スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 殺戮機械が思い出に浸るとき 80

「でも師匠だから……それで心当たりは? 」 

小夏の言葉にアイシャは携帯端末を取り出す。

「あれだけの熊を連れていたらニュースになるか……ただニュースになるようじゃ困るんだがな」 

苦笑いのカウラ。その落ち着いた様子に誠は思わず顔を向けた。

「グリンは臆病だからな。だがそれだけに心配だ。兵隊でもそうだが落ち着きのない臆病な奴ほど手に負えないものは無いからな。本当に何をするか分からない……」 

「駄目ね。まるで手がかりは無し! 」 

カウラの言葉が終わるのを待っていたかのようにアイシャが天を見上げる。

「誰にも見られていない場所ですか……あの人は狩りをしますよね。その場所とか……」 

そんな誠の思いつきにアイシャとカウラは顔を見合わせたがすぐに諦めたと言うように首を振る。

「師匠は狩り場を誰にも教えませんから……まあイノシシの被害が出ているところは決まってますから場所の限定は出来るでしょうが……」 

小夏が呟くと誠もその広大な農地と雑木林を想像して呆然とした。豊川市の西には広大な山々が連なっている。その山々のどこかに潜む熊と少女を見つけるのも十分に骨が折れる話だった。

だがそんな決断のつかない誠に苛立ったように素早くアイシャが立ち上がる。

「ぐだぐだ話していても始まらないわね……小夏ちゃんは島田君に連絡を入れて。急ぎでない仕事をしている技術部員と楓ちゃんに捜索を頼むわ。それと誠ちゃん……」 

「はい? 」 

誠の間抜けな返事にアイシャは大きくため息をついた。

「今、寮にいる面子を集めてちょうだい。方策を練るから」 

アイシャに言われると誠はそのまま立ち上がった。食堂を飛び出すとそのまま玄関に向かう。玄関にはその日の寮に住む隊員の行動予定表があった。

「西川さん、大西さん、シュミット先輩……」 

おそらく演習準備に余念のない明華に絞られて泥のように眠っているであろう古参の下士官を起こすのは気が引けるがカウラの言うように非常事態だった。ちょうどそこに外から帰ってきた菰田の姿が見えた。

「おう、神前。また……」 

嫌らしい菰田の目だがそんなことを気にしてられる状況では無かった。

「先輩! 大変です! ナンバルゲニア中尉がグリンを連れてどこかに消えちゃったんです! 」 

すぐに菰田の顔色が変わる。管理部の幹部としてグリンの飼育に反対していた菰田。その予想していた最悪の事態。

「おい、ベルガー少佐は食堂か? 分かった。すぐに放送を流して寮に残っている連中を集める。お前はシュペルター中尉の部屋に行け」 

「え? でも放送を……」 

誠の口答えに菰田は呆れたような表情を浮かべた。

「あの人がそんなもんで起きるか! 鍵は掛かってないはずだからそのまま飛び込んでひっぱたいて起こせ! 俺が許可する」 

それだけ言うと菰田はそのまま寮の廊下を駆け出していった。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 殺戮機械が思い出に浸るとき 79

「シャムちゃん? 何かあったの? 」 

何気ないアイシャの言葉に神妙な顔の小夏はそのまま彼女の正面の椅子まで行くと腰をかけた。

「最近連絡がないんです。それで今日、電話を入れてみたら……隊にも出てないらしくて……」 

思わずカウラと誠は顔を見合わせた。

「ああ、あの娘は有給たくさん残ってるから」 

「違うんです!それだけじゃなくてグリンも一緒にいなくなって」 

小夏の言葉に場が瞬時に凍り付いた。グリン。フルネームはグレゴリウス16世という名前のコンロンオオヒグマの子供である。子供と言っても成長すれば10メートルにもなるコンロンオオヒグマである。優に五メートルはあるあの巨大な熊が行方不明となると問題は質が変わってくる。

「警察には……ってうちに連絡がないってことはランちゃんは手を出さないつもりね……」 

「でもあの巨大な熊が行方不明なんだぞ。クバルカ中佐……何を考えているのか……」 

こう言う問題では最初からなにもしない隊長の嵯峨を無視して副部隊長格のクバルカ・ラン中佐にアイシャとカウラの心は向かう。

「でもあれだけの巨大な熊ですよ……歩いていたら見つかるでしょ……」 

苦笑いを浮かべながら呟く誠の顔をアイシャはまじまじと見た後大きなため息をついた。

「誠ちゃん……自分の胸に手を当てて考えてごらんなさいな。あなたもあの娘も法術師。干渉空間を展開して自由に移動できる訳よ……」 

「あ! 」 

誠も言われてみて初めて思い出した。その視線の先では呆れた顔でカウラが誠を見つめている。その視線に誠はただ申し訳なくて俯いてしまった。

「でもどこに……遼南まで跳ばれてたらまずいわね」

「遼南ですか! 」 

アイシャの一言に小夏が叫びを上げる。シャムの出身地遼南。この東都からは数千キロ西の山奥がシャムの育った森のある山岳地域である。コンロンオオヒグマを初めとする猛獣が暮らす広大な大自然を一匹の熊と小さな女の子を捜して走り回るなどとうてい無理な話だった。

「それは無いな」

確信のある語調でカウラが断言する。そのあまりにはっきりとした口調にアイシャは感心しながらその切れ長の視線を投げた。

「この前入国手続きの件でナンバルゲニアには話をしたんだ。空間転移で跳んで他国に入国することは不法入国になると教えてやったらちゃんと頷いていた」 

「なに? それだけの理由? 」 

呆れるアイシャだがシャムの単純な思考を考えると誠もカウラに同調しなければならなかった。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 殺戮機械が思い出に浸るとき 78

「相変わらずだな……」 

入れ替わりに苦笑いを浮かべたカウラが入ってきた。

「まあね……あの娘も大変なんでしょ」 

アイシャの言葉に誠は首をひねった。

「でも西園寺さん……胡州大公家の次期当主でしょ? そんな仕事をしなくてもお金ならどうにでもなるんじゃないですか? 」 

そのままアイシャの隣に座った誠にアイシャは呆れたような表情を浮かべながら肩を叩く。

「あのねえ……誠ちゃん。貴族稼業も大変なのよ。私も最初は誠ちゃんと同じことを考えていろいろ虐めて上げたんだけど……」 

「虐めねえ……」 

アイシャの言葉にカウラは苦笑しながらそのまま正面の席に座った。誠は相変わらずよく分からない表情で呆然とアイシャを見つめていた。

「基本的に胡州貴族は無職じゃ勤まらない訳よ。まあ……公爵、伯爵クラスになれば就職先が無ければ貴族院議員の席が空いているからどうにでもなるけどねえ」 

「じゃあ議員になれば良いじゃないですか」 

思わず出た誠の言葉にアイシャがさらに深いため息をつく。

「西園寺首相は反貴族主義の急先鋒よ。貴族院議員の権利はとっくに放棄済み。それで無職が三年続くと……」 

「廃嫡の上、不熟に付き永蟄居。つまり死ぬまで座敷牢の中で過ごすことになるそうだ……胡州貴族典範の付則に載ってる。ネットでも調べられるはずだ」 

カウラの言葉に思わず誠は息を飲んだ。生まれ持った栄華と義務などと胡州貴族達が口にするのはそのような法的な裏付けがあったとは。それ以上にあの落ち着きのない要が座敷牢の中でじっとしていることに耐えられるとは思えなかった。

「そう言えば……あれでしょ? 隊長が継ぐ前の嵯峨家の断絶理由も当主が永蟄居中に使用人を惨殺したとかしなかったとか……」 

「そんなことは知らないな。つまらない知識だ」 

アイシャの言葉を切って捨てるとカウラはそのまま視線を食堂の入り口に移した。

そこにはセーラー服姿の少女が立っていた。

「あれ? 小夏ちゃんじゃないの。学校は? 」 

「今日は学年末テストで半日で終わりです。それより皆さん……師匠を知りませんか? 」 

入り口で立ったままいつも『師匠』と慕うシャムのことを口にする小夏の口元が振えているのを誠達は見逃さなかった。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 殺戮機械が思い出に浸るとき 77

「ひとまず失業はなさそうだなあ……」 

寮の食堂のテレビを見ながらポテトチップスをかじっていた要の言葉にアイシャは首をひねった。

「そう簡単にいくかしらねえ」 

「ずいぶん慎重だな」 

にやけた要の顔を見てアイシャは大きくため息をつく。

「なんだよその態度……」 

「良いわねえ、要ちゃんは。保安隊が解体になっても収入は領国から上がるでしょうし……ああ、他にも官位があったはずよね。そこからの年金もそれなりに入るんでしょ? 」 

「なんだよ嫌みか? それにオメエだって艦長資格があるじゃねえか。東和宇宙軍にでも頼めばいいんじゃ無いか?ゲルパルトは……予算がないからなああそこは。元の鞘に収まるのも大変そうだ」 

にらみ合う二人。そこに明らかに場違いなにやけ面の誠がたどり着いたから二人の視線はドアの方に向かう。

「どうしたんですか? 二人とも。来週の演習の荷造りは……」 

「そんなもんとっくに終わってるよ。オメエはあれだろ? 航海中に作るプラモの品定めでもしてたんだろ? 」 

要に図星を当てられてたじろぐ誠。アイシャはそんな要を無視して立ち上がるとそのまま誠のそばまで歩いて行く。

「ねえ、今度こそ私のフィギュア作ってよ! 」 

「あれは……元型を作るのに集中しないといけないですから。二人部屋じゃあ無理ですよ」 

「なんだ。今度は二人部屋か? 」 

意外な誠の言葉に要は驚いたように呟く。

「ええ、島田先輩と一緒の部屋です。まあ……部屋割りは鈴木中佐が決めたそうですが……」 

「お姉さんの出産前最後のお仕事ね……それにしても変な話ね。島田君も一応士官だし、誠ちゃんはパイロット。それなりに優遇されてもいい話だけど……」 

「まああれだ。神前は肝っ玉が小さいから度胸の据わった島田に兵隊のなんたるかを教われってことなんじゃねえの? 知らないけど」 

そう言うとそのまま要はテレビに目を向ける。遼北の国家府中央会議室で引きつった笑みを浮かべる遼北首脳部の隣で本心からと思えるような満足げな笑みを浮かべる西園寺基義。それが胡州宰相であり要の父だと言うことはこの場の誰もが知っていることだった。

「良い仕事したじゃないの……たまにはパパを褒めて上げたら? 」 

「誰が褒めるか! あの糞親父! 失敗したら首締めに行ってやったのによ! 」 

そう吐き捨てるように言うと要は立ち上がる。

「タバコ吸ってくるからな」 

「別になにも聞いてないわよ」 

アイシャの一言を聞くとぷいと背を向けて要は食堂を出て行った。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 殺戮機械が思い出に浸るとき 76

「首長会に……かけて見る必要がありそうだな」 

まさに苦渋の一言だった。『妥協よりも名誉ある死を!』と叫ぶ保守派学生の気持ちが今こそラディフに会う言葉はなかった。

事態を悪化させた彼への突き上げが反主流派の首長から出るのは間違いなかった。この場にいる彼の親類縁者もまたその派閥に押されてラディフ非難を始めることだろう。

「ところで……遼北の説得はどうなのかね」

気分を換えようとラディフは目の前で笑みを浮かべる大統領に声をかけてみた。

「あちらは素直に非武装の線で呑んだそうですよ……市民の自暴自棄な暴言がネットの切断で止まっている今なら大胆な妥協が出来る……そう踏んだんだと思いますが」 

シュトルベルグの言葉をラディフはとても鵜呑みには出来なかった。あちらに向かった使者はラスコーの義理の兄である西園寺義基だ。こいつも喰えない奴なのは十分知っていた。

「一党独裁体制はうらやましいものだな……我々は簡単には妥協できない」 

「絶対王政の方が自由がきくように見えますがいかがでしょうか?」 

ああ言えばこう言う。またもラディフは出鼻をくじかれた。どうにも腹の中が煮えくりかえる感情が顔に出ているのが分かってくると気分が悪くなる。隣のアイディードは腹違いでどうにも気に入らない弟だがそれでもこれほどまでにラディフを腹立たせたことなど無い。

「ワシの王政はそれほど絶対的なものでは無いと思うのじゃが……のう」 

左右を見て同意を求めてみる。あからさまに浮ついた笑みが並ぶ。

『どいつも……馬鹿にしやがって』 

叫びたい衝動に駆られるのを必死で耐えるラディフ。

「破滅は避けられそうなんですから……そんなに顔をこわばらせる必要は無いんじゃないですか? 」 

シュトルベルグのとどめの一言だった。ラディフは怒りに駆られて立ち上がっていた。

不敵に激情に駆られた王をあざ笑うシュトルベルグ。驚いたようにあんぐりと口を開け、ターバンに手を当てる宗教指導者。

「少しばかり外の空気を吸ってきたいと思うのじゃが……」

「どうぞ。ただ急いでいただきたいものですな……状況は一刻を争う」 

皮肉を言い始めたらおそらくとどまることを知らないだろうシュトルベルグの口から放たれた言葉に思わずラディフは怒りの表情をあらわにしながらそのままテーブルに背を向けて会議場を後にするしかなかった。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。