スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 今日から僕は 60

「しかし、良く食べますねシャムさん」 
 誠はもう二玉、豚玉を食べ終わり、三つ目が焼けるまでのつなぎで、たこ焼きを食べているシャムを見て、心の底からの声を発した。
「ただでさえチビなのに、これ以上食ったら太るぞ?」 
 要はグラスを傾けながらそう言ってみせる。
「大丈夫だよ!シャムは元気に動いてるから!」 
 シャムは気にする様子も無く、たこ焼きを頬張った。
「え?育ってないって?」 
 いったん潰れたと見えたアイシャがのそりと起き上がった。
「あ。復活した」
 サラがそう言うと烏賊玉を口に運ぶ。 
「余計なことするんじゃない」 
 要とカウラは復活したアイシャを見て思わず口を滑らす。
「いいもんね、どうせアタシなんか……!」 
 脈絡も無くアイシャはシャムのところまで匍匐前進していく。
「何する気だ?」 
 要は面白そうにその有様を見ている。
「ミニマム!」 
 そう叫ぶとアイシャは今度はシャムに抱きついた。
「邪魔だよアイシャちゃん!食べられないよ!」 
「ご飯はもういいから!一緒に飲もうよ!ねえ!」 
 アイシャはシャムに抱きつきながら吉田のグラスをかっぱらうと、一気に飲み干してまた倒れこんだ。
「明石中佐。妙に落ち着いてますけど、もしかして……」 
 誠は恐る恐るにこやかに笑いながら酒をすすっている明石にそれとなく聞いてみた。
「まあいつもワレは潰れとったから知らんじゃろが、いつもウチの飲み会なんてこんなもんや。どうじゃ?驚いたか?」 
 我関せずといった調子で、明石は杯を進める。
 ふと吉田のほうを見た誠だが、こちらもニヤニヤしながらシャムとアイシャを横目で見て酒を飲んでいるだけで、手を出すつもりなど無いようだった。
 しかし、誠にとってそれ以上に引っかかるのは菰田の舐めるような視線だった。
 明らかに敵意をむき出しにして、こちらのほうを見ている。
 先任下士官である菰田ににらまれて、誠はおずおずとビールをすするよりほかにすることも無かった。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 今日から僕は 59

「離れろ!アイシャ!」 
 思わずカウラと要が二人で叫んだ。
 アイシャは要の反応は予想していたが、カウラからそんな言葉を聞くとは思っていないとでも言うように誠から手を離した。
「へえー。カウラもようやく自分の気持ちに素直になれるようになったのね!嬉しい」 
 アイシャはワザと大げさにそう言った。
 カウラはその言葉で、自分が何を言ったのか理解したとでも言うように誠の視線から目を逸らした。
「そのー、あれだ。私の部下なのだから、それなりに……」
 小声で恥ずかしそうに下を向くカウラ。
「もう!ピュアなんだから!」 
 そう言ってけたたましい声で笑うとアイシャは誠の飲みかけのジョッキを取り上げて煽った。 
「じゃああれを何とかしろ!アイシャ!」 
 要が指差した所にサラと島田がこちらの喧騒をよそに、仲良く烏賊玉を突いていた。
 全員の視線を浴びて戸惑う島田。そしてそれを無視して烏賊玉を食べているサラ。
「島田!テメエ!」 
「男の仁義を知らんのか!」 
 菰田とキムがそう叫ぶ。
 ようやく全員が何故自分を見ているかわかった島田はおずおずと手を引くが、サラがいかにもおいしそうに島田が焼いた烏賊玉を食べていた。
「サラ!あんたって人は!」 
 アイシャが立ち上がろうとするところを、明石が重い腰を上げて止めた。
「なあクラウゼの。ここは押さえてくれや。せっかく楽しくやっとるんじゃ。野暮はいかんよ。まあ一杯やれや」 
 明石はそう言ってアイシャの開いたグラスに日本酒を注いだ。
 アイシャはもうかなり出来上がっているらしく、気にせずそれを一息で飲むとひっくり返った。
「タコ中。潰れちゃったぜ」 
 要はもうすでに寝息を立てているアイシャを指してそう言った。
「奴も飲めないたちだからな。戦うためだけに作られたからこんな席には向いちゃいないんじゃろ。カウラ後で送って行ってやれや」 
「分かりました。パーラと同じマンションだったな?」 
 カウラはそう言うと烏龍茶を飲んだ。
「そうね。とりあえず放り込んでおけばなんとかするでしょ」 
 パーラはそう言うと一口ビールを飲んだ。
「確かにあの部屋は凄いからな、誰かさんの部屋みたいに」
 カウラが楽しげに語る。そんな彼女の言葉に誠は寝ているアイシャを見つめた。
「僕の部屋ってそんな凄かったですか?」 
 その誠の言葉にカウラとパーラが凍りついた。
「まあな、オメエの部屋アニメのヒロインのポスターだらけだったじゃねえか」 
 要は呆れながらそう言うと、胸のポケットからタバコを取り出した。
「禁煙だよ!ここは!」 
 吉田に豚玉を焼かせながらじっとこの騒ぎを見ていたシャムがそう突っ込みを入れた。
「叔父貴がいるときだけ喫煙可って……くわえてるだけだっての!ったくお子ちゃまはこれだから……」 
 目を細めてタバコをしまう要。
「お子ちゃまじゃないもん!中尉さんだい!」 
 シャムは頬を膨らまして抗議する。
 誠は展開についていけず黙ってたこ焼きを突いていた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 今日から僕は 58

 春子が置いたたこ焼きをつつく明石の視線がアイシャに向かった。
「つまり次の演習が終わったら留守にするつうことやな?」 
 熱かったのか明石は冷酒を口の中に流し込む。
「そう言う事。まあ、東都の国防省の会議室で座学をするだけだから顔くらいは出せるわよ。まあ日程が空いたらコミケにも顔くらい出すつもりだし」 
 アイシャはあっけらかんとそう答える。
「演習ですか?」 
 島田、キム、菰田の視線が明石に集まる。
「今日、ヨハンが来れんのも搬入があるんでな。今頃は許大佐が仕切って特機全部ばらして新港まで運ぶ段取りしとるはずじゃ。そう言や島田の、お前仕事はどうした?」 
 たこ焼きを突いている島田に明石がそう尋ねた。
「たまにはヨハン・シュペルター中尉殿にもお仕事してもらわねえと不味いっしょ?それと姐御に野球部の飲み会があるって言ったら行って来いって言われたもんすから」
 そう言う島田に要が流し目を送る。 
「あれじゃね?明華の姐御はタコ中に気があるから……」 
 口にした日本酒を噴出しそうになりながらお絞りで口の周りを拭く明石。
「西園寺。誰がタコ中や!」 
 そう言うと証は落ち着いたようにカウラと要を見た。
「そうじゃ、神前が明後日からの演習の話し知らんと言うとったが、カウラに西園寺。お前等、話しとかんかったのか?」 
 顔を見合わせる要とカウラ。
「そういやあ言ってなかったなあ、カウラは?」 
「入隊した時の書面一式の中にそのことに関する書類も入れてあったはずだ。見ていなかったのか?」 
 カウラが鋭い視線を誠に向けてくる。
「すいません。いろいろあったので」
 頭を掻く誠を見ながらカウラは枝豆を口に運んだ。 
「まったく。ちゃんと渡された書類くらい目を通しておけ」 
 そしてカウラは烏龍茶をすする。
「まあそう責めるなや。初めての配属部署じゃ、少しくらい緊張するのも当たり前じゃろ?神前の。まあ気にするな」 
 機嫌のいい明石はそう言って神前を慰めた。
「仕事の話はおしまい!先生!裸踊りはまだですか?」 
 少し出来上がっていたアイシャが誠にまとわりついてくる。
 それほど飲んでいなかった誠は、当たってくる胸のふくらみを感じて視線を落とした。
「こら!テメエ何をするんだよ!」
 誠にくっついて離れないアイシャを要は引き剥がした。 
「なに?要ちゃん。あなたがいつも先生のコップに細工してべろべろに酔わせてたの知ってるのよ。さあ本心では一体何を期待して……」
 要の顔にアイシャが迫る。 
「馬鹿言うんじゃねえ!アタシは単純に好奇心で……」
 言い訳をするように要は視線を落とした。だが、アイシャはあきらめようとはしない。 
「そうかしら?ねえ?ホントにそれだけ?」 
「うるせえ!酔っ払いは黙って寝てろ!」 
 要にもまとわり着こうとするアイシャに要はそのまま自分の席に移ろうとする。
 それで勝機を感じたのか、アイシャはさらにべったりと誠に絡み付いてきた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 今日から僕は 57

「意外と早かったじゃん」 
 吉田は豚玉を鉄板の上に広げながらそう言った。おまけのように隣に座っているシャムはすでに豚玉に夢中である。
 要とカウラは明石と誠の座る鉄板に居を定めた。
 誠は泣きそうな目の菰田と目が合うが、すぐさま攻撃的な視線を浴びせてくる菰田から目を逸らした。
「吉田の。オヤッサンが何考えてるか知っとるか?今日は同盟機構の軍事関連の実務者会議で東都訪問中の胡州海軍軍令部長の馬加(まくわり)准将と一席設けてるって聞いとるで。今度の宇宙での訓練もわざわざ胡州の第三演習宙域を借りたっちゅう話やし」 
 明石は小夏が持ってきた冷酒を受け取ると小さめのガラスのお猪口を手にする。
「気がきかねえなあ、うちの隊長は」
 要はそう言うとカウラの前に無理に体をねじ込んで明石に勺をした。 
「知らねえよ。あそこが訓練に向いてるからって事しか聞いてないし。それ以前にあのおっさんの考えてることなんて読めるわけ無いじゃないか」 
 そう言うと吉田はつきだしに箸を伸ばす。
「ほうか。なんかお前を当てにしたワシが間抜けみたいじゃのう。神前の、気にせずジャンジャンやれや」 
 誘拐事件に不自然な演習区域。あまり気分のいい出来事は起きないものだと思いながら誠はたこ焼きを口に運んだ。
 熱い。そのまま勢いで口にビールを流し込んで冷やす誠。
「じゃんじゃじゃーん!ブリッジ三人娘到着です!」 
 そう叫ぶアイシャが死んだ鯖の目のパーラとサラをつれて二階に上がってきた。
 その後ろから春子が注文の品を運んでくる。
「またややこしいのが」 
 明石は下を向いてため息をつく。
「要とカウラは相変わらずねえ。まあ別にいいけと……先生!夏コミの売り子、頼んじゃって良いかな?どうやらアタシは今度の演習後に艦長育成プログラムが入っていて出れそうにないのよ」 
 そう言うと空いていた明石の隣の上座に席を決めてアイシャは座り込んだ。
「えー!アイシャ居ないの?」 
 シャムが思わず声を上げる。
「しょうがないじゃないの!仕事なんだから。その代わりパーラとサラとシャムと他のブリッジクルーも手配するから。今度は……」 
 指を数えて動員する面子を考えているアイシャ。
「ワレラは何やっとるんじゃ?」 
 明石はそう言うと手酌で日本酒をガラスの猪口に注いだ。
 しかし急にアイシャ達とシャムから射るような視線を浴びて、さすがの明石も目を伏せた。
「いいんじゃないの?別にフリーの時まで拘束しなくても。それに隊長はこういう馬鹿なこと好きじゃん?」 
 吉田は別に気にする様子でもなくジョッキを傾けた。
「そうね、もし良かったら小夏もつれてってくれる?あの子はシャムちゃんと同じでお祭り大好きだから」
 春子の言葉にアイシャが嬉しそうに小夏を見上げた。
「へえ、姐御の頼みなら……」 
 少し遠慮がちにつぶやく小夏に飛び起きたアイシャが抱きついた。
「おお!心の友よ!」 
 その大げさなアクションに死んだ目をしていたパーラとサラは呆れたように目の前に置かれたビールのジョッキを息を合わせたように傾けた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 今日から僕は 56

「生中二つです!若頭と兄弟子!次、何にしますか?」 
 呆れたついでに喉の渇きをビールで癒した誠にきゃぴきゃぴした声で小夏がそうたずねてくる。先ほどまでの汚いものを見るような瞳はそこには無かった。
 誠はさすが飲み屋の娘と感心しながら彼女を見つめる。
 元気そうなショートカットの髪に気が強そうな瞳。要を目の仇にするのはもしかして近親憎悪なのかもしれない。そう思うと少しにやけた笑みが自然とできる。
 さすがにどっしりと腰を下ろしている明石の払いである、彼の意向には逆らえないと言う風に誠は明石のほうを見た。
「ほいじゃあワシはポン酒や!神前は生中でええなあ?」
 野球部設立に反対する理論派のシンを情熱で押し切った熱血漢らしいどら声が誠の耳にも届く。 
「じゃあ生酒二合に、生中で……つまみは……?」
 明石が吉田の顔を眺める。 
「じゃあエイひれもらおうかな……シャム!どうする?食うか?」
 そう明石から声をかけられるとシャムは満面の笑みをその子供のような顔に浮かべた。
『うん!豚玉三つ!』 
 吉田とシャムがそう答えた。
「ナンバルゲニア中尉!豚玉三つは多くないですか?」
 さすがに誠も明石の持ち出しと言うこともあって遠慮がちにシャムに声をかけた。 
「気にすんなや。奴にしてはこれで抑え気味なんじゃ」 
 誠の心配をよそにカラカラと明石は笑った。
「ちーす!」 
 島田、菰田、キムの三人組が階段を上がってきた。
「ご苦労さん。他の連中はどうした?」 
 笑顔で三人に頭を下げる小夏を見ながら明石が声をかける。
「アイシャ達はまた漫画でも買いに行ったんじゃないすか?それとベルガー大尉達はなんか揉めてましたから」 
 菰田はそう言うと下座の鉄板に居を固めた。
「まったく、あの連中はどうしようもないのう」 
 ジョッキの底の泡を飲み尽くして、明石はそう言った。
「いい加減俺と要の免停止めたほうが良いんじゃないのか?」
 吉田が突き出しのひじきをくわえている。 
「お前はすぐそうやってハッキングで何でも解決しようとするのう。罰は罰じゃ、ちゃんと免停中は運転せずに……」 
 明石が眉をひそめる。そこに仕込み担当の元さんと呼ばれている白髪の料理人がお盆に豚玉を持って現れた。
『春子さんだな。ナンバルゲニア中尉はいつも豚玉三個がノルマだし……』
 誠はそんなことを考えながら元さんからお盆を受け取っている小夏を見つめていた。
「はいはい!小夏ちゃん!こっちだよ!」
「師匠!豚玉お待たせしました!」
 小夏から豚玉を受け取り喜ぶシャム。だが、まだ鉄板が温まっていないと言うように隣の吉田が鉄板に豚玉を乗せようとするシャムを手でさえぎった。 
「旦那達はどうしますか?」
 小夏はキムに尋ねた。
「じゃあ俺は海老玉とポン酒。島田はどうする?」 
「じゃあ俺はたこ焼きに生中で、菰田は?」 
「自分はレモンサワーに同じくたこ焼き」 
 キム、島田、菰田の三人はそれぞれ注文をした。
 小夏はすぐさま身を翻そうとしたがそこに立っていた要に素早くガンを飛ばした。
「んだよ、ガキ!アタシが居ちゃあ迷惑だって言うのか?」 
 要は小夏に向けてまたガンを飛ばす。
「お客にゃあ丁寧なんだよアタシは。まあ、外道を客に入れるかどうかは……」
 小夏もまけずに要をにらみ返す。一歩も引かない二人に全員の視線が釘付けになった。 
「客だろうがアタシは!さっさとアタシのボトルとカウラに出す烏龍茶もってこい」 
 小夏がそう言うと明石と誠が座っている上座の鉄板に腰を下ろした。
「へいへい」 
 そう言うと小夏は、上がってきたカウラを避けながら階下へと駆け下りていった。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。