スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 墓守の少女 40

「あいつ等も戦闘経験は積んでるんだがねえ」 
 嵯峨は一人つぶやくと火線の行きかう戦場へと低空を突っ切りながら進む。
「みんなあなたのように戦えるわけじゃないでしょう」 
 そんなクリスの言葉に、皮肉のこもった笑みで振り返る嵯峨。
「また、無理させてもらいますよ!」 
 火の付いていないタバコをくわえながら、嵯峨は敵の背後に着地した。共和軍のマーキングを取ってつけたような塗装の一式は背後に一機、警戒のために残してあった。
「コイツはアメリカ組だな!」 
 そう言うと嵯峨はタバコを手にとって胸のポケットに戻した。格段に動きの違う三機の一式。嵯峨の『アメリカ組』の意味は米軍との軍事交流でアメリカでの訓練を経験したエースと言うことなのだろうとクリスは推察した。
 動きだけではなく、嵯峨の激しい機動を持ってしても死角を取ることが出来ない。嵯峨の四式はフレーム以外の部品がすべて換装されているとはいえ、先の大戦末期に開発された古い機体である。胡州が輸出用に5年前に開発した一式に比べれば性能面の差は歴然としていた。
「おい!御子神!もっと一機に火線を集中しろ!」 
「しかし!このままでは柴崎が!」 
「浩二!テメエは下手なんだ!逃げて囮になれ!」 
 嵯峨はそう言いながら後方に陣取った指揮官機らしい一式の射撃に耐えていた。
「セニア!まだそっちは片付かないか!」 
「動きは止めました!どうにか……うわ!」 
 今度は明らかに驚いた表情のセニア。クリスも突然の出来事に目を見開く。
「ブリフィス大尉!」 
 御子神の叫び声が響く。
「動きを止めても油断するな!下手に情けをかければ死ぬぞ!」 
 嵯峨はそう言うと、背後に気配を感じたように振り向いた敵一式に強襲を掛けた。虚を突かれた一式はレールガンを向けようと振り返ったが、それは遅すぎた。嵯峨の四式のサーベルがコックピットに突き立てられる。
「上には上がいるんだ。あの世で勉強しな!」 
 一式はそのまま仰向けに倒れる。嵯峨は地図を見た。明らかに残り二機の敵の動きが単調になった。
「御子神。そいつ等お前にやろうか?」 
「大丈夫です!柴崎!俺に続け!」 
 御子神と柴崎の二式が遅れていた共和軍の一式を捉えた。
「じゃあ、残りは俺が食うかねえ」 
 そう言うと嵯峨は敗走する一式の到達予測地点へと愛機を進めた。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 墓守の少女 39

「ブリフィスの。大丈夫か?」 
 嵯峨はいきなりセニアへの通信画面を開いた、驚いたような顔をするセニア。
「いきなり通信入れないでください!」 
 声は驚いているようだったが表情にその面影は無かった。クリスはやはり彼女が作られた存在であることを確認する。
「悪かったねえ。本隊はどうした?」 
 嵯峨は戦闘中だというのにまたタバコを取り出して口にくわえた。
「本隊は現在拠点予定の村の下にある保養所跡に本部を建設中です」 
「そうか、ならいい。敵さんも狙いは良いんだが!」 
 そう言うと嵯峨はパルスエンジンを全開にして機体を飛び上がらせる。隠密侵攻中であった敵の胡州からの輸入アサルト・モジュール一式は完全に裏をかかれる形になり、レールガンの掃射の煙の中に飲み込まれて火を噴いた。 
「隊長!俺達の分も取っといてくださいよ!」 
「柴崎。お前なあ、一機でも敵を倒してからその台詞吐けよ!」 
 地図の上の御子神の機体が敵編隊の左翼に接触したのを示している。嵯峨に気づいた御子神の表情が変わった。それを合図に柴崎とセニアも緊張したような表情を浮かべていた。
「ホプキンスさん。これからちょっと無茶しますんで!」 
 そう言って着地した嵯峨の四式。一気に一番近い二機の一式への攻撃を開始する。強襲型の装備を積んでいるらしく、ミサイルの雨が降り注いだ。
「それは織り込み済みだ!」 
 嵯峨は制動をかけると、いったん森の中に引いた。
「火力で押す?それにしてはさっきのミサイルの使用は命取りだったな」 
 爆炎で見失った嵯峨を確認しようと飛び上がった一式の強襲仕様。しかし、嵯峨のレールガンはそのコックピットに照準をつけていた。
「さよならだ!」 
 次第に赤みを帯びていく空に閃光が走る。一式のコックピットが貫かれて、そのまま大地に墜落していった。後ろに回り込もうとホバリングして森を走る標準装備の一式。嵯峨はそのままレールガンの銃口を向け、そのわき腹にレールガンを叩き込んだ。一式はエンジンを破壊されて炎に包まれる。
「隊長!支援お願いします!御子神が!」 
「セニア、そんなに焦りなさんな。まだ後方に一機動いていないのがいる、それをやれ」 
 そう指示を出すと、三機の敵機に苦戦している御子神と柴崎の援護に回った。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 墓守の少女 38

「ずいぶんと森が深くなりましたね」 
 クリスは退屈していた。食事を済ませ、こうして森の中を進み続けてもう六時間経っている。時折、嵯峨は小休止をとり、そのたびに端末を広げて敵の位置を確認していた。敵は北兼台地の鉱山都市の基地に入り、動きをやめたことがデータからわかった。
「なるほど、あちらも持久戦を覚悟しましたか」 
 そう言って笑った嵯峨だが、正直あまり納得しているような顔ではなかった。
「あと三十分で合流できそうですね」 
 嵯峨はそう言うと吸い終わったタバコを灰皿でもみ消した。
「この森には、人の手がまるで入っていないみたいですけど。なにかいわれでもあるのですか?」 
 クリスは変わらない景色を眺めながら、自分用の端末で今日の出来事を記事にまとめ終わると嵯峨にそう尋ねた。
「遼南王家にはこんな言い伝えがありましてね。初代女帝ムジャンタ・カオラが地球人移民達と独立のために立ち上がった時、この森に眠っていた騎士の助けを借りて戦ったと。その騎士はまるで幼い少女のような姿でありながら、一千万の地球軍に立ち向かい勝利した。独立がなりカオラが即位すると、騎士は再びこの森に帰り長い眠りについた。まあ良くある与太話ですよ」 
 そう言って皮肉めいた笑いを浮かべる嵯峨。
「なるほど、そんな話があっても不思議ではない森のたたずまいですね」 
 感慨深げにモニターの外を見るクリス。
「なあに、実際今じゃあ『悪魔の森』と呼ばれて遊牧民も近づかない秘境ですよ。共和軍の兵隊も本音はここに入り込みたくな……!」 
 嵯峨は不意に機体に制動をかけた。
「なんですか?」 
「敵さん動きましたね。相手も頭を使ったってことですか?」 
 そう言うとすばやく四式のサーベルを抜いてモニターに地図を表示させる。
「この動き、新手だな。しかも配置は悪くない。それなりの手だれが隠れてたってわけですか」 
 嵯峨はしばらく敵の動きを待っていた。地図上のレーダーで捕らえた敵アサルト・モジュールの他に北兼軍の機体を示す笹に竜胆のマークが三つ動いている。
「セニア、御子神、柴崎か。対して相手は七機。行くしかないか!」 
 そう言うと嵯峨は一番手前の敵を示すランプの方へと機体を向けた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 墓守の少女 37

「やはりこちらの行動はある程度予測してますか」 
 嵯峨はそう言うと皮肉めいた笑みを浮かべる。現在を表す地図には、彼の部隊の侵攻している廃村を示す星に向かい、エスコバル貴下の部隊が進撃を開始していた。
「やばいなあ」 
 そう言ってタバコをもみ消す嵯峨。クリスはその規模が中隊規模であることを確認しながら不思議に思った。
「勝てないことは無いですよ。まあ、間違いなくうちの馬鹿共が勝つでしょう。でもそこから先が問題なんだよね」 
 またタバコに手を伸ばし火をつける。
「がら空きの拠点を取るのに消耗は避けたいという訳ですか」 
「まあね。それに部下が死ぬのは散々経験しましたが、どうにも慣れなくてね」 
 嵯峨はそう言うと携帯端末を閉じた。クリスも立ち上がる。風が止み、高地独特の突く様な強い日差しが気になる。
「まあ、こっちはこれくらいにして援護に回りますか」 
 そのままタバコをくわえて伸びをする嵯峨。彼は四式の陰に向かって歩き始めた。
「さすがに日差しは堪えるねえ、帽垂でもつけるかな」 
 そんな言葉を言いながら準備が出来たクリスと共に四式のコックピットに乗り込んだ嵯峨。
「しかし、ここからだとかなり距離がありますよ。低空飛行で行くんですか?」 
「さすがにあれだけ派手にやったんだ、東和の戦闘機が警戒飛行しているでしょう。まあ少し時間は食いますが、ホバリングでなんとか間に合うはずですから」 
 そう言うとアイドリング状態だった四式のエンジンを本格始動させる。パルス推進機関の立てる甲高い振動音がクリスの耳を襲った。
「それじゃあ行きますか」 
 クリスがシートベルトをしたのを確認すると嵯峨は加速をかけた。森が続く。針葉樹の巨木の森が。嵯峨は器用にその間を抜いて四式を進める。
「まるでこういう土地で戦うことを前提にして造られたみたいですね」 
「そうなんじゃないですか?少なくとも四式はこういう使い方が向いていますよ」 
 嵯峨は軽口を言いながらさらに機体を加速させた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 墓守の少女 36

「なるほど、しかし、先ほどの戦闘での撃墜数は5機を越えていましたね。見事なものですよ」 
 そう言ったクリスの目を鋭い嵯峨の視線が射抜いた。
「あのねえ、ホプキンスさん」 
 感情を押し殺すように一語一語確かめながら、真剣な表情の嵯峨が話し始めた。
「撃墜数を数える?自分の殺した人間の数を数えて何になるんですか?あいにく俺にはそんな趣味はないですよ」 
「はあ……」 
 初めて直接的な嵯峨の殺気を感じた。いつもの皮肉屋で自虐的な笑みを浮かべている中年男の姿はそこには無かった。
「さてと、腹も膨れたしちょっと仕事をしようかねえ」 
 そう言うと嵯峨は脇に置いてあった通信端末を開いた。正面に展開される画像。まずそこには地図が映し出された。クリスも自然とそれを覗き込んでいた。
「合衆国陸軍が移動していますが……この方向は?」 
「三日前に共和軍から香麗さんが奪い取った湖南川沿岸地域ですね。まあ順当な作戦ですね。この地域を押さえれば東モスレムへの街道が開ける。当然アメちゃんとしてもこの地域の確保は最優先事項というわけですか」 
 嵯峨はそう言うと後方の補給部隊の動きをあらあわすグラフを展開させた。
「この情報も大須賀さんの絡みですか?」 
「まあ、大須賀は元々楠木の部下ですからね。大須賀経由の話もありますが、それ以外に楠木が築いたネットワークだとかいろんな情報をまとめてあるんですわ。まあ俺にも一応は遼南帝国の末裔としてのコネもあるもんで」 
 そう言うと嵯峨は携帯端末をいじりながらタバコを取り出し火をつけた。
「なるほどねえ。東和の支援物資の共和国軍への移送が停止されたか。足元がお留守になってるじゃないですかエスコバル大佐」 
「バルガス・エスコバルですか?確か共和国軍西部方面軍参謀長でしたね」 
 クリスは携帯端末上の画面に映された画像を見つめていた。遼南共和国ゴンザレス大統領の腹心中の腹心であり、その残忍な作戦行動から王党派や人民軍を恐れさせた非情の指揮官。
「そして非正規戦闘部隊の通称バレンシア機関のトップでもある男ですな」 
 嵯峨の言葉は衝撃的だった。バレンシア機関。実在さえ疑われているゴンザレス大統領の私兵。不穏分子の抹殺や外国人ジャーナリストの拉致などを行っているとされる特殊部隊である。その過激な活動に、資源輸出条約の締結のために訪問した使節団が各方面からの圧力に負けてその存在の確認を求めた時にはゴンザレス大統領は『そのような機関はわが国には存在しない』と明言した暗殺組織。
「あちらも本気。こちらも本気。まああれですな、根競べですよ」 
 そう言うと嵯峨は味噌汁を飲み干した。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。