スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 季節がめぐる中で 80

「なんだ?叔父貴が天誅組にでも待ち受けられてドタマぶち抜かれてくたばったか?」 
 そう言いながら明らかにいらだっている要にレベッカはおずおずと何かを言おうとしてる。
「おい、アタシも暇じゃねえんだ!死んだらニュースになるだろ?生きてるんなら後のしろ!」 
 そう言って要は階段を上がっていく。誠はこの状態の要に触れる危険性を知っているのでそのままレベッカと二人でハンガーに残された。
「それでシンプソン中尉、何があったんですか?」 
 そうたずねる誠に戸惑うような顔を見せるレベッカ。
「隊長が狙撃されそうになって……」 
「その狙撃手をなます切りにしたんですか?」 
 誠の言葉に頷くレベッカ。やはりと思い天を仰ぐと、どこか表情のさえないレベッカに声をかけた。
「隊長が襲われるのは別に珍しいことじゃないですから気にしない方がいいですよ。もともと胡州はそう言うことの多い国ですから」 
「それが単純にそうとも言えないんだ」 
 突然響いたバリトンに誠が振り向く。そこには白衣を着たヨハンがいつものようにビーフジャーキーを食べながら座り込んでいた。良く見れば彼が座っているのはそれは島田のバイクの予備タイヤである。いつもならこぶしを握り締めた島田が駆け寄ってくる状況であり、彼の出張任務中だからこそ見れる光景だった。
「なにかあったんですか?」 
 そうたずねる誠にあきれたような表情を浮かべるヨハン。レベッカは何かに気づいたと言うようにおずおずと下げていた視線をヨハンに向けた。
「もしかして法術を使用したとか……」 
 その言葉に満足げにヨハンは頷いた。
「法術の空間干渉能力は知られている所だが、精神感応能力により空間干渉を行うというのが今の法術の存在の基礎理論ということに一応はなっているんだけどな。それをいくつか応用するととんでもないことができるということは理屈では前々からわかっていてね。特に隊長はアメリカ陸軍の実験施設に収容していた際にその展開バリエーションを確認するための実験に参加させられた経験がある。今回はその一つを衆人環視の下使用したんだ」 
 そこまで言うとヨハンは袋からジャーキーを取り出して口に放り込む。
「どういう力なんですか?」 
 誠の言葉にあきれたようにジャーキーを食べ続けるヨハン。だが、いつの間にか階段から降りてきていたカウラが無い胸の前で腕組みをしながら誠の前に立った。
「幻術だ」 
 それだけ言うとカウラは携帯端末を開いた。レベッカと誠はその画面に眼を向けた。そこには次元跳躍型港湾の監視カメラの映像らしいものが映っていた。嵯峨の行き先から考えればそこは胡州の首都帝都の宇宙への玄関口である四条畷港だろう。一人の着流し姿の男が懐手のまま悠然と自動ドアを通ってカメラの前に現れる。
 その男、嵯峨惟基は帯に手を移して何かを探ろうとしていた。そして次の瞬間だった。
 男の姿が消えると同時に彼の立っていた地面に煙が上がった。
「消えましたね」 
 誠はそう言ってカウラを見つめる。カウラはしばらくこの状況を眺めていたが、すぐにヨハンの方に向き直った。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 季節がめぐる中で 79

 出勤途中のカウラの車の中でもアイシャはぼんやりとしていた。らしくない。それは誠もカウラも感じていて、できるだけ刺激をしないようにじっとしていた。それでも一人、明らかにいらだって騒ぎ始めそうな要を二人してなだめすかせる。どうにか乗り切って疲れた誠が駐車場で始めて目にしたのは彼等を待っていたパーラだった。
「アイシャ、お姉さんが話があるって」 
 助手席から降りたばかりのアイシャは少し不思議そうな顔をしてパーラを見つめた。『お姉さん』と言えば保安隊では運用艦『高雄』艦長鈴木リアナ中佐のことを指す。ちなみに『姐御』と言うと技術部部長の許明華大佐か警備部部長のマリア・シュバーキナ少佐を指すのでどちらを指すのかは話の流れを読む必要があった。
「まあなんだ、お姉さんと相談して来いよ」 
 要の言葉にアイシャは何も言わずにそのタレ目を見つめた。そして背中を押されるようにしてアイシャは運用艦のブリッジクルーの詰め所に近い正門の方へと歩いていった。
「大丈夫かねあいつ」 
 ハンガーの方に向かって歩き出した要だが、思わず隣を歩くカウラに声をかけていた。
「突然のチャンスに戸惑っているんだろ?悩むだけ悩めば解決方法も見つかるものだ」 
 そう言ったカウラの前に回りこんだ要は、その特徴的なタレ目のまなじりをさらに下げてカウラを見つめる。
「なんだ、気持ち悪いぞ」
 自分を見る要のタレ目に一歩下がってカウラが声をかけた。 
「オメエもいっぱしの指揮官風のことも言える様になったじゃねえか」 
 カウラの顔が次第に紅潮したかと思うと、そのまま要を避けて早足でハンガーへの消えていく。
「褒めたのになあ」 
「アイシャさんと一緒で慣れない事態に戸惑っているんじゃ……」 
 そこまで言いかけた誠の襟首をつかむとぎりぎりと締め付ける要。
「誰が慣れないって?そう言う口はこれか?」 
 今度は誠の唇を右手でつかみあげる。サイボーグのアイシャの義体の人工筋肉の力でつかまれて、誠は無様にばたばたと手足を動かすことしかできなかった。激しく何かを叩いた音と共に誠を吊り上げていた力が抜けて誠はそのまま地面に座り込んだ。目の前では後頭部を抑えた要ともう一撃振り下ろされる竹刀が見えた。
「こんの餓鬼!」 
 要が振り返ってその一撃を払いのけるとその先にはランが竹刀を持って立っていた。
「おー、いい度胸だな。それに朝から元気で結構なこった」 
 そう言うとランは要を無視して正面入り口に入る。そしてついてくる二人を導くように事務所のある二階へ向かう階段を上り始めた。さすがの要も軍に奉職して長いだけあって上官のランを睨みつけはしても追いかけることはしなかった。
「西園寺さん、大変ですよ!」 
 二人のやり取りに決着がついたのを見透かしてか、いつものように照れながらレベッカが現れた。
「なんだ?」 
「確か西園寺さんは嵯峨隊長の姪御さんでたよね?」 
 そう言うとレベッカは視線を落とす。誠はレベッカに要と言う人物を相手にするときのコツを教えなければと思っていた。要は短気である。それも超がつくほどの。回りくどい思いやりなどは邪魔と言うより要をいらだたせるだけの効果しか発揮しない。
 明らかにいらいらとしている要は、明華が現れるかも知れないと言うことを考えずにタバコを取り出して火をつけると苛立ちの限界と言う表情でレベッカを睨みつけた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 季節がめぐる中で 78

 要を待つことも無くフォークとナイフでステーキを切り分けるアイシャ。その様子に要は少しばかり首をひねっていた。要はアイシャが食事の順番などで気を使う質なのを良くわかっていた。いつもなら要の準備が済むまでの暇つぶしに何かしら要をからかうような言葉を吐くところだが、目の前に座ろうとする要など眼中に無いというようにテーブルマナーを守りながらステーキを切っていた。
 遠くでエプロンを畳みながらその様子を眺めていた誠はカウラの方に眼をやった。カウラは誠の分の食事をトレーに盛り分けながらアイシャをちらちらと観察している。
「おい!なんか喋れよ!」 
 沈黙に耐えかねた要がアイシャを怒鳴りつけた。アイシャは一瞬不思議そうな眼で要を見つめるが、すぐに目の前のステーキと格闘を始めた。
「こいつなんとかしてくれよ!気持ち悪りいよ!」 
 隣に座ろうとするカウラに眼を向ける要。アイシャの隣に座った誠は乾いた笑いを浮かべるだけだった。
「で、どうするんだ?アイシャ」 
 味噌汁を一口、口に含んだカウラがアイシャにそう言った。それまで付け合せの誠が作ったほうれん草の水煮を食べていたアイシャのフォークが止まる。彼女なりに自分の行く道を迷っているそんな様子が誠にも手に取るように分かった。
「どうした方が良いかな?」 
 アイシャはそう言うと隣に座っておかずの鯖の味噌煮を食べていた誠を見つめた。
「どうって……」 
 そう言いながら誠はどう答えれば良いのかわからなくなっていた。
「良い話じゃねえか。神前もなれなかったプロ野球選手だぜ」 
 要は淡々と味噌汁を飲み下す。その姿に眼をやるアイシャにはいつものようないたずらっぽい表情はなくなっていた。
「でも話題づくりが優先している気がするんだがな。確かに去年もプロに行った菱川重工豊川のエース北島から三安打して、今年もナンバーワンノンプロの野々村からホームランを含む四安打。だがそれ以前の実績はまるで無い選手を指名するってことは……」 
「法術適正者の指名回避の影響じゃねえのか?」 
 タクワンをかじりながら話すカウラの言葉をさえぎった要。一応保安隊野球部の監督で、地球の球団のスコアーをつけるくらいの野球通の彼女があっさりそう言うと話題は途切れてしまう。
 アイシャはステーキの脂身を残してそのまま立ち上がった。
「どうした、食欲無いのか?」 
 その様子を珍しく気を利かせた要が見ていた。
「そう言うわけじゃないけど朝からステーキはさすがに……」 
「じゃあその脂身アタシによこせ」 
 そう言うと要はアイシャの許可も取らずに箸で脂身をつまみあげると口に放り込んだ。アイシャはそんな要に何を言うわけでもなく食堂のカウンターに食器を戻そうと歩き出す。
「やっぱ変だな」 
 口の中で解ける脂身の感触に酔いながら要はアイシャを見送っていた。
「あいつが決めることだ。横からどうこう言うことじゃないだろ」 
 そうカウラは言うとタクワンをご飯に乗せて口の中にかきこんだ。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 季節がめぐる中で 77

 朝食である。
 だが、誠はカウラがうれしそうに分厚い牛肉を焼くカウラをぼんやりと見つめていた。一応ここは遼州保安隊下士官遼の食堂である。同じように朝食当番の西はあわただしく大きな味噌汁のなべから椀に中身を移している。上着を脱いだ保安隊の制服にエプロンをつけて不器用そうにフライパンを揺らすカウラは見ていて、誠も心がときめいていた。
「おい、何してんだ?」 
 起きたばかりの要が声をかけてくる。誠は思わず振り返って驚愕する。
「西園寺さん!ブラジャーくらいつけてくださいよ!」 
 その声に当然のように食堂にいた男性下士官は反応した。本来この寮は男性寮だった。誠がぬきんでた法術適正の持ち主であることにより彼の誘拐未遂事件があったことから、要、カウラ、アイシャの三人が護衛と言う名目で住み着いているが、多くの男性隊員が以前からここに暮らしている状況は変わらなかった。
「いいだろ別に。減るもんじゃねえんだから。それとも嫉妬してるのかねえ」 
 そう言いながら自称98のHカップと言う胸を揺らしてくるりと一回転する。だが、その要の手を握り締める白い手が二回転目を許さなかった。
「くだらないことはやめろ」 
 カウラがいつの間にか要の手を握り締めている。タレ目の要がさらに眦を下げてカウラの胸のあたりを見つめる。そこには平原が広がっていた。
「はい、そこまで!カウラ、肉焦げてるわよ」 
 珍しく部屋着では無く制服を着込んでいるアイシャがそう言って二人の間に入った。要は誠にウィンクしてそのまま食堂を出て行った。
「朝っぱらから誰がステーキなんて食べるの?」 
「ああ、アイシャさんですよ」 
 誠はアイシャの問いに即答した。一瞬なにが起きたのかわからないとでも言うようにアイシャが不思議そうな顔で食事当番のカウラと誠、そして他の隊員達にご飯を盛り付けている西を眺めた。
「お前がどこか昨日からおかしいからな。朝にエネルギーになるものを食べればそれだけ頭の回転も速くなる。そうなればいつものお前にもどるだろ?」 
 そう言いながらステーキを皿に盛るカウラ。付け合せの野菜を盛り分ける誠をじっと見つめるアイシャ。
「でも良いの?本当に。別料金なんて払わないわよ」 
 そう言って流し目で誠を見つめるアイシャだが、いつもの彼女に比べたらどこと無くぎこちないように誠には見えた。いつもならカウラを挑発するような毒のある言葉を吐く彼女だが、まるでカウラと誠に関心が無いというように皿を見つめている。
「これでいいんだろ!」 
 そんな二人の後ろから要が保安隊の制服で現れた。そして一瞬天井を見ながらにおいを感じると、つかつかとアイシャの手にあるステーキに目をつけた。
「なんだこりゃ?こいつ朝からこんなもの食うのか?」 
 そう言ってあきれたようにアイシャの顔を覗き込む要。
「いいでしょ。これで今日一日乗り切れるわけよ」 
 そう言って香りを楽しむようなしぐさをするアイシャ。要はそのまま隣の西が盛り分けた隊員用の朝食のトレーに味噌汁などを自分で盛り分けていた。アイシャはそれを横目に実ながら悠然と自分の指定席の入り口近くの椅子に移動した。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 季節がめぐる中で 76

 じっと嵯峨を見つめる高倉。その前で嵯峨は伸びをして墓石を一瞥した。
「バルキスタンのエミール・カント将軍……そろそろ退場してもらいたいものだとは思うんですけどね」 
 嵯峨の言葉に高倉は頷く。だが嵯峨はそれを制して言葉を続けた。
「アメリカさんの受け売りじゃないが、根っこを絶たなきゃいつまでもベルルカン大陸が暗黒大陸なんて呼ばれる状況は変わりやしませんよ。それにただでさえ難民に混じって大量に流通する物騒な兵器や麻薬、非合法のレアメタルにしても、入り口が閉まらなきゃあちらこちらに流れ出て収拾がつかなくなる……いや、もう収拾なんてついてないですがね」 
 そこまで言ったところで嵯峨は大きくタバコの煙を吸い込んだ。高倉は嵯峨に反論するタイミングをうかがっていた。
「だけどね、これはあくまで遼州の問題ですよ。アメリカの兵隊を引き込む必要は無いんじゃないですか?」 
 嵯峨はゆっくりと味わうようにタバコをくわえる。
「確かに俺の手元にある資料だけで彼を拉致してアメリカの国内法で裁けば数百年の懲役が下るのは間違いないですし、うまくいけばいくつかの流通ルートの解明やベルルカンの失敗国家の暗部を日に当てて近藤資金の全容を解明するにもいいことかも知れないんですが……」 
「それなら……」 
 高倉は嵯峨の言葉をさえぎろうとしてその眼を見つめた。しかし、嵯峨の眼はいつものうつろなものではなく、鉛のような鈍い光を放っていた。そしてその瞳に縛られるようにして高倉は言葉を飲み込んだ。
「遼州の暗部は遼州で日の下に晒す。それが筋だと思うんですがね。そしてそれが胡州の国益にもかなうと思いますよ。開かずに済むパンドラの箱はできるだけ開かずに済ませたい。俺はそう思いますけどね。まあ事なかれ主義と呼ばれるのは十分に覚悟していますがね」 
 そう言うと嵯峨はそのまま墓を後にしようと振り返った。
「つまり遼州同盟司法局は米軍との共同作戦の妨害を……」 
 高倉の言葉に嵯峨は静かに振り返る。
「それを決定するのは俺じゃないですよ。ただひとつだけいえることはこの胡州軍の動きについて、司法局は強い危機感を持っているということだけですよ。俺にはそれ以上は……」 
 そう言うと嵯峨は手を振って墓の前に立ち尽くす高倉を置き去りにして歩き出した。高倉を気にしながら楓とかなめは嵯峨についていく。そして高倉の姿が見えなくなったところで楓は嵯峨のそばに寄り添った。
「父上、いいんですか?現状なら醍醐殿に話を通して国家憲兵隊の動きを封じることもできると思うのですが?」 
 楓も高倉がアメリカ軍の強襲部隊と折衝をしている噂を耳にしないわけではなかった。エミール・カントの拉致・暗殺作戦がすでに数度にわたり失敗に終わっていることは彼女も承知していた。低い声で耳元でつぶやく楓に嵯峨は一瞬だけ笑みを浮かべるとそのまま無言で歩き始めた。空の桶を職員に渡すとそのまま楓の車に急ぐ嵯峨。次第に空の赤色が夕闇の藍色に混じって紫色に輝いて世界を覆う。
 そんな親子を見てかなめは急いで車に乗り込む。嵯峨も静かに後部座席に乗り込んだ。そして発進しようとするかなめを制して助手席の楓の肩に手を乗せた。
「正直、国家憲兵隊は権限が大きくなりすぎた。本来国内の軍部の監視役の憲兵が海外の犯罪に口を挟むってのは筋違いなんだよ。だから高倉さんには悪いが大失態を犯してもらわないと困るんだ。当然相方のアメリカ軍にも煮え湯を飲んでもらう」 
 突然の言葉に楓は振り返って嵯峨の顔を覗き込んだ。そのまま後部座席に体を投げた嵯峨はのんびりと目を閉じて黙り込んでしまった。
「車、出しますね」 
 そう言ったところで楓の携帯端末に着信が入った。
「あ、父上。屋敷に赤松中将がお見えになったそうです」 
 短いメールを見て楓がそう父に知らせるが、嵯峨はすでに眠りの世界に旅立っていた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。