにいらだっているような要は手にしていた割り箸を片手でへし折る。

「ああ、カウラさん。その件なら岡部中尉のデータと比較するとよく分かりますよ」 

「へ?……ああ、俺とナンバルゲニア中尉、それとクバルカ中佐のデータ。冷蔵庫で閲覧できるはずだよな……そうだ、3キロ走までの間第二小隊と俺とで冷蔵庫でちょっと打ち合わせするか?」 

 『第二小隊』と強めに発音したのは明らかにカウラの存在を意識している要に気を利かせての発言だとシャムですらよく分かった。シャムはそのまま視線を要に向ける。黙って深呼吸をしている要。その耳が隠れるあたりで切りそろえられた黒髪が静かに揺れていた。

「おう、吉田。コンピュータルームの方の予約はどーなんだ?」 

「あ、空いてますよ」 

「じゃー第二小隊と岡部は昼が終わったらコンピュータルームだ。それとスミスとマルケス」 

 ランの言葉に驚いて振り向くフェデロ。それをニヤニヤ笑いながらロナルドが眺めている。

「テメー等はアタシとシミュレーションルームだ。アタシも今週はシミュレーション実習をしてねーからな。失望させるなよ」 

「了解であります!」 

 フェデロが派手に敬礼する。それを見てアンが噴出しそうになるがフェデロのひげをいじりながらの一にらみに静かに視線を落とすしかなかった。

「吉田。シャムとアンの二人連れてハンガーに行け。『05式』の再調整への協力だ。ちゃんと仕事しろよ」 

「へいへい」 

 子供のようなランに言いつけられていかにもやる気がなさそうに吉田はこたえると再び固形糧食を口に運んだ。





FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (2) 59

 突然部屋の扉が開いて入ってきたのは第四小隊の面々だった。

「それにしても……出前ばかりじゃ飽きないか?」 

「マルケス中尉。ハンバーガーでも同じじゃないですか?」 

「なんだよ、アン。生意気な口を利きやがって」 

 口の端に着いたケチャップをぬぐいながら小柄で陽気なラテン系のフェデロ・マルケス中尉は突っ込みを入れたガムを噛んでいるアンに苦笑いを浮かべながら答える。

「今日はオメー等も3キロ走には参加だかんなー」 

『ゲ……』 

 ランの一言にフェデロとその後ろで髪を櫛でとかしていたジョージ岡部中尉が苦虫を噛み潰したような表情を浮かべた。

「俺達もいつまでもお客さんというわけには行かないだろ?まあ当然だろ。アメリカ海軍が最強だということを知らしめてやろうじゃないか」 

 鷹揚に笑うロナルドが立ったまま哀願するような視線を黙って丼飯を掻き込むランに向けている二人の肩を叩いた。落ち込んだように自分達の机に向かう二人。

「そう言えば今日は第三小隊のお二人さんがいないからな」 

 フォローを入れたつもりの吉田の言葉だが、生体部品の塊で走るとただ体組織を壊すだけということでランニングに参加しない吉田に言われたところで二人の落ち込んだ気持ちはどうなるものでもなかった。

「でも岡部ちゃんは早いじゃん」 

「ナンバルゲニア中尉が本気を出したときほどではないですよ」 

 座りながらシャムに向けるジョージの目に光があった。

 空間制御系法術。シャムもジョージもどちらも得意な法術である。自分の周りの空間の時間軸を周りの時間軸より早く設定することで光速に近い速度を獲得できる能力。これは何度かの法術発動訓練でシャムがジョージに指導している課題の一つだった。

「言っとくけどそんでも3キロは3キロだからな」

 ランに当たり前のことを言われて今度はシャムまで落ち込んだ。

「良いじゃないですか。この仕事は体が資本ですから」

「神前。ならオメーは6キロ走るか?」 

「クバルカ中佐……」 

 薮蛇の言葉に思わず誠は苦笑いを浮かべながら振り向いた。




FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (2) 58


 シャムが事務所に向かう階段に手をかけて上を見上げるとエメラルドグリーンの髪が揺れていた。

「カウラ……」 

「お前がいつまで経っても来ないから中佐が心配していたぞ」 

 そのまま呆然とカウラを見上げているシャムのところまで降りてきたカウラはそのままシャムのベルトに手を伸ばす。

「キム中尉の所に返すんじゃないのか?」

「そうだね」 

 シャムはそう言うと慌ててガンベルトをはずした。カウラはそのベルトとシャムの手の中のリロード弾を受け取る。

「じゃあ、これは私が返しておくからな。ちゃんと食事を取れ」

 そう言うといつものぶっきらぼうな表情を残して技術部の部屋が並ぶ廊下へとカウラは消えていった。

「あ!ご飯!」 

 シャムはようやく思い出したように一気に階段を駆け上がる。透明の管理部の事務所では女子職員の話を聞きながら高梨が快活に笑っている様が見える。笑顔でそれを横目にそのまま実働部隊事務所へとシャムは飛び込んだ。

「天津丼!」 

「ああ、残ってるぞ」 

 要のがシャムのテーブルの袖机に置かれた岡持ちを指差す。シャムはすばやくそこから天津丼を取り出して自分の机に置いた。

「慌ててこぼすんじゃねーぞ」 

 モニターに隠れて見えないランの言葉に苦笑いを浮かべながらシャムはラップをはがす。少しばかり冷えてしまったその表面にシャムはがっかりしたような顔をした。

「冷えるまで帰ってこないほうが悪いよな」 

 手にした固形携帯食を口に運びながら天井を見上げている吉田。そんな彼に舌を出すとそのままシャムは割り箸を手に取り天津丼に突き立てた。

「そう言えば吉田少佐、来月の節分の時に上映する自主映画の編集ですが……」 

 誠は暇そうに缶コーヒーを啜りながら天井を見上げたまま微動だにしない吉田に声をかける。声をかけられてもしばらく吉田は口に咥えた固形食を上下させながら聞いているのかどうかわからない様子でじっとしていた。

「あの……」 

「しばらく待てよ。その筋の知り合いにいろいろ助言してもらっているところだよ」 

 固形食を一気に飲み込んで前を向いた吉田の言葉に感心したように誠はうなづいた。シャムはそれを横目に見ながらいつもよりおとなしく天津丼を口に運んでいた。



FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (2) 57

「レベッカはどうしたのよ」

 島田達は予想通りのアイシャの言葉にニヤニヤ笑いながら西を見つめる。西は西でただどう答えるかうろたえながら目を白黒させてアイシャを見つめていた。

「その……キム少尉が……」 

「キムがどうしたのよ」 

 アイシャのそのふざけたような表情を見てシャムは西と付き合っているアメリカ海軍からの出向技官であるレベッカ・シンプソン中尉の動向を西に確認するまでもなくアイシャ自身が知っていることを確信した。

「仕事の途中で昼の注文の当番に出たので……」 

「で?」 

 今にも噴出しそうな表情のアイシャ。シャムはひやひやしながら寒風吹きすさぶ中で冷や汗をたらしている西を心配そうに見つめた。

「注文の電話をしたら残りは自分でやるからということで……」

「そこで西君は一緒に弁当とかの仕分けをしたいと言ったら島田先輩に怒られるからって言うのでそのままレベッカを一人正門のところに残して帰ってきたと」 

「知ってたんですか!」 

 急にむきになって叫ぶ西。古参兵達は相変わらずいい気味だというように西をおかずにして飯を食らっていた。

「知ってたも何も正門の目の前は運行部の部屋じゃないの。あれだけ甘ったるい空気を出していれば嫌でも目に付くわよ」 

 アイシャの言葉の意味。すなわち女性ばかりの運行部の面々が二人のやり取りをすべて見物していたという事実に気づいて西の顔が今度は赤く染まった。

「空き弁当の管理をあの子だけに任せたらかわいそうでしょ。行ってあげなさいよ」 

 そう言いながら歩き始めるアイシャ。西も気がついたと言うように弁当を手に取るとそのまま走って正門に向かう。

「アイシャ、本当に意地悪だね」 

「別に意地悪で言ってあげたわけじゃないわよ。……まあおせっかいということならまさにその通りなんだけど」 

 そう言うとそのままあちこちで新入隊員が弁当を食らっているハンガーを歩く。それぞれの出向元の軍の都合で期待を全身に受けて来た者、いらないと弾き飛ばされた者。それぞれの過去は知る由も無いがそれぞれに黙って弁当や麺類のどんぶりを抱えて食事を続けている。

「みんな外で食べれば良いのに」

「寒いじゃないの……まあ空が珍しくない面々にとっては少しでも暖かいこちらで食事をする方が良いんじゃないの」

「そんなものかな」 

「なんならシャムは外で食べる?」 

 アイシャの言葉に黙り込むシャム。それを満足げに見つめるとアイシャは手を振って正門へ向かう技術部長屋の廊下に向かって歩き出した。





FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (2) 56

「ナンバルゲニア中尉!……とクラウゼ少佐?」 

「島田君……なんで私のところだけテンション下がるの?」 

 M10の前で車座になって弁当を食べている整備員の中で一人工具入れを椅子代わりにして座っていた島田の顔が若干困ったような様子になった。

「クラウゼ少佐、こいつを苛めないでくださいよ。一応整備班長としての威厳という奴があるんですから」 

 巨大なアサルト・モジュールがしゃべっているようなバリトンがハンガーに響いた。思わずアイシャとシャムは静かにたたずんでいるM10に目を向ける。そこには巨大な丸い塊が動いているのが見えた。

「エンゲルバーグ中尉……」 

「ヨハン・シュぺルターです!」 

 大きな塊の上の肉の塊に張り付いた眼鏡がぴくぴく動きながら反論する。保安隊技術部法術関連技術主任、ヨハン・シュぺルター中尉。その七・三分けの金髪をハンガーの中を流れていく風になびかせながらゆっくりとシャム達に近づいてくる。

「そう言えばエンゲルバー……」 

「シュぺルターです!飯は食いました!」 

 アイシャの冗談に機先を制するとそのまま大きすぎる体を左右に振りながらよたよたと技術部の詰め所に向かい歩き出す。

「何やってたの?あの人?」 

「ああ、岡部中尉の二番機につけた法術ブースターの記録データを取りに来たとか言ってましたよ」 

「ふーん」 

 島田の答えになんだか納得しきれていないような調子でアイシャがうなづく。それにあわせるようにシャムも意味もなくうなづいた。

「それにしても……まだ昼になって20分経ってないじゃないの」 

「ああ、あの人の早食いは昔からですから」

「そうだよね、シャムもびっくりの早食い!」 

 シャムの滑稽な態度に島田の部下の古参兵達は満面の笑みで笑い始めた。

「西君!」 

「はい!」 

 下座で弁当のヘリについた米粒をつついていた西にアイシャが声をかける。その調子がいつものいたずらを仕掛ける時特有の色を帯びていたので周りの古参兵や島田達はニヤニヤ笑いながら少し青ざめた調子の西の顔を見つめていた。





FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。