スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 季節がめぐる中で 171

「えーと、困ったな私。何を言ったらいいんだろうね」 
 そう言って視線をそらすアイシャ。長い髪の先に手を伸ばし、上目遣いに誠を見つめる。
 誠も困っていた。アイシャ、要、カウラ。三人に嫌われてはいないとは思っていた。それぞれに普通とはかなり違う好意が示されているのもわかっていた。それでもどうしても踏み込めない。そんな誠。そしてアイシャは今その関係を踏み越えようとしているのかもしれない。
 そう考えると誠の心臓の鼓動はさらに早くなった。
「クラウゼ少佐……」 
「いいえ、アイシャって呼んで」 
 二人は見詰め合っていた。お互いの呼吸の音が聞こえる。静まり返ったコンピュータルーム。近づく二人の顔と顔。誠にはこの時間がどこまで続くかわからないとでも言うように思えた。
「おい……」 
 突然沈黙が破られた。データの閲覧を終えた要がいらだたしげに机に頬杖を付いて二人を見上げている。
「ああ、いいぜ続きをしてくれても」 
 誠の額に脂汗がにじむ。明らかに怒りを押し殺している要。
「要ちゃん、無粋ね」 
 いつものように挑戦的な視線を投げるアイシャ。要は口元に皮肉めいた笑みを浮かべている。
「人を無視していちゃいちゃするってのは無粋じゃねえのか?」 
 要の言葉が震えているのに気づいた誠は一歩彼女から引き下がった。
「神前、三又とは良い了見じゃねえか。まず……」 
「三又?カウラちゃんと私はわかるけどあと誰がいるのかしら?」 
 その切れ長の目の目じりを下げて要に迫るアイシャ。
「馬鹿!こいつは人気なんだよ!こんなんでも。ブリッジにもいるだろ?あんだけ女がいるんだから」 
「ふーん。私よりあの娘達に詳しいのね要ちゃんは」 
 その言葉に反撃できずにただアイシャを見上げる要。
「まあ、いい。データの抽出はできたからあとは各事件の共通項を抜き出す作業だ!誠!手伝えよ!」 
「素直じゃないんだから」 
「何か言ったか?」 
 要の怒鳴り声に辟易したように両手を上げるアイシャ。誠も次々と自分の前のモニターに映し出されていくデータに呆然としていた。そこで部屋の扉が開く。
「仕事だろ、手伝うぞ」 
 そう言っていかにも偶然を装うように端末に腰掛けるカウラ。
「邪魔なのがまた来やがった」 
 そう吐き捨てる要。
 誠はいつまでこのどたばたが続くのか、そんなことを考えながら自分の頬が緩んでいるのを感じていた。

                                       了



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 季節がめぐる中で 170

 そのまま立ち上がったのは誠と要だった。要はそのまま誠とアイシャの肩を抱えて部屋を出ようとする。
「西園寺!仕事しろ!」 
 カウラの怒鳴り声を聞いて要はめんどくさそうに振り向いた。
「ああ、遠隔でやっとくよ!それより今度のあのコミックマーケットって奴だ」 
「ふうん貴方からそう言うこと切り出すなんて珍しいわね」 
 部屋の中に取り残される楓を見て状況を察したアイシャは彼女もつれてそのまま外に出る。
「一応、誠ちゃんの端末にネームは送っておいたけど確認できる?」 
 アイシャはそのまま部屋から離れようとする要の勢いに押されながらも誠の腕に巻かれた携帯端末を指差した。
「ああ、後で確認します。ところで、西園寺さん?」 
「もう少し歩こうじゃねえか、な?」 
 明らかに引きつった表情でそう言う要にアイシャは何かをたくらんでいるような視線を向ける。
「作業中、夜食とかあるといいわよね。できればピザとか」 
「わかった神前とオメエとシャムとサラとパーラの分だろ?ちゃんと用意するよ」 
 要は即答した。その様子にさらに押せると踏んだアイシャは言葉を続けた。
「甘いものは頭の回転を早くするのよね……まあ飴とか饅頭は持ち寄るから良いんだけど……」 
「なんだ?駅前のお姉さんご用達のケーキ屋のか?わかった人数分用意する」 
 そのまま要はコンピュータルームまで二人を押していくと、セキュリティーを解除して中へと誠達を連れ込む。
「じゃあ手を打ちましょう。ちょうど茜さんからお仕事貰ってきているしね」 
 そう言って端末の前に腰掛けるアイシャを要は救世主を見るような目で見つめている。画面には次々と傷害事件や器物破損事件の名前が並んだファイルが表示された。
「法術特捜の下請けか……わかった!」 
 そう言うと要は隣の端末に腰掛けて首のスロットにコードを刺すと直接脳をデータとリンクさせた。硬直したままの要。外部センサーの機能を低下させて事件のデータを次々と読み込んでいる様子がアイシャの前の画面でもわかった。
「要ちゃんは単純でいいわね」 
 そう言うとアイシャは立ち上がって彼女の後ろに立っていた誠に向き直る。
「誠君。もうだいぶ部隊に慣れたわよね」 
 紺色の流れるような長い髪をひらめかせるアイシャ。誠はそのいつもと違うアイシャの姿に惹きつけられていった。
「ええ、皆さんのおかげで」 
 細く切れ込むようなアイシャの視線が誠の目を捕らえて離そうとしない。誠はただ心臓の鼓動が激しくなるのを感じながら固まったように立ち尽くしていた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 季節がめぐる中で 169

「嵯峨少佐、部屋に入ってもよろしいでしょうか?」 
 カウラの言葉にあからさまに誠に向けていた敵意をほぐす楓。そしてその手は当然のようにカウラの胸に向かった。
「あの……」 
「大丈夫、自信を持って……」 
 そう言うと静かに平らなカウラの胸をさする楓。それを見ている誠は次第に顔が赤くなるのを感じていた。
「うん、ベルガー大尉。飾らない胸も素敵だよ」 
 楓はそう言うと笑みを浮かべて部屋に入っていく。そう言われたカウラはほうけたような顔で誠を見つめた。いつもの緊張感で支えられているような鋭い視線はそのエメラルドグリーンの瞳にはもはやなかった。
「神前……」 
「大丈夫ですか?」 
 誠の声にすぐに自分を取り戻したカウラは東和軍教導隊から運ばれてきたばかりの執務机に向かった。誠も隣の自分の席に向かう。そして机の上に花が置いてあるのを見つけた。
「これは誰ですか?」 
 そう言った誠の視界の隅でそっと手を上げるのはアンだった。誠の背筋に寒いものが走る。
「神前曹長。人の好意は受けておくものだな」 
 楓の言葉に仕方なくぎこちない笑みを浮かべる誠。そんな彼が入り口で中の様子を伺っている要を見つけた。
「西園寺!とっとと席に着け!」 
 カウラの言葉に仕方なく部屋に入った要は、楓の方をびくびくしながらうかがった。楓はまじめに通信端末の設定をしており、安心したように要は自分の席に座る。
「ああ、お姉さまの机の設定は僕がしておきましたから!」 
 そんな楓の一言に要はあわててモニターを開いた。大写しされる楓の凛々しい新撰組のような段だら袴に剣を振るう姿。
「楓様素敵です!」 
 思わず叫ぶ渡辺。ただ黙って感心する吉田とカウラ。
「ちょっとこれは……」 
 誠がそうつぶやくと再び楓の鋭い視線が誠に向けられる。
「わかったよ!これを使えばいいんだろ!」 
 そう言ってそのまま自分用にモニターの仕様を変更する要。楓はその姿を確認すると笑みを浮かべながら自分の作業を続けた。
「誠ちゃん!今度のコミケのネームなんだけど!」 
 大声を張り上げて入ってくるアイシャ。誠にとってこのときほど彼女の存在がいとしいと思える瞬間はなかった。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 季節がめぐる中で 168

「まあそう言うことになるわけだが、まあ記録に残るような会い方はしてるわけがねえよな?」 
 嵯峨はそう言うとタバコをくわえながら要を見つめた。
「はいはい、アタシの顔でどうにか探れって言うんだろ?どこかのお上品なお嬢様とは違っていろいろコネがあるからな。汚れ仕事も便利なもんだ」 
「期待していますわよ、『胡州の山犬』さん」 
 東都での破壊行為で裏社会を恐れさせたと言う要の二つ名を微笑んで口にする茜。要は聞き飽きたと言うように軽く右手を上げて誠の口をふさいだ。
「ですがこの入金を受け取ってた人物はなんで今回のバルキスタンへの出動を妨害しなかったんでしょうか?これだけの資金源を得るルートなんてほかになかなか見つけられるとは思えないんですが」 
 カウラのそんな言葉に嵯峨は頭を掻いた。
「もう十分に稼いだってことだろ?それにこういうやばい仕事は引き際が大切だ。その点じゃあこの金塊をもらった人はそれなりの人物ってことだろ?」 
「まるで神前曹長を助けた法術師と金塊を譲り受けた人物が同一人物であるような言い方に聞こえるんですが……」 
 マリアのその言葉にタバコをくわえながら下を向く嵯峨。
「そうだよ、少なくとも現時点では俺はそれが同一人物だと思っている。まあ8分くらいはそう言うつもりで話しているんだけどな。そうでなければ誠にこれほどかわるがわる法術師をあてがっている理由が説明できねえよ」 
 小さな国の国家予算規模の金塊を手にした法術訓練施設を保有するテロリストが目的もわからず行動している。誠は自分の背筋が凍るのを感じていた。
「このことは内密にな。俺がもしその組織のトップにいれば金塊と法術組織のつながりを探るような行動をとる公的組織があれば全力で潰しにかかるぜ。これだけの支援をバルキスタンから引き出せる人物が間抜けな人間であるわけがねえだろ?」 
 この場にいる誰もが嵯峨の意図を汲み取ってうなづく。そして東和軍や同盟司法局に対してもこれが秘匿されるべき話だと言うことは誠にもわかってきた。
「まあつまらない話はこれくらいにしておくか?」
 そう言った嵯峨の表情が急に緩んだ。
「ちょっと急な話だったからできなかったけど、とりあえずうち流の歓迎を第三小隊の皆さんにもしてあげようじゃねえの」 
 タバコを吸い終えた嵯峨はそう言うと立ち上がった。
「でもあまさき屋くらいは今日行きましょうよ」 
 手を叩いて微笑むリアナ。酒が飲めると思って表情を緩める明石。
「それじゃあ鈴木、春子さんへの連絡頼むわ。じゃあ解散だな」 
 そう言って再びタバコに火をつける嵯峨。明華達は部屋を出て行く。
「要坊、楓の奴と仲良くな!」 
「できるか馬鹿!」 
 部屋を出ようとする誠とカウラの背中に要の捨て台詞が響く。
「お姉さま!」 
 突然保安隊詰め所から声が響く。要はそのまま廊下を走って消えていく。
「僕の何がいけないんだろう?」 
 声の主の楓が誠をにらみつける。誠はその迫力に押されて立ち往生した。楓はすでに保安隊の東和軍と同じオリーブドラブの男性佐官用の制服に着替えて同じ姿の渡辺を従えて立っていた。
「どうぞ……よろしく……」 
 震えながら挨拶を搾り出す誠を見つめる冷たい楓の視線。カウラはただ同情するような視線を誠に投げかけていた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 季節がめぐる中で 167

「って別に要をいじめるために集まってもらったわけじゃないんだけどな」 
「叔父貴、いつか締める。絶対いつか潰すからな」 
 要のぎゅっと握り締められたこぶしを見て思わず誠は一歩下がった。
「例の07式を潰した法術師ですか」 
 茜の言葉に浮ついていた一同の表情が変わった。嵯峨も手にした端末を操作して全員に見えるように机の上のモニターを調整した。
 そこには誠の機体からの映像が映し出されていた。法術範囲を引き裂いて進んでくる07式が急に立ち止まり、コックピット周辺を赤く染めた。そして内部からの爆発で焼け焦げる胴体。つんのめるようにして機体はそのまま倒れこんだ。その間十秒にも満たない映像が展開される。
「ランはこの芸当を見せた人物が先日、神前達の監視をしていた人物と同一人物と言ってるけど……隊長はどう思われますか?」 
 明華の言葉に嵯峨はただ首をひねるばかりだった。そして静かにタバコの箱に手を伸ばす。そして視線を娘の茜へと向けた。
「許大佐のおっしゃる可能性は高いとは思いますけれど確定条件ではないですわね。確かに私もいろいろとデータをいただきましたが、炎熱系の法術と空間制御系の法術の相性が悪いのは確かなのですが……」 
 茜はそう言いながらシンを見上げる。
「確かに両方をこれだけの短い時間で的確に展開すると言うのは私には無理です。ですが、訓練次第でなんとかならないかと言うとできそうだと言うのが私の結論です」 
 はっきりと断定するいつものシンの言葉に嵯峨の顔はさらに渋いものになった。
「まあそれなりの実力のある法術師と訓練施設を持つ第三者の介入か。あまり面白い話じゃねえな。しかも偶然ここにそんな人物がいたなんてのはどう考えてもありえる話じゃねえ、明らかにこの法術を使った人物は最低でも神前に関心がある人間に絞られるわけだ。それでだ」 
 そう言うと嵯峨はモニターに表を展開させた。
「カント将軍の裏帳簿ですか。それなら……」 
「アメリカにはこいつで手を打ってもらったわけだ。生きたままカント将軍を引き渡せばどんないちゃもんをつけられて同盟解体の布石を打たれるかわかったもんじゃねえ。そのためにご当人がお亡くなりになっていただいたわけだ。あちらも遼州星系内での活動を規制する条約に調印している以上、あまりごねれば自分の首を絞めることはわかっているだろうからね」 
 そう言うと嵯峨は取り出したタバコに火をつけて話を続ける。
「胡州が協力する見込みが無くなったからにはそう突っ込んでこの件を騒ぎ立てるのは一文にもならないくらいの分別はあるだろ。それにベルルカン大陸の他の失敗国家の独裁者達も自重してくれるだろうからな。まったく俺も人が良いねえ、こんなに俺のことが大嫌いな人達の弱みを消し去ってあげたんだから」 
 名前は消されてはいるが、誠にもそのすさまじい金額の並んでいる帳簿に目を丸くしていた。
「まあ別のところで煮え湯を飲ませるつもりなんじゃないですか?」 
 明華の声に笑い声を上げる一同。だが、その中で伏せるまでもなく名前が空欄になっている部分がスクロールされてきた。
「名前が無いですね」 
 カウラの言葉に嵯峨はそれまで机の背もたれに投げ出していた体を起こした。
「名前が無いというよりも書く必要が無い、書きたくない人がこれだけの金額の利益を得ていたと言うことだな」 
 二桁違う金額が並ぶ名前の記載の無い帳簿。それを眺める嵯峨の言葉に一同はしばらく彼が何を言おうとしているかわからずにいた。
「名前を書きたくない……そんな人に金を流したんですか?なんで?」 
 呆然と帳簿を見つめる誠の背中に鋭い声が飛ぶ。
「それがわかれば苦労しないわよ。お父様。この金銭の流れの裏づけは取れているのかしら?」 
 茜が急に身を乗り出す。
「吉田、どうだ?」 
「他の面々は証拠がそれなりにあるんですが……こいつだけはどうしても足がついてないんですよ。まるで直接集金人が取り立てに来ていたみたいで……まあ別ルートで大量の金塊をカント将軍は購入しているという裏が取れましたからおそらくその金が使われた可能性は高いですね」 
 吉田の言葉に逆に茜は目の色を変えた。
「つまり、何時でもカント将軍に会える立場にいた人物と言うことになりますわね」 
 その言葉に要は複雑な表情を浮かべて茜の姿を眺めていた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。