スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 墓守の少女 20

 夕暮れを告げる風が大きなもみの木を揺らす。少女が一人、そんなもみの木のこずえに座っていた。
「なんか変……」
 そう言う少女の手には横笛が握られ、器用にバランスを取りながら笛を口に乗せる。悲しげな旋律が木の上を旋回するように始まった。元の色が分からなくなるほど着古されたポンチョ、破れかけたズボンは澄んだ木々の陰に広がる闇の中でも彼女が一人でこの森に暮らしていることを知らせるものだった。峠から吹き降ろす風は冷気を帯びているもののやわらかく、彼女の埃まみれの髪の毛を撫でていった。頬はあかぎれと炭で煤けている。
 まもなく日は沈もうとしていた。日が沈めば風の向きは反転し、彼女のいる高地から峠へと押し戻すような湿り気を帯びた風に変わることを彼女は知っていた。
 旋律を一通り吹き終わると彼女は笛を腰の帯に押し込み、もみの木を転がり落ちるようにして大地に降りた。降りた先のもみの巨木の根元には、子供のコンロンオオヒグマが座っている。去年の秋に生まれた小熊はすでに地球のヒグマの大人よりも一回りも大きい巨体に成長していた。降りてきた少女を見ると元気良く彼女の前に座って巨体を揺らして少女に甘える。
「大丈夫。怖くないからね」 
 少女は小熊の頭を撫でた。小熊は嬉しそうに彼女の頭に静かに前足を乗せる。
「そうだ、これ食べる?」 
 アカギレだらけの手で背中のズタ袋を探ると、鹿の肉を干したものを小熊に与えた。小熊はそれに噛み付くと、一心不乱に鹿の肉を噛み砕き始めた。
「大丈夫だよ、そんなに急がなくても」 
 そう言いながら微笑む少女。山並みに夕日が隠れると一気に森は暗闇の中に沈む。
「熊ちゃんもお友達が出来ると良いのにね」 
 口の中で肉を噛み続ける小熊を見ながら少女はどこか寂しげな表情を浮かべた。その瞬間、それまで峠から吹き降ろされていた冷たい風が止んだ。小熊は不安に思ったのか、口の中の鹿の肉の破片を飲み込むと、潤んだ眼で少女を見つめた。
「大丈夫だよ。ずっと一緒なんだから」 
 そう言って小熊の頭を撫でた。小熊はそのままおとなしく彼女の前に座った。
「絶対大丈夫、大丈夫」 
 その言葉は小熊に対してではなく、自分自身に言い聞かせているようにも聞こえる言葉だった。そして静まり返った彼女の為だけにあるようにも見える森に彼女の視線は走った。
「これまでだって大丈夫だったんだから」 
 そう言うと少女の視線に殺気の様な物が走る。何か敵視するものがそこにあるとでも言うように彼女は峠の方を見つめた。
「悪い人はね、あの峠を越えられないんだよ。もし越えてきても私がやっつけるんだから」 
 そう言うと彼女は小熊の後ろに置かれた巨人像のようにも見えるアサルト・モジュールを見上げた。
 その剣を持った白いアサルト・モジュールはアイドリング状態の鼓動のような音を立てながら戦の神を模した神像のように立っている。その姿を見上げる少女の目に涙が浮かんでいるのを見つけた小熊は甘えるような声を上げて少女に寄りかかる。
「大丈夫、大丈夫」
 そう言いながら少女は小熊の頭を撫でながら巨大人型兵器を自信に満ちた目で見上げていた。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 墓守の少女 19

 質問に答えずに手元の携帯端末に目を通すキーラを見てクリスはつまらないことを言ったと思い返した。しかし同様の質問にうんざりとした表情は一瞬のことで、彼女の顔にはすぐ笑みが浮かんだ。
「別に不思議なことは無いですよ、セニアさんやレムなんかもそうですから。特にレムなんてちょっと変わってるでしょ?まるで普通の人間みたいじゃないですか」 
 そう言ったキーラの口元に浮かぶ笑み。自分の偏見が抜けきらないことに恥じながらクリスは言葉を続けた。
「私から見たら君も立派なレディーだよ」 
「何言ってるんですか!」 
 そう言って叩いたキーラの一撃で、クリスは少しよろめいた。さすがに筋組織のつくりが違う人造人間に殴られれば大柄なクリスもよろめく。
「すいません!大丈夫ですか?」 
 キーラが傾いたクリスを起こした。苦笑いのクリスはハンガーを走り回るキーラの部下達を見ながら言葉を続けた。
「それにしても本当に一個旅団規模で北兼台地を制圧するつもりなのかねあの人は」 
「十分その素地は出来たって言ってましたよ、隊長が」 
 上官の考えに同調するのはそう作られたからなのかとクリスは思った。戦力差はあまりに大きい。ゲリラの支援を受けたとしてもとても対抗できる実力があるようには思えない。
「直接君が聞いたのかい?」 
 また余計なことを言った。クリスはそう思いながらキーラを見つめる。
「ええ、隊長はよくそこの喫煙所の隣で七輪でスルメとか焼いて飲んだくれていることがありますから……まあ時々どう見てもそこで言うのはおかしいと思うようなことまで手の空いた隊員に話していますよ」 
 クリスは意外に思った。
 非情冷徹な典型的胡州軍人と言う嵯峨のイメージがここで本人に出会うまではあった。だがはじめてみた子供と遊ぶ指揮官の姿、そしてキーラの口からそんな言葉を聞くと改めて嵯峨と言う人物の全体像がわからなくなり始めた。そんな彼の隣にいたキーラを二式の足元で装甲版をはがした脚部の調整をしていた技官が手招きしている。
「すいません、ちょっと仕事なんで」
 そう言って立ち去るキーラ。ハンガーで作業するキーラ達整備員達を眺めながらクリスは二式の機体に張り付いて作業を続けている整備兵に身振りを交えて説明するキーラを見つめていた。ふと横を見ればハンガーの入り口には嵯峨がよくつまみを焼くと言う七輪がある。暇に任せてそれに近づいてみれば七輪はかなり使い込んでいるようで、あちこちにひび割れが出来ていた。
「壊さないでくださいよ。あの人泣きますから」 
 そう言いながら今度はコックピットの調整に手間取っている部下のところに這い上がろうとするキーラが叫んだ。その表情は相変わらず笑っていた。
「しかし、君は良く笑うね」 
 クリスの言葉にキーラが頬を赤らめる。周りで作業をしていた整備兵がそれを見て一斉に笑い声を上げる。
「そうですか?戦争の道具として生み出された私が自分で自分の人生が決めれるんですから。いろいろ大変だってセニアは言いますけど、私はそれなりに幸せですよ」 
 またキーラに笑みが浮かぶ。クリスは嵯峨の七輪から離れて格納庫を一望した。殺伐とした北天の人民軍の格納庫とはかなり違っていた。又聞きになるが、北天周辺のアサルト・モジュール基地ではあちこちに政治将校と彼等の部下がにらみを効かし、時には雑談を聞かれて連行されていく兵士もいるとクリスは聞いていた。だがここにはそのような雰囲気は無かった。
 一仕事終え談笑する整備員達。オペレーターの女性隊員もその中に混じっている。よく見れば伊藤の部下である政治局員の袖章をつけた兵士も大きな手振りで彼らの笑いに花を添えている。
「ずいぶん違うものですね、人民軍の本隊とは」 
 そう言いながらクリスはようやく部下に指示を出し終えて戻ってきたキーラに向き直った。
「まあ隊長の個性というところじゃないですか?」 
 そう言うとキーラはまた笑みを浮かべた。それを見てクリスは何事も急ぐべきではないと言うことを察した。二式の情報は北兼軍閥の最高機密である。今キーラを問い詰めても彼女は誰でもなく自分の意思で何も話さないだろう。クリスは直接の質問をあきらめて自分の身の回りを片付けようと思った。
「そう言えば私達の荷物は?」 
「ああ、裏の宿舎の326号室に置いておきました」 
 そう言うとキーラはクリスと一緒に立っているハンガーの入り口まで駆け足でやってきた少年兵から渡された仕様書に目を向ける。
「ありがとう。ならしばらく休ませてもらうよ」 
 クリスはそれだけ言うと、話し足りなそうなキーラを置いて自分の仮住まいへと向かった。
 彼はこれほどの笑顔が見れるとはクリスは思っていなかった。
 正直この仕事を請けるまでの人民軍に対する印象は悪かった。自由の敵。母国アメリカではこの遼南の紛争をその敵に対する聖戦だという世論まであった。クリスもこれまでは遼北による勢力拡大のための戦争と言うイメージでこの内戦を見ていた。そしてある意味それは正解だった。北天では脱走兵が広場などに集められ機銃で処刑される光景も見た。政治将校が徴兵されたばかりの新兵を殴りつけている様などは日常のものだった。
 だが、この北兼軍ではそのような雰囲気はまるで無かった。綱紀粛正を主任務とする憲兵隊出身の嵯峨が全権を握っていると言うのに、どの兵士達の目にも自分で選んでここにいるとでも言うような雰囲気が見て取れた。
 そう思った時、自然と自分にもキーラの笑みがうつっていることに気づいてクリスは苦笑いを浮かべた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 墓守の少女 18

 会議室の扉は閉められ、会議が再開されたようだった。クリスは嵯峨の最後の言葉が気にかかった。
「ホプキンスさん!」 
 そこに駆けつけたのはつなぎを着た整備員キーラだった。どこと無く慣れていないクリスにどう話しかければいいのか戸惑うキーラ。
「君か」
 そう言ってクリスに向き合うように立つキーラになぜかクリスは興味を引かれた。それは神に挑戦するにも等しい『人間の創造』を行ったゲルパルトの技術者に対する興味とは違う何かだ。そう自分に言い聞かせるクリス。
「珍しいですよね、『ラストバタリオン』の整備員なんて」 
 そう言うとキーラはさわやかに笑った。自分の考えが見透かされたことにクリスは驚くとともに当然だと思えた。少なくとも彼女はこうして生きている。それだけは誰も否定が出来ない。白い肩の辺りで切りそろえられた髪がさわやかな北兼山地の風になびく。同じような赤いくりくりとした目がどこかしら愛嬌があるように見えた。
「二式についてはいろいろ聞きたいことがあってね」 
 自分の戸惑いを見透かされまいとそう言うとクリスは再び格納庫に向かうべく階段を下りた。
「あまり政治向きの話は答えられないですよ。嵯峨中佐がほとんど糸を引いていたって噂くらいしか知りませんから。それに整備班に転向してから日が浅いんで、細かいところは後で許中尉に確認してください」 
 あっけらかんとした調子で話すキーラ。そのおおらかな言葉の響きにクリスは好感を持った。木製の階段を降りる。彼女のきびきびとした所作にはさわやかな雰囲気がかもし出される。
「あ、ジャコビン曹長。ちょっと村を撮りたいんだけど……」 
 ハワードにそんな風に言わせたのはキーラのまとう雰囲気なのだろうとクリスは思いながら柔らかな表情を浮かべるキーラを見ていた。
「ああ、良いですよ。なんなら整備の手のすいたのを見繕ってドライバーにつけましょうか?」 
「お願いできるんですか?それはいいや!」 
 ハワードが子供のような笑みを浮かべる。クリスは窓から見える高地の風景を見ていた。まだ日は高い。案内が着くのなら日暮れまでには帰るのだろう。キーラは通信端末に何かを入力しながら本部の階段を降り終えた。作戦会議。おそらく北兼台地の攻防戦が始まろうとしているだけのことはあり、格納庫のアサルト・モジュール群には火が入れられているようで、静かに震えるようなエンジンの稼動音が響いている。
「四式も準備中か。戦力はこれだけじゃないんだろ?」 
 三号機の肩の辺りで談笑していた整備員から敬礼されているキーラに尋ねた。
「まあ、あとはホバーが二十三機、それに装甲トレーラーが六台、200ミリ榴弾自走砲が十二門。兵員輸送車が33両ありますよ」 
「結構な戦力ですね」 
 そう言うとクリスは二式を眺めた。親米的姿勢を見せる南都軍閥の依頼で出動しているアメリカ軍は共和政府と距離をとる南都軍閥を率いるブルゴーニュ家に配慮して、最新式のアサルト・モジュールの投入を行うつもりはないことは知っていた。アメリカ国内でも今回の出兵に異論が出ているのは事実だった。しかし、負ければ次の選挙は野党に傾くのは確実とされており、最新鋭機の試験的投入による戦局の一気逆転を狙っていると言う噂は彼の耳にも届いていた。
「そう言えば、ジャコビン曹長。君は『魔女機甲隊』の出身かね」 
 クリスは何気なく尋ねた。振り向いたキーラはしばらく黙ったままクリスを見つめた。
 先の大戦で遼北のプロパガンダの一翼を担った周香麗大佐率いる『魔女機甲隊』の噂はクリスも知っていた。女性ばかりの隊員で構成され、一線級の装備を与えられた彼女達は遼南侵攻を図った遼北軍でも飛びぬけた戦果を上げた。戦後、ゲルパルトによる人造兵士計画『ラストバタリオン計画』とそのプラントを接収した遼北軍は二千万人と言う女性人造兵士を軍に編入した。そしてその中でも優秀な成績を残した兵士を周大佐の貴下に編入し、その後も内戦の続くベルルカン、アステロイドベルトコロニー群、外惑星区域等での目覚しい戦果を上げた。だが、現在まで続いている軍内粛清の嵐により周大佐は故国を追われて嵯峨の北兼軍閥を頼り現在は北兼軍閥の主力と目されている部隊としてアメリカ軍と対峙していた。
 現在の北兼の総兵力9万のうち、一割程度は周大佐に呼応して亡命した『ラストバタリオン』であることは公にされている事実だった。そんなことを考えていたクリスの顔をキーラは聞き飽きたと言う表情で振り返った。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 墓守の少女 17

「伊藤ちゃんに御子神の。それは最初からわかってたことだろ?うちは人民軍の連中から見れば外様だ。この作戦の結果、東和からクレームが来たら俺等の独断先行として俺の首で話をつけようと言う魂胆だろ?俺が人民軍の参謀総局にいたら今頃そのときの言い訳でも考えてるよ」 
 嵯峨は笑っている。まるで他人事のように言ってのける嵯峨。クリスはそんな彼の態度で周りの部下達の雰囲気がどう変わるかを読み取ろうとした。
「もし外交問題に発展すれば北兼軍を切り捨てるつもりってことですね」 
 そう言う御子神の頬が震えていた。セニアは彼を心配そうに眺めている。まるで敗戦が確定した部隊のようだった。そのくせ指揮官の嵯峨は悠然とタバコに火をつけてもうすでに笑みと読んでいい表情を浮かべていた。
「よろしいですか?」 
 沈黙が続く中でクリスは恐る恐る手を上げた。会議を仕切るような風に見えた明華が視線を投げてくる。
「どうぞ。客観的な視点も参考になるでしょうから」 
 どこか棘のある明華の言葉にクリスは立ち上がった。
「北兼台地の鉱山群への攻撃は、できるだけ避けるべきだと思います。私はジャーナリストですから、それが共和軍の遼州星系国家郡に対して『我等こそが遼南の利益を代表する』という格好のプロパガンダの材料になるのは間違いないですよ。どんな政権であれ自国の利益を守ってくれるならそれに越したことは無いでしょうから。それに相手は『殺戮機械』の異名をとる吉田俊平。戦力を消耗するだけ無駄ですね」 
 それだけ言うとクリスはへたり込むように椅子に座り込んだ。会議の席にいる誰もがそんなことくらいはわかっていると言うような顔で招かれざる客である二人の記者を見つめていた。
「誰が見てもそうですよねえ。でもまあ一応、人民軍本部の指示は無視するわけにはいかないんですよ。それに逆にここで俺の狙い通りの筋書きに持っていければ、人民党の偉いさんの鼻をあかせるかもしれないもんでね」 
 嵯峨のその言葉に、この場のメンバーは彼のにやけた面を凝視した。そんな突然の部下達の食いつきに、驚いたようにタバコを灰皿に押し付けた嵯峨。
「先に言っておくぜ。別に相手を潰すいい作戦があるとか言うことじゃないんだ。ただいくつかの情報があってね、それが面白い結果を出しそうだというだけの話なんだ。共和軍の隙間って奴に手が出そうな話でね」 
 自分が何かを知っている、情報を握っているとにおわせる嵯峨の余裕の表情に会議に列席している士官達は目の色を変えて自分達の上官である嵯峨を見た。
「俺の情報には無い話でしょうね。御前」 
 一人その流れに乗り遅れたと言うように楠木が頭を掻く。嵯峨は特に気にすることもなく再び取り出したタバコに火をつけた。
「じゃあこれから先は身内だけでやりたいんで」 
 そう言うと嵯峨は扉近くの将校に目配せした。クリスも音声レコーダーを止めて立ち上がった。部下達は、嵯峨の言葉を待っているような表情を浮かべながら去っていくクリスを眺めていた。
「ハンガーの方にはホプキンスさんが行くことは伝えてありますから!」 
 明華の緊張感のある声が会議室に響いた。クリスが振り向くとそこにはもう明華は後ろを向いていた。
「東和の介入を抑える……菱川重工でも脅すのかね。『社長の首が飛ぶぞ』とでも言って」 
 ハワードは笑顔でそう言った。その言葉を聞いてクリスにはひらめくところがあった。
 嵯峨家は地球の交渉がある星系を代表する資産家である。胡州の外惑星コロニー群の領邦には2億の民を抱え、そこでの領邦経営での利益や各国への投資した資産により地球の中堅国家以上の流動資産を握っている嵯峨惟基。彼が経済学の博士号の持ち主であることもクリスはこれから嵯峨を値踏みするには必要な知識だと思い返した。
「金持ちは喧嘩をしないものだと言うが、例外もあるんだな」 
 そう言うとクリスはそのまま廊下を歩き続けた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 墓守の少女 16

「驚きましたか?」 
 静かにクリスを見つめてつぶやく楠木。クリスは呆然としながら周りを見回した。嵯峨をはじめ部隊の主要人物はすべてそろっている。その視線は特にクリスなどいないと言うようにモニターに目を向けていた。そして隊員は一人としてこの状況を意外とは思っていないことはクリスも理解できた。さすがに情報屋だ。クリスが置かれた状況が他の軍ではありえないことを知り抜いている楠木の口元に下卑た笑みが浮かぶ。
「それじゃあ入手した情報を反映させますか」 
 一転して嵯峨に目をやると楠木は端末を操作する。いくつかの赤い点、そして縦横に伸びる青いラインと、それにいくつか群がる紫、緑、黒の点の群れ。
「現状、この赤い点にあるのが菱川鉱山の所有鉱山と菱川の民間軍事会社である東和安全保障の拠点になりますねえ。そして青いラインが物流の要となる交通網で現在×印の地点は地雷や自動防御装置が配備されて検問が行われている場所。そして紫が共和軍、緑がこちら側に協力的なゲリラの拠点。そして、黒は米軍を中心とした地球連邦平和維持軍のキャンプになるわけだ」 
 明らかにこの地図の読み方の説明をしたのはクリスに読み方を教えるためのサービスのようだった。隊員達の顔は早く本題に進めと言うように厳しくなっている。だが楠木はそれだけ話すとそのまま席に着いてしまった。それにより新たに楠木が得た情報が部隊の配置ではないことを理解してテーブルについている士官達は腕組みをして考え込んでいた。
「東和安全保障の方はどうなっているんですか?先週と拠点の位置の移動は無いようですが……噂になっている伝説的傭兵が部隊長として雇われたと言う話もありますが」 
 ルーラのその言葉に、楠木は眉をひそめた。
「吉田俊平のこと?まあな。ここしばらくおとなしくしていたんだが、金が尽きたんあじゃないのかね、相当な額の報酬で提携を結んでいるのは本当だよ」 
 忌々しげに楠木が吐き捨てるように言葉を荒げるのはもっともなことだ。クリスは従軍記者として10年近く戦場を歩いてきたが、『吉田俊平』の名は何度と無く耳にしてきた。残忍、冷酷、そして金に汚いことで知られる名の知られた傭兵。勝つ戦い、それも勝者に多額の報酬を支払う能力があるときにのみ動くというクレバーな戦争屋。特に電子戦、諜報戦に優れた能力を発揮するところから、体の多くの部分をサイボーグ化しているとも言われ、その写真はどれも違う顔違う体つきをしていた。そもそもそれが一人の人間であるということ自体、かなり疑わしいのではないかとクリスはにらんでいた。
「確かに共和軍もアメリカも積極的に部隊を展開するつもりは無いようですね。東和軍の権益がある北兼台地に人民軍の息のかかった我々が手を出すはずが無いと思っているんでしょうね」 
 明華はその部隊配備状況を一言で片付けた。東和共和国は現在展開されている遼南内戦に重大な関心を寄せていた。その強力な航空戦力は遼南全体を飛行禁止空域と設定し、偵察機を飛ばして内戦を続ける人民軍と共和軍を監視していた。間抜けな共和軍や人民軍のアサルト・モジュールがこれに発見され上空に待機している対地攻撃機のレールガンで蜂の巣にされた事例はいくらでもある。直接介入を嫌う東和軍。その関心を引く行動が禁じ手だと理解しているのは人民軍も共和軍も同じだった。
 だがそんな中一人忌々しげに画面を見上げて頭を掻いている男がいた。
「もしこれが上層部から届いた命令書も無くて、共和軍殲滅の為に央都への道を作る方法を考えろって言うのならかなり楽だったかもしれねえけどなあ」 
 嵯峨は懐から一枚の情報カードを取り出す。そのカードは楠木の端末に挿入された。目の前の立体画像が、一枚の命令書に変わる。強い調子での北兼軍への命令書だった。鉱山の無傷での接収作戦とアメリカ軍の排除指示書。明らかにそれが不可能であると言うことを分かりきった上で出されたような文面は自分へ出されたものでないと言うのにクリスにも憤りを覚えさせるものだった。
「鉱山の接収?何を考えているんですか?北天の連中は?」 
 叫んでいたのは伊藤だった。クリスにも彼の言葉の意味は理解できた。政治将校である彼にはすでに胡州軍の制服を着ている胡州浪人らしい男達の非難するような視線が向けられている。
「伊藤さんの言うとおりですよ。鉱山の接収なんかしようものなら東和の全面介入の口実を与えることになるじゃないですか?無謀すぎます……でもまあ北天の偉い人には我々は信用なら無いならず者扱いですからね」 
 そう言うと御子神は店を見上げで自虐的に笑う。嵯峨はだまって腕を組んでいる。
 だが、クリスは気づいていた。嵯峨がにんまりと口元に笑みを浮かべていると言う事実を。そして彼が何かをつかんでいると言う記者としての確信が嵯峨の言葉を待つと言う体勢にクリスを持って行った。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。