スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 殺戮機械が思い出に浸るとき 122

「機密には金がつきものだろ? 」 

若干自信が揺らいでいるようで要の言葉は振えていた。嵯峨はいつものように胸のポケットからタバコを取り出すと自動的に火を付ける。

「まあ……相場という奴がね。それにだ。お前さんは俺が『預言者』の話を持ち出すことに疑問を感じていないようだが……水漏れの準備もまるで無しか? 機密が聞いて呆れるよ」 

嵯峨の言葉は明らかに要を嘲笑していた。強気の要が完全に打ちのめされたというように俯いて両手を握りしめている。カウラもアイシャも相手が嵯峨、胡州陸軍では諜報活動の先端を担う東和大使館付き武官を出発点として、外地におけるゲリラ摘発の特殊部隊の部隊長を勤めたその道のプロであることを思い知らされた。

「ただ……相手も一流の情報屋だ。俺も何度か依頼をしたが……突っぱねられた口でね。そう考えるとよくつなぎを付けたもんだと感心させられないこともないな」 

「そ……そうかねえ……」 

俯いたままの要。その表情を誠がのぞき見ると少しだけ口元が緩んでいるように見えた。

「二つ名が付くような裏の世界の人間は仕事を選ぶからな。金、主義、顧客の人柄。どいつもこいつも海千山千の怪物ばかりだ。その基準は人に分かるもんじゃ無い。そんな一流どころが俺を嫌って要を選んだ……なかなかおもしろい話だな」 

嵯峨の口から吐かれたタバコの煙。元々遠慮と言うことはしない嵯峨らしくせっかくきれいになった隊長室の天井がすぐにヤニで染まることになるだろうと言うことはすぐに想像が付いた。

「しかし……なぜ西園寺を選んだんですか? 隊長を袖にしたと言いますから……」 

カウラの真っ当な質問にアイシャも頷いて嵯峨の答えを待つ。嵯峨はただひたすら天井を見上げてじっとしている。

「お前さん達。依頼者……『預言者ネネ』についてはどれだけ知ってるよ」 

突然の嵯峨の言葉は鋭く残酷に響いた。カウラもアイシャもそこで自分達が依頼した相手についてただ要のチョイスだけに任せていた事実に気がついた。

「東都戦争の時にはすでに伝説だったな……抗争の最中、旧共和軍系のシンジケートとイスラム系のシンジケートの銃撃戦の中を一人の少女が買い物かごを持って歩いて渡った。その少女が近づくと両者は銃撃を止め、彼女が通り過ぎればまた激しい銃弾が飛び交う……誰もが彼女に手を触れることは出来ない。それをした組織は東都じゃ飯が食えなくなる」 

「要……それは伝説ができあがってから後の『預言者』の立場だ。何でネネと呼ばれるどう見ても栄養失調のメス餓鬼が億単位の東和から綾南に向けての援助物資の横領品の争奪戦をしている最中でもそれを気にせずに行動できる身分に成り上がったか……それの説明が無ければ回答としては0点だ」 

嵯峨の言葉は全く持ってその通りだった。カウラとアイシャは要の俯いた姿に目を向ける。要は再び目を落としたまま動くことも出来ずに黙り込んでいた。


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 殺戮機械が思い出に浸るとき 120

「隊長! 」 

誠の突然の呼びかけに頭を掻きながら嵯峨は面倒くさそうに振り向いた。

「今回の演習……」 

「ああ、予定通り。なんにも起きないよ」 

あっさりとそれだけ言うと嵯峨は再び隊長室に歩き始める。

『聞くだけ……無駄だよな』

さすがに嵯峨という人物が分かってきた誠はそう思い直すと奥の女子更衣室から要達が出てくるのを待った。

「おう、暇そうだな。待ちぼうけか?」 

再び暇そうな人物が誠の前の医務室のドアを開いて現われた。小太りの眼鏡、浅黒い肌がどう見ても部隊の誰とも一致しない個性を持っている男。

「ドム大尉。出撃前の健康診断とかは……」 

「健康診断だ? そんなものをしなくたってお前等はみんな健康だろ? それとも何か? 日々の訓練はあれは飾りか何かか? 」 

不機嫌そうに呟くドムにただ誠は頭を掻く他無かった。

「そう言うわけでは無いんですが……データをとるとか……」 

「戦闘が人に与えるストレスのデータなんざ16世記くらいから集められてるんだ。今更俺が何をしろって言うんだよ。それに法術絡みとなれば俺はお役ご免だ。その点ならヨハンあたりに聞くのが一番だろ? 」 

「ええ、まあ」 

尤もな発言に誠はただ黙るしかない。

「まあ、あれだ。帰還後はみっちり検査の予定が入ってるからな。こう言うのは始まる前より終わった後が大事なんだ。いくら技術が進んでも、うちの整備の連中ががんばっても宇宙放射線の影響やら反重力エンジンから発せられた素粒子の遺伝子に与えたダメージやらの計測はヨハンの手にはあまるからな。覚悟しとけよ」 

それだけ言うと出て来たときと同じく突然のように扉を閉めて医務室に閉じこもる。

「何が言いたかったのやら……」 

「待たせたな」 

考え込んでいる誠の背後からカウラの声が響いた。驚いて振り返る誠の前に苦笑いを浮かべる要と口笛を吹いて余裕の表情のアイシャの姿も目に入ってきた。

「さあ、小言でも食らいに行きますか! 」 

やけに張り切ったようにそう言うと要はすたすたと隊長室目指して歩き始める。誠も重い足取りでその後を静かに付けていった。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 殺戮機械が思い出に浸るとき 119

階段を上る間も物音も気配もなかった。

「技術の連中は新港か……」 

「運行部はどうなんだ? 」 

要の言葉にアイシャは曖昧に頷く。

「まあうちはシミュレータがあるしねえ……それに新港には機関部のスケベ連中がいるから近づかないわよ」 

誠はすぐにどろどろした女性関係を山ほど抱えた機関部の面々の顔を思い出した。昔からもてるという言葉とは無縁だった誠にはあまり想像の付かない世界。面倒そうだなと思いながら管理部のいつものように忙しく働いている様子の見える二階へとたどり着いた。

「さっさと着替えるわよ……まあ誠ちゃんは一人で男子更衣室だけど」 

廊下を足早に歩きながらのアイシャの一言。まあ誠はいつものことなのでただ曖昧に頷きながらその後ろについて歩く。

確かに人通りは少なくなっている。機動兵器を運用する部隊がどれほど技術面での支援を受けているか、そしてその支援のためにどれほどの人員が割かれているのか、それを誠はしみじみと実感した。

「じゃあ誠ちゃんはここで」 

誠は男子更衣室の前に置き去りにされる。中に入ってもやはりひんやりとした空気が中を占めているばかり。いかに多くの技術部の面々がこの部屋を利用していたのかを実感しながら誠は自分のロッカーを開いた。

慣れた手つきでジャンバーを脱いでセーターをハンガーに引っかけ、カーキーグリーンのワイシャツを身にまとい、ワンタッチ式のネクタイを首に巻く。

「ふう……」 

いつもならそこで島田や菰田の突っ込みが入るところだった。その島田はたぶん新港で05式の運搬作業の監督をしていることだろう。菰田は先ほど端末のモニターを睨み付けながら首をひねっている様を見たばかりだった。

「なんだか寂しい感じなんだな」 

それだけ言うと誠はスラックスを素早く履き、ベルトを無造作に締め、ジャケットを羽織って略章の位置を直すと下士官用の制帽を被って廊下へと出てみた。まだ女性陣の姿は無い。

「このまま一人で隊長室か……」 

「そりゃあストレスだわな」 

突然足下から声をかけられて驚いて飛び跳ねる。

「おい……そんなに驚かれても困るんだけど」 

苦笑いを浮かべているのは部隊長の嵯峨本人だった。

「隊長……暇なんですか? 」 

「まあね……鑑定を頼まれてる品物は全部東都の別邸に送っちゃったし……さすがにこれから任意の取り調べを受ける人間が銃のカスタムなんて……する気も起きないしね」 

そう言うとそのままよたよたと健康サンダルの間抜けな音を立てながら隊長室へと歩いて行った。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 殺戮機械が思い出に浸るとき 118

「空に浮かんでいるのがネットで出ている地殻すらぶち抜く大砲でも……頼りになるのはシャムだけか……」 

あきらめを孕んだカウラの声に要がぴくりと眉を動かした。

「おいおい、それはいくら何でも神前の野郎に失礼じゃないのか? 」 

「そんな失礼だなんて……」 

愛想笑いを浮かべながら呟いた誠を要が鋭い視線で睨み付けた。

「事実だろ? 確かにあの砲の威力も干渉空間を展開すればおそらくは耐えきれる」 

「なら問題ねえじゃねえか」 

あっさり答えた要にカウラはひたすら大きなため息をついた。

「要ちゃん……いくら防いでも壊せなきゃなんにもならないじゃないの。それとも出来るの? 誠ちゃんに砲台の破壊。あんな撃ってそれで終わりなんて言う甘っちょろい代物が浮かんでいるんだったら東和宇宙軍も護衛の艦隊ぐらい配置しておくはずよ。スタンドアローンで敵中突破が可能な防御性能くらいはあると考えるのが普通じゃないかしら? 」 

アイシャの言葉に思い当たることがあるというように要の表情が変わる。

「ほら……誠ちゃんじゃ対応は無理。おそらく07式を駆るランちゃんは部隊の指揮で手一杯……攻撃に当てられてしかも成果が期待できるとなるとシャムちゃんのクローム・ナイト以外は想像が付かないんだけど……」 

「まあな……でもあいつも遼南内戦で知られた猛者だ」 

苦し紛れの要の言葉に再びカウラが大きくため息をつく。

「こちらの手札は一枚。相手は……もし東和宇宙軍があれの確保を優先するとなれば艦隊規模で向かってくるわよ……勝ち目はゼロね。まあそうなれば遼州同盟崩壊の主犯になるからそれは無いとしても……東和宇宙軍と噂の絶えないゲルパルトのいくつかの公然武装組織。あるいは大統領の超法規的判断で動いたアメリカ海兵隊。これはあまり考えにくいけど個人的なつきあいの関係で遼南宰相のアンリ・ブルゴーニュ氏のつながりでフランス海軍や海兵隊が動くって可能性も……」 

「ぐちゃぐちゃうるせえな! ともかくシャムが潰せば良いんだよ! 」 

「ああ、そのシャムなら今日は有給だよ」 

ハンガーの奥から叫び声が聞こえた。そこにはタバコを咥えた嵯峨の姿がある。

「お前ら……想像力を働かせるのは大変結構な話なんだけど……やることやってからにしてくれよ。とりあえず着替え。それと終わったら隊長室に来て謹慎開けの報告。それが終わったらランの奴からレポート用紙預かってるからそれに反省文を記入して今日中に提出。お願いね」 

それだけ言うと嵯峨は悠然とハンガーの階段を上って隊長室のある二階に消えていった。

「とりあえず着替えか……」 

カウラのその言葉を合図に誠達は嵯峨が立っていたハンガーから二階の執務室や更衣室のあるフロアーへ向かう階段へと急いだ。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 殺戮機械が思い出に浸るとき 117

「おお! これぞ我が職場の有様ぞ! 」 

「要ちゃん……嘘っぽいのも大概にして」 

保安隊の駐車場に降り立ち、大きく伸びをする要にアイシャが突っ込みを入れる様を誠はただ苦笑いで見つめていた。実際一週間は長かった。たしかにその間の給料が出ないことは痛いと言えば痛い。誠もいくつか予約を入れていたプラモデルのキャンセルをしなければならなかったほどだった。

だが、それ以上に雰囲気がまるで変わっていた。

「まるで廃工場だな」 

運転席から降りたカウラの言葉で誠は自分の違和感の正体を見極めた。

ともかく人の気配がしなかった。

いつもならアサルト・モジュールの部品を運ぶための大型クレーンのうなりが響いてくるハンガーが沈黙で満たされている。

「まあ、良いじゃねえか。行くぞ! 」 

すっかり上機嫌の要はそのままいつものようにハンガーに向かった。いつもなら目にするランニングや銃器の訓練のためにライフルを背負った警備部の面々の姿もそこには無かった。ただ誠達の背中を見つめるだけの最低限の歩哨の視線だけがある。

「本当に……演習前って感じね」 

「いつもこうなんですか? 」 

「貴様は初めてじゃないだろ? 」 

カウラに言われて配属直後の『近藤事件』前後の出来事を思い出してみた。あの時も同じようにアステロイドベルトでの演習を前にしての沈黙があったような気がする。

「いやあ、普段を知らなかったもので……」 

「まあそんなものよ……」

アイシャがそのままハンガーの半分開いた扉を通りすぎるのを見て誠も後に続いた。

がらんとした空虚な空間がそこにはあった。奥に見えるいつもは誠達の05式に隠れるようにひっそり存在している漆黒の嵯峨の愛機の『カネミツ』の姿が見える。

「きれいなもんだねえ……すべては新港に搬送済みか! 」 

要の言葉が人気のないハンガーに響いた。

「分かり切ってること今更言っても……それにしてもクバルカ中佐の『ホーン・オブ・ルージュ』は演習参加機体に入ってなかったけど? 」 

「ああ、あれはオーバーホールに入るそうだ。元々手がかかる機体だからな。シャムの『クローム・ナイト』と整備時期がかぶるとまずいだろ? 」 

「へえ……そうなんだ……」 

カウラの言葉にアイシャが意味ありげに呟いた。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。