スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 季節がめぐる中で 20

「クバルカ・ラン中佐でしたっけ。あの人が何か?」 
 そう何気なく言った誠だが、タレ目の癖に眼光の鋭い要の視線を浴びて怯んだ。
「クバルカ中佐は厳しい教官だからな。教導はもちろん、書類一つとっても相当チェックを入れてくる人だ。今の明石中佐のようには行かないぞ」 
 カウラの言葉に爪を噛みながら聞き入っている要。考えてみれば誠も部隊配属は初めてだが、同期の他の部隊で幹部候補になった友人からは書類仕事のとんでもない件数にサービス残業を重ねている日々について聞いていた。誠は少尉候補生として着任したものの、今は曹長として勤務している。保安隊の現状として、実働部隊の下士官ならほとんど定時終わりで野球の練習に入れるのも当然と思っていたが、実は明石が練習の時間を作る為に苦労しているらしいことはなんとなくわかっていた。
「じゃあ、また何かあったらよろしくね」 
 そう言って電話を切るアイシャ。
「やっぱり、本決まりか?」 
 悲壮感を漂わせながら尋ねる要。
「ああ、実働部隊長の件ね。クバルカ中佐で決まりみたいよ。来週、視察に来るとか……それと管理部の方にも入れ替えがあるらしいわね」 
 淡々と答えるアイシャだが、その言葉に次第にうつむき加減になる要を見てその悪戯心に火が付いた。
「ああ、この電話の相手ね。まあ出所は言えないけど……独自のルートで情報は入ってくるのよ、いろいろと。まあ私は運用艦の副長さんだからぜんぜん関係ないけど……大変ねえ」 
 いかにも愉快だと言うような笑顔を浮かべて要を眺めるアイシャ。要はそのまま何も言わずに爪を噛み続ける。その様子から見て、ランが相当な鬼教官であることが想像されて誠も少しばかり緊張してきた。
 だが、そこで思い浮かぶのがあの幼い面立ちである。目つきの悪さはあるにしてもどう見ても小学生である。シャムもやはり幼く見えるが、贔屓目に見れば中学生に見えなくも無い。だがランの姿はどう見てもやはり小学生、しかも低学年である。
「お前さあ、人事だと思ってるだろ?」 
 ようやく要が口を開いた。全く光の無いその瞳に、誠は寒気のようなものを感じる。
「あいつ、餓鬼扱いされるとオメエが酷い目にあうことになるからな。注意しとけよ」 
 要はそう言うと大きくため息をついた。
「そうよねえ、さんざん要ちゃんはぶっ叩かれたもんねえ」 
「あの人は期待している人間には厳しく当たるからな。一番鍛えてもらったのはお前じゃないか?……そうだ。何かお礼にプレゼントでも上げたらどうだ?」 
 アイシャとカウラはそう言うと微笑んで見せる。そんな二人を見ながら要は視線を落としていじけていた。
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 季節がめぐる中で 19

「なっなっなっ……」 
 言葉を継げずに焦る要。それを楽しそうに見つめるアイシャ。誠は冷や汗が出てくるのを感じた。後先考えない要の暴走癖は、嫌と言うほどわかっている。たとえ高速道路上であろうと、暴れる時は暴れる人である。
「アイシャさん?」 
「なあに?誠ちゃん」 
 にんまりと笑っているアイシャ。こちらも要の暴走覚悟での発言である。絶対に引くことは考えていない目がそこにある。運転中のカウラは下手に動いてやぶ蛇になるのを恐れているようで、黙って前を向いて運転に集中しているふりをしている。その時、アイシャの携帯が鳴った。そのまま携帯を手に取るアイシャ。誠は非生産的な疲労を感じながらシートに身を沈める。
「93のG?馬鹿言うな、96のHだよ」 
 小声で要がつぶやいた。
「あのー、西園寺さん?」 
「何言ってんだ!アタシは別にお前の好みがどうだとか……」 
 そこまで言って要はバックミラーで要を観察しているカウラの視線に気がついて黙り込んだ。
「やっぱりそうなんだ。それでタコ入道はどこに行くわけ?」 
 アイシャは大声で電話を続けている。
「それにしてもあいつの知り合いはどこにでもいるんだなあ」 
 携帯の相手が推測できたようで、要はそう言うとわざと胸を強調するように伸びをする。思わず目を逸らす誠。
「同盟司法局の人事部辺りか?」 
「だろうな。でもやべえな」 
 カウラの言葉に答える要。彼女はそのまま指を口に持ってきて、右手の親指の爪を噛みながら熟考している。
「実働部隊の隊長があのちっこいのになる訳だろ?やべえよ、それは」 
 もうアイシャにからかわれていたことを忘れて要はアイシャの電話の会話に集中した。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 季節がめぐる中で 18

「まあ大丈夫なんじゃねえの?」 
 そう言って要が胸のポケットに手をやるのをカウラがにらみつけた。
「タバコは吸わねえよ。それより前見ろよ、前」 
 そう言って苦笑いを浮かべる要。渋々カウラは前を見た。道は比較的混雑していて目の前の大型トレーラーのブレーキランプが点滅していた。
「そう言えば要ちゃん義体変えたんだってね?」 
 切れ長の目をさらに細めて要を見つめるアイシャ。紺色の髪がなびく様の持つ色気に誠は緊張しながら、その視線の先の要を見た。
「なんだ、それがどうしたんだ?」 
「なんか少し雰囲気が違うような……」 
 とぼけたような調子でアイシャが要を見つめている。はじめのうちは無視していた要だが、アイシャの視線が一分ほど自分に滞留していることに気付くとアイシャの目をにらみつける。それでもアイシャの視線は自分から離れないことに気付くと、要はようやく怒鳴りつけようと息を吸い込んだ。
「胸、大きくしたでしょ?」 
 先手を打ったのはアイシャだった。その言葉に怒鳴りつけようと吸い込んだ息をむせながら吐き出す要。
「確かにそんな感じがしたな」 
 カウラまで合いの手を入れた。誠の隣で要の顔色が見る見る赤く染まっていく。
「88のEから93のF……いやGかしら?」 
 そう言いながらアイシャは視線を落として気まずい雰囲気をやり過ごそうとする誠を眺めていた。
「おい、テメエ等なにが言いてえんだ?」 
 要の声は震えている。
「西園寺。暴れるんじゃないぞ」 
 そう言うとカウラはそのまま前を向いてこの騒動からの離脱を宣言した。しかし、アイシャはこの面白い状況を楽しむつもり満々と言ったように、後ろの要に挑発的な視線を送っている。
「やっぱり、配属してからずっとレベッカちゃんが誠ちゃんにくっついているから気になるんでしょ?」
 誠はそこまでアイシャが言ったことで、なぜ要が義体のデザイン変更を行ったかに気付いた。アメリカ海軍からの出向組である第四小隊のアサルト・モジュールM10には専属の整備技師レベッカ・シンプソン中尉が着任した。彼女が一気に保安隊の人気投票第一位に輝いたのは様々な理由があった。
 金色のふわりとした長い髪、知的でどこか頼りなげなめがねをかけた小さな顔、時々出る生まれ育った長崎弁ののんびりとしたイントネーション、そして守ってやりたくなるようなおどおどとした態度。
 だが、なんと言ってもその大きすぎる胸が部隊の男性隊員を魅了していた。一部、カウラを御神体と仰ぐカルト集団『ヒンヌー教』の信者以外の支持を集めてすっかり隊に馴染んでいるレベッカを見つめる要の視線に敵意が含まれていることは誰もが認める事実だった。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 季節がめぐる中で 17

「狭い!」 
「なら乗るな」 
 カウラのスポーツカーの後部座席で文句を言う要をカウラがにらみつける。高速道路ということも有り、スムーズに豊川の本部に向かう車。
「でも、あれよね。ランちゃんのあの言葉、気になるわよねえ」 
 助手席で伸びをしながらアイシャがつぶやいた言葉に、隣の要がびくんと反応した。
「冗談だろ?あの横暴だけど腕は立つ餓鬼を簡単に手放すなんて、東和陸軍はやらねえよ」 
 どちらかと言うと自分に言い聞かせているように聞こえる要の声。
「確かに裾野の第一特機教導連隊の隊長ですよね。あそこはあまり異動の無い所だって聞いていたんですけど……」 
 噂で口にした言葉だがすぐに助手席の紺色の長い髪が振り返ってくる。
「甘いわね、誠ちゃん」 
 そう言うと嬉しそうな顔のアイシャが振り向いてきた。
「うちじゃあシャムちゃんと言う遼南青銅騎士団の団長がその身分のまま出向しているのよ。所詮、サラリーマンの東和軍ならもっと動きがあってもおかしくないわよ」 
 アイシャの言葉に第一小隊のシャムと吉田のにやけた顔が誠の脳裏にちらついた。
「まあ、アメリカ海軍の連中も出向して来ているのがうちの部隊だからな。そう言えば島田達は今頃着いたかねえ」 
 要はそう言うと追い抜かれて後ろに消えていくダンプカーを眺めている。保安隊第四小隊は配属後の教育期間を終えると、遼州の火薬庫と呼ばれるクバルカン大陸に派遣された。クバルカン大陸第三の人口を誇るバルキスタン共和国。その選挙活動の監視と言うのが彼らの出動の名目だった。クバルカン大陸は遼州同盟にとっては鬼門、地球諸国にとっては頭痛の種だった。
 遼州星系の先住民族の遼州人が居住していなかった地域であるこの大陸に、地球から大規模な移民が行われたのは遼州星系に地球人の移民が行われるようになってから百年以上がたってからのことだった。初期の遼州の他の国から流入した人々は、その地の蚊を媒介とする風土病で根付くことができなかった。
 クバルカン風邪と呼ばれた致死率の高い熱病に対するワクチンの開発などで、移民が開始されたクバルカン大陸には多くのロシア・東ヨーロッパ諸国、そして中央アジアの出身者が移民することになった。しかし、ここにすでに権益を持ちかけていた西モスレムはその移民政策に反発。西モスレムを支援するアラブ連盟とロシアとフランスの対立の構図が出来上がることになった。
 そして、その騒乱の長期化はこの大陸を一つの魔窟にするには十分な時間を提供した。それは遼州同盟と地球諸国の関係が安定してきた現在でも変わることが無かった。年に一度はクーデターのニュースが駆け巡り、戦火を逃れて他の大陸に難民を吐き出し続けるクバルカン大陸。
 第四小隊のロナルド・J・スミス大尉、ジョージ・岡部中尉、フェデロ・マルケス中尉のアメリカ海軍からの出向者である三人のアサルト・モジュールパイロットと保安隊技術部の島田正人准尉率いる技術班がバルキスタンの首都クマサに向けて出発したのは三日前のことだった。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 季節がめぐる中で 16

「本当にオメー等あの嵯峨の旦那の部下か?あのおっさん仕込の流儀なら『いい子ねえ!飴玉いる?』とか冗談飛ばすくらいの余裕がねーと」 
「じゃあ……、いい子ねえ……」 
 そう言って手を伸ばしたアイシャの後頭部にランの延髄斬りが炸裂する。
「誰がいい子じゃい!」 
 さすがに小学校低学年位の体格のランでは長身のアイシャを倒すことができなくて、アイシャは後頭部をさすりながら苦笑いを浮かべていた。
「あの、冗談は良いとしてよ。なんでここに居るんだ?」 
 スカートのすそを整えているおかっぱ頭のランを見下ろしながら要がつぶやいた。
「そりゃあこっちの話だ。テメー等も非番のはずだろ?ここは東和軍の敷地だ。しかも秘密兵器の実験をしてるところにのこのこ入ってきやがって。自覚はねーのか?」 
 そう言って元々目つきが悪いランが要をにらみつけた。しかし要にはまるで効果が無いようで、口笛を吹きながらランの言葉を聞き流している。
「お言葉ですが、法術兵器の使用については術者の身体や精神に過度の負担がかかると聞いていますから、彼の上官としてそのケアに当たるための方策を……」 
 カウラがそこまで言うと、ランが彼女をにらみつけた。思わずその迫力に気おされて黙り込むカウラ。そしてその視線は隣で引きつった笑みを浮かべるアイシャと要を移ろいにんまりとした笑みへと変わる。
「へー、神前曹長。モテモテなんだなオメーは」 
 そう言って誠の肩を叩こうとするが、途中で背伸びをして手を伸ばす姿があまりにも間抜けになると気付いたのか、ランがは誠にボディーブローを放った。
「うおっ!!」 
 みぞおちに決まった一撃でそのまま倒れこむ誠。
「中佐!」 
 さすがのカウラもたまりかねて二人の間に割り込んだ。 
「鍛え方が足りねーみたいだな。安心しな。これからちょくちょくテメエ等のところに顔を出すことになるから」 
 そう言うと誠に寄り添うアイシャとカウラを残してランは管制塔へと去っていく。
「相変わらず傍若無人な奴だねえ。神前、大丈夫か?」 
 誠は要の言葉を聞くとゆっくりと立ち上がった。
「ええ、まあ」 
 ランの腹への一撃で噴出した脂汗を拭いながら誠は立ち上がった。
「じゃあとっとと着替えて来いよ」 
「あのーもしかして迎えに来てくれたんですか?」 
 ようやく気がついたように誠は三人にそう言った。頭を掻きながら天を見つめるカウラ。ポケットから取り出したタバコをくわえながらわざとらしくライターを探している要。生暖かい視線を誠に送る西を威嚇するアイシャ。
 とりあえず逆らわないことが身のためと思った誠はそのまま駆け足でトレーラーの止めてあるハンガーへと急いだ。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。