スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 殺戮機械が思い出に浸るとき 20

「凄えなあ……なんのコレクションだ? 」 

要は遠慮無く手前の木の棚の扉を開いた。誠もカウラもついそれを覗き込んでいる。いくつも並んでいる薄い物体。誠は初めて見るその物体をただ呆然と見つめるだけだった。

「まさか……レコード? マジかよ……今更何に使うのかねえ……」 

要は遠慮せずにその一枚を取り出す。三十センチ強の四角い板が目の前に現われる。表面には三人の黒い背広の男の写真がプリントされている。

「もしかしてLP版じゃないかしら? それにしたら凄いコレクションよ。もう三百年以上前の代物だもの……その保存のための部屋。凄いわね」 

いつの間にか部屋の奥で同じように扉を開けてレコード盤を取り出していたアイシャがつぶやく。誠もその言葉でようやく目の前の物体の正体を知った。レコードと呼ばれるものがあることは誠も知っている。アナログな記憶媒体が一般的だった20世紀の音楽を記録する媒体と言うことはアニソン以外の音楽に疎い誠も知っていることだった。特に懐古趣味が強い東和ではこう言う古い媒体は珍重される代物だった。

「この一つの箱で……五十枚以上入っているな。どれだけ集めたんだ? あの人は」 

ただ珍しい媒体の並ぶ部屋を見回すカウラ。彼女が呆れるのももっともな話だった。ざっと見ただけでも箱は百や二百という数ではない。その集められた音楽の数に誠も圧倒されるしかなかった。

「ジャズはねえのか? 趣味人にしては気がきかねえな」 

要はレーベルを一枚一枚確かめていく。手前の見えるところを見終わると下の箱を開けてまた検分を始める。

「吉田少佐はジャズって感じじゃないでしょ? なんだかよく分からないけど……もっと軽い感じというか……電子音ばりばりの感じがしない? 」 

同じように奥で箱を開けては中身をのぞき見ているアイシャがつぶやく。

「そんなに開けて良いのか? 後で証拠が残るとまずいだろ」 

心配そうなカウラを要は一瞥すると手を振って気にするなと合図した。それを見ると誠も好奇心に負けてそのまま部屋の奥へと足を向けた。空気が凍ったように静かな部屋の中。ただ箱の扉を開く音とレコードのジャケットを要やアイシャが引き出す度に起きる摩擦音だけが響いている。

誠はそのまま手近にあった箱の扉を開いてみた。

ここにもぎっちりとレコード盤がひしめいていた。背表紙のような部分にはアルファベットの表記でそのレコード盤のタイトルが印字されている。よく読むと英語とドイツ語の表記が多いのが分かる。試しに一枚を引き抜いてみた。

四人の男が道路を横断しているデザインのジャケット。誠はそれがどこかで見たことがあるような気がしていたがどうにも思い出せずにそのままそのレコード盤を箱の中に戻す。一枚いくらの値がつくのか。この家の設計からして相当な吉田のこだわりが感じられるだけに恐ろしくも思えてくる。

「これ割ったら切腹ものかしら」 

さすがにアイシャも手にしたレコードの価値に気づき始めておっかなびっくり手にしたレコード盤を箱の中に戻すとそのまま入り口近くで箱を覗き込んでいるカウラのところの戻ってきた。

しかし、そんな価値のことなどまるで気にしない人物が一人いることは誠も十分分かっていた。

「大丈夫だろ? どうせほとんどは最新のデータ化されて東都国立図書館とかで聞こうと思えば聞ける代物ばかりだろうからな。それに……」 

要は平気で厚紙の中に入っている黒い樹脂製の円盤を取り出す。そしてそのまま天井に付けられた淡い光を放つ照明にかざして溝が彫られた表面をのぞき見た。

「相当酷使の後があるな……ターンテーブルか何かで回したんじゃねえのか? これは」 

誠の聞き慣れない『ターンテーブル』という言葉。カウラもただ首を傾げてレコード盤を箱に戻す要を眺めていた。


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 殺戮機械が思い出に浸るとき 19

誠が思ったのは吉田ならどこかにトラップの一つや二つ仕込んでいるのでは無いかと言うことだった。カウラがポケットからサングラスのようなものを取り出したのもそのせいだろう。

「赤外線の反応は無し……監視カメラはどうだ? 」 

「無いな……意外と管理は甘いんだな」 

要の言葉でようやくカウラはドアを確認する。まるで当然のようにそれは開いた。

「不用心ね。これじゃあ泥棒に入られちゃうわよ」 

「あの少佐殿の家に泥棒? そりゃあ身の程知らずもいいもんだな」 

警戒するアイシャを笑い飛ばすとそのまま要は家に踏み入った。誠も仕方なくその後に続く。

玄関口。別に豪華さがあるわけでも機能性を感じるわけでもないそれなりに小洒落た雰囲気のある玄関だった。

「洋風に靴で上がるのか……気取ってるねえ」 

要には全く遠慮がない。カウラは赤外線探知装置付きのサングラスをかけて警戒したままその後ろに続く。三階建て、天井まで吹き抜けのホールのような玄関口に圧倒されていた誠だが、そのまま真っ直ぐ歩き続ける女性陣において行かれてはたまらないとそのまま奥のドアに飛び込んだ。

「食堂か……使った様子は無いな」 

テーブルの上の埃を指でさすりながら要がつぶやく。アイシャが無遠慮に冷蔵庫を開けると中身は空だった。誠はそのまま電気式のコンロの前に立つ。そこも久しく使用した形跡は見受けられない。

「しばらく使ってない……これは三四日という感じの雰囲気では無いな」 

カウラの冷静な分析に誠も頷くしかなかった。

「あの少佐殿は家には帰っても寝るだけみたいな雰囲気があるからな。高速に乗って一時間。間に飯屋は山ほどある。自炊の必要も無いと言うことなんだろうな」 

要はそう言うとそのまま隣のリビングに足を踏み入れた。そちらは多少人のいた形跡があった。ソファーにも人が寄りかかったようなへこみが残っているし、その手前のテーブルの上の音楽雑誌の山の上にも埃の気配は無かった。カウラは当然のように手元にあったテレビのリモコンを操作する。電源を入れると最近はやりのネオテクノ系の音楽を流している番組が流れていた。

「やっぱりそうだ。ここでテレビでも見て時間を潰してから寝たんだろうな……」 

「そんな日常をトレースするのは良いんだけど……手がかりはどこ? 」 

アイシャの真っ当な質問に要は頭を掻きながら奥にあったドアに向かって歩き出した。

「勝手に動くなよ」 

「動かなけりゃあ手がかりも見つからないってもんだよ」 

平然と扉を開く要。その部屋だけは空調が効いているらしく、乾いた空気がリビングまで流れ込んできた。

「電気は……ここか」 

いつも通りデリカシーもなく平然と電気を付ける要。誠はその光の中に現われたものに目を奪われた。

「ここは?」 

ただ目の前に並ぶ木製の棚。その高さは優に三メートルは超える。そしてぱっと見た奥行きで30メートルはあるだろうこの部屋の雰囲気に誠はただ息を飲むしかなかった。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 殺戮機械が思い出に浸るとき 18

「本当にお金持ちの街なのね」 

感心したようにアイシャがつぶやいたとき車は急に路肩のコンクリートに右タイヤを乗り上げた。

「着いたぞ」 

要の言葉に誠はまだぴんと来ずにただ呆然と周りを見渡した。目の前の打ちっ放しのコンクリートの表面を晒した奇妙な家屋が目を引く。立方体をいくつも組み合わせたようなその姿。ある部分は出っ張り、ある部分は引っ込み。明らかにバランスが悪そうに目の前の空間を占拠している。

「もしかしてあの家ですか? 」 

「らしいだろ? 」 

助手席の扉を開けながらにんまりと笑って要は下りていった。アイシャが序章席を倒してそのまま這い出る。誠もまた狭い車内から解放されようと急いで道に飛び出した。

閑静な住宅街。大通りからは遠く離れていて車の音もほとんどしなかった。

「じゃあ行くぞ」 

要の言葉に誠達は目の前の奇妙な建物の玄関に向けて歩き出した。その建物の奇妙さに比べると玄関はそれなりに先進的な作りだがセキュリティーのしっかりした上流階級の家庭ならどこでも見かけるような普通のたたずまいをしていた。

「留守だったらどうする? 」 

冷静なカウラの突っ込みにチャイムを押そうとした要が少し躊躇いがちに振り向いた。

「こういうところだと聞き込みするだけ無駄だよな……お互い関心なんてまるでもっちゃいねえんだ。プライバシーの尊重? そりゃあ建前で実際は後ろ暗いことがあるからなんだけどな。そうでなきゃ人の上に立ってこんな家まで建てるような身分にはなれないのが世の中という奴の仕組みだ」 

「よく分かってるわね。さすがザ・上流階級」 

冷やかすアイシャを無視したが他に何ができるというわけでもない。とりあえず要はチャイムを押した。

しばらく周りの家々を見回す。ある家は瓦に凝り、ある家は塀の漆喰を南欧風に仕上げたりなどそれぞれ大通りに面した豪邸とはまた違うこだわりを見せつけてくるのが誠にはどうにもなじむことができない。

「留守か? 」 

「だと思ったわよ……あの人が連絡をしてこないのに家にいると思うわけ? じゃあこのまま東山町でも出てアニメショップでも寄っていきましょうよ」 

アイシャがそう言ったときカウラが静かに門扉を開けた。打ちっ放しの家に似て飾り気のない鉄板で出来たそれはするすると開いた。

「開くな」 

開いた扉を見ると要はそのまま遠慮もせずに敷地に立ち入っていく。アイシャもカウラもそれが当然というようにその後に続く。

「良いんですか? 」 

「良いも何も……開いてるんだから入るのが普通だろ? 」 

振り返ってにやりと笑う要。誠はただ呆れながらそのまま家の門までたどり着いて中をうかがっているカウラの方に目をやった。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 殺戮機械が思い出に浸るとき 17

右折して続く真っ直ぐな道。左手には延々と要の実家の所有物の屋敷の白壁が続いているのが見える。

「本当に……お金貸してよ」 

「なんでその話が出てくるんだ? 」 

要は苦笑いを浮かべるしかない。確かにこのただでさえ豪邸の並ぶ街にこのような巨大な施設を所持できること自体かなりの驚きでしかない。誠もただ呆然とようやく視界の果てに白壁が終わりを告げるのを見てほっとため息をつくしかなかった。

道は相変わらず豊川のとってつけた移動手段以外の意味を持たないそれとはまるで違うものだった。

「でも駅から遠いみたいだけど……ああ、みんな車を持ってるから平気なのね」 

自分を納得させるようにアイシャがつぶやく。誠は時々見える標識でこの道の地下には地下鉄が走っているらしいことはすでに分かっていた。

「次は警察署の角を右で……二番目の信号を左か」 

カウラも要の立場を再認識したように瞬きをしながら意味もなく道順を口の中でもごもごとつぶやく。要は明らかにうんざりしたように頭の後ろに手をやったまま目をつぶっていた。

両側の豪邸が途切れてしゃれた雰囲気の商店が両脇に並び始める。アイシャは明らかに珍しそうにその店を眺めている。誠もまたこのような上品な店とは無縁だったことを思い出させられる。そう言えば大学時代にはこの近辺の出身の同級生とはどうも話が合わずに気まずい雰囲気の中で酒を飲んだことを思い出す。特に芸術家気取りが多い工学部の建築学科の連中とはそりが合わなかったのを思い出した。

「そこだよ」 

「分かってる」 

要の言葉にカウラは不機嫌そうに交差点を右折する。すれ違う車は相変わらず高級車ばかり。

そのまま同じようにしゃれた感じの先ほどよりは少し閑静な感じの並木道をカウラの車は進み、そのまま二番目の信号を左に入る。先ほどまでのとてつもない金持ち達の領分から抜け出たような少しランクの下がったような街並みにアイシャと誠は大きくため息をついた。

「ああいうところは私は駄目だわ。息が詰まるというか……洒落が効かないような感じがして」 

「そうだろうな。テメエの貧乏面にはにあわねえや」 

鼻で笑う要を睨み付けるアイシャだが、先ほどの要の別邸の巨大さを思い知っているので反論もできずにただ黙り込んで左右の明らかに特別注文されたと分かるそれなりに立派な家々に目をやってまたため息をついた。

誠もアイシャと同感だった。コマーシャルでやっているような大手の住宅会社の量産型建て売り住宅とはまるで違う趣のある家々。それぞれに設計事務所の技師が丹精込めてデザインに工夫を凝らし尽くしたのが分かるような家々を見て、ただただため息をつくだけだった。

「もうすぐだな」 

「こんな家が並んでるなら間違えようが無いわね。本当にお金のあるところにはあるものね」 

アイシャはまた同じような台詞を口にしてため息をつく。ともかく公務員であるカウラ、アイシャ、誠にはとても住めるような世界でないことだけは車が進む度に思い知らされることになった。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 殺戮機械が思い出に浸るとき 16

カウラのスポーツカーも豊川では目立つ車だが北上川の高級住宅街の中ではどちらかと言うと地味な存在に変わる。誠はようやく目覚めた要が不機嫌そうな顔で振り向くのを見ながら苦笑いを浮かべた。

高速では要とアイシャはすっかり熟睡していてまるで話を切り出すこともできなかった。運転するカウラが時折バックミラー越しに何かを語りかけようとするのは分かっていたが、アイシャが狸寝入りでないという保証は無い。二人ともただ何も言わずに風景が次第に都会的になっていくのを眺めているだけ。ただ無駄な時間を過ごしたというようにつまらなそうにカウラはハンドルを操作している。

「なんだよ……ったく気取った街だな」 

寝ぼけた頭を左右に振りながら眺めている要の一言。その一言がきっかけだったように突然ぱちりとアイシャが目を開いた。

「アイシャさん起きたんですか?」 

誠の言葉にアイシャが目覚めたことを知った要がめんどくさそうな表情で振り返る。アイシャはそのままむっくりと起き上がると大きくため息をついた。

「ここどこ? 」 

「北上川だ。もうすぐ目的地だろ? 」 

「まあな、このままこの通りをまっすぐ行くと白壁の屋敷にぶち当たるからそこを右だ」 

淡々とそう言うと要は口をつぐむ。その行為が少し意識的なものに感じられたようでアイシャがにやにや笑みを浮かべながら自分のジャンバーのポケットから携帯端末を取り出す。

「北上川……現在位置。中央白壁通り……突き当たるのは『摂州東和別邸』。要ちゃんの別荘? 」 

予想通りの質問が来た。そんな感じで苦笑いを浮かべる要。誠も重箱の隅を突くようなアイシャの態度にはさすがに要に同情したくなってきていた。

「悪かったな。うちの家は外交官の家だからな。東和は胡州とは因縁のある土地だ。時にはここに居を構えて交渉に集中する必要があるわけだ。その為の連絡事務所みたいなもんだな」 

「それなら大使館に一室設ければ良いじゃないの……っていうかさすが胡州貴族四大公家筆頭は考えることが違うわね」 

「別にアタシが考えたわけじゃねえよ。昔からそうなってるって話なだけだ」 

相変わらずふくれっ面の要を見ながら誠はただ呆然と周りの高級住宅街を眺めていた。下町育ちの誠には本当に無縁に見える門構えが並んでいる。家の屋根が見えるのは希で、ほとんどが大きな塀しか道路からは見えない。その道路も豊川の建て売り住宅なら二軒分はあるような広さの歩道を持っていてさらに中央のこれも広すぎる路側帯にケヤキの巨木が寒空に梢を揺らしていた。

「本当にお金って言うのはあるところにはあるのね」 

感心しながら周りを眺めるアイシャ。誠も通り過ぎる車が高級車ばかりなのに圧倒されながら目をちかちかさせつつ見物を続ける。

「あれで良いんだな? 」 

カウラの声で誠は正面を見た。目の前には本当に部隊の防壁よりもさらに高い白壁とその上には銀色に光る瓦屋根を載せた塀が延々と続いているのが見えた。

「本当に……お金持ちはいるものね……」 

冷やかすのも忘れたアイシャがあんぐりと口を開けたまま左右に長々と続く要の実家の別邸の壁を眺めていた。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。