スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 殺戮機械が思い出に浸るとき 125

相変わらず人気のない廊下を渡り、執務室のドアを開ける。

「なんでアイシャが来てるんだよ」 

部屋に一番に入って伸びをした要が振り返りながらそう言うのにアイシャはしたり顔でその肩を叩く。

「まあ……私は優秀だから準備はすべて終わってるの。それより……残務整理、たまっているんじゃないの? 」 

アイシャに指摘されて誠もそそくさと自分のデスクに向かった。机の上には冊子が一枚と小さなディスク。そしてつたない文字で『心配をかけたからやっといたからね!』という手紙が残されていた。

「シャムの奴……気を利かせたつもりかよ。って言うか、シャムの仕事だろ?信用できるのか? 」 

「まあディスクの中身とレポートは副隊長が仕上げたんだろ。シャムが出来るのはそれを机に置くことくらいだ」 

「さすが……よく分かってらっしゃる」 

カウラの言葉に要は苦笑いを浮かべながらディスクを自分の机の端末のスロットに差し込んで端末を起動させた。

「そう言えば最近クバルカ中佐は徹夜が多かったですからね……」 

「あれじゃあまるで児童虐待だぜ」

「西園寺。帰ったらそれを中佐に報告しておくか? 」 

皮肉るつもりのカウラの言葉に要は大きく首を振りながら端末の画面を覗き込む。

「こりゃあ丁寧な作りだこと……」 

誠も続けて立ち上がった端末の画面に丁寧に作り込まれたレポートがあるのを見て頷いた。

「まあランちゃんも凝り性だから……でもこれじゃあ仕事も何も無いわね。本当に隊長の言うとおり帰るしか無いわね」 

「そう言うことか……」 

渋々要は端末を閉じながらぺらぺらとレポートをめくった。誠も目を通すが、宇宙での05式の動作特性に関する注意事項と連携を中心としたミッションの展開状況に関して念入りな図入りの文面にランの力の入れようを感じた。

「でも……空に浮いてるあれがどうなるかで無駄になるかも」 

アイシャの一言に場が一瞬で凍り付く。

「その時……アタシ等が何が出来るのかね」 

「それは明日になれば分かることだ。帰るぞ」 

カウラの一言に誠も緊張した脳を解放しながらそのまま飛び出していく要の後ろに続いた。


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 殺戮機械が思い出に浸るとき 124

「確かに……そう言う能力があるって話は知ってたさ……」 

苦し紛れのように呟く要。アイシャはその言葉にあざけるように肩を揺らして笑いをこらえている。

「でも……あれだろ? 先の可能性……いくつかある時間の分岐点の一部が見えるってだけって話じゃねえか」 

「あのなあ、それでも十分だよ。言ったろ?ネネってのは特別勘が良いんだって。可能性が見えるってことはそれだけ未来が絞られるってことだ。しかもその持ち前の勘で見える未来の中から可能性の薄いモノを消していけば後は答えが分かっている推理小説の犯人を当てるような話だ」 

「それはそれは本当に便利。私も欲しい能力だわ」 

アイシャの徒労に付き合わされた嫌みから出た一言。だがそれも嵯峨には鼻で笑う戯言だというように面倒くさそうに再びタバコに火を付けながら言葉を続けるきっかけでしかなかった。

「本当にそうか? 見たくもないものまで見えるんだぜ……俺はご免だね。それにお前さんみたいに先を見たがっている連中はごまんといる。其奴等が大挙して喋りたくもない未来を喋れと迫ってくるんだ……悪夢そのものじゃないのか? 」 

嵯峨にそこまで言われるといつもの鼻っ柱の強いアイシャも自然と伏せ目がちになる。

「法術……俺の祖母さん。あの遼南の女帝ムジャンタ・ラスバは帝位に就く前は先遼州文明の研究者だったからその絡みでいろいろ話は聞いていたが……法術師を作った宇宙文明って奴は確かに悪趣味の極みだね。人間はそんなに強くちゃいけないよ。強さってのは弱者に自慢するだけが取り柄の馬鹿野郎にはうれしいものかも知れねえが……その強さの意味ってモノが分かっちまうだけの頭の回転がある人間には重荷意外の何物でもないよ。自分の出来ること、しなければならないこと。それが嫌でも分かっちまう。そして人もそれを期待してしまう。伝説の預言者が東都のゲットーに籠もるようになったのも何となく分かるような気がするね」 

独白。それは嵯峨が自分自身のことを言っている。そして誠達のこれからについても暗示している。誠にはそのような意味に聞こえて自然と口元が引き締まるのを感じていた。

「まあ……明日は新港への移動日だ。今日中にネネから要に連絡が入ると思うぞ……吉田の正体。しっかり聞いてきてくれよ」 

それだけ言うと嵯峨はくるりと隊長の椅子を回して窓の外へと視線を移した。

「おい、叔父貴は吉田のことを……」 

要の言葉にめんどくさそうに嵯峨が顔だけで振り向く。

「くどいねえ。俺は部下の才能は買うが個人のプライバシーまでのぞき見て喜ぶ趣味はねえんだよ。とっとと寮に帰って演習の予定表にでも目を通しておけよ」 

そのまま振り向いて手で出て行けと合図する嵯峨。誠達は仕方なくいつもとは勝手の違うきれいすぎる隊長室を後にした。

「芝居? 」 

外に出たとたんにアイシャが要を見下ろして呟く。その青い瞳を見ながら要は苦々しげに首を振る。

「さあな……要するにアタシが相当な世間知らずだったと言うことが分かったのがアタシとしての収穫だよ」 

「それは良いことだ。実に良い進歩だな」 

皮肉めいたカウラの言葉に反論する元気もなく、要はとぼとぼと実働部隊の執務室へと向かった。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 殺戮機械が思い出に浸るとき 123

「そう言う叔父貴は……知ってるのか? 」 

振り絞るような要の一言。誠達は息を飲んで嵯峨に目をやる。嵯峨は相変わらず天井にタバコの煙を噴き上げていた。

「噂はねえ……どれも信憑性が乏しいからねえ。まあ確実に言えるのは……次の手を読むのが上手いってことは確認できるな」 

「次の手? 」 

要がゆっくりと顔を上げる。うちひしがれていた姪が少しばかり元気が出たのがうれしいのか、にんまり笑いながら嵯峨は言葉を続けた。

「横流し品、横領品、密輸品。どれもモノが動き出した時点じゃ情報を売り買いして飯を食っている二流の連中でもその様子は熟知しているもんだ。動き出す直前、そこですでにその品物の輸送ルートのパターンを想定して対立勢力や関心のある連中に情報を売りつける。まあそれも一流とは言えないねえ……本当の一流はすでにその時点でどこがその品物に関心を持っているか、官憲などはどこまでその動きを把握しているか、そしてその品物の行方によって状況はどう変わるのか。そこまで分析できて初めて一流だ。だがそれでも伝説の情報屋にはほど遠い」 

「もったい付けるなよ」 

すでに嵯峨の話に身を乗り出している要の変わり身に呆れながらも誠は嵯峨の言葉の続きを待つ。

「ネネってのはそんな情報屋。一流どころが手にするだろう情報の内容を当ててみせるんだ。つまり情報屋の情報を売りつけるってわけだ……情報屋も頭がネットとつながっているサイボーグばかりじゃ無いのはお前さん達も知ってるだろ? そんな人様のおつむの中身をぴたりと当ててみせる。まあ伝説にもなるわな」 

そこまで言うと嵯峨は満足したように咥えていたタバコを真新しい灰皿でもみ消す。

「そんな芸当……占いの類か何かじゃないですか」 

誠の当然の疑問に嵯峨は満足そうな笑みを浮かべる。

「それが出来るから『預言者』の二つ名で呼ばれるんだよ。鈍い連中には予兆も感じない人の流れや物資の動き。時には時代さえもぴたりと当てる。確かにこいつは『預言者』と呼ぶしか無いよな」 

「時空間干渉能力……法術師ですね」 

しばらく黙って嵯峨の話を聞きながら自分の顎に手を当てて考え込んでいたカウラの一言。嵯峨は曖昧な笑みを浮かべる。

「時間……俺達の次元の把握能力じゃただ流れていくとしか思えないもんだ。それをまるで俺達がサイコロを見て裏の目を当てるように自然に分かる力のある奴がいる……気分のいい話じゃ無いがヨハンに聞いたらあってもおかしくはない能力なんだそうな」

嵯峨の言葉に部屋に沈黙が拡がった。未来を読む能力を持つ予知能力者。その存在はある意味これまでの法術に対する誠達の考え方を根底から揺るがすことになる。

「でも……それならお仕事を受けた時点で吉田少佐が何者かってことくらい教えてくれても良いんじゃないの? 」 

それとなくアイシャが呟いた言葉に誠も大きく頷く。

「そりゃあ『預言』だけで飯が食える世界にネネが生きているならな。だが……それを言ったとしてオメエ等がネネの言葉を信じるか? 」 

嵯峨のふざけたような口調に誠はむくれながら隣の要の顔をのぞき見た。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 殺戮機械が思い出に浸るとき 122

「機密には金がつきものだろ? 」 

若干自信が揺らいでいるようで要の言葉は振えていた。嵯峨はいつものように胸のポケットからタバコを取り出すと自動的に火を付ける。

「まあ……相場という奴がね。それにだ。お前さんは俺が『預言者』の話を持ち出すことに疑問を感じていないようだが……水漏れの準備もまるで無しか? 機密が聞いて呆れるよ」 

嵯峨の言葉は明らかに要を嘲笑していた。強気の要が完全に打ちのめされたというように俯いて両手を握りしめている。カウラもアイシャも相手が嵯峨、胡州陸軍では諜報活動の先端を担う東和大使館付き武官を出発点として、外地におけるゲリラ摘発の特殊部隊の部隊長を勤めたその道のプロであることを思い知らされた。

「ただ……相手も一流の情報屋だ。俺も何度か依頼をしたが……突っぱねられた口でね。そう考えるとよくつなぎを付けたもんだと感心させられないこともないな」 

「そ……そうかねえ……」 

俯いたままの要。その表情を誠がのぞき見ると少しだけ口元が緩んでいるように見えた。

「二つ名が付くような裏の世界の人間は仕事を選ぶからな。金、主義、顧客の人柄。どいつもこいつも海千山千の怪物ばかりだ。その基準は人に分かるもんじゃ無い。そんな一流どころが俺を嫌って要を選んだ……なかなかおもしろい話だな」 

嵯峨の口から吐かれたタバコの煙。元々遠慮と言うことはしない嵯峨らしくせっかくきれいになった隊長室の天井がすぐにヤニで染まることになるだろうと言うことはすぐに想像が付いた。

「しかし……なぜ西園寺を選んだんですか? 隊長を袖にしたと言いますから……」 

カウラの真っ当な質問にアイシャも頷いて嵯峨の答えを待つ。嵯峨はただひたすら天井を見上げてじっとしている。

「お前さん達。依頼者……『預言者ネネ』についてはどれだけ知ってるよ」 

突然の嵯峨の言葉は鋭く残酷に響いた。カウラもアイシャもそこで自分達が依頼した相手についてただ要のチョイスだけに任せていた事実に気がついた。

「東都戦争の時にはすでに伝説だったな……抗争の最中、旧共和軍系のシンジケートとイスラム系のシンジケートの銃撃戦の中を一人の少女が買い物かごを持って歩いて渡った。その少女が近づくと両者は銃撃を止め、彼女が通り過ぎればまた激しい銃弾が飛び交う……誰もが彼女に手を触れることは出来ない。それをした組織は東都じゃ飯が食えなくなる」 

「要……それは伝説ができあがってから後の『預言者』の立場だ。何でネネと呼ばれるどう見ても栄養失調のメス餓鬼が億単位の東和から綾南に向けての援助物資の横領品の争奪戦をしている最中でもそれを気にせずに行動できる身分に成り上がったか……それの説明が無ければ回答としては0点だ」 

嵯峨の言葉は全く持ってその通りだった。カウラとアイシャは要の俯いた姿に目を向ける。要は再び目を落としたまま動くことも出来ずに黙り込んでいた。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 殺戮機械が思い出に浸るとき 121

隊長室の前に付くと早速ドアノブに手を伸ばそうとする要の前をカウラが遮った。

「礼というものがある」 

ただそれだけ言うと無表情にカウラはノックをする。

『おう! どうせベルガー達だろ! 』 

相変わらずのやる気のなさそうな声にカウラは肩を落としながらドアを開いた。

「どうだ? ずいぶん片付いたろ? 」 

誠達が部屋を見回す前に嵯峨が叫ぶ。いつも見慣れた書類と銃の部品の散乱した隊長の執務机とは別物のように磨き上げられてそれらしく見える机と何もない部屋に誠達はただ言葉もなく黙り込んでいた。

「あれだ……公安の連中が俺のことを嗅ぎ回ってるからな……近々任意の取り調べってことになるかも知れないからな。そうなると鑑定を頼まれてる品が心配だ。物の価値も知らない連中のことだ。下手をして傷つけられたらたまったもんじゃねえから片付けた」 

「簡単に言うけど……あれじゃねえのか? また茜の奴を使ったんだろ? 」 

苦笑いを浮かべる要。

「まあ……門前の小僧、習わぬ経を読むって奴でね。アイツも餓鬼のころから俺の事務所で骨董の類を見る眼もあるし、そう言う品を専門に預かる業者にも顔が利くしな」 

「かわいそうな茜ちゃん」 

いつもはこういう時には黙っているアイシャですら同情の言葉を吐く。美術品運搬の専門業者がこの部屋に鎮座していた嵯峨に鑑定や極め書きを頼んだ品を運び去っただけには見えなかった。軍の連隊長クラスのそれなりに威厳のある机に不釣り合いな使い込まれた万力を初めとした嵯峨の趣味とも言える拳銃のカスタム用の部品や工具まで部屋から消えている。

さらにいつもなら歩く度に巻き上がる金属粉も、べっとりと染みついているガンオイルの汚れすらぱっと見た限りどこにも存在しなかった。

「この部屋を三日かそこらで一人で掃除……」 

「一人じゃ無理だな。茜と……つきあいで渡辺。それに叔父貴のカスタムの秘密を盗みたいと言うことでキム……さらにはそのつきあいでエダ……四人がかりならなんとかなるだろ? 」 

要の推測に嵯峨は満足げに頷く。

「当りだ……少しはモノが見えてきたみたいだねえ……叔父として心強い限りだが……」 

そこまで言うと嵯峨は胸のポケットからマイクロチップを取り出す。

「脇が甘い……あれだろ? 租界の『預言者』に吉田の情報を探らせているらしいじゃねえか……しかも出してる金額聞いたら……呆れたよ」 

嵯峨は哀れむような視線を要に向けたままどっかりと隊長の机に腰を下ろした。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。