スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 殺戮機械が思い出に浸るとき 100

今度は画面いっぱいに吉田俊平に関する記事が並ぶ。

「国防軍のサーバーから直接入れるデータはすべてトラップが仕掛けられているのに……見ての通りですよ」 

「まあうちの仕事は受けたくないってことでしょ。嫌われてるのよ」 

あっさりと言う安城に岡田は苦笑いを浮かべる。

「で、それを確認するためだけに……ってなに? その顔」 

「いやあ、変わらないところもあるものだなと……」 

「余計なお世話よ。続けてちょうだい」 

すねたように呟く安城を薄ら笑いで眺めながら岡田はキーボードを操作し続ける。

「まあそれを確認してそれだけで終わるってのも癪だったんで、三日ぐらいこの画面とにらめっこをしていましてね……そしたらあることに気づいたんです」 

画面が切り替わる。一番上の『バリスト内戦における吉田俊平旗下の部隊の無差別殺戮行為に関する調書』と言う文字が消え、『タイタン総督暗殺犯を予想する』と言う記事に切り替わる。

「ずいぶんと物騒な話が並ぶのね……伝説の傭兵らしいというかなんというか……。でも今は同盟司法局の仕事で相当拘束されている人物についてそんなに調べて回る顧客が租界にそんなにいるのかしら? 」 

「そうなんですよ……アングラの検索サイト。元々アクセス数なんてたかが知れているはず。その順位が数日でころころと変わる……そこでアクセスしている物好きを捜したわけです」 

「全くご苦労なことね」 

再び画面が切り替わり、文字列が並んだ。住所。しかもすべて同じ『東和共和国東都港南区港南2-12-6』と言う文字列に変わる。

「同一人物が……でもおかしくない? 港南は現在は再開発ブロックのはずだから人なんて……ダミーね」 

安城の笑みに岡田は満足そうに頷くとそのまま住所をクリックした。すぐに画面が切り替わり、エラーが表示される。

「そう、ダミー。まあ租界の中の連中が正直に自分の身元を明かすわけがない……でもまあそこは俺にも維持がありますから……この住所でいくつか知り合いに問い合わせをしたところ……出て来たのはこの女」 

画面に映し出されるピンクのサングラスのにやけた女の顔。そしてその隣には銃を構えて走る長い髪の女の写真が映し出された。

「物騒な写真ね……」 

「六年前……港銀行西口支店襲撃事件の実行犯の写真ですよ……フィルターをかけましたが同じ人物と出ました」 

「六年前……東都戦争の激しかった頃ね……で、身元は? 」 

安城の言葉に岡田は力なく肩を落として上目遣いに安城を眺めた。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 殺戮機械が思い出に浸るとき 99

「隊長! 」 

「……これは……効くわね」 

倒れていたのは一瞬で、安城はゆっくりと頭を起こすと穏やかに笑いながら椅子に座り直した。

「驚かせないでくださいよ……実際これで公安のハッカーが四人廃人になったんですから」 

「それほどヤワじゃ無いわよ。一応、その流れから予想して防壁を張っといたから……でも個人的なサイトにまでこの警備網。ほとんど狂気の沙汰じゃないの」 

「まあ俺も引っかかりかけましたから……油断も隙も無いとんでもない野郎ってことだけはこれで分かりましてね。元々傭兵なんて違法な職業に就いている奴だ。まともな神経じゃないのは予想してましたが」 

静かに岡田がキーボードを軽く操作すると部屋中のシステムが回復する。そしてそのまままじめに座り直した岡田は慣れた手つきでキーボードを叩き続けた。

「でも傭兵と言えば腕を売る仕事でしょ? 嵯峨さんが目を付けてからだって彼はいくつか仕事は請け負ってたはずよ」 

「そうなんですよ……日の当たる人間には見えなくても日陰の人間には見える独特の気配というか……空気というか……存在感。俺もこの仕事でそう言う危ない連中には出くわしてきたが大体がとんでもない自己顕示欲の塊でその癖妙に用心深いところがある。なら……」 

今度は安城の隣には極彩色縁取りの画面が映し出された。映る画像は裸の女が男達に囲まれてもだえる姿、安城は表情を変えずに振り返った岡田に目を向ける。

「アングラサイト経由……でもそれこそ公安のお手の物じゃないの。こっちで調べが付くならあなたのところに話は来なかったんじゃないの? 」 

「俺も最初はそう思ったんですが……念のためってところでね。こっちの世界で吉田の痕跡をたぐったところで何もつかめないのは分かってはいたんですが……何事も試してみるもんですよ」 

そう謎をかけると岡田は再びキーボードに向かい片隅の黒い四角をクリックした。安城が予想したとおりその筋の人間だけが入れるようなパスワードを要求する胸ばかりが強調された女のイメージが表示される。岡田は何も言わずにパスワードを入力し、画面を切り替える。

「ここから入ると租界のシステムに侵入できるっていうメリットがありましてね」 

「租界? それは穏やかじゃないわね。でもそれこそ警察関係者なら誰でも見ているんじゃないの? 」 

「そう、警察関係者は誰もが見ている。そして警察関係者を監視する租界の連中もよく出入りするシステムというわけですよ……」 

岡田の言葉の意味が分からずに安城はただ切り替わっていく画面を眺めていた。そして十二回目のセキュリティーを突破した辺りで岡田は画面を固定した。

黒い背景にただ検索用の窓があるだけの質素な画面。

「ずいぶん変わったところに出たわね」 

興味深そうに安城が身を乗り出すのを見ると岡田は静かに『吉田俊平』と入力してエンターキーを押した。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 殺戮機械が思い出に浸るとき 98

「駄目です! 本当に困ります! 」 

女子職員のすがりつくのを無視して安城秀美はかつての職場である東和国防軍保安部の部室を横切るように歩き続けた。周りで呆然と見守るのはかつての彼女の部下達。安城の強情さを知っている屈強な戦闘用のサイボーグ達は安城が同盟司法局に出向してから総務担当として配属になった小柄な女子職員がいくら騒いだところで安城を止められないことは分かっていたので黙ってその様子を眺めていた。

「昔の部下に挨拶するのがそんなに困ることなのかしら? 」 

一枚の明らかに他の扉とは違う防弾措置の施された頑丈な扉の前までたどり着いた安城の一言にただ泣きそうな顔で女子職員は頭を下げる。

「大丈夫よ。私は岡田捜査官のお招きでここに居るんだから……嘘だと思うなら……ほら……」 

安城の言葉と共に重そうな黒い扉が触れることもなく開いた。女子職員はただあっけにとられて中に入っていく安城を見送るばかりだった。

「来るとは思いましたが……新人の事務官を虐めて楽しいですか? 」 

薄暗い室内。十畳ほどの部屋にはモニターと計器を接続するジャック、そしてサイボーグが直接ネットに接続するための装置が並んでいる。その中央には中背の禿頭の中年男が笑いながら椅子に腰掛けて慣れた調子で歩いてくる安城を眺めていた。

「ちょっとした社会勉強になったんじゃないの? 世の中いろんな人がいるんだから。それより……その様子だと何もつかめていないみたいね……上から言われてるんでしょ、吉田俊平に関するデータを揃えろって」 

小憎たらしい笑み。かつて自分の上司として働いていたときはあまり見ることの無かった人間的な笑みに岡田は自然と苦笑いを浮かべて頭を掻いた。

「まあ分かったことと言えば……吉田って男が相当東和国防軍を嫌っているってことくらいですよ。公安には顔を出しましたか? 」 

「いいえ……その様子だと公安は国防軍(うち)のサーバを使って吉田の身元を洗おうとしたわね……」 

安城の表情が厳しくなるのを見ると岡田はそのまま彼女に背を向けて自分用の端末のキーボードに手を伸ばした。目の前の画面と安城の手元の小さなモニターに大手のネット検索会社のサイトが表示される。

「こうして世の堅気の人々のサイトで吉田俊平と検索をかけると……当然ながらまあ会社の社長やら大学教授やらの名前が表示されることになりますよねえ。当然、あの男も東和で住民登録をして仕事をしているわけですから、何件かあの男のデータも検索に引っかかる……」 

岡田がキーボードを操作するとファンシーな壁紙のホームページが表示され、安城も見慣れたナンバルゲニア・シャムラード中尉の間抜け面とその隣で渋い表情を浮かべる吉田の写真が映し出された。

「だがちょっと深く探ろうとすると……」 

そう言いながら岡田がキーボードを数回叩いた瞬間だった。室内の電源が完全に落ちた。そして同時に安城の上半身が糸が切れたマリオネットのように床に転がった。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 殺戮機械が思い出に浸るとき 97

『口では他人事を気取るが……』 

「本心なんだけど」 

『あなたが本心を口にする? その方が不自然だ』 

吉田の言葉に嵯峨は満足げに頷くともみ消したタバコを取り上げる。そして丁寧に先を元に戻してライターで火を付けた。

「それじゃあ俺が我等が騎士殿に期待していることもお見通しって訳だ」 

『クバルカ中佐なら上手くやりますよ』 

あわせたような言葉に嵯峨はがっくりと肩を落とす。

「ああ、アイツの期待は今回は07式だからねえ……ホーン・オブ・ルージュの出撃はねえよ」 

『え? 』 

人工音のあげた突然の驚きの声に嵯峨は満足げに頷く。

「我等が騎士殿とはすなわち遼南青銅騎士団団長、ナンバルゲニア・シャムラード中尉のことだ。当然副団長も協力してくれますよね? 」 

当然のように笑みを浮かべる嵯峨。人工音は押し黙り沈黙が続く。

『あなたは……菱川と敵対しますか? 協力関係を築きますか? 』 

主導権を握られまいと苦渋の決断を迫るように発せられる人工音。ただ苦々しげに嵯峨は臭い煙を肺に流し込む。

「それがお前さんの協力条件か……俺の答えはどっちとも言えないって奴だが……敵対できるほど俺の足下は盤石じゃねえし、無条件で協力するほどお人好しでも無い……そんな選択無意味だな」 

あっさりと質問をかわされて再び吉田の言葉は止まった。嵯峨はただ人工音が響くのを待ちながらゆっくりとタバコをふかす。

『俺は……シャムに従いますよ……それが……』 

「おっと! 皆まで言うなよ。俺は野暮天にはなりたくねえから」 

嵯峨はそれだけ言うと静かに端末の電源を落とした。

「これでこちらのカードは揃った……あとは俺にツキがあるかどうかだが……」 

ちらりと部屋の脇を見る。並んでいる仏像、その一つ帝釈天の涼やかな目に嵯峨の瞳が引きつけられた。

「四日後は塀の中か……片付け……しようかねえ」 

気が進まないというように眉をぴくりとふるわせた後、嵯峨は隊長の椅子から重い腰を持ち上げることになった。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 殺戮機械が思い出に浸るとき 96

『のぞき見……確かにそうかも知れませんね』 

静かに響く人工的な声。嵯峨はその相手が分かり切っているというようにただにやけたまま画面を見つめていた。

「まあ……仕事はちゃんとしてくれているからさ……ただ俺の迷惑になりそうなことなら事前に言ってくれりゃいいのにねえ。そんなに信用おけないかね」 

『信用? あなたが信用に足る人物かどうかはご自分が一番よく分かっているんじゃないですか? 』 

「違いないなあ……」 

力なく笑う嵯峨。通信はつながっているのに画面は映らない端末にデータの着信を告げる音声が響く。

『俺が指名手配中に集めたデータです……お役に立てば……』 

「菱川の御大将の正体ともくろみに関するデータと俺達が四日後に出かける演習先に浮いているあの物体に関するデータか? じゃあいらねえなあ」 

嵯峨の意外な反応に音声の主、吉田俊平は沈黙しなければならなくなった。

「あれだろ? 宇宙に浮いている1.5kmのあの巨大な物体。そしてお前さんが手配されるきっかけとなったインパルス砲の設計図……つながった訳か……。そして菱川の旦那は俺達がその破壊に成功しようがしまいが丸儲けをする仕組み作りを完了している……要はその裏付けと金のやりとりの通信記録ってところだろ? どうせ証拠じゃ使えねえよ。見たって自分がふがいなく感じるだけだ」 

『察しが良いですね。俺が見込んだ皇帝陛下だ』 

「察しが良いのは得じゃ無いよ……しなくても良い心配をするばかりだ。今回だって何も知らずに移動砲台とこんにちはすればただパイロットとして暴れりゃいいんだから。おかげで今回は俺は来ると分かっている公安連中の接待なんて言う役になりそうだ」 

卑屈な笑みを浮かべて机の上の埃を払う。司法機関の実力部隊の部隊長の隊長の机には似合わない積もった鉄粉がばらばらと部屋のタイルの上に落ちる音が響いた。そのまましばらくの沈黙が暗い部屋の中に続く。そして再び人工的な音声が始まる。

『そうなると……あの物体の破壊は難しくなりますね。神前じゃあ最悪の事態を防ぐので精一杯でしょう』 

「まあな。東和宇宙軍じゃもうすでにあれは無かったことにするつもりらしいが……俺が作った訳じゃないし、壊してくれと頼まれた訳じゃ無いからな。あれの今の持ち主のアドルフ・ヒトラーファンクラブの連中の目的は阻止するがそこから先はテメエで処分しろって言うのが俺の立場だ」 

『でもそうなると……インパルス砲搭載艦を彼等……ルドルフ・カーンのシンパですが、彼等が回収することになりますよ? 』 

さすがに投げやりな上司に呆れたというように呟く人工音に嵯峨は満面の笑みを浮かべる。

「それこそ『そいつは俺の仕事じゃねえ』ってところだな……ああ、そう言えばあの砲台。連中は『フェンリル』とか呼んでるらしいぜ……北欧の神の体を半分食いちぎったでかい狼。インパルス砲の想定される最低出力で衛星軌道上から地球を撃つとスカンジナビア半島が半分消し飛ぶらしいからねえ……言い得て妙だ」 

『ただ……彼等が狙うのは地球ではなく……』 

人工音の遮る声に嵯峨は頬杖をつきながら頷く。

「そんなのは馬鹿でも分かる。狙いは遼北と西モスレムの国境地帯。両者の核は現在は臨戦態勢を解除したばかりだ。突然の破壊が国境で起これば間違いなく地殻の奥の鉛のシェルターの中のミサイル基地からは佃煮にするほどの厄災があふれ出るわけだ……迷惑極まりない話だねえ……」 

のんきに呟く嵯峨の言葉に人工音は再び沈黙した。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。