スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 季節がめぐる中で 120

「確かにこの範囲の敵を駆逐すれば反政府勢力の攻勢は頓挫するのは分かるんだけどな。このあたりには停戦監視や治安維持目的で同盟軍の部隊が展開してるんじゃねえのか?」 
 素朴な疑問をぶつける要にランは狙いすましたような笑顔で答える。
「だから、非殺傷設定のアレの効果が生きるんだ。思念反応型兵器とか意思機能阻害兵器とか呼ばれているわけだが、アレに撃たれると人間なら二日は昏睡状態に陥ると言う効果があるが死にはしねーからな。今回はその特性を生かして戦闘能力を削いでしまおうって作戦なんだ」 
 胸を張るラン。
「そんなにうまく行くんでしょうか?」 
 そう言うカウラにランは立ち上がって背伸びして彼女の肩に手をやった。
「もうすでにマリアは動いているぜ。しかもほとんど障害になるような反撃は受けていないそうだ。そうなるとそこをうまく仕切って作戦成功に導くのがオメーの仕事だ。それとアイシャ!」 
「は!」 
 切り替えの早いアイシャは真面目モードでランに敬礼する。
「東和の空軍のバックアップはあるだろうがM7クラスだと正直、対地攻撃での撃破は難しい。管制よろしく頼むぞ」 
「了解しました!」 
 そんなアイシャの気合の入った声に笑みを浮かべたランはそのままコンピュータルームを出て行こうとする。
「クバルカ中佐、帰られるんですか?」 
 誠の言葉にドアを開いたばかりのランが振り向いた。
「今回は明石の旦那の引退試合だ。見せ場を取ったらまずいだろ?」 
 そう言うと誠達を置いてランは去って行った。
「さてと、カウラ。進入ルートの選定は私達に任せて頂戴よ。とりあえず出撃命令が出るまで休んでいていいわよ」 
 アイシャはすぐさま椅子に腰掛けて端末のキーボードを叩き始めた。パーラも隣の席で同じように仕事を始める。
「じゃあ、よろしく頼む」 
 カウラはそう言うとアイシャ達に視線を送る要と誠を促してコンピュータルームを後にした。
「ちっちゃい姐御にあれほど確信を抱かせるってのはたいした奴だぜオメエは」 
 要はそう言うとタバコを取り出して誠の肩を叩く。
「廊下は禁煙だぞ」 
 いつものようにカウラがとがめるが、その表情は誠には相棒を気にするカウラの思いやりが見て取れた。
「わあってんよ!しばらくヤニ吸ってるから何かあったら呼んでくれよ」 
 そう言うとハンガーへと歩き出す要。誠とカウラはそのまま実働部隊の控え室に戻った。
 部屋では明石が要が提出した始末書に検印を押していた。吉田はいつもどおり机に足を投げ出して音楽を聴いている。シャムの姿が無いのはグレゴリウス13世と遊びに行っているからなのだろう。
「明石中佐。本隊はどう動く予定ですか?」 
 カウラの言葉に顔をあげた明石は吉田の方を見た。
「こっちは『高雄』で出撃。海上に待機して様子見だ。お前等が失敗した時はカント殿の頭に銃でも突きつけて自作自演のもたらした負の遺産を身をもって味わってもらう予定だよ。まあそうなったらどこかの星条旗を掲げた正義の味方気取りの兵隊さんが笑顔で全面攻撃なんてシナリオまで見えてきちゃうだろうけどな」 
 ふざけたようなその言葉だが、誠も吉田の性格が分かってきていただけにその意味が理解できた。
 待っているのは本格的な紛争。そして同盟機構は瓦解し、新たな秩序の建設を大義として掲げての遼州の大乱。誠はそんな状況を想像して冷や汗が流れるのを感じていた。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 季節がめぐる中で 119

「法術非破壊広域制圧兵器?」 
 なんとなく口に出た誠の言葉。ランは笑いながら頷いた。
「そういうわけだ。タコ!冷蔵庫借りるぞ」 
 そう言うと返事も待たずに歩き出すラン。カウラはその後に続く。
「ですが、中佐。あの兵器の実用のめどは……」 
「あれで十分だ。アタシが保障するぜ。出力は上がることはあっても下がらねーはずだからな」 
 小さな上司ランが余裕たっぷりの表情で振り返る。
「実験でそのままの実力が出せるかどうかなんて……」 
 そうこぼす要をランがいつもの睨んでいるとしか思えない視線で見つめる。要は気おされるようにそのまま黙り込んだ。ハンガーの階段を上り、誰もいない管理部と実働部隊の部屋を通り過ぎる。
 隊長室は留守だった。だが、先ほど見た嵯峨の映像が誠の脳裏に写り、いつもは感じない隊長である嵯峨への控えめな敬意が芽生えていることに気づいた。
「アイシャ。ついて来てるか?」 
 その声に誠が振り向くとそこにはアイシャとパーラがいた。
「当たり前じゃないの。それより今回の作戦の成功は……」 
 セキュリティーを解除して振り返るランの視線に迷いは無かった。
「失敗すると分かって動く馬鹿は珍しいんじゃねーの?アタシとしては確立は八割は堅てーと思うがね」 
 そう言ってコンピュータルームの扉をくぐるラン。
「おい、カウラ。ちとそのディスク貸せよ」 
 手渡されたディスクを起動するラン。明らかに椅子が幼く見える体のランにあっていない様は滑稽に見えた。
「笑うんじゃねーぞ」 
 振り向いたランは要を一睨みしてからディスクを起動する。現れたのは現在のバルキスタンの勢力地図だった。
「現在のバルキスタンは反政府勢力の攻勢で戦線が入り組んでとんでもないことになっているわけだ」 
 そう言って中央盆地にカーソルを合わせ拡大するラン。画面にはその中に一筋のラインと緑の勢力圏を点線で覆う紺色の淡い斜線の引かれた部位が目を引いた。
「今回の作戦はこの中央盆地の武装勢力の戦闘継続能力の粉砕が目的だ。この盆地が堕ちれば政府軍を支援するという名目で米軍が動く可能性がある。実際、同盟機構の一部には出兵に積極的なアメリカ海兵隊派遣の要請を検討している勢力もある。それが実現すれば同盟機構の政治的権威はおしまいだ」 
 そう言うとランは再び中央盆地の入り口に当たるカンデラ山脈の北部を拡大する。
「進入ルートはカンデラ山脈を越えてと言うことになるな。それを抜けたらすぐに誠の乙型とカウラと要は降下、そして12キロ北上してマリアの警備部の部隊と合流する」 
 ランはそこまで言うと誠の方を向いた。合流地点と言われたところから広大としか思えない範囲にかけてが赤く染められる。そこでマリア・シュバーキナ少佐貴下の警備部の精鋭部隊が任務行動中だったという事実に誠は驚いていた。
「今回は範囲指定ビーコンはマリアが設置済みだ。照準もつける必要はねーんだ。簡単だろ?」 
 あっさりとそう言うランに誠は自分の額に光る汗を感じていた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 季節がめぐる中で 118

「甲一種か……燃える展開になりそうじゃねえか」 
 誠を振り返る要の視線に危なげな喜びのの色が混じる。誠は冷ややかに笑いながら周りを見渡した。
 そんな誠は明らかに動揺していた。
 保安隊のあらゆる武装と能力を制限無しに使用可能な甲一種出動態勢。以前の胡州のクーデターである『近藤事件』ですら下りなかった全武装使用を許される作戦行動。隊員達の視線は壇上の明石に集まった。
「おう!今のを見ての通りじゃ。ワレ等もそんだけの覚悟せいっつうこっちゃ」 
 そう言いながら隣に立つ吉田に目配せをする明石。再び画面に映像がでる。大型輸送機が映し出される。
「P23。東和軍北井基地の所属の機体じゃ。これに第二小隊……カウラ!」 
「はっ!」 
 明石に呼ばれたカウラが一歩歩み出る。
「お前んとこの三人がこいつで敵陣に斬りこんでもらう。輸送機のパイロットは……菰田!」 
「はい!」 
 管理部の先頭に立っていた菰田が一歩進む。
「お前さんはこいつの飛行時間が一番長いんじゃ。パイロットをやれ」 
「了解しました」 
 そう言ってカウラに微笑みかける菰田をカウラは完全に無視した。そんな中、思わず笑いを漏らすアイシャを明石の視線が捉えた。
「アイシャ。ワレが前線で仕切れ。そんぐらいの仕事はせえよ」 
「了解しました」 
 アイシャがすぐにまじめな顔で敬礼する。
「第一段階担当は以上じゃ!それでは各員、吉田から指示書のディスクを受け取って解散!」 
 そのまま演台から下りる明石。カウラ、菰田、アイシャがそれぞれ吉田からディスクを受け取っている。
「おい、タコ。あれだけ広がった戦線に3機のアサルト・モジュールでどうしろって言うんだよ」 
 要のその言葉で誠は我に返った。広大な領域に戦線を拡大させたイスラム武装勢力をたった三機の戦力でどうこうできるものではないことは誰にでも分かることだった。だが、そんな作戦を立案した明石には奇妙なほどに余裕が感じられた。そして彼はそのまま視線をランに向ける。
「わからねー奴だな。第一小隊じゃなくてオメー等にお鉢が回ってきた理由。考えてみろよ」 
 そう言うランにいたっては勝利を確信しているように見えた。
「確かに戦線は急激に拡大しているな。でもよー配備されている治安維持部隊も激しく抵抗して戦線は入り乱れて大混乱状態なんだぜ。そこで核だの気化爆弾だの敵味方関係なく皆殺しにするような兵器を使ってみろや。同盟崩壊だけじゃすまねー話になるだろ?そこで先日の秘密兵器だ」 
 不適な笑いを浮かべる一見少女のようなランの言葉に誠もようやく事態を飲み込んだ。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 季節がめぐる中で 117

『えー、あー、あれ?』 
 間抜けな声が響くカメラ目線の嵯峨の目つきがいつものうつろな濁った色に変わる。
『ラーメン……チャーシューメン。高いよな……え?』 
 整列していた隊員が呆然と大写しの嵯峨を呆れた顔で見つめる。
『……吉田!写ってんの?回ってんの?切れよここ。な?』 
 そう言うと嵯峨は再び見慣れない厳しい表情に戻る。明石の横に立つ吉田に幹部連の視線が痛く突き刺さっている。
『ああ、みんなも知っていると思うが、現在バルキスタンの選挙管理・治安維持目的で第四小隊及びバックアップグループが展開しているわけだ。そのバルキスタンで停戦合意をしていたイスラム系反政府組織が停戦合意を破棄した。理由はありきたりだが選挙態勢に不正があり信用できないからだそうな。もうすでに政府軍の反攻作戦が展開中だろうな今頃は』 
 そう言うと嵯峨のアップからバルキスタンの地図に画面が切り替わる。ベルルカン大陸西部に広がる広大な湿原地帯がバルキスタン共和国だった。そしてバルカイ川下流の都市カイザルに赤い点が打たれ、その周りの色が青色に、中央山脈からのムルガド首長国国境沿いに緑の地に染められていく。
『緑色が先週までの反政府軍の統治エリアだ。だが、今度の攻勢で……』 
 嵯峨の声の後、すぐに青色は緑色のエリアに侵食されて行った。
「あそこの組織は機動兵器はもってねえはずだよな」 
 前に立っている要が誠に声をかける。
「そんなこと僕が知るわけないじゃないですか」 
 誠が答えると要はにやりと笑いながら画面に視線を戻す。レアメタルの鉱山を奪い合うと言うバルキスタン内戦に於いてはキリスト教系民兵組織出身の現政権の首領エミール・カント将軍も敵対するイスラム教系反政府組織も潤沢な資金を注いで軍の増強に努めていた。だが、地球圏がカント将軍派を正当な政府と認証した十二年前の協定により、イスラム教系組織へのアサルト・モジュールなどの輸出は禁止され、内戦は政府軍の優位のうちに進展していた。
 その状況に不満を持っていた遼州同盟の西モスレム首長国連邦と地球圏のアラブ連盟は遼南の首都央都での協約でカント将軍に民主的な選挙の実施と言う案を飲ませてカント将軍の力を削ぐ方針を固めた。彼らは遼州同盟各国からの選挙監視団の派遣を要請、地球からも治安維持部隊の導入を進め選挙はまさに行われようとしていたところだった。
 だが、目の前の地図はその合意を反故にして反政府軍は侵攻を開始していることを示していた。
『ああ、ここで質問があるだろうから答えとくよ。この侵攻作戦の展開には反政府軍はアサルト・モジュールを所有していることが必要になってくるな。答えから言うとそのアサルト・モジュールの供給源はカント将軍様だ。まったく敵に塩どころか大砲を送るとは心が広い将軍様だなあ。お前等も見習えよ』 
 そう言う嵯峨の声に技術部のあたりで笑いが起こる。だが、それも明華の鋭い視線に収まり、そのまま画面は嵯峨の顔を映した。
『何のことはない。政府軍も反政府軍も今回の選挙は無かったことにしたいんだ。そのためには敵に鉄砲でも大砲でも送るし、明らかに民衆の支持を得られない大攻勢でも平気でやる。残念だが遼州人も地球人もそう言うところじゃ変わりはねえんだ』 
 嵯峨の口元に残忍な笑みが浮かぶ。誠達を見つめているランの顔がゆがんだのを誠は見逃さなかった。
『そこでだ。遼州同盟司法局は央都協定二十三条第三号の規定に基き甲一種出動を行う。すべての任務にこれは優先する。各隊の作戦の立案に関しては明石に全権を一任する!以上』 
 嵯峨は再びまじめな顔で敬礼する。そして画面が消えた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 季節がめぐる中で 116

 いつものように実働部隊の部屋の端にあるたった一つの時代遅れの端末で備品の発注書を作成していた誠の目の前の画像が緊急呼び出しの画面に切り替わった。
「おう、それじゃあハンガーに集合!」 
 明石の言葉に要やカウラも黙って立ち上がる。
「なんですか?今回は」 
 このような呼び出しは誠は二回目だった。前回は豊川の北にある久留米沢での岩盤崩落事故の支援出動だったが、今回の明石の表情を見ればその時とはまるで違う緊張した面持ちが見て取れた。
「ぐだぐだ言ってねえで早くしろ」 
 要がそう言って誠を小突く。部屋を仕切るガラス窓を茜とラーナが駆け抜けていく。
「法術特捜?どう言うことですか?」 
 そう言ってカウラは明石の顔を見上げた。サングラス越しだが、感情を隠すと言うことが苦手な明石には明らかにこの事態を予測していたような落ち着きが見て取れた。
 扉を開いて廊下に出れば、すでにハンガーには整備班員が整列して明華、ヨハン、レベッカが彼らの前で直立不動の姿勢をとっていた。管理部の隊員に続いて階段を駆け下りると、さも当然と言うようにランと高梨が整列していく隊員を眺めている。
 ハンガーに整列する隊員だが、技術部はバルキスタンに派遣された島田達とマリアの直参の警備部の面々、そして島田に同行したサラをトップとするバックアップ要員がいないこともあって閑散としていた。
「遅いぞ、とっとと整列しろ」 
 シンが管理部の隊員に声をかける。誠達も明石の前に順番に整列した。そんな誠達の前には待機状態の大きな画像が展開していた。前回の事故の時とは指揮官達の表情はまるで違った。最後に駆けつけてきたリアナ貴下のブリッジクルーの女性隊員達も緊張した表情でアイシャを中心に整列する。
「いいかしら、リアナ」 
 部下を整列させ終えたリアナに明華が声をかける。そして彼女に促されるように明石が置かれていたお立ち台の上に上がった。
「一言言っておく!今回の緊急出動は戦闘を前提としたものである!各隊員においては常に緊張した状況で事態に対処してもらう必要がある。各員、気を引き締めて職務に当たってほしい」 
 言葉としては標準語だが、明石の関西風の独特のイントネーションが誠のつぼにはまって思わず噴出しそうになる。前に立っていた要はそれに気づいて誠の足を思い切り踏みしめた。足の痛みに涙を流しそうになる誠の前のスクリーンが起動した。
 そこには誠が初めて見る保安隊隊長嵯峨惟基の緊張した表情が大きく映し出されていた。誠は嵯峨の緊張した面持ちにこれから説明されるであろう事態の深刻さを理解していた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。