スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 今日から僕は 40

 吉田はそのまま実働部隊控え室を覗いたが誰もいなかった。
「あいつ等も好きだねえ」
 そう独り言を言うと軽快に管理部の前を通り過ぎてハンガーの階段を駆け下りる。
 ハンガーの中からグラウンドを見る。
 珍しくサングラスを外している明石の叫び声が吉田にも届いた。
「おいアイシャ。ワレの連れとシャムはどうした?」 
 白い野球の練習用ユニフォームに身を包んだ明石が試合用の『保安隊』と左胸に縦書きで書かれたユニフォームを着たアイシャに声をかけた。
「すいません!夏コミの原稿入稿が明日で今日は修羅場なんで……」 
 そう言うアイシャは軽く屈伸をした。
「ったく初日からこれか。まあええわ、その方がワシ等らしい。とりあえずアイシャ落とし前はつけろや」 
 そう言ってグラブをつけたばかりのアイシャにボールを投げる明石。
「え!なんかHなことされるんですか?」 
 ボールを受け止めたアイシャがニコニコしながら答えるのを聞いて、明石はあきれたように天を見上げた。誠はマウンドの上で何度かジャンプしていた。
 飲みすぎで気分はあまり良くは無い。
「昨日、神前の球見たろ?」
 サードベースの横に立っているアイシャからボールを受け取ると明石はいつものどら声で叫んだ。
「そんなに大きな声出さなくてもいいじゃないですか」
 アイシャはそう言うとプロテクターに身を固めた明石にボールを投げ返す。
 しばらくボールを持って考えていた明石が何かひらめいたようにマウンドの上の誠を見た。
「神前の。お前も打席に打者が立っとる方が勘が戻るじゃろ?」
 そう言うと明石は手にしたボールを誠に投げた。
 投手用の大きめのグラブでそれを受け取ると、誠はボールと明石を何度か見比べてみた。
「はい、まあ……」 
 誠は曖昧にそう答えた。
 自信はなかった。
 懐かしい白い練習用のユニフォームに袖を通している間から昨日には無い不安が彼を支配していた。
 本当に肩は大丈夫なのだろうか?
 肩を回し、腕を上げ、違和感が無いことは確実に分かるのだがかつての肩の筋肉の盛り上がりは無くなっていた。
 球速は戻らないのは自分でも良く分かる。これから筋トレして元の体を作り上げたとしても、肩への不安が残り続けるのは分かっていた。
「今度はマジで行くけ、マスクつけるわ。カウラ、いい勉強だ審判やれ。島田とキム、それにヨハンは外野で球でも拾えや」 
 そう言い残すと明石は用具置き場のほうに歩いていった。
「誠ちゃん!ただ打つだけじゃつまらないから、なんか賭けない?」 
 久しぶりの投球を前に緊張している誠に向けて、アイシャはそう話しかけた。
 カウラの目が鋭くこちらのほうを見ているのを痛々しく感じながら、誠はおずおずと三塁ベースからホームに歩くアイシャの方を見つめた。
「賭けるって……冬コミの執筆か何かですか?」
 呆れたように両手を広げるアイシャ。彼女はバットを持ってホームベースのところにいたカウラからバットを奪い取ると素早くスイングをした。
 右打ち、バットはグリップエンドぎりぎりのところを持って腕をたたんで振りぬく。 
「馬鹿ねえそれはもう決定事項だから。そうじゃなくって私が勝ったら、キスさせてもらうってのはどう?損な話じゃないと思うけど……」
 そのアイシャの言葉に誠は混乱した。 
「アイシャさん、それって逆じゃあ……」
 同じく動揺していたカウラがアイシャの狙いを理解して彼女をにらみつけた。 
「怖い顔しないでよカウラ。誠君も奥手そうだからね。じゃあ先生が勝ったらカウラにキスさせてあげるって言うのはどう?」
 にらんでいたはずのカウラが急に頬を染めてうつむいた。
 しばらく下を向いてスパイクで何度かグラウンドの土を蹴飛ばした後、言葉の意味を理解して激高するようにスイングを続けるアイシャを見つめた。 
「アイシャ!何を言ってるんだ!」 
 動揺しているカウラの顔が赤く染まる。
「ほんとこの子は冗談が分からないんだから……そうだ!今度、どっか行った時、おごって上げるわよ。それでいいでしょ?それじゃあ決まりね!」 
 そう言うとアイシャは一人納得したようにバッターボックスに入った。インコースの低めの球をおっつけるようなスイング。外角高めの速球を予想して叩きつけるようなスイング。そして外角低めのボールを救い上げるようなスイングをアイシャは見せた。
 そしてアイシャは紺色の帽子を一度脱いで、後ろで縛った紺色の長い髪を風になびかせるとまるで挑発するように誠の投球を待つ用にオープンスタンスでバッターボックスに立った。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 今日から僕は 39

 吉田のモニターを使っての説明に飽きた嵯峨はあくびをした。
「ふうん、そう」 
 嵯峨はそういうと手にしている拳銃のボルトを、何度と無く眺め回しその表面の凹凸が無いのを確認していた。
 吉田はその有様を説明中も噛んでいた風船ガムを膨らましながら眺めている。
 万力に固定された小口径の拳銃の本体。その下に鉄粉が広がっている様は、どう見ても一連隊規模の部隊の指揮官の執務室とは思えない。
「つまり結論は何処が仕掛けてるか分からん、と言うことなんだろ?回りくどいのはやめようや」 
 嵯峨はそう言うと万力から拳銃を外す作業に取り掛かった。
「アメリカ、中国、ロシア、などの地球圏国家群や各惑星系国家連合。ゲルパルトや胡州、大麗の軍部も確かに動いてはいます。隊長が見込んだ介入勢力は一通り動いてますよ」
 取り外した拳銃のフレームを眺めながら嵯峨はいつもどおり話を聞いているのかいないのかわからないような状況で突っ立っている。
「ですがどれも動くタイミングとかがばらばらで、何処が主導権を握っているのやら見当がつかない有様で……」
「まあ失敗する可能性は大きかったから身元がばれないように細工をする準備ができていたんだろ?失敗しても神前に興味を持っている勢力が五万といることを俺に示して見せるだけで十分に効果があると考えて作戦を立案する人間か。なかなか侮れない奴だねえ」
 そう言うと嵯峨はフレームに息を吹きかけて丁寧に埃を払い落とし始めた。
「隊長。もう目星がついてるんじゃないですか?」 
 吉田はそうカマをかけてみた。
 しかし、そうやすやすとそれに乗るような嵯峨ではなく、淡々とバレルを拳銃に組みつけては、その動きに引っ掛かりが無いかどうか確かめる作業に集中している振りを続けていた。
「それよりも神前の馬鹿ですが、あいつは一体何者ですか?確かに正規に出回っている資料でもアストラルパターン異常者と言うことと、身体能力の高いということしか判明していない」
「じゃあそう言う奴なんじゃないの?」
 嵯峨はそう言うとようやく先ほど散々確認していた拳銃のボルト部分に手を伸ばした。
「でもそんな曖昧な情報で動く国がありますか?」
「あるんだろ?だからあいつは拉致られたわけだし」
 そう言うと嵯峨は拳銃の部品を机に置いて自分の肩を叩き始めた。
「それはそうですがこんなどうでもいい状況で各国の非正規部隊が動き出すほどの……」 
「動いてるんだから仕方ないだろ。それにお前も自分の情報網で神前のこと調べたんじゃないの?」 
 いったん椅子に座るとニヤリと笑みを浮かべて嵯峨が吉田のほうを見た。
 吉田は別に当然と言うように、再び口を開く。
「それがめちゃくちゃだから言ってるんですよ。多重次元生命体だとか、次元・空間介入能力の持ち主だとか、非活性個体だとか。ともかくめちゃくちゃな情報が飛び交ってるんですよ。酷いのになると吸血鬼の末裔だとか、狼男だとか、アンデッドだとか言い出してる連中だっていますよ」
 吐き出すべき言葉を吐き出したというように吉田は肩で息をしながらタバコに火をつける佐賀を見つめた。
「そりゃあオカルトの世界だなあ。あいつにはお化け屋敷に就職を世話してやればよかったかなあ」
 嵯峨はそう言うとタバコの煙を天井に噴き上げた。
「それがオカルトと縁の無い連中の口から出てるから不思議なんですよ。名前は言えませんが某国軍の研究所の研究員達でさえ、神前の名前を聞くとどう見ても思考能力が低下しているとしか思えない結論を語り始める有様ですよ」
 そこまで話を聞くと嵯峨はタバコを灰皿に押し付けた。そして座ったまま伸びをして拳銃の部品を机の上に並べ始める。 
「で、直接神前と言う男に会ってみてお前はどう思うわけ?」 
 何度かボルトを撫で回しながらボルトを本隊に押し込んで動かした。その出来にようやく納得が言ったのか、嵯峨は拳銃とその部品を机の上に置くと、そこに乱雑に置かれていた様々な目のヤスリを工具箱に片付け始める。
「分かりません。まあ、資料の通りなら今度の乙型の精神波感応システムを使いこなせるはずだということくらいですか」
 吉田は浮かない表情でそう言うと風船ガムを膨らませる。 
「じゃあそれでいいじゃん。まあ、一朝一夕に特定できる相手じゃないだろうから引き続き調査をしといてちょうだいよ。そういえばその神前は何しとるの?」 
「なんか、昨日の続きで野球の練習するとか言ってましたけど」 
 嵯峨は工具箱にヤスリをしまい終えると、部屋の隅に置かれたバットに目をやった。
「俺も素振りくらいはしとくかねえ」
 そう言うと嵯峨は拳銃の組み立てにかかった。
「それじゃあスコアラーの仕事に戻るので」 
 いつもの皮肉めいた笑みを浮かべると吉田は部屋を出て行った。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 今日から僕は 38

 誠が自分の部屋の扉を開くといつの間にか吉田までが座っていた。
 彼はアイシャが開いている誠のスケッチブックをにやけながら覗き込んでいた。
『ビール到着しました!』 
 島田は瓶、サラは缶のケースを抱えて誠の部屋に転がり込む。さらにその後ろには野球部の一員である管理部の経理課長菰田曹長がコップを持って入ってきた。
「はーい!ビール行きたい人!」 
 サラの声に誠と吉田が素早く手を上げる。
 アイシャはようやく誠の描く美少女系の絵から目を離して手を上げた。それを眺めていたパーラも手を上げる。
 菰田は彼らにコップを配って回る。そして瓶の栓を開けている島田からビールを受け取ったサラは次々とビールをついで回った。
「あの、いつも思うんですけど吉田少佐?何処から入ったんですか?」 
 誠が至極まっとうな質問をする。
 吉田はビールを一口で飲み干すとすぐ窓のほうを指す。閉められた窓の下にはロープが一本落ちている。。
「吉田の。ワレはまともに玄関から入るって言う発想は無いんか?」
 菰田のコップに日本酒を注ぎながら明石のどら声が響く。 
「タコ。人生は楽しまなきゃねえ」 
 そう言いながら吉田は島田にカラのコップを差し出す。
 仕方ないというように島田がビールを注ぐ。
 入り口の近くに座って日本酒を飲んでいる菰田の後ろに現れたシャムがサラから耳うちをされるとそのまま部屋を出て消えていくの誠にも見えた。
 そんな八畳の部屋に集まった人の熱気に気付いた誠がエアコンのリモコンを取りに本棚に背を持たれかけて日本酒を飲んでいる要の背後の棚に手を伸ばした。
 視線が誠と合った要。彼女は一口日本酒を口に含んで立ち上がった。
「機械人形が良いこと言った!神前!とりあえず飲め!イッキだ!」 
 要が吉田が自分用に確保してあるビールの缶を横取りすると誠の頬に突きつけてそう叫んだ。
 全員が嫌そうな顔を要に向けたとき、シャムが袋菓子を一杯に手に持って現れた。
 アイシャが素早く手を伸ばす。のり塩のポテトチップス。サラはそれを見てうらやましそうな表情を浮かべた後、残っていたコンソメ味のポテトチップスを確保した。
 島田が気を利かせてポップコーンとうす塩味のポテトチップスの袋を開いて誰でも食べられるように拡げた。
「気がきくじゃねえか」 
 そう言うと要はポップコーンを一握りつかんで口に放り込んだ。
「アイシャ、さっき要ちゃんねえ……」 
 シャムはそのまま手招きするアイシャの隣に座るとアイシャの耳に口を寄せた。
「シャム、埋めるぞ貴様!」 
 要の剣幕に戸惑うアイシャ。
「要ちゃんそんなに焦ってどうしたの?」
 アイシャはそう言うとビールを飲み干して島田にコップを差し出す。
「神前、お前も少しは手伝えよ」
 そんな島田の言葉に立ち上がろうとした誠だが、要が無理やり引き倒したのでアイシャの膝元に転がった。 
「誠君も知ってるんだよね!」
 倒れたまま声をかけられた誠。彼の左手を握り締める要の手に力が入っていくのを感じて誠は必死に首を振った。
「二人とも変なの」
 そう言うとアイシャはビールを飲み干した。
「はい、ビール」 
 島田がパーラに瓶を手渡し、それは倒れている誠の目の前に置かれた。誠はようやく要が左手を離したので起き上がるとそのままビールをアイシャの差し出すグラスに注いだ。
「島田。飲めない人間がいるんだからジュースか何か買ってくるくらいの気い使っても良かったんじゃ……」
 明石がそう言うと窓の下に座り込んでいる吉田が口を挟んだ。 
「麦茶もあるしいいんじゃねえの?そういう自分だって持ってきたのは日本酒じゃねえか」 
 吉田と明石がにらみ合う。
 再びドアが開くといつの間にか場を抜けていたサラが現れた。
「お待たせしました!ちゃんとベルガー大尉用に烏龍茶もありますよ!」
 サラがペットボトルの烏龍茶を持って現れてカウラの前にあるコップに烏龍茶を注いだ。。
「おい!シャムが食いすぎてつまみが無いぞ!アイシャ、それを供出しろ!」 
 すっかりビールのアルコールで機嫌の直った要が、そういってアイシャを睨み付ける。
「なによ!これは私が食べるのよ」 
 そう言って無理やりポテトチップスを口に突っ込むアイシャ。
「二人とも喧嘩しないでよ!もうすぐエンゲルバーグが……」 
 割って入ろうとするサラの一声に空いたままの扉から声が響いた。
「ヨハンです!ヨハン・シュペルターです!」 
 恰幅のよさでは部隊随一のヨハンがボール一杯のソーセージを持って入り口に仁王立ちしていた。
 彼はそのまま食べつくされた部屋の中央のつまみ類をどかすと湯気を上げている何種類もあるソーセージの盛り合わせを置いた。
 シャムが素早く黒い斑点が透けて見える大きなソーセージをキープする。カウラもつまみに手を出さなかったから小腹がすいているようで、赤い辛そうなのを手に取ると口に入れた。
「なんか狭くないか……若干二名のせいで」 
 要はそう言って、明石とヨハンを見回した。
「うるせえ!この部屋にこんな荷物持って来とる神前が悪いんじゃ」
 そう言うと明石は立ち上がる。
 場の流れを読んで島田が空いているグラスにビールを注いで回った。
「それじゃあ改めて、遼州保安隊野球部設立を祝して、乾杯!」 
 この明石の声を合図に誠の部屋での乱痴気騒ぎが始まった。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 今日から僕は 37

 廊下の奥から顔を出した島田は要の目に入らないように足を忍ばせて顔を覗かせている。
 明らかに自分を見殺しにしようとしている島田を見つめて誠は泣きそうな表情を浮かべた。島田は手をあわせるとその後ろから顔を出そうとしているサラを押しとどめて自分の部屋に引きずって行った。
 要はソファーの上で足を組みながら天井にタバコの煙を吐き出す。
「ったく贅沢だぜお前等。士官は自分で住処を探すのが規定なんだぜ、ったく……」 
 要はそう言うとくわえていたタバコを携帯灰皿に押し付け、すぐさま次のタバコに火をともす。
「すいません」 
 なんとなく気が咎めて頭を下げる誠を要が鋭い目つきでにらみつけた。
「オメエ、馬鹿だろ。オメエが決めた規則じゃねえんだ。何でも謝るのは悪い癖だぜ。特にこの仕事続けるなら自分が原因でも喧嘩を売るぐらいの気迫がねえとやっていけないぞ!」 
 怒鳴りつけられて誠の気分はさらに沈んだ。
 熱くなった自分を反省するように要は深呼吸をする。そして黙ってうつむいている誠を見ながら要は髪の毛を掻きながら静かにつぶやいた。
「悪かったな」 
 本当に小さな声だった。誠は彼女が何を言おうとしているのかわからなかった。ただ明らかにこれまでの横柄な要らしい態度から急変して頬を朱に染めて下を向いている要が目の前にいる。
 その信じられない光景にしばらく誠は動けなくなっていた。
「聞こえねえのか?悪かったって言ってんだよ!」 
 下を向いたまま要が叫ぶ。まだ誠には要が何でこんな行動に出ているのかわからなかった。
「あのー、何の話ですか?」 
 誠がそう言うと要は急に立ち上がってくわえたタバコの煙を吐き出しながら襟首をつかんで誠を力任せに壁に押し付けた。
「皆まで言わせんじゃねえよ!この前のオメエが人質になった時のことだよ!」
 そこまで言ってから要は自分のしている行動が謝ろうと言う意思とはかけ離れていることに気付いて誠の襟首から手を離した。
 誠は要から解放されてほっとしながら、彼女が謝ろうとしていることに気付いて伏し目がちな要を見下ろした。
「あの時オメエのこと……」 
 どうにも自分の心を伝えられないもどかしさに頭をかきむしる要は意を決して誠を見上げた。
 それでもその先にある誠の視線に気づくと要はまた顔を下に向けた。
「ともかく、あん時はアタシも強引過ぎた。それが言いたかっただけだ……」
 そう言うと要は再びソファーに身を投げてタバコをふかした。 
「ツンデレだー!」 
 要が腰掛けていたソファーの後ろから緊張感の無いシャムの声が響いて要は目を白黒させて立ち上がった。
 振り返った要はキッと目を見開いてシャムの方を見つめるが次の瞬間腹を抱えて笑い始めた。
 誠もあわせてそちらのほうを見つめた。そして意識が凍りついた。
「あのー、シャム先輩?その黄色い帽子とランドセルは何のつもりですか?」 
 そこには黄色い帽子に赤いランドセル姿のシャムがいた。さらに着ているのは熊の絵の描かれた白いタンクトップにデニム地のミニスカートである。その格好が身長138cmと言う小柄で童顔なシャムにはあまりにもはまりすぎていた。
 誠の質問に首をかしげているシャムがようやく誠の質問の答えを見つけたというように微笑んだ。
 その答えは予想できたが、誠はそれが外れてくれるのを心から願っていた。
「小学生!」 
 最悪の答えが返ってきた。誠は頭を抱える。確かにシャムの言うとおりどこから見ても小学生だった。
 階段を上がってきて誠と目のあった明石が他人の振りを装うように口笛を吹いている。
「明石中佐……」 
 誠は呆れるというよりあきらめていた。
「ワシに聞くな!こいつはこういう奴じゃ!言いたいことはそんだけじゃ。それよりいい話があるんだ、島田とエンゲルバーグには連絡してあるはずだが……」
 シャムを視界に入れないように注意しながら明石が巨体を揺らして階段を上がってくる。 
「エンゲルバーグって人いましたか?」 
 聞きなれない響きに誠は首をかしげた。当然できるだけシャムを見ないですむように視線を落とさずに明石のサングラスを見つめることは忘れなかった。
「ヨハンのデブのことだよ。さっき厨房で大量のソーセージ抱えて歩いてたぞ?」 
 要が吐き捨てるようにそういうと、誠の部屋のほうに歩き始めた。
「何が始まるんですか?」 
 誠は空気が読めずに明石にそうたずねた。
「野球同好会が野球部に昇格したお祝いじゃ。幸い、ここの個人部屋は贅沢なくらい広いからな」 
 そういうと手にした一升瓶を掲げる。
「わかってるじゃんタコ。じゃあ宴会の準備しに行こうぜ!」 
 ようやく自分の言いたかったことを言えて安心したように要が誠の肩を叩いて誠に部屋に戻るように促した。
 三人はそのまま誠の部屋に向かった。
「置いてかないでよ!」
 なんちゃって小学生スタイルのシャムは彼らに無視されているのに気がついて三人を追いかけた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 今日から僕は 36

 誠が初めて見るアイシャの目がスケッチブックの絵を見つめている。慎重にページをめくる手も、いつもの軽薄さを感じない。
 そんな姿を察して少し声をかけるのはやめようと、誠は右手でボールの握りを確認しているカウラに声をかける。
「カウラさんて、右投げですよね?」
 その言葉にボールを見つめていたカウラが誠に目をやった。 
「ああ。明石中佐が体が柔らかいならやってみろというので、アンダースローで投げている」
 ボールを何度と無く握りなおしている。誠は机の上にもう一つ置かれていたボールを左手で握ると彼女の前に座った。
「球種は、何を投げますか?」
 カウラの手はストレートの握りから多少指をずらしてみると言う動きを繰り返している。それを誠は見つめていた。 
「まだ始めたばかりだからな。ストレートとシュートだけだ。とにかくコントロールさえ間違えなければどうにかなるというのが、明石中佐の助言なのでな」 
 そう言うとカウラはストレートのボールの握り方で誠の目の前に右手をかざした。
「シンカーとか、ライズボールとか、横だけじゃなくて縦の変化もつけたほうがいいですよ。その方が相手バッターの意表をつけますから。それとチェンジアップ……」 
 そう誠が言いかけた時、いつの間にか部屋から出ていたサラがドアの前で手招きしているのが見えた。気がつけば島田もいなくなっている。
 カウラはそれぞれ誠の言った球種の握り方は知っているらしく、手にしたボールに集中している。
 誠はその隙を突いてサラのほうへと出て行った。
「何ですか……」 
 誠が言いかけた時、サラの隣に人影があるのに気づいた。
 要が手に携帯用の灰皿に吸殻を落としていた。
「たまたま近くをバイクで流してたら、サラから連絡があってな」
 要が言い訳のように誠と目もあわせずにそう言った。
「ああ、そうなんですか」
「たまたまだからな!」 
 聞かれてもいないのに要は、吐き捨てるようにそういった。
「ここにいたら二人に聞かれるよ。踊り場のほうに行ったら?」 
 サラが気を利かせてそういうのを待たずに、要は身を翻して廊下を先に進んだ。
「西園寺さん」 
 二階の踊り場のソファーにずかずかと歩いていき、どっかと腰をすえる要。誠はそれについていくしかなかった。
「お前のことだからアイシャにからかわれて泣きでも入れてるんじゃないかと思ってな。一応お前の上司だし、部下の面倒を見るのが上司の……」
 語尾に行くにしたがって自分の言葉が言い訳じみてくるのが嫌なのか、要は視線を落としてしまった。 
「免停中じゃなかったでしたっけ?」 
 誠の冷静な突っ込みに、烈火のごとく怒った要の顔がこちらを向いた。
「うるせえな!見つかんなきゃいいんだよ!ったく……」 
 要はそう言うとタバコを取り出す。
「あの……喫煙所は一階なんですけど……」 
 誠がそう言うと要はきつい視線を誠にぶつけた。
「馬鹿野郎!どうせ島田のアホが決めたことだろ?アタシは中尉だ。あいつの上官だ。なんであいつの決めたルールを守んなきゃいけないんだよ!」 
 そう言いながら携帯灰皿をテーブルに置いて要はタバコをふかした。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。