スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 殺戮機械が思い出に浸るとき 60

「信じるねえ……確かにテメエ等のつきあいが長いのは聞いちゃあいるが……それほど奴は信用できるのか? 」 

「そう言う割には要ちゃんは心配してお金を出して俊平を捜してくれているんでしょ? 」 

嫌みを言うつもりが逆に窘められて要は顔を真っ赤にして黙り込む。その様子に吹き出すアイシャに要は照れ隠しに拳を握りしめて振り回した。

「別にそんなに心配しなくても大丈夫。アタシ以上に俊平は強いから」 

「強い弱いの問題じゃ無いわよね……なんでも東和の公安警察が吉田少佐を追い始めたとか……」 

アイシャの突然の言葉に誠はただ黙り込むしかなかった。

「公安が? 容疑は何だ? 今回の遼北と西モスレムの激突と……」 

「カウラちゃん興奮しないでよ! 私だって昔の知り合いのつてで噂に聞いたくらいなんだから! 」 

振り向いて詰め寄るカウラに迷惑そうに顔を顰めるアイシャ。そんな様子もどこ吹く風で相変わらずシャムは梅を眺めていた。

「心配しねえのかよ……辛抱強いというか……ここまで行くと薄情に見えるぞ」 

要の言葉に再び慈悲を帯びた笑みで振り返るシャム。彼女と吉田の出会いから今まで。誠が知っていることはほとんど無いと言っても良い。だがそのつながりがどこまでも特別なものなのは理解することが出来た。

「そう見えても仕方ないけど……分かるんだよ。間違いなく大丈夫だって」 

「そんなもんかねえ……」 

理解できないというように要はそのままシャムの隣の柵に寄りかかって梅を眺める。眺めていた紅梅に降り注ぐ光が一瞬の雲の影に隠れた。

「で……吉田は何をしてると思う? 」 

再び降り注ぐ早春の日差しを見ながらのそれと無い要のつぶやき。シャムはただ変わらぬ笑みを浮かべていた。その視線は梅の梢から逸れることがない。

「大事なこと。俊平がしなければならないと思った大事なことをしているんだよ。きっとアタシにも相談できないほど個人的で大事なこと……」 

「昔の女との別れ話か? 」 

「要ちゃんは……本当にデリカシーってものが無いのかしら? 」
 
アイシャの言葉にさすがの要も苦笑いを浮かべた。シャムを見る限り吉田の目的はそのような所帯じみた話のようには誠にも思えなかった。

「しなければならないことを終えたら帰ってくるよ。その時笑顔で迎えたいんだ……だから泣かないの……」 

光の中。シャムの眼の下に二筋の光の線が見えたのを誠は見逃すことがなかった。


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 殺戮機械が思い出に浸るとき 59

「案内板でもあったのか? 」 

カウラの言葉にただ指を指すアイシャ。

「梅だな……そして……」 

誠もカウラと共に松の木の隣に咲き誇る紅梅を眺めた。その目の前には三脚にカメラを載せて難しい顔で立ち並ぶ高齢の男女の姿とそれをうっとうしそうに横目で見ながら梅の花を愛でる同じ年格好の女性の群れを見つけた。

「でも……なんで? 」 

アイシャがそう言ったのはその向こう側。柵に頬杖をついてじっと梅を眺める少女の後ろ姿を見たからだった。正確に言えばそれは少女の後ろ姿ではない。戸籍上の年齢はもう三十に手が届く。

「シャムだろ? 休暇でも取ったんじゃねえか? 」 

全く動じずにそのまま要は一直線に梅を見ながら物思いにふけるシャムに向かって歩き出した。

「おい、そこの餓鬼! 」 

シャムはしばらく声をかけたのが要だと分からず呆然としていたが要の特徴的なタレ目を目にするとすぐにむっと膨れた表情を浮かべて誠達に目をやった。

「餓鬼じゃないよ! 」 

「じゃあなんだ? ……梅見か? がらにも無いな」 

「それを言うなら要ちゃんの方が似合わないじゃない! 」 

「そりゃあそうか」 

シャムにムキになられて少しばかり反省したように要はそのままシャムの隣に立つ。節くれ立った梅の木々の枝に点々と赤い花が咲いているのが見える。

「良い枝振り……そして良い梅だ」 

「要ちゃんが言うと実感わかないわね」 

「馬鹿言うな。胡州も梅はそれは大事にされているんだ。これより良い梅も散々見てきたぞ」 

「嫌々めんどくさそうにでしょ? 」 

アイシャに図星を指されて要は黙り込んだ。そんなやりとりを乾いた笑みを浮かべて眺めていたシャムは再び視線を梅へと向けた。

「ナンバルゲニア中尉……やはり吉田少佐のことが気になるんですか? 」 

思わず誠は本題を切り出していた。あまりにも突然だと言うように振り返ったシャムの目が誠の顔を直視できずに泳いでいる。

「う……うん。気になるよ。でも信じたいんだ」 

それだけ言うと再びシャムは目を梅に向ける。考えてみればシャムと吉田の関係は誠から見ても不思議だった。つきあっているというわけでも無い。シャムはどう見ても色気より食い気という感じにしか見えないし、吉田は超然としていて男女関係などの情念とは無縁な冷たいイメージが誠にはあった。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 殺戮機械が思い出に浸るとき 58

平日の日中。客の多くはリタイヤした高齢者が多く見られた。仲むつまじく歩く姿、何人もでがやがやと談笑しながら入り口に向かう姿。そこにはいつもの東和の日常があった。

「いい若いのがこんな時間に梅見か? 」 

「何よ……要ちゃんだって反対しなかったじゃないの。それに他に良い場所知ってるの? 」

アイシャに突っ込まれて要は不服そうに黙り込む。そのまま真新しい植物園の入り口のゲートが目に入る。褐色の門柱と黒い鉄柵。

「もう少し……柔らかい印象で作れないものかな」 

カウラでさえそう言う物々しい門。そこの脇にある入場券売り場に当然のように要が歩いて行った。

「大人三枚と馬鹿一枚」 

「馬鹿? 」 

素っ頓狂な要の言葉に彼女と同じくらいの年の職員が首をひねって誠達を眺める。

「馬鹿って要ちゃん? 」 

「オメエのことだよ……まあいいや。大人四枚」 

「はい……」 

相変わらずよく事情を飲み込めないというように要のカードを端末でスキャンした後そのまま磁気カードを四枚要に手渡す。要はそれぞれ誠達に配るとそのまま振り向きもせずに入り口のゲートを通りすぎた。

「急いじゃって……そんなに梅が見たいの? 」 

アイシャの皮肉に答えることもなく要はそのまま奥へと歩き続ける。誠達も仕方なく急ぎ足でゲートを通りすぎるとそのまままだ新緑には早い植物園へと足を踏みれた。

「寒々しいわね……」 

思わずアイシャの口から漏れた言葉も尤もな話で、落葉樹にはまだ木の芽の気配が僅かにするばかり。多くの木々はまだ冬の気配を残している気温に遠慮して縮こまっているように見える。

「季節は移るものだ……いつまでもとどまると言うことは無い」 

カウラはただそれだけ言うと一人飛び出している要に向けて急ぎ足で進む。誠も左右を見回して感心しているアイシャを置いてそのまま要のところへと急いだ。

「奥だよな……梅は」 

「知らないで急いで歩いているのか? 」 

突然立ち止まって振り返っての要の言葉にカウラはあきれ果てながら周りを見回した。桜の木々の枝ばかりが天を覆い、季節感の感じられない松の梢が風に揺れていた。

「案内板でも捜せばいいじゃないの」 

遅れてたどり着いたアイシャはそう言うと、そのままひときわ目立つ立派な枝振りの松に向けて歩き出した。

「勝手なことばかりして……」 

ため息を漏らすカウラの視線の先でアイシャが誠達に手招きをしているのが見えた。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 殺戮機械が思い出に浸るとき 57

「梅……意外と終わってたりして」 

不意に目を開けたアイシャのつぶやきに要が顔を顰める。

「そりゃ嫌だな。せっかく並んだのに見てみたら散った後……最悪」 

「そんなことは無いと思いますよ。今年は梅は遅いって言ってましたから」 

誠の言葉にも要の表情は冴えない。ただ動いていく景色を眺めながら大きくため息をつく。

「でもそれは咲くときの話だろ? このところかなり暖かいじゃねえか。すぐ散ったりしてるかもしれねえだろ? 」 

「心配性ね……なんなら降りて確かめてくれば? 」 

「ふざけるな! 」 

要の怒声にアイシャはそのまま寝たふりを再開した。カウラはそれを眺めながらじりじり進む前のバンの後ろをゆっくりと車を進める。

「全部は散って無くても……紅梅だけ散ってるとか? 」 

「それも嫌だな。紅白揃ってこその梅じゃねえか」 

「意外だな。西園寺が花にこだわるとは……」 

カウラの何気ない一言に要が黙り込む。一応は彼女も風雅を重んじる胡州随一の名門西園寺家の次期当主である。そう言うことに疎い誠ですら殿上貴族のたしなみとして彼女が幼い頃から梅見などに興じる日々を過ごしてきたことは容易に想像がついた。

「結局隊長が梅見でもして鋭気を養えと言ったが……そのまんまになりそうだな」 

駐車場の入り口に立つ警備員の指示に従ってハンドルを切りながらのカウラのつぶやき。誠は目の前に臨時駐車場と書かれた看板を見てようやくこの行列がなぜ早く進んだのかを理解した。

「なんだよ……今頃臨時駐車場をオープンか? 今の季節なんだから朝から開けとけよ」 

「まああれだ。普段の駐車場がいっぱいになるまで閉めておく取り決めにでもなっていたんじゃないのか? 」 

「これだからお役所仕事は……」 

「私達も公務員じゃないの」 

要の悪態に薄目を開けたアイシャが突っ込みを入れる。カウラはそのまま車を砂利の敷き詰められた空き地に進めて誘導員の指示に従ってバンの隣に車を停めた。

「じゃあ行くから……でかいの二人! 降りろ」 

「何よその言い方……」 

悪態続きの要をちらりとにらんだ後、アイシャは渋々助手席のドアを開けると外に出た。誠も苦笑いを浮かべながら助手席を倒して外に出る。

「やっぱり寒いな……」 

「なら上を着てくればいいのに……」 

ジャンバーの下はタンクトップといういつもの姿の要にアイシャが嫌みを込めた調子で呟いた。

「ぐだぐだ言っていないで行くぞ」 

いつまでも揉めていそうなアイシャと要を横目で見ながらカウラはそう言うとそのまま植物園の入り口に向けて歩き始めた。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 殺戮機械が思い出に浸るとき 56

止まった車の中に入り込む日差しはまだ弱く、少しばかり眠気を誘う。

「眠いわね……」 

思わず呟いたアイシャにカウラが苦笑いを浮かべる。

すぐに前の車が動き出した。

「意外と早く入れたりして」 

「それは無いだろう。たまたまだ」 

要の言葉を軽く否定するとカウラはそのまま車を動かす。

「こんな良い日より……いつまで続くか……ガイガーカウンターでも買おうかしら?」 

「ああ、売り切れ続出らしいな。そういうところはちゃっかりしている庶民様だ。まあそんなことをしたところで降り注ぐ放射線を払うことなんてできねえのによ……」 

また振り出しに戻る会話。

太陽の力はまだ弱く。アイシャと要に弱音を吐かせる勢いは無い。ただ、その眠気は着実に襲ってきているようで次第にアイシャの口数が減り始める。

「まあ……梅でも見て。帰りに酒でも買って帰るか? 」 

「お前はそればかりだな」 

要の言葉にカウラはいつもの呆れたという笑みを浮かべる。誠がちらりと助手席を見れば、すでにアイシャはうたた寝を始めていた。

「眠くなるのも分かる日差しだな……暖房も適度だし……アタシも寝ようか? 」

「遠慮するな。静かで気楽になる」 

カウラの言葉に要はパッと目を見開いて誠を睨み付ける。

「あ……ただ見てただけですよ」

「で? 見た感想は? 」 

「え? まあ……眠そうだなと……」 

「そうか……」 

少し残念そうに俯く要。誠は彼女が何を求めていたのか分からずにただ仕方なく自分も眠れるように背もたれに頭を載せた。

「また動くな……やはり早く着くんじゃないか? 」 

車が動き出すと要は勝手に呟いていた。確かに明らかに早めに車は動いていた。駐車場の存在を示す看板も見え始めている。

「早く着くと良いですね……」 

睡魔と戦いながら誠は投げやりにそう呟いていた。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。