スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 季節がめぐる中で 60

 すぐにつかつかと歩いて扉を開けば実働部隊の詰め所。そこには誰もいなかった。確かにまだ九時前、いつものことと誠はそのまま椅子に座った。ガラス張りの廊下側を眺めていると、吉田が大急ぎで走っていく。そのまま誠は昨日の日報が机に置かれているのを見た。開いてみると珍しく嵯峨が目を通したようで、いくつかの指摘事項が赤いペンで記されていた。
「明石中佐も呼ばれているみたいだな」 
 いつの間にか部屋にはカウラが入ってきていた。そのまま彼女は誠の斜め右隣の自分の席に座る。
「休暇中の連絡事項なら昨日やればよかったんじゃないですか?」 
 そう言って明石と吉田の席を見やる誠。だが、カウラは誠より保安隊での生活に慣れていた。
「今日できることは明日やる。まあ、嵯峨隊長はそう言うところがあるからな」 
 そう言ってカウラは目の前の書類入れの中を点検し始めた。
「どわ!」 
 突然女の子の叫び声がしたかと思うと、シャムの顔がドアに押し付けられていた。
「いい加減大人になれよ、オメエは」 
 そう言いながらドアを開く要。突き倒されたシャムはまだ熊の着ぐるみを着ている。
「酷いよ!要ちゃん!」 
 そう言って要を見上げるシャムだが、カリカリしている要は残忍な笑みを浮かべて指を鳴らしている。さすがにその凄みを利かせた姿に冷や汗を流しながら後ずさるシャム。
「じゃあ、脱皮しようかな。誠ちゃん!背中のジッパー下ろして!」 
 そう言って誠に背を向けて近づいてくる。仕方なく立ち上がった誠だが、カウラの視線の痛みが涙腺を刺激する。ジッパーに手をかけたとき、誠はあることに気がついた。
「あの……、ナンバルゲニア中尉?もしかして下着しか着てないとかいう落ちじゃないですよね」 
 この言葉にカウラだけでなく要までもが視線を誠に向けてくる。その生暖かい雰囲気に誠は脂汗が額ににじむのを感じていた。
「早くしないと要ちゃんに食べられちゃうよ!」 
「アタシが何で出てくるんだ?」 
 そう言って拳を固める要を見て進退窮まったと感じた誠は、一気にシャムの着ぐるみのジッパーを降ろす。
「脱皮!」 
 そう言って現れたのは東和陸軍と同型の保安隊の勤務服を着たシャムだった。
「本当に驚かせないでくださいよ」 
「なんだ、オメエもロリコンだったのか?まあどこかの胸無しと仲良しだからロリコン入っていても不思議はねえがな」 
 そう言ってカウラを見下ろす要。カウラはそんな要を完全に無視して書類を読み続けていた。
「ワレ等、少しはおとなしくできんのか?」 
 ドラ声が響いて明石が入ってくる。珍しくサングラスを外しているので、いつものはげ頭がさらに輝いて見える。その後ろに続く吉田は着ぐるみをたたんでいるシャムのところに行くと大きくため息をついた。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 季節がめぐる中で 59

「なにしてるんですか?隊長」 
 カウラの声で振り返った嵯峨は柿を食べていた。
「いいだろ、二日酔いにはこれが一番なんだぜ。まあ俺は昨日はそれほど飲めなかったけど……」 
 そう言って階段の一段目を眺める嵯峨。そこで下を向いて座り込んでいたのはランだった。
「あのー、クバルカ中佐。大丈夫ですか?」 
 そう言う誠を疲れ果ててクマのできた目で見上げるラン。
「気持ちわりー。なんだってあんなに……」 
 そう言って口を押さえるラン。
「こりゃ駄目だな。おい、ラン。俺の背中に乗れよ。話があるからな」 
 そう言って背中を見せる嵯峨。仕方が無いと言うように大きな嵯峨の背中に背負われた姿はまるで親子のようにも見えた。
「おい、カウラ。ちょっと吉田の馬鹿連れて来い。どうせシャムと遊んでるんだろ」 
「ああ、そう言えば駐車場にシャムとグレゴリウス13世がいましたから」 
 そう言って敬礼をすると駆け出すカウラ。
「そう言えば昨日の報告書。出し直しだと」 
 嵯峨は無情に誠にそう言うとそのまま階段を上り始める。
「そんな……」 
「書式が違うじゃねーか。……アタシは……、はあ。東和軍の書式じゃなくてここの書式で書けって言ったはずだぞ」 
 虫の息でもきっちり仕事の話に乗ってくるラン。誠はランを軽々と背負って歩く嵯峨について階段を登った。管理部の部屋でいつものように殺意を含んだ視線を投げかけてくる菰田を無視してそのまま嵯峨と別れてとりあえずロッカールームへ向かう。
 ドアを開けるとキムが着替えを終えたところだった。
「お前、何やったんだ?昨日は」 
 そう言うとキムは誠の頭のこぶに手を触れる。
「痛いじゃないですか!」 
「ああ、すまんな。それにしてもあのちびっ子。本当に明石の旦那の跡を継ぐのか?」 
 ドアに手をかけたまま誠にそう尋ねるキム。
「そんなの僕が知るわけ無いじゃないですか」 
「いやあ、お前はクラウゼ中佐と一つ屋根の下に暮らしてるだろ?そう言う話も出るかと思って」 
 そう言ってニヤリと笑う。だが、誠は彼の顔から目を逸らして頭のこぶに物が当たらないよう丁寧にアンダーシャツを脱いだ。
「アイシャさんはそう言うところはしっかりしていますから。守秘義務に引っかかるようなことは言いませんよ」 
 キムはつっけんどんに答える誠に意味ありげな笑みを一度浮かべるとそのまま出て行った。
「ったく。アイシャさんのことを僕がそんなに知ってるわけ無いじゃないか」 
 そう独り言を言いながらワイシャツのボタンをかける。誰も掃除をしようと言い出す人間のいない男子更衣室。窓にはプラモデルやモデルガンが並び、ロッカーの上には埃を被った用途不明のヘルメットが四つほど並んでいる。
「年末には掃除とかするのかなあ」 
 そう思いながら着替え終わった誠はドアを開いた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 季節がめぐる中で 58

「お待たせしました」 
 そう言って駆け寄る誠を見上げたのは寮の入り口の隅の喫煙所でタバコをくゆらせている要だった。
「あの、アイシャさんとカウラさんは?」 
「気になるの?」 
 そう言って突然誠の後ろから声をかけるアイシャ。振り返るといつもと変わらぬ濃い紫色のスーツを着込んだアイシャと皮ジャンを着ているカウラがいた。
「それじゃあ行くぞ」 
 そう言って寮を出る。空は青く晴れ渡る晩秋の東都。都心と比べて豊川の空は澄み渡っていた。
「こう言う空を見ると柿が食べたくなるな」 
 そう言いながら駐車場に止めてあるカウラのスポーツカーに乗り込む要。
「確かに遼州は石油が安いけどもう少し環境に配慮したエネルギー政策を取ってもらいたいわね」 
 助手席に座ると手鏡で自分の前髪を見るアイシャ。動き出したカウラの車はいつものように住宅街を抜け、産業道路を走る。
 昨日の醜態を思い出して沈黙を守る誠。三人の女性の上官は察しているのか珍しく静かにしている。順調に走る車は渋滞につかまることも無く菱川重工業豊川工場の通用門をくぐる。
「生協でも寄っていくか?」 
 カウラが気を利かせてアイシャにそう言うが、アイシャは微笑んで首を振る。保安隊の通用門。マリアの部下の警備兵達はあくびをしながらゲートを開けた。
「おい、叔父貴、来てるじゃねえか。なにかあったのかね」 
 駐車場に止められた軽乗用車。スバル360。嵯峨の愛車である。
「本当ね、忘れ物でもあったのかしら」 
 そう言いながら一発で後進停車を決めたカウラよりも先に助手席から降りるアイシャ。
「それにしても……」 
 誠と要の視線は駐車場の奥に釘付けになった。次々と出勤してくる隊員達も同じ心持なのだろう、次第に人垣ができ始める。
 熊がいる。昨日のグレゴリウス13世である。こちらは理解できる。しかし、その隣に同じ色の小さな塊に全員の意識が集中した。
 熊の着ぐるみを着たシャムが柿を頬張っている。目の前にはかご一杯の柿。シャムに付き合うようにしてグレゴリウス13世も柿を食べる。
「見なかったことにするぞ」 
 熊コンビに意識を持っていかれた二人の襟首を引っ張るカウラ。逆にアイシャはそのままシャム達めがけて歩いていく。
 グラウンドには一人ランニングをする大男、明石清海中佐。手で軽く挨拶をすると二人はそのままハンガーに足を踏み入れた。
「おはようございます!」 
 声をかけてきたのは西だった。隣ではレベッカがメガネを光らせながら、シャムの05式の上腕部の関節をばらしていた。
「早いな、いつも」 
 カウラはそう言うとそのまま奥の階段に向かおうとするが、そこに着流し姿の嵯峨を見つけて敬礼した。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 季節がめぐる中で 57

 隠れていたアイシャを追い返すとそのまますばやく着替えを終えて食堂に入る。いつものことながら技術部法術技術技師長、ヨハン・シュペルター中尉が食事当番の時の朝食は豪勢である。
 最高級のウィンナーとハム。それにスクランプルエッグが食欲を誘う。どれも材料は東和の有機栽培農場から取り寄せた最高級品とシャムの育てた菜園の恵み。食べることに人生をかけているヨハンは自分の給与を裂いてまで食卓の充実に力を尽くしていた。それを味わうこともなく口に詰め込む要。
「要ちゃんは味なんてわからないんでしょうね」 
 そう言いながら緑色のジャケットを着たアイシャがちゃんとマスタードを塗りながらウィンナーソーセージを食べている。
「そう言えば今日から隊長休みだったわよねえ」 
「知らねえよ、アタシは叔父貴の保護者じゃねえんだから」 
 周りは半分も食べていないと言うのに皿の隅に残った卵のカスを突くだけになった要が答える。
「殿上会。お前も恩位で伯爵の爵位を持っているんだから出ないといけないんじゃないのか?」 
 そう言いながらトマトを箸で掴むカウラをあからさまに嫌な顔をした要が見つめる。当主ではない要も一応は胡州の有力貴族の息女として女伯爵の位を持っていることは誠も知っていた。
「あんな公家連中の相手なんて想像しただけで吐き気がするぜ」 
 そう言いながらテーブルに置かれたやかんから番茶を汲む要。
「そう言って、実は康子様に会うのが嫌なんじゃないの?」 
 アイシャのその言葉にびくりと震え、静かに湯飲みをテーブルに置く要。
「康子様?」 
 不思議そうに要の顔を見る誠。その名前を聞いてから確かに要の行動がどこか空々しいものになっている。
「ああ、この胡州四大公筆頭西園寺要嬢のご母堂様よ。まあ胡州帝国西園寺基義首相のファーストレディーと言った方が正確かしら」 
 タレ目で迫力が減少しているとは言え、明らかに殺意を込めた視線をアイシャに送りながら要は番茶をすすっている。
「別名、遼州星系最強の生物」 
 そう付け加えると茶碗の中の最後のご飯を口に突っ込むカウラ。
「要さんのお母さんがですか?」 
「そう言ってたろ、こいつ等も」 
 ぎこちない動きを見せる要に思わず噴出しそうになる誠。だが、ここで噴出せばただではすまないと必死にこらえて茶碗のご飯を無理やり喉に押し込んだ。
「まあ康子様からの電話を取り次いだ時のあの隊長の恐怖に震える表情は最高だったけどねえ」 
 そう言いながら自分の手元にやかんを持ってくるアイシャ。
「あの人がびびる……つまり凄い人なんですね」 
「凄いんじゃねえよ、ただのアホだ」 
 誠の言葉に、要はそう自分の母を切って捨てた。
「あんまりそう言うこと言うもんじゃないわよ。それじゃあ誠ちゃん、シャワーでも浴びてきなさいよ。そのままじゃ酒臭くてかなわないわ」 
 アイシャはそう言うと誠の肩を叩いた。
「30分で支度を済ませろ。遅れたら置いていくからな」 
 カウラもそう言うと立ち上がった。誠は番茶も飲めずにそのままシャワーへいかなければならない雰囲気に立ち去らなければならなくなっていた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 季節がめぐる中で 56

 まず、誠が最初に感じた感覚は頭の頂点に激しい痛みがあるということ。そのまま目を開けずにその場所をさする。確かに大きなこぶができていた。
 そして次に自分の布団の隣でなにやら争うような物音がしていると言うことを感じた。すぐに意識を取り戻した誠はその音の主を見つめた。
「あの、カウラさん?それと……」 
「ああ、目が覚めたのか」 
 要はそう言うと腕をカウラの首に巻きつけて締め上げ始めた。
「何やってるんですか!」 
 思わずそう言うと飛び起きた誠は要の腕を引き剥がそうとした。だが、その独特の人工皮膚の筋の入った強力な人口筋肉は誠がどうにかできるものではなかった。しばらくカウラを締め上げた後、満足したとでも言うように要は手を放した。
「この女が昨日ずっとお前の部屋にいやがったからな。制裁を加えていたんだ」 
 黙って咳き込むカウラを見ながら悪びれもせずに答える要。確かにこの保安隊下士官寮に誠の護衛と言うことで同居を始めたカウラ、要、アイシャの三人はできるだけ他の部屋に入らないようにと寮長の島田が説明しているところに誠も同席していた。
「別に制裁なんて……どうせ昨日も泥酔した僕が暴れて看病でもしてくれていたんじゃないんですか?」 
 そう言う誠の顔を見て、タレ目を光らせながらばつの悪そうな顔をして頭をかき始める要。
「……お前、力の加減くらいはしろ」 
 ようやく息を整えたカウラが要をにらむ。
「あー、頭痛い。誠ちゃん起きた?」 
 そう言ってさも当然のように入ってくるのはアイシャだった。シャワーを浴びたばかりのようで胸にタオルを巻いただけのあられもない姿でドアを開けて立っている。要は誠を指差す。
「元気そうじゃないの。ごめんね、昨日はどこぞの馬鹿が飲んだらどうなるかわからないちびっ子に酒を飲ませたからこんなことになっちゃって……」 
 そんなアイシャの言葉で昨晩意識を失う直前に見た薄ら笑いを浮かべる幼女、ランの表情が思い出されて頭を押さえる誠。
「そう言えば今は何時ですか?」 
 そう言う誠に要が腕時計を見せる。まだ7時にはなっていない。とりあえず余裕がある時間だった。
「あの、お願いがあるんですが」 
 誠は三人を見回す。察したアイシャはそのまま出て行った。
「着替えたいんで」 
 その言葉でようやく要とカウラは立ち上がった。
「先に飯食ってるからな」 
 ドアを閉めて去っていく要。誠はゆっくりと起き上がるとアニメのポスターの張られた壁の下にある箪笥から下着を取り出す。
 そしてすぐドアを見つめた。隙間から紺色の髪が見え隠れしている。
「あの、アイシャさん。なにやってんですか?」 
 そんな誠の言葉で静かにドアが閉じられた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。