スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 墓守の少女 60

「同志伊藤隼中尉!貴様、このことは党に報告させてもらうからな!」 
 激高する少尉を押しとどめる政治局員。伊藤も彼の部下の政治局員に囲まれる。彼らは全員腰のホルスターに手をかけて、いつでも北天の兵士とやりあう覚悟は出来ていた。伊藤は部下の肩を叩き、にんまりと笑みを浮かべていた。
「おう、やれるもんならやってみろ!人のふんどしで相撲を取るしかとりえの無い餓鬼に俺の首が取れるのならな!」 
 眼鏡の少尉はそのまま彼の部下に連れられて車に連れて行かれた。取り囲む兵士達は伊藤に歓声を上げる。そんなところにいつの間にかシャムが現れていた。
「隼、かっこいい!」 
「ありがとうな。あとでアンパンもらってきてやるよ」 
 懲罰兵は歓喜の声をあげ、そのまま伊藤を胴上げしかねない勢いだった。
「やる時はやるんだねえ」 
 本部から出てきた嵯峨が伊藤の肩に手を伸ばした。
「あいつ等は誰と戦争してるかわかっちゃいないんですよ。では!同志諸君!整列したまえ!」 
 片腕だけで心を動かされた懲罰兵が整列を始めた。彼らを運んできたトラックから降りるときの動きとはまるで違う俊敏な反応だった。
「では、隊長。訓示を」 
 伊藤はすばやく身を引いて嵯峨にその場を任せた。
「俺は貴様等が何のために階級を剥奪されたかは問わない。問うつもりも無い。また、もし共に戦うつもりが無いのなら西モスレム経路で東和に亡命する手段も整えてある。戦う気の無いものを引きとどめるほど俺は酔狂じゃない」 
 亡命と言う言葉を聞くと何人かの兵士が少しばかり顔をこわばらせているのをクリスは見逃さなかった。
「我等の目的は一つだ。地球諸国の傀儡であり、民衆に恐怖を与え今のこの国の状況を作り出したゴンザレス政権の打倒である。私はそのために人民政府に協力することを決意した。しかし、これは俺の勝手な決意だ。志が違うものならば、去ってくれても俺はそいつを咎めることもしない。それも一つの生き方だ」 
 そう言うと再び嵯峨は懲罰兵を眺めた。黙って彼らは嵯峨の言葉を聞いていた。
「もし、この中に俺と目的を同じくしているものがいたら残れ。その命、俺は無駄には使わん!」 
 その言葉に部隊員が歓声を上げる。懲罰兵の中、先頭に立っていた先ほど伊藤に石を投げた将校が敬礼を返した。次々と懲罰兵達は嵯峨に敬礼を送った。嵯峨はそれに返すように敬礼をすると本部へと消えていった。
「各員以前の階級を申告しろ!直ちに被服の支給を始める!」 
 伊藤はそう叫ぶと部下達に指示を与え始めた。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 墓守の少女 59

「じゃあお先失礼しますよ。その件での書類のチェックがあるもんでね」 
 そう言うと嵯峨はトレーを持って立ち上がった。クリスはまだ半分くらいしか食べていなかったので、そそくさと立ち去る嵯峨を追うことが出来なかった。無理に味噌汁でコメを流し込みようやく食事を終えると、クリスは立ち上がった。
 そのままトレーを戻してエレベータから吐き出された工兵の群れに逆流して下の階を目指す。扉が開くと本部の前に人だかりが出来ていた。クリスはそのままその集団に吸い込まれた。
「まるで囚人護送車だぜ」 
 人だかりの中の一人がそんな言葉を吐き捨てた。目の前に止まったトラックには厳重に外から鍵が掛けられている。政治部局の兵員がその鍵を一つ一つ開けて回る。
 そこから降りてきたのはぼろぼろの軍服に身を包んだ兵士達だった。着ている軍服はまちまちで、あるものは夏用の半袖を着ていたり、あるものは冬物の耐寒コートに身を包んでいた。政治局の兵士達はそれを馬かヤギでも追い立てるように一所に集めた。
 そこに現れたのは伊藤だった。彼は懲罰部隊を運んできた少尉から書類を受け取ると静かにそれに目を通す。眼鏡をかけた若い政治局員の腕章をつけた少尉は、時々ぼろ雑巾のような懲罰兵達にさげすむような視線を投げていた。 
「同志伊藤!以上二百三十六名。お引渡しします」 
「そうか、ご苦労さん」 
 そう言うと隼はそのまま懲罰兵の固まっているところまで歩き始めた。
「同志、それ以上近づくと危険ですよ」 
「危険?何でそんなことが言えるんだ?」 
 一人の兵士が落ちていた石を拾うと伊藤に投げつけた。伊藤は避けることもなくそれを額に受けた。額から一筋の赤い線が口元まで走る。眼鏡の少尉はそれを見ると拳銃を取り出し、その石を投げた階級章を剥ぎ取られた将校服の兵士に銃口を向けようとした。
 次の瞬間、政治将校の眼鏡が飛んでいた。それが伊藤の右ストレートによるものだとわかるには少し時間が必要だった。
「こいつ等はうちの部隊の隊員だ!勝手に殺すんじゃねえ!」 
 眼鏡の少尉は伊藤の啖呵を聞いてもいまひとつ理解が出来ていないようだった。周りの兵士達は伊藤の行動にやんやの喝采を浴びせている。懲罰部隊の隊員も、それを真似て周りの政治局員に罵声を浴びせかけ始めた。
「同志!これは一体どういうことだ!」 
「おう、若いの。俺はな、十四の時から人民党員なんだ!お前みたいな『にわか』に指図されるいわれはねえんだよ!」 
 その言葉に少尉は口から流れる血を拭って伊藤をにらみつけながら立ち上がった。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 墓守の少女 58

 嵯峨は窓際の椅子に腰掛けた。その正面に座るクリス。
「ああ、大丈夫ですよ。一応、防弾ガラスには交換してあります。それにここを狙撃できるポイントはすべて制圧済みですから」 
 そう言うと机の上に置かれたやかんから番茶を注ぐ嵯峨。
「懲罰大隊ですか、いい話は聞きませんね」 
 クリスは慣れない箸でとんかつをつまみあげる。嵯峨は大根おろしに醤油をかけながら次の言葉を捜していた。
「まあ、そうなんですけどね。機動兵器は敵拠点制圧には便利だが、その維持となるとコスト的に問題がある。まあ兵隊ならいくらでも欲しいというのが本音ですよ」 
 そのまま鯵の肉を器用にばらして口に運ぶ嵯峨。
「結構いけるんだな。西モスレム産も食ってみるもんだ」 
 そう言うとさらに嵯峨は箸を進めた。
「そう言えば取材の方は上手くいってますか?」 
 目つきが鋭く変わる。かつての鬼の憲兵隊長の視線だ。そうクリスは思いながら箸を置いた。
「なんとか進んでいます。しかし、良いんですか?かなり人民党への不満の声も聞こえるんですが」 
「そりゃあそうでしょう、完璧な為政者なんているわけが無いんですから。それにうちは外様なんで。北天の連中が偏見の目で見てることぐらい誰でもわかりますよ」 
 嵯峨は再びとろんとしたやる気のなさそうな目に戻ると、茶碗の飯を掻きこんだ。
「コメはいまいちだな。東和産があればいいんだけど……そうも行かないか」 
 そう言うと番茶を口に含む。
「しかし、本当に大丈夫なんですか?この部隊はほとんどすべてが北兼出身のあなたの直系の部下ですよね。そこに人民党が敗北主義者と規定した懲罰部隊を入れるというのは」 
「まあ、北天のお偉いさんからは目をつけられることにはなるでしょうね。また伊藤の奴には苦労かけちまうことになるでしょうが」 
 そう言いながらタバコの箱を取り出す嵯峨。
「ここ、禁煙みたいですよ」 
 クリスの言葉にはっとする嵯峨。そのまま箱を胸のポケットに戻す。
「まあ、いろいろ考えるつもりですがね」 
 そう言うと嵯峨は最後に骨の周りの肉を口に放り込むと、番茶を茶碗に残った白米にかけてくるくると回し、それを一息に飲み込んだ。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 墓守の少女 57

「いやあ、午後にちょっとした人員補給のイベントがありましてね」 
 嵯峨は歩きながらそう漏らした。
「この近くに村でもあるんですか?」 
 クリスのその言葉に、嵯峨はにやりと笑った
「そこのところは食事でもしながら」 
 そう言いながらもう完全に前線基地の格好を取り始めた古びた保養施設の建物に入る。
「ここの食堂の風情はそこらの軍隊には負けないでしょうねえ」 
 そんなことを言いながらエレベータのボタンを押す嵯峨。
「それでは魔女機甲隊から引き抜くんですか?」 
 そう尋ねるクリスに嵯峨は振り向くこともせずに開いたエレベータのドアをくぐる。
「いやあ、伊藤がね。良い仕事をしてくれたんですよ」 
 しばらくの沈黙のあと、言葉を選びながら嵯峨はそう言った。
「伊藤政治中尉。もしかして……」 
 エレベータの扉が開く。クリスはまじめに嵯峨の顔を覗き込んだ。
「ご推察の通り懲罰部隊ですよ。まあ、人民軍本隊は現在北天南部で反攻作戦で人手不足だ。まともな部隊を送る余裕は無いでしょうしね」 
 そう言うと嵯峨はそのまま食堂に入った。保養所のレストランであったこのフロアーには窓の外の北兼台地の眺望が手に取るようだった。
「ホプキンスさんには良いねたになりそうでしょ?」 
 まるで子供が悪戯に成功したあとのように無邪気な笑いを浮かべる嵯峨の姿がそこにあった。
「鯵の干物定食、ホプキンスさんは?」 
「とんかつ定食で」 
 食堂の人影はまばらだった。一応は最前線の基地である。先の大戦の遼南戦線の飢えをくぐった嵯峨が食事を重視していることもあって、十分な補給に支えられてこの基地は機能し始めていた。しかし、だからといって補給部隊は安全とは言えなかった。共和軍の傭兵部隊が山中に侵入したとの情報があったのは昨日。そして、補給部隊のトラックが一台撃破されたとの話もクリスは知っていた。
「しかし、懲罰部隊ですか。どうするんですか?」 
 クリスの言葉を背中に聴きながら、嵯峨は相変わらず不敵な笑みを浮かべていた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 墓守の少女 56

 シャムは涙を拭う。
「いい子だ。泣いていたら天国のみんなが悲しむだろ?」 
 そんなクリスの言葉に頷くシャム。キーラと顔を見合わせたクリスにも自然と笑みがこぼれた。
「じゃあ行くよ!」 
 元気を取り戻したシャムは石を積み上げて造られたがけに沿った道を歩く。
「転ぶなよ!」 
 クリスがそう叫びたくなるほど軽快にスキップをしていた。クリスはキーラと黙って歩いていた。お互いに何かを話すべきだろうとは思っていたが、どちらも口に出せずにいた。
「ホプキンスさん?」 
 キーラが口を開いた。だがクリスは言葉が中々出てこなかった。
「ああ、別になんでもないよ」 
 たったそれだけの言葉だったが、キーラは安心したような表情を浮かべたあと、早足でシャムのほうに向かった。
「ホプキンスさん。シャムちゃんを見失っちゃいますよ!」 
 振り返ったキーラの言葉にクリスは笑顔を返すと、そのまま石造りの急な坂道を早足で登り始めた。
 村の中央の高台。初めてここに来た時は夜でよくわからなかったが、この墓の並ぶ広場は延々と続く北兼台地の入り口を見渡せる景色のよい場所だとわかった。シャムは摘んできた花を一本一本墓に手向ける。その隣では静かに花の入ったかごをくわえて待つ熊太郎の姿があった。
 泣いていなかった。シャムは泣いていなかった。
「奴は強いねえ、さすが騎士だ」 
 クリスは不意に後ろからの声を聞いて振り返った。嵯峨がタバコを吸いながら近づいてくる。
「ホプキンスさん。昼飯、一緒にどうですか?」 
「ええ、まあ」 
 曖昧にクリスは答えた。確かにそんな時間になっていた。嵯峨はにやりと笑うと、そのままクリスを誘うように本部の建物に向けて歩き始めた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。