スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 墓守の少女 100

 突然、嵯峨の執務机の上の端末が鳴った。
「はいはーい。でますよー」 
 嵯峨はめんどくさそうに立ち上がると受話器を上げる。別所は瓶の中のキノコを取り上げて口に入れた。
「意外といけますよ」 
 さすが民派の有力者の懐刀と呼ばれるだけの喰えない男だとクリスは思った。自分の仕事がすべて終わったような顔をしている別所を眺めていた。次々と別所がつまむビンの中の野草にクリスは恐る恐る手を伸ばして口に運んだ。そのえぐい味に思わず顔をしかめた。
「ああ、別所君。ちょっと」 
 嵯峨は受話器を置くと別所の肩に手を置いた。
「君、軍医でしょ?」 
「まあそうですけど……」 
 待ってましたと言うような嵯峨の笑みに、別所は少したじろいだ。
「あのね、難民の移送の先発隊で重症の患者を運んでいたVTOLが到着したそうなんでねえ……」 
 嵯峨はそう言って別所を立ち上がらせる。
「仕事はきっちり頼むわけですか」 
「なあに、医者の技量を持つ人間の宿命って奴ですよ。まあ俺は弁護士の資格は持ってはいるがあんまり役に立たなくてねえ」 
 そう言いながら別所を立たせて執務室を後にした。クリスも酒に未練があるものの、二人を追ってまた管理部門の続く廊下に出る。大型の東和の国籍章のついた輸送機がハンガーの前に着陸しようとしているのが見える。その両脇には東モスレム三派のアサルト・モジュールが護衛をするように立っている。
「また食いつかれるだろうねえ」 
 嵯峨は苦笑いを浮かべながらエレベータに乗り込んだ。
「当然、あの二人は今回の民兵掃討戦のことを……」 
「シンの旦那は間抜けじゃないっすよ。おそらくライラは額から湯気でも出してるかも……」 
 嵯峨はそう言いながら開いたエレベータから降りようとしたが、パイロットスーツを着たライラは拳銃を突きつけながら嵯峨を押し倒した。
「おい!この卑怯者!恥って言葉の意味!お前は知らないんじゃないのか!」 
 怒鳴り込んできたライラを周りにいたゲリラ達が押しとどめる。
「ライラ!止めろ!」 
 ジェナンに羽交い絞めにされてようやくライラは静かになった。ゲリラ達は銃の安全装置を外している。静かにライラと嵯峨はにらみ合っていた。


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 墓守の少女 99

「まあ仕事の話はこれくらいにしてと……」 
 嵯峨は立ち上がると部屋に備え付けの冷蔵庫を漁った。手にしたのは日本酒の四合瓶。ラベルは無かった。
「ホプキンスさんは日本酒大丈夫ですか?」 
「ええ、好きですよ」 
 そんな言葉を確認すると湯飲みを三つ嵯峨は取り出して並べる。
「まあ、遠いところ無駄足となるとわかって来てもらったんだ」 
 嵯峨はそう言いながら湯飲みに酒を注ぐ。
「話は変わるが、東和経由かい?」 
 そのままなみなみと日本酒が注がれた湯飲みを別所に差し出す。
「ええ、茜様にも……」 
「おいおい、様はねえだろ。あんな餓鬼」 
 そう言いながら酒を舐める嵯峨。
「それより、楓はどうだ?お前が鍛えてんだろ?」 
「楓様は非常に筋が良いですね。この前も特戦の模擬戦で苦杯を舐めましたよ」 
「へえ、あいつがねえ。道理で俺も年を取るわけだ」 
 嵯峨はそう言いながら再び立ち上がる。そして戸棚から醤油につけられた山菜の瓶を取り出した。
「とりあえずここいらの名産のつまみだ。酒も兼州のそれなりに知られた酒蔵なんだぜ、胡州や東和の酒蔵にも負けてないだろ?」 
 嵯峨はニヤニヤと笑いながら別所が酒を飲む様を見つめていた。
「それと康子様から……」 
 嵯峨はその言葉を聞くと電流が走ったように硬直した。クリスは驚いた。恐怖する嵯峨を想像していなかった自分に。
「どうしたんだ?姉上が……?」 
 西園寺基義の妻、康子。戸籍上は義理の姉だが、血縁としては康子は嵯峨の母エニカの妹に当たる。胡州王族の有力氏族カグラーヌバ家の娘でもあった
「康子様はおっしゃられました……」 
「信じたようにやれ。か?」 
「はい」 
 嵯峨はとりあえず肩をなでおろして静かに湯飲みの酒を舐めた。
「それが一番難しいんだがねえ」 
 そう言うと瓶から木の芽を取り出して口にほうりこんだ。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 墓守の少女 98

 沈黙が続いたエレベータを降りた嵯峨、クリス、別所。彼等は管理部門のあわただしく動き回る隊員達をすり抜けて嵯峨の執務室に入った。相変わらず雑然としている部屋を眺めた後、嵯峨はソファーに腰を降ろした。別所も慣れた調子でその正面に座る。クリスも後に続いた。
「西園寺卿からもよろしくということでした」 
「ああ、糞兄貴ね。まあ、あのおっさんはほっといても大丈夫だろ?それより何で来たの」 
 嵯峨はくわえていたタバコをもみ消すと上目がちに別所をにらみつけた。人を警戒する嵯峨の目。
「うちはただでさえ北天のお偉いさんに目をつけられてるからなあ。助太刀なら断るぜ」 
「それほど赤松大佐は親切ではないですよ。まあこの内戦に関する胡州民派の意向を伝えておけと言われましてね」 
 そう言うと別所はやわらかい笑みを浮かべた。
「いい加減、兄貴と烏丸卿の対立止めてくれないかねえ。ただでさえ今、遼州は爆弾抱えて大変なんだ。遼南、遼北、ゲルパルト、そしてベルルカン大陸。地球人達があちらこちらの戦場を我が物顔で歩き回っていやがる」 
 嵯峨の義理の兄、西園寺基義率いる民派、そして胡州四大公の末席、烏丸頼盛が率いる官派の対立。先の大戦で敗戦国となった胡州は今、その二つに割れていた。貴族制政治の腐敗が敗戦を呼んだと主張する民派と経済の不調を統制制度の引き締めで解決しようとする官派の対立は遼州の各国を巻き込み拡大していた。
「おっしゃることはわかります。だが、こちらとしても引くわけにはいきませんよ。平民院選挙での官派による妨害工作のことも……」 
「だからそんなことじゃないんだろ?俺のところに来たのは」 
 嵯峨は明らかに別所に敵意を向けていた。緊張感が無いのはいつものことだが、言葉尻が投げやりなのはその証拠だとクリスもわかっていた。
「人民軍の北兼軍閥に対する……」 
「嫌だね!」 
 別所の言葉を聞くまでも無く嵯峨は吐き捨てていた。
「どうせあれだろ?南都のブルゴーニュ辺りに焚きつけられたか。あいつもゴンザレスの後釜狙うんだったらもう少し自分で手を汚せってんだ!」 
 クリスはそこまで聞いて別所の意図、そして西園寺基義の考えがわかってきていた。アンリ・ブルゴーニュ。フランス貴族の血を引く遼南の名門に生まれた彼がゴンザレス政権へのアメリカ軍の支援を取り付けた本人だった。彼の地盤の南都にはアメリカ海軍の基地があり、ゴンザレス政権支援の為、遼南に上陸したアメリカ軍十五万の兵力は南都から運ばれる物資で支えられていた。
「しかし、人民政府の……」 
「だからさあ。ダワイラ・マケイとアンリ・ブルゴーニュ。二人のどちらかを信じろといわれたら俺の回答は決まってんだよ」 
 それが嵯峨の答え。クリスには興味深い嵯峨の本音だった。遼北の社会主義政権の支援を受ける人民軍に嵯峨が参加することに不自然さを感じていたクリスだが、思いも寄らない嵯峨の本音がその領袖への信頼感であることを知って好感を覚えた。
『この男も人間なんだな』
 目の前で困ったように黙り込む別所をにらみつけるのもそう言う嵯峨の人間的な付き合いを優先する人柄と言うことを考えてみれば理解できるところだった。取り付く島の無い嵯峨の態度に、別所はとりあえず姿勢をただし嵯峨の目を見据えることにした。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 墓守の少女 97

「秘術の安売りは命を縮めますよ」 
 シンにそう言いながら嵯峨は満足そうにタバコを吸った。
「伊藤、志願兵の方はどうなってる?」 
 嵯峨の言葉に伊藤が我に返った。
「現在五千人になりましたが、この有様ですよ。まあ一万は軽く越えるでしょうね」 
 伊藤の言葉はもっともな話だった。森から現れるゲリラの流れは本部前まで延々と続いていた。
「偽善者の真似事の効果にしちゃあかなりの成果だなあ」 
 嵯峨はそう言うとそのまま本部ビルに向かって歩き始めた。クリス、シン、そしてシンがその後に続いた。そして本部ビルの前に一人の男が立っているのが見えた。
「胡州海軍?」 
 その男の制服にクリスは息を呑んだ。その腕の部隊章は胡州海軍第三艦隊教導部隊の左三つ巴に二引き両のエンブレムが描かれていた。そして胸には医官を示す特技章が金色に輝いている。
「別所!忠さんは元気か?」 
 嵯峨は気軽にその胡州海軍少佐に声をかけた。クリスはその言葉で胡州第三艦隊司令の赤松忠満少将の名前がひらめいた。そして現在政治抗争の中にいるその主君西園寺基義大公が嵯峨の義理の兄でもあることを思い出していた。
「まあいつも通りというところですよ」 
 淡々と答える別所と呼ばれた少佐。彼は三人を出迎えるように本部ビルの扉を開いた。
「ああ、ホプキンスさん。紹介しときますよ。彼が胡州第三艦隊司令赤松忠満の懐刀、別所晋平少佐ですよ」 
 静かに脇を締めた胡州海軍風の敬礼をする男を眺めた。別所の名前はクリスも知っていた。前の大戦時、学徒出陣が免除される医学生でありながら胡州のアサルト・モジュール部隊に志願。赤松の駆逐艦涼風の艦載機の九七式を駆ってエースと呼ばれた。戦後も赤松大佐のそばにあり、今は西園寺派の海軍の切れ者として知られる男。
「私の顔に何かついていますか?」 
 そのままエレベータに向かう別所が声をかけてきた。
「いえ、それにしても何故?」 
「いいじゃないですか。とりあえず部屋で話を聞きましょう。シンの旦那。とりあえず上の食堂で隼と暇を潰しといてください。ホプキンスさんは来ますか?」 
 嵯峨の投げやりな言葉に、クリスは大きく頷いた。
「じゃあ行きますか」 
 開いたエレベータに嵯峨は大またで乗り込んだ。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 墓守の少女 96

「それであなたはどうするつもりですか」 
 目の前の髭を蓄えた青年将校シンにクリスは尋ねていた。
「おそらくこの状況は、ゴンザレス政権になびいた背教者達の弾丸が発射された瞬間から仕組まれていた。そして我々にはその状況を受け入れることしかできない」 
「それは西部戦線を突破しての帰還を果たすということですか?」 
 クリスの言葉に、シンはタバコをもみ消すという言葉で応じた。
「それは上層部の指示があればそう動くつもりですが、私個人としては嵯峨と言う人物に興味がある。この状況を作り出した男が何を狙っているのか、それを知らなければ次の手をこちらも打つことができないですよ」 
 シンの言葉にクリスはハンガーの方を振り向いた。カネミツの前部装甲板は剥がされ、駆動系部品が取り外されて冷却コンテナに収容されている。その様を見つめる嵯峨には技術者が張り付いて各部位の調整に関する説明でもしているのだろう。
「ようこそ、人民軍西部軍管区へ!」 
 シンに向けて言葉をかけたのは伊藤だった。シンは人民軍の政治将校の制服を着た伊藤を棘のある視線で迎えた。
「やはりその目は見たくも無いものを見たという目ですか?」 
「私は無神論者とは関わりたくないんだ」 
 シンはそう言うと再びタバコを口にくわえる。そしてくわえた紙タバコの先に火が灯った。クリスは目を疑った。ライターを使ったわけでは無かった。それ以前にタバコにシンは触れてもいない。
「そんなに簡単に法術を見せてもいいんですかねえ」 
「なあに、この程度の芸当なら地球の手品師だってやることですよ」 
 伊藤の言葉に笑みで答えるシン。クリスは二人がぐるになって自分をからかっているような妄想に取り付かれていた。
「パイロキネシス。遼州ではそれほど珍しい能力ではありません。ひところの自爆テロではよく使われた能力ですよ。まあこのくらいに制御できるってのは私の自慢ではありますがね」 
 シンは大きくタバコの煙を吸い込んだ。
「それもまた遼州人の法術の特性、『空間干渉能力』の成せる技なんだよねえ」 
 クリスが振り向いた先にはいつの間にか嵯峨が立っていた。
「機体のほうは?」 
「ああ、やっぱり技術屋さんが乗って調整した方が早いらしいんで。それでホプキンスさん。次の出撃の時はシャムの後ろに乗ってもらいますよ」 
 嵯峨はそう言うとタバコを口にくわえる。彼のタバコもシンが目を合わせたときには自然に火が付いて煙を上げ始めていた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。