スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 墓守の少女 160

 突然割り込みの通信が入り、クロームナイトの全周囲モニタにウィンドウが開いた。にやけた表情の青年将校、嵯峨中佐の姿が大写しにされる。
「はい、皆さんご苦労さんですねえ」 
 そう言いながら頭を掻く嵯峨。クリスはあっけに取られて画面の中の嵯峨の顔を見つめた。頬のあたりに赤いシミがある。良く見ればそれはどす黒い新鮮な血液だった。嵯峨も気付いているようで左腕で拭おうとするが、その左の袖にも大量の黒いシミが浮かんでいた。
「隊長?」 
 シャムはウィンドウの中の嵯峨に目を奪われた。
「さて、共和軍の皆さん。あんたらの大将のエスコバル大佐。自決しましたよ」 
 嵯峨はあっさりとそう言うと、隣から手渡された焼酎の小瓶を口に含んだ。
「まあ、現在共和国大統領府が後任の人事を急いでいますが、まあどれほど人材があるのかは俺の知ったことじゃ無いんでね」 
 そう言うとにんまりと笑う嵯峨の目に浮かぶ狂気をクリスは背筋の凍る思いで見つめていた。
「吉田の旦那。あんたも雇い主がおっ死んだと言うのにご苦労なことですねえ。確かにここで白旗上げればあんたの傭兵としての命脈が尽きるのはわかってますよ」 
 嵯峨は明らかのこの状況を楽しんでいる。クリスは確信した。
「腕と勇名があんたクラスの傭兵になると給料の査定に響く話だ。飼い主がくたばった後でもその尻拭いもせずに引き下がったとなれば、どの武装勢力も民間軍事会社もあんたを買ってくれなくなる」 
 そう言って嵯峨は再び焼酎の小瓶を傾ける。
「まあ、降伏しろとは言わねえよ。だが頭は使っておくほうがいいな」 
 嵯峨の表情はまるで子供のそれだった。悪戯好きの子供がまんまとわなにはまった教師を見下すような表情で彼は話を続ける。
「そう言うわけなんで、俺の部下の皆さんは空気読んで適当に暴れてこいや」 
 それだけ言うと突然振り向いて歩き出す嵯峨。さらに誰も映っていない状態でウィンドウだけが開いている。
「あれ?まだ回ってるの?ちゃんと切っといた方が……」 
 中途半端なところでウィンドウは閉じた。クリスはただ呆然とその光景を眺めていた。
「なんだよ、空気を読んで暴れろって?」 
 クリスの言葉に振り返ったシャム。その表情には不思議な生き物を見つけたような大きな目が輝いていた。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 墓守の少女 159

 ゆっくりと機体を固定していた機器を避けるようにして進むクロームナイト。対消滅エンジンはうなり声も上げず、クリスにはなぜ動いているのか不思議になるような感覚が訪れていた。足元で誘導する整備員に従ってそのまま、まだ暗い夜空の下に姿を現す。
「シャム!貴様のクロームナイトが一番足が速い。いけるか?」 
 セニアの言葉にシャムは静かに頷く。
「クリスさん、行きますよ」 
 そう言うとシャムはパルスエンジンに火を入れた。軽い振動の後、静かに周りの風景が落ち込んでいく。
「高度は百メートル以下にしろ!上空の東和空軍機に捕捉されると面倒だ」 
 セニアの声を待つまでも無く、クロームナイトは北兼台地に向かう渓谷を滑るようにして飛び始めた。
「ナイトシリーズか。さすが遼南の盾と呼ばれた機体だ」 
 クリスはすでに巡航速度に達している加速性能に感心しながら前を向いているシャムを後ろから眺める。
「質問、いいかな?」 
 つい文屋魂で、息を整えながら操縦棹を握っているシャムに声をかけた。
「うん、まだブリーフィングとか言うお話会で教わった地点まで時間が有るから大丈夫だよ」
 シャムは振り向いてそう言った。
「なんで君は戦うんだ?たぶん嵯峨の隊長は君には難民と一緒に避難するようしつこく迫ったはずだ。だけど君は今ここにいる。もう戻ることは……」 
「友達だから」 
 言葉をつむぐクリスをさえぎるようにしてシャムは笑顔を浮かべてそう言った。
「もう一人ぼっちになりたくないんだ。熊太郎がいて、隊長がいて、セニアがいて、飯岡さんがいて。みんながいるからあたしはここにいる。もう一人ぼっちなんて嫌だから」 
 そう言い切ったシャムはにこりと笑うと漆黒の渓谷へと目を移した。レーダーには後続の二式の反応が映し出される。高高度にはいつものように東和空軍機がへばりついてきていた。
「東和の偵察機か」 
 苦々しくクリスはそうつぶやいた。東和空軍は常にこの戦いを監視すると宣言している。遼南中部以北に飛行禁止区域を設定し、航空戦力の使用に対し実力行使も辞さないという状況は人民軍にも共和軍にも利もあれば害もあった。たとえばこうして限られた戦力で攻撃をかけると言う状況においては、非常にその害の部分が浮き彫りになる。
 東和空軍の偵察機のデータを盗み見ることくらい、共和軍に鞍替えした吉田俊平少佐には容易いことだろう。彼は十分にこちらの手の内を知った上で迎撃体制を整えることができる。そう思いながらクリスは見えもしない東和空軍の偵察機を見上げた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 墓守の少女 158

 きらめく照明の中次々と起動準備に入るアサルト・モジュールを見ながら、静かに愛機クロームナイトに足を向けるシャム。
「一番機出ます!」 
 セニアの機体が接続されていた機器をパージして歩き出す。他の機体も待機状態で、コックピットを開けたまま整備員と怒鳴りあっている光景が続く。
「ナンバルゲニア機!起動準備はどうだ」 
 クロームナイトに取り付けられたはしごを先頭に立って上りながら、キーラは仕様書を読んでいる整備員に声をかけた。
「かなりアクチュエーター関連がこなれてきましたからねえ」 
 眼鏡をかけた男性の整備兵がそう言うと手にしている仕様書をキーラに手渡した。
「じゃあ、俺から乗るか」 
 そう言うと仕様書をのぞきこむキーラをよけるようにしてクリスはコックピットに体をねじ込んだ。小柄なシャムのシートの後ろの簡易シートに腰を下ろし、安全ベルトを装着する。続いてシャムが黙ったまま自分のシートに腰を下ろし、慣れた手つきで機体状況のチェックを始めた。
「シャムちゃん。あんまり無理させないでね。隊長のカネミツの予備部品が届くのが来週以降になりそうだから」 
 そんなキーラの声にシャムは覚悟を決めた表情で頷いた。コックピットの中に身を乗り出していたキーラはそのまま身を引いた。ハッチが閉められ、装甲板が降りる。全周囲モニタが起動するのを確認すると、クリスは手持ちの携帯端末を覗いた。
 そこには一通のメールが届いていた。クリスと親しい東和駐在のアメリカ陸軍の武官からのものだった。そこには東和訪問中のアメリカ国務長官と、東和首相菱川重三郎の会見の予定が組まれていると言うこと、さらにその後の昼食会後に秘密裏に教条派から政権を奪い返したばかりの遼北人民共和国の周首相派として知られる在東和大使が同席しての会議が予定されていると言う内容だった。
「クリスさん。なんか難しい顔してるね」 
 ようやく笑顔に戻ったシャムが声をかけてきた。
「そうだね、どうもこの戦いが持っている意味は僕が考えるより大きいのかも知れないな」 
 そんなクリスの言葉に首をかしげるシャム。
『シャムちゃん、そのまま出れるわよね!』 
「うん!いけるよ!」 
 シャムはそう言うと機体から機器をパージしてハンガーの前に並んでいる二式の群れに向かって機体を歩かせた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 墓守の少女 157

「寝付けなかったんですか?」 
 本部に入るクリスの顔を覗き込むようにしてキーラが声をかけてきた。
「君こそ夕べは徹夜だったみたいじゃないか」 
 まだ日は昇らない深夜一時。ハンガーは煌々と明かりが照らされている。
「私達の任務はこれからしばらくは待機ですから。それよりシャムちゃんの後部座席に乗るんじゃないですか?結構あの子、無茶するかもしれませんよ」 
 そう言ってキーラは笑った。本部のビルは出撃前と言うこともあり、引き締まった表情の隊員が行き来している。その中から御子神を先頭にパイロット達が姿を現した。軽く会釈をするだけで、彼らの表情はどこか固まっていた。その最後尾におまけのようについてきたシャム。相変わらずの黒い民族衣装のまま、入り口の隣で彼女を待っていた熊太郎が駆け寄るのをどこかぼんやりとしたように眺めている。
「ああ、ホプキンスさん」 
 クリスにかける声もどこか頼りない。キーラはつなぎのそでで顔についていたオイルを拭うと、シャムの被っている帽子を直してやる。
「大丈夫?眠れなかったの?」 
「違うの」 
 シャムは頭を振りながら焦点が定まらないような瞳でクリスを見上げた。
「本当に大丈夫かい?」 
 クリスが声をかけるが、シャムはそのままハンガーへ向けて歩いていく。心配そうな唸り声を上げて見守る熊太郎。
「元気出せよ!」 
 シャムの被っている帽子を叩いたのはライラだった。
「ライラちゃん……」 
 驚いたように帽子を被りなおすシャム。その様子をジェナンとシンが笑顔で見つめている。
「昨日の元気はどうしたんだよ」 
 ライラは上機嫌だった。だが、彼女の額に浮かんでいる脂汗をクリスは見逃さなかった。戦場に立つ恐怖を紛らわす為にわざと明るく振舞って見せているのは間違いなかった
「うん大丈夫だよ。ホプキンスさんも安心していいから」 
 そう言うとキーラにつれられてシャムはハンガーへと歩き始めた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 墓守の少女 156

「君の流儀で言うなら敗者には何を語る資格もありはしないよ」 
 そう言ってエスコバルは立ち上がった。そのまま彼は執務机に置かれた拳銃を手に取る。
「そうでもないですよ。事実、北兼崩れでこの国を追われ、先の大戦ではアメリカ陸軍のモルモットに去れた負け犬が言うんですから間違いないですね」 
 そう言って笑いかける嵯峨だが、それを見つめるエスコバルの瞳は弱弱しく光った。彼は拳銃を右手に持ち、軽くスライドを引いて薬室に弾丸が入っていることを確認する。
「何か言い残すことはありますか?」 
 そのまま拳銃のハンマーを起こすエスコバルに嵯峨は尋ねた。
「いまさら何を言っても仕方がない。家族ならとうにアルゼンチンに移住してずいぶん経つ、もう私が気を使うことは何もない」 
 そう言うとエスコバルは素早く拳銃を口にくわえて引き金を引いた。そのままその体は執務机に倒れこんで痙攣した。こもったような銃の発射音に警戒にあたっていた抜刀隊の黒ずくめの兵士が二人飛び込んできた。
「慌てんなって、エスコバル大佐は義務を果たした。そのままそこに寝せてやれよ」 
 そう言うと嵯峨は死体の処理を二人に任せて立ち上がった。
「楠木、終わったぜ」 
 小型通信機に嵯峨が語りかける。
「撤収準備は順調に進んでいます。制圧射撃をしていた支援部隊の連中から順次引き上げを開始しています」 
 楠木の感情を殺した声に静かに嵯峨は頷いた。
「全く、権力なんて持ったところで疲れるだけだって言うのにな」 
 そう言いつつ嵯峨は静かに階段を降り始めた。彼を追い抜いて降りていく部下達。時折、敵の残党に遭遇するらしく、銃声が断続的に響いている。
 嵯峨は吸い口の近くまで火の回ったタバコを投げ捨ててもみ消す。
「俺の仕事はここまでだ。シンの旦那はどう動くかな」 
 彼の頬に抑えがたいとでも言うような笑みが浮かんでいた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。