スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 墓守の少女 120

「そろそろかな?」 
 そう言うと嵯峨は立ち上がった。
「何がですか?」 
「お迎えですよ。一応、ここは人民軍の基地ですから、難民の方達の移動をお願いしたいと思いましてね」 
 立ち上がって伸びをする嵯峨。クリスは彼より先に部屋を出た。本部の前では子供達の群れを仕切っているのはシャムだった。熊太郎にはそれより小さい子供達が集まり、撫でたり叩いたりしている。
「楽しいかい?」 
 大きなクワガタで相手のカブトムシをひっくり返したシャムがニコニコと笑っている。
「うん!そう言えばホプキンスさんは今度は私の機体に乗るんだよね」 
「ああ、嵯峨中佐にはそう言われているけど……」 
「よろしくね!」 
 そう言うとまたシャムはカブトムシ対決の土俵に集中した。いつの間にか広場には軍のトラックが到着している。クリスはそちらに足を向けることにした。移送可能な病人が担架に乗せられてトラックの荷台に運ばれていく。
「クリス、来てたのか」 
 その様子をハワードは写真に収めていた。
「これだけの数のトラックを集めるとは……」 
「それだけあの嵯峨と言う人物に力があるということだろ?力は人を惹きつけるものさ」 
 ハワードはクリスを振り向きもせずにシャッターを切り続ける。
「難民でも北兼軍に志願したのもいるんじゃないか?」 
「ああ、さっき受付をやっていたが、ゲリラ連中と同じく後方送りだね。右派民兵組織はかなり深くまで潜入しているとか言ってたから警備任務にでも就くんじゃないのかなあ」 
「あくまで手持ちの兵力で北部基地を押さえるつもりなのか?あの人は」 
 語調が強かったのか、ハワードがクリスを振り向いた。
「ずいぶんと入れ込むじゃないか。俺達はあくまで合衆国の敵を取材しているんだぜ」 
 ハワードの顔に笑みがこぼれる。
「そう言うお前はどうなんだよ」 
 その言葉を聞くとハワードはゆっくりと立ち上がった。
「誰が正義で、誰が悪などということは単なる立場の違いだと言うことは俺も餓鬼じゃないんだからよくわかるよ」 
 それだけ言うと彼は再び担架の列にレンズを向ける。
「それぞれが収まるべき鞘に収まった時、この戦争は終わるのさ」 
 ハワードはそう言うと再び中腰になって、トラックに運び込まれる担架を写真に収めた。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 墓守の少女 119

「隊長!」 
 大きな声とともに乱暴に執務室の扉が開けられる。入ってきたのは楠木だった。
「おい、ノックぐらいしようや」 
「そんな悠長なことを言う……」 
「大須賀のことだろ」 
 新しいタバコの箱を開けて一本取り出すと火を点す。クリスが楠木の顔を見ていると彼は泣いていた。
「あいつは覚悟していたはずさ。潜入作戦というものはいつだってそうだろ?見つかれば間違いなく殺される。それを覚悟で共和軍に入ったんだ」 
「わかってますよ!それは。でも……」 
 泣いている楠木。鬼の目にも涙と言う言葉がこれほど当てはまる光景をクリスは見たことが無かった。
「じゃあ泣くより仕事してくれよ。明華が難民の最後尾を警戒してるんだ。いい加減帰してやりたいだろ?」 
「わかりました!」 
 楠木はそう言うと敬礼をして執務室を後にする。
「工作員が消されたんですか?」 
「まあね」 
 嵯峨は静かにタバコをふかす。視線が遠くを見るようにさまよっている。
「下河内連隊時代からの子飼いの奴でね。楠木とははじめは相性が悪くて俺もはらはらしてたんだがあの地獄を生き延びたことでお互い分かり合えたんだろうな」 
 煙は静かに天井の空調に吸い込まれていく。
「吉田少佐の仕業ですか?」 
「だろうね。共和軍にはそれほど情報戦に特化したサイボーグは多くない。特に北部基地にはあいつしかいなかったはずだから情報の枝をつけて探りを入れるようなことが出来るのは吉田一人だろうね」 
 クリスはそこで北部基地で出逢った成田と言う士官を思い出していた。
「もしかして大須賀さんは成田と言う偽名を使って無かったですか?」 
「良くご存知ですね」 
 静かにクリスを見つめる嵯峨。だが、嵯峨の珍しく悲しみをたたえた瞳を目にしてクリスは語るのをためらった。
「まあ、俺が吉田の立場でも同じことをしただろうからね。恨んだところで大須賀は戻ってこないんだ」 
 そう言うと嵯峨はタバコを灰皿に押し付けた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 墓守の少女 118

「ああ、タバコ切らしちまったか」 
 そう言うと嵯峨はそのまま本部に入る。人影がまばらなのは早朝だということよりも難民に手を奪われてるからだろう。
「まあ、みんな良く働いてくれますよ」 
 そう言いながら嵯峨はそのままエレベータに乗る。
「これからどうなるんですか?」 
 クリスの問いに、表情も変えない嵯峨。
「まあ、北天や遼北には受け入れを頼めるわけも無いですからねえ。とりあえず西部の西ムスリム国境に現在仮設住宅を建設中というところですな」 
 いつにも無くすばやく動く嵯峨、彼は真っ直ぐ自分の執務室に入った。机の上にはいつの間にか出ていたコンピュータの端末が置かれていた。嵯峨は執務室にどっかりと腰を落ち着けるとその電源を入れる。
「ゲリラは後方の設備建設に従事させるわけですね」 
「まあ、あの連中もいつまでも追いはぎの真似事をさせとくわけには行かないでしょ?」 
 そう言うと嵯峨は黙々と端末のキーボードを叩き始めた。
「ずいぶん余裕があるんですね」 
「余裕?そんなものありませんよ」 
 一瞬、画面から目を離した嵯峨の瞳はいつものようにどろんとして生気を感じないものだった。そのままその視線はモニターに釘付けになる。そのキーボードの入力速度は異常と思えるほど早かった。本当にこの人物は北天からの書類を読んでから判断しているのか、クリスには疑問だった。
「今、ここを攻撃されたらおしまいなんじゃないですか?」 
「ああ、それはないなあ」 
 嵯峨は今度はモニターを見つめたままで即答した。
「吉田は金をもらって仕事をしてるんでしょ?依頼内容に無いことは絶対しない男だ。まあ、こっちから手を出すまでは動きゃあしませんよ」 
 キーボードを叩く速度は全く落ちることが無い。
「ですが、攻撃は最大の防御で……」 
「腕や名前を売る必要の無い兵隊さんなら絶好のチャンスと見るでしょうね。いくら難民が死のうが勝てば良いわけですから」 
 淡々と作業を続ける嵯峨。
「だが戦争屋で吉田俊平クラスになると金が払えるクライアントは限られてくる。大手の財閥の民間軍事会社や今回みたいに直接政府と契約をすることになるわけですが、あんまりえぐいことをやれば信用に関わる。あいつも今動くことが得策ではないことぐらいわかっているんじゃないですか?」 
 嵯峨はキーボードを叩く手を止めると、机の引き出しからタバコの箱を取り出した。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 墓守の少女 117

 本部ビルの前に子供達の一群が出来ていた。クリスが近づけば、その子供達の手にはカブトムシやクワガタが握られている。
「じゃあ、次の対戦相手は誰だ!」 
「はい!アタシ!」 
 そう叫んだ少女の前、子供達の歓声の中、座り込んでいるのは嵯峨だった。一際大きなカブトムシを手に持った彼が、薄汚れた桜色のワンピースを着た少女のクワガタを受け取ると、板の上に二匹を乗せる。
「じゃあ、これで勝てば十二連勝だぞ!」 
「僕のも、次は勝てるよ!」 
「馬鹿だなあ、あんまり連続で対戦すると死んじゃうぞ。俺は次はコイツを出すつもりだから」 
 嵯峨がそう言って取り出したのは大きなクワを翳すクワガタだった。
「じゃあ!はじめ!」 
 嵯峨の言葉に虫の激闘が始まる。
「あのー」 
 クリスは笑顔を振りまく子供達の間を抜けて嵯峨の隣に立った。
「ちょっと待ってくださいよ!」 
 嵯峨はそう言うと自分のカブトムシをせきたてる。目の前の少女も自分のクワガタの角が嵯峨のカブトムシの体の下に差し込まれたのを見て雄叫びを上げる。
「やべえ!」 
 嵯峨のカブトムシは連戦で疲れたのか、そのままじりじりと後退を始めた。
「行っけー!」 
 少女の心が届いたようにクワガタはじりじりと土俵の外へと嵯峨のカブトムシを追い立てる。
「だめか?だめか?」 
 嵯峨の言葉に戦意をそがれたように、カブトムシはそのまま土俵の下に落ちた。
「やったー!次はアタシが対戦するよ!」 
 嵯峨は頭をかきながら立ち上がる。子供達は次に誰が少女のクワガタに挑戦するかを決めるじゃんけんを始めた。
「すいませんねえ、ホプキンスさん。つい童心に帰ってしまって」 
 そう言いながら嵯峨は本部ビルに歩き始めた。
「しかし、ずいぶん用意が良いんですね」 
「ああ、あの虫は今朝、採って来たんですよ。まあ、シャムに取れそうな場所を教えてもらいましたから」 
 嵯峨はいつものように胸のポケットにタバコを漁っていた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 墓守の少女 116

「英雄を必要とする時代は不幸だと言うが、その通りかもしれませんね」 
 ライラとジェナンが薪を運んでいった後で、ようやく一息ついたシンはそう言いながら斧を地面に置いた。クリスもキーラも食事を終えて、椀を片手に座っていた。
「あなたは嵯峨と言う人物を英雄だと思いますか?」 
 クリスのその言葉に、タバコに火をつけたシンは含みのある笑顔で答えた。
「英雄と言うのが時代を変える人材と定義するのなら、彼は間違いなく英雄ですよ。北天の包囲戦で見せた彼の共和軍に対する調略活動の腕前は軍政家としての彼の本領を見せたようなことになりましたしね」 
 所詮はゴンザレスの配下の第一軍団に対する恐怖で動いている各州の部隊指揮官の弱みを突いての切り崩し。これにより統率を欠いた部隊に以前から気脈を通じていた南部三県出身の指揮官を抱きこんで北天包囲部隊を背後から奇襲し敗走させた嵯峨の知略は現在の共和軍の劣勢と言う状況を作り出した。その事実を知るだけにクリスはシンと言う東モスレムの将校と言う第三者の立場で嵯峨をどう見るかが気になっていた。
「ゴンザレス大統領は北天包囲戦ですべてが終わると思っていたが、直下の精鋭部隊を投入しなかったのが裏目に出たと言うことでしょう。現在は地球の同盟軍に支えられている共和軍の支配地域もどれだけ陥落までの時間を稼げるか、そして自国の兵の損害はどれくらいかと本国の首脳陣の頭をなやませている状況なんじゃないですか」 
 クリスは手にした椀を握り締めて髭面の青年士官を見つめる。名の知れた戦術家であるシンも嵯峨と言う男をこき下ろすことなどできないようだった。
「そしてこんな状況を舌先三寸で作り上げた人間がいる。彼が英雄ではないわけは無い」 
 シンはそこまで言うといつの間にかくわえていたタバコから煙を吐き出す。
「ですがね、あの人は英雄とは呼ばれたくないらしい」 
 静かにクリスの顔を見つめるシンの言葉は続く。
「ライラの肩を持つわけではないが、あの人のやり方は時に冷酷で悪意に満ちている。この難民の移動も彼の策謀の結果かと私は疑ってますよ。出来すぎているようにやってきた東和空軍の動きを見ても、あの人物がすべてのシナリオを書いたのは明らかだ。人の不幸を利用するやり口はいつか行き詰る」 
「確かにそれはそうかもしれませんね」 
 手にした椀を転がしながらキーラはそう漏らした。
「私は思うんですが、あの人は自滅したがっているんじゃないですか?」 
 クリスのその言葉にシンは静かに頷いた。
「確かにそれは言えるかもしれない。あの人とは昨日かなり長い時間話しこんだわけですが、時折、遠くを見ているようなところがあるんですよ。まるで心に穴でも開いてるような目で遠くを見る。私などそこにいないかのようにね。あの人は守りたいものを守れなかった人だ」 
 シンの言葉、それは嵯峨の妻エリーゼの死をさしていた。義父を狙ったテロで、胡州の空港に降り立ったとたん暗殺された愛妻。嵯峨の自虐的な笑顔はそこから生まれてきているのかもしれないとクリスは思った。シンはそう言うと静かに胸のポケットから写真を取り出した。クリスはそちらに体を乗り出す。そこには緑の髪のパイロットスーツを着た女性が写っていた。
「恋人ですか?」 
 身を乗り出したキーラの言葉に恥ずかしそうに頭を掻くシン。
「彼女には今回の作戦のお守りだとは言ってあるんだけどね」 
 苦笑いを浮かべるシンの顔が生き生きとして見える。クリスはそんなシンを見ながら立ち上がった。
「ノロケ話を聞くほど暇じゃありませんか?」 
「そう言うわけじゃないんですが、この本部の主の顔を拝もうと思いましてね」 
 クリスはそう言うと椀を舐め続けているシャムを置いて歩き出した。
「シャムちゃん!シャワーを浴びるよ!」 
「嫌だよ!目が痛いの嫌だよ!」 
 クリスは後ろで叫んでいるキーラとシャムのやり取りを後ろに聞いて、テントの並び立つ空き地から本部ビルを目指した。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。