スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (2) 80

 突然詰め所の扉が開く。

「あ!3キロ走……準備ですね」 

 出てきたのは誠。そう言うとそのまま自分の席まで駆け寄りそのまま端末を終了する。

「誠ちゃん」 

「はい?」 

 シャムの言葉にしばらく停止する誠の顔。シャムはそれとなく要を見る。それでも何も分からないのか不思議そうにシャムを見つめてくる誠。

「誠ちゃん。カウラは?」 

「カウラさん?」 

 これまた良く分からないと言う顔の誠。要はシャムの言葉を聞いていないようで手元の冊子を覗き込んでいる。

「だから!」 

「シャム!うるせー!」 

 大声になっていたシャムをランが怒鳴りつける。なんだか良く分からないと言う表情のまま誠は部屋を出て行くランに続いて行った。

「西園寺さんはご存知ですか?」 

 アンが要に声をかけた。シャムは要は誠のことが好きで同じく誠が気になるカウラを目の敵にしていると思っていた。だがアンの無謀とも言える声掛けに要はめんどくさそうに顔を上げて首をひねっている。

「なんでアタシが知ってなきゃならねえんだ?アタシはアイツの保護者か?」 

「でも……神前先輩は……」 

「ああ、アイツはシミュレーションの結果の修正をしてたんだ。それとカウラは今は隊長室」 

 そう言うと要はゆっくりと立ち上がる。要の反応をじっと観察していたロナルドはじめ第四小隊の面々はそれを確認するとそそくさと立ち上がりそのまま部屋を出て行った。

「隊長室?また要ちゃんが何かしたから怒られてるの?」 

「だからなんでアタシとアイツをくっつけて考えるんだよ。あれだ……お姉さんの抜けた後のことでいろいろとな……まあちっこい姐御はもう案を出してるらしいからその説明だろ」 

 そう言うとそのままランの部隊長席の隣の出口へと進んでいく要。

「いい加減着替えねえとちっこいのが怒るぞ」 

 要に指摘されてまたランの怒りを買うと思ったシャムとアンはそのまま小走りに部屋を飛び出していった。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (2) 79

「すみません……僕が注意していれば」 

「アン君は悪くないよ。私のせい」 

 申し訳なさそうなアンにそう言うとシャムはとぼとぼとハンガーを歩いた。整備班員も先ほどの島田の雷を見ているだけに落ち込んだ二人に声をかけることも出来ずに知らぬ顔で通り過ぎていく。

 そのまま階段を上り、管理部の透明のガラスの向こうで作業を続ける事務員を眺める。月末も近い。当然のことながら管理部の忙しさは半端ではなかった。

「はあ……」 

「落ち込まないでくださいよ……」 

 シャムのため息に悲しそうにアンが答える。そのままシャムは廊下を進み実働部隊の詰め所の扉を開いた。

「おう!シャム。反省文。四枚な」 

 小さなランがシャムの机にある紙を叩くとそのまま自分の席へと戻っていった。奥でニヤニヤしているのは吉田。

「俊平……ちくったな!」 

「人聞きが悪いことは言うなよ。あれの中身はお前も何度か聞かされてたはずだぞ?……ははーん。忘れてたな?」 

「俊平!」 

 シャムが叫んだ途端、ランが自分の机を思い切り叩いた。要は首をすくめてこの部屋の主を見た後ニヤニヤ笑いながらシャムを見つめてくる。

「くだらねー争いは止めろ。それと付け加えると反省文はボールペンで手書き。誤字脱字があったら再提出だからな」 

「はーい」 

 シャムはそう言うと自分の机に向かった。

「あのう……中佐。自分は?」 

「アン。テメーはあれだろ?シャムのあとについて降りたそうじゃないか。それにこいつは士官。テメーは下士官だ。士官は部下の見本とならなきゃなんねーよな。と言うわけでテメーは自分で心の中で反省しろ。反省の形は先輩で上官のシャムが残す」 

 そう言うとランが一息ついたというように目の前の端末を終了させた。

「シャム!反省文は今週中でいいぞ。どうせオメーのことだから明日までとか言うと誤字脱字ばかりでオヤジさんに出せるようなもんはできねーだろうからな。3キロ走!」
 
「はいはーい」 

 いかにも面倒ですと言うように立ち上がるのはフェデロ。正面の岡部はやる気があるようで即座に立ち上がると足首を回して準備を始める。

「そう言えば……誠ちゃんは?」 

 いつも一番にアクションを起こす誠がいないことに気づいてシャムは首をひねった。

「カウラさんも……」 

 アンは驚いたように要を見る。要は特に気にしていないというように首筋に刺さっていたジャックを抜いて端末の作業を静かに終えている。その不気味な沈黙の理由を知りたい好奇心に駆られながらシャムもまた静かに立ち上がった。




FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (2) 78

「ナンバルゲニア中尉……中尉も中尉ですよ。僕はちゃんと通路を通るように言いましたよね?」 

「言ったっけ?」 

 とぼけるシャムだがじっとりと脂汗が額を流れる。そして自分の言葉が明らかに島田の怒りに火をつけたのが分かって後悔の念にさいなまれた。

「西!テメエ何年ここにいる!」 

 怒鳴りつける島田、両手を握り締め、いつでも西の胸倉を掴みかかれるような体勢で三人をにらみつけている。

「もうすぐ……三年に……」 

「だったらテメエが何を扱ってるかくらいわからねえのか!事故じゃ済まないんだよ!こいつが吹っ飛べば災害なんだよ!もう町一つ消し飛ぶんだよ!それを……見てませんでした?ふざけるな!自分の目が届かないなら監視に新兵捕まえとくとか方法があるだろ!ちっとは頭を使え!」 

 西を怒鳴りつけた後同じく殺気を込めた表情でシャムを見つめる島田。シャムとアンはただその迫力に押されてじりじりと引き下がった。

「中尉……別にここは俺達技術屋の神聖な場所だから土足で入るなとは言いませんよ……でもねえ」 

 一応はシャムの階級は中尉。ましてや遼南では『白銀の騎士』と呼ばれた伝説になるべきエースである。頭から怒鳴りつける勇気は島田には無かった。

「俺達も必死で仕事をしてるんですよ。仕事ってのは中尉達の機体が安全に運行できるようにすべての機材のチェックを行うことなんです。ですからあんまり勝手なことされると……俺だって西を怒りたくて怒っているわけじゃないんですから……その辺分かってくれます?」 

 しゃべりながら半歩ずつじりじり迫ってくる島田の迫力にシャムは思わずのけぞった。

「う……うん分かった」 

「そうですか……わかってくれましたか……」 

 そう言うと島田は身を引いて大きく深呼吸をした。シャムはようやく嵐が過ぎたと言うようにため息をついた。

「一応、このことはクバルカ中佐に報告しますんで」 

「え!」 

 冷静に放たれた島田の言葉に飛び跳ねるようにシャムは驚いた。島田はあまりシャム達のミスを上に報告したりはしない。逆にそのことで自分の直属の上官である技術部長の許明華大佐に怒鳴りつけられている姿もシャムは何度か見ていた。その島田がシャム達の行動をランに報告する。シャムは自分のしたことを悔いながらうなだれたまま島田に敬礼した。

「ハンガーにはそれだけ危険なものがあるんですよ」 

 去っていくシャムとアンの背中に慰めるような島田の言葉がむなしく響いた。




FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (2) 77

 周りを見渡す。古参兵の姿は無い。新入隊員達は自分の仕事で汲々としているようで誰もシャムとアンの姿には目も向けていなかった。

「そのまま静かに降りてください」 

 西の言葉にシャムはどうやら自分が降り立った機械が相当やばいものだと察してアンを連れて静かに地面に降り立った。

「あのさあ、西君。これ……何の機械?」 

「知らないで乗ったんですか?」 

 天井を仰ぐ西。そして静かに西がつぶやき始める。

「アサルト・モジュールの主力エンジンの燃料は知っていますよね?」 

「反物質……主にヘリウムから合成した……」 

「そこまで分かっていればいいですよ。反物質が一旦こう言う外界に出て大気中の物質に触れたらどうなります?」 

 うつむき加減でいかにも怖がらせようと言う意図が見え見えの西の言葉に苦笑いを浮かべながらシャムは頭を掻いた。

「わかんない」 

「中尉!大爆発です!対消滅爆発!」 

 つい飛び出したアンの激しい言葉。シャムはとりあえず対消滅爆発が相当なすごいことだと言うことだけは理解して暗い表情の西を見つめた。

「で?」 

「で?じゃないでしょ!そう言う物質を安定化させて保存するのがこの機械です!現在は機体に残ったその反物質の抜き取りをしているわけで……」 

「そう、抜き取りをしているわけ」 

 突然の声に西が振り向く。そこには満面の笑みの島田が立っていた。

「西、貴様はシャムさん達があのパイプを降りてくるのを黙ってみていたわけだな?」 

「班長!自分は……気づかなくて……」 

 西の顔が次第に青ざめる。島田の笑みがどちらかと言えば怒りから発した笑みだと分かってシャムは逃げ出したいと言うように周りを見渡した。

 遠くで吉田が様子を伺っている。助けを求めるべく視線を投げるが吉田はぷいっと背を向けてそのまま詰め所に上がるハンガーへと歩き始めてしまっていた。




FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (2) 76

「あ!」 

 アンの声が響いて黄色いコードを踏みちぎりそうになったシャムが前を向いた。そこには先ほどは無かったコードの滝のような情景が広がっている。

「アン君、迂回できる?」 

 シャムの言葉にしばらくアンは左右を見回している。そして静かに振り向き首を振った。

「さっきの作業の時に動いたのかな……どうしよう」 

「とりあえず戻りますか?」 

 そんな弱気なアンの提案にシャムはしばらく沈黙した。周りを見回す。通路を越えて伸びる黒いコードの列の間に隙間がある。良く見ればシャムやアンくらいなら入れる程度の広さがあった。

「正人はああ言ったけどやっぱりこっちから行くしかないよね」 

 シャムはそう言ってその隙間を指差す。泣きそうな顔を浮かべたアンを見るとなぜかサディスティックな気持ちになったシャムはそのまま体を隙間へとねじ込んだ。

 コードの森から身を乗り出すとハンガーの中の冷気が身にしみる。コードの周りの塗料が染み込んで黒くなった手をこすりながら下を見るとちょうどスロープのようにコードが階下の大型の機械に向けてなだらかに続いているのが分かった。

「アン君。行けるみたい」 

 シャムはそう言うとそのまま体をコードの間から引き抜いた。作業中の整備班員達はそれぞれの仕事に忙しいようで自分に気づいていないところがシャムには面白く感じられた。そしてそのまま一本の頑丈そうで手ごろなコードを握りながらラベリング降下の要領で静かに降り始める。

「大丈夫なんですか?」 

「大丈夫だって!」 

 心配そうにコードの間から頭を出しているアンに声をかけるとシャムは再びするすると地面に向けて降り始めた。

『早くしろ!シャム!』 

 相変わらず吉田が叫んでいるのが聞こえるがシャムは無視してそのままコードを伝って降りていく。頭上のアンも覚悟を決めたというようにシャムを真似て降り始める。シャムとは違いレンジャー部隊での勤務経験の無いアンはいかにもおっかなびっくりずるずると降りてくる。その様がシャムには非常に滑稽に見えて噴出しそうになるのを必死になって堪えた。

 ようやく足が大きな唸りを上げる機械の上についた。シャムは静かに着地すると周りを見渡した。

「ナンバルゲニア中尉……」 

 最初にシャムに気がついたのはその機械に取り付けられた端末に何かを入力していた西だった。

「これって何の機械なの?」 

「知らないで乗っかったんですか?」 

 シャムのあまりに素直な質問振りに呆れながら西は周りを見渡して口元に手を当ててシャムに静かにするように合図した。





FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。