スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 季節がめぐる中で 160

 中では難しい顔をして机に座っている嵯峨がいた。その手には棒状のものを持っている。いつものように銃器の調整でもしていると思って咳払いをする誠。
「おう、神前か。ご苦労だったね」 
 それだけ言うと嵯峨は視線を隣の小柄な少年に向けた。アンは自分が見つめられていることに気づくとすばやく敬礼をした。
「自分は、遼南……」 
「別にいいよ、形式の挨拶なんざ」 
 そう言うと嵯峨は今度は手元から細長い棒を取り出してじっと眺め始めた。
「隊長、用事があるんじゃないですか?」 
「ああ、神前。そう言えばそうなんだけどさ」 
 ようやく用事を思い出したと言うように手にした棒を机に置くと立ち上がり、二人の前に立つ。
「実は人を迎えに行って貰いたいんだが……。ああ、アンは明石のところに行っていいよ。説明は全部あいつがするから」 
「はい!」 
 緊張した敬礼をして部屋を出て行くアン。目の前の嵯峨の顔がにやけている。先ほど吉田が向けてきた視線と同じものを感じて誠は咳払いをした。
「誰を迎えに行くんですか?」 
「別にそんなにつんけんするなよ。豊川の駅の南口の噴水の前で胡州海軍の少佐と大尉の制服を着た新入りが待ってるからそいつを拾って来いや」 
「なんで名前とか言わないんですか?それに少佐と大尉って……第三小隊の」 
「そうだよ、嵯峨楓少佐と渡辺かなめ大尉。まさか要坊に拾って来いとは言えねえだろ?」 
 いかにもうれしそうに言う嵯峨に誠は思わずため息をついた。
 嵯峨の双子の娘の妹、嵯峨楓少佐。胡州海軍兵学校卒業後すぐに海軍大学に進んだエリートと言うことは一応聞いてはいた。だが、彼女の話が出ると十中八九要が暴れだし収拾がつかなくなる。従妹である彼女になぜ要が拒絶反応を示すのかはあまり詮索しないほうがいい、カウラのその助言に従って誠はそれ以上の質問は誰にもしなかった。
「わかりましたけど……でも本当に僕で良いんですか?」 
 頭を掻きながら誠が再び執務室に腰掛けた嵯峨にたずねる。
「別に誰だって良いんだけどさ。要坊以外なら」 
 そう言って再び机の上の坊を見つめる嵯峨。誠は埒があかないと気づいてそのまま部屋を出る。そこにはなぜか彼が出てくるのを待っていたアンがいた。
「なんだ?明石中佐が待ってるだろ?」 
 そう言う誠を潤んだ瞳で見上げるアン。
「あの、僕……」 
「あ、俺は急いでるんでこれで!」 
 そう言うと誠はそのまま早足で正面玄関に続く廊下を歩いた。明らかに危険を感じるセンサーが反応している。そのまま更衣室の角を曲がり、医務室の前の階段を下り、運行部の部屋の前の正面玄関を抜け出る。
 安心したように振り向いた誠。だが、突然大きな質量の物体に跳ね飛ばされて正面玄関前に植えられた桜の樹に顔面からぶちあたることになった。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 季節がめぐる中で 159

 ズボンを脱いで勤務服のズボンを手に取ったとき、誠はおかしなことに気づいた。先ほどから着替えをしているはずのアンの動く気配が無い。そっと不自然にならないようなタイミングを計って振り向いた。誠の前ではワイシャツを着るのを忘れているかのように誠のパンツ姿を食い入るように見ているアンがいた。
「ああ、どうしたんだ?」 
 誠の言葉に一瞬我を忘れていたアンだが、その言葉に気がついたようにワイシャツのボタンをあわてて閉めようとする。その仕草に引っかかるものを感じた誠はすばやくズボンを履いてベルトを締める。
 だが、その間にもアンはちらちらと誠の様子を伺いながら、着替える速度を加減して誠と同じ時間に着替え終わるようにしているように見えた。
『もしかして……』 
 冷や汗が流れる。初対面の相手。できればそう言う想像をしたくは無かったが、アンの視線は明らかに大学時代に同性愛をカミングアウトした先輩が誠に向けていた熱い視線と似通っていた。早く、一刻も早く着替えてしまいたい。誠はアンから目をそらすと急いで着替え始めた。そうすると後ろに立っているアンもすばやく着替えようとする衣擦れの音が響いてくる。
 焦った誠はワイシャツにネクタイを引っ掛け、上着をつかむと黙って更衣室を飛び出した。誠は二人だけの状況から一秒でも早く抜け出したかった。そのまま振り向きもせずに早足で実働部隊の詰め所に向かう。
「おお、なんじゃその格好。たるんどるぞ」 
 思い切りよくドアを開いた誠。新聞を読んでいた明石がの格好に顔をしかめた。息を整えつつ自分の席に向かう誠。明石の隣の席の吉田は明らかに何かを知っていると言う表情で意味ありげな笑いを浮かべている。
「第三小隊って……いきなりですか?」 
「まあ、第四小隊が現に存在する以上、あってもおかしくねえんじゃないの?ああ、新人来てたよな」 
 意味ありげに笑う吉田。そこで扉が開く。
「失礼します!アン・ナン・パク軍曹着任のご挨拶に来ました!」 
 きっちりと保安隊の制服を着込んだアンが敬礼する。明石も吉田もすぐに立ち上がり敬礼を返した。そしてそれを見て誠も我に返ったように敬礼をしてそのままネクタイを締めなおした。
「ああ、僕は隊長に呼ばれているんで……」 
 そう言って逃げ出そうとする誠だが、微笑を浮かべながらアンが誠の手を握った。
「僕もついていっていいですか?隊長に着任の挨拶も済ませてないので」 
 誠は断りたかった。そして明石にすがるような視線を向けた。
「神前、連れてってやれ」 
 淡白にそう言うと明石は席に座って新聞の続きを読み始めた。見限られたと思いながらとりあえず握ってくるアンの手を離そうとした。しかしその華奢な体に似合わず握る手の力に誠は手を離すことをあきらめた。
「あのー……」 
 何かを言いたげに見つめてくるアン。確かにその整った面立ちは部隊最年少の西兵長と運行部の女性隊員の人気を奪い合うことになるだろうと想像できるものだが、明らかに自分に色目を使うアンに誠は背筋が凍るのを感じた。
「とりあえず手は離してくれるかな?」 
 自分の声が裏返っていることに気づくが、誠にはどうもできなかった。実働部隊の詰め所を覗くと、中で吉田が腹を抱えて笑っている。
「すいません!気がつかなくて……」 
 そう言うとようやくアンは手を離した。そしてそのまま何も言わずに廊下をついてくるアン。振り向いたらだめだと心で念じながら隊長室の前に立った。
「失礼します」 
 誠はノックの後、返事も待たずに隊長室に入った。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 季節がめぐる中で 158

 駐車場に滑り込むスポーツカーに駆け寄る少女の姿があった。ナンバルゲニア・シャムラード中尉はその車の後部座席に誠の姿を見ると駆け寄ってくる。
「おい、どうしたシャム」 
 無表情で車の助手席から降りたアイシャ。それに続いて降りてきた要を無視してシャムは狭苦しさから解放されて伸びをする誠の肩を叩く。
「隊長が呼んでるよ!急げって」 
 そう言い残すとシャムは公用車のガレージの前につながれている彼女の相方の巨大な熊、グレゴリウス13世のところへと走り去る。
「なんだ、降格か?」 
 相変わらずの上機嫌で誠の肩を叩く誠。
「じゃあ先に着替えますから」 
 誠はそのまま珍しく正門から保安隊の隊舎に入った。
 まだ時間も早く、人の気配は無かった。誠はすぐさま目の前の階段を駆け上がり、二階の医務室を横目に見ながらそのまま男子更衣室に入った。
 そこには見慣れない浅黒い肌の少年が着替えをしていた。見たことの無い少年に怪訝そうな顔を向ける誠。少年は上半身裸の状態で誠を見つけると思わず肌を脱いだばかりのTシャツで隠した。
「新人君か?」 
 誠はそのまま自分のロッカーを開けてジャンバーを脱ぎだした。
「神前誠曹長ですよね?」 
 おどおどとした声はまるで声変わりをしていないと言うような高く響く声だった。
「ああ、そうだけど。君は?」 
「失礼しました!本日から保安隊実働部隊第三小隊に配属になりましたアン・ナン・パク軍曹です!」 
 少年はTシャツを投げ捨てて誠に敬礼する。あまりに緊張している彼に誠は苦笑いを浮かべながら敬礼を返した。
「そんなに緊張することじゃないだろ?それにしても君は若く見えるね、いくつ?」 
 相手が後輩らしい後輩とわかると自然と自分の態度が大きくなるのに気づきながらも誠は少年にそう尋ねた。
「先月19歳になりました!」 
 直立不動の姿勢で叫ぶアンに誠は照れて頭を掻く。
「そうか、まあそうだよな。パイロット研修とかしたらそうなるよね。それにしてもそんなに緊張しないほうがいいよ。僕も正式配属して半年も経っていないし……」 
 そう言う誠にアンは安心したと言うように姿勢を崩した。
「やっぱり思ったとおりの人ですね、神前曹長は」 
 急にしなを作ったような笑顔を浮かべながらワイシャツに袖を通すアン。誠はそのまま着替えを続けた。
「僕はそんなに有名なのかな?」 
「すごい戦果じゃないですか!初出撃で敵アサルト・モジュールを七機撃墜なんて常人の予想の範囲外ですよ。そして先日の法術兵器の運用による制圧行動。遼南でもすごい話題になってましたよ」 
 ワイシャツのボタンをとめるのも忘れて話し出すアンに正直なところ誠は辟易していた。
「ああ、そうなんだ。じゃあアン軍曹は遼南帝国軍からの転属?」 
「はい、遼南南部軍管区所属二十三混成機動師団からの出向です」 
 はきはきと誠の顔を見ながらうれしそうに話すアン。誠はそのこびるような口調を不審に思いながらも着替えを続けようとズボンのベルトに手をかけた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 季節がめぐる中で 157

「結局指名は無し……良いんじゃねえの?」 
 ぼんやりとカウラのスポーツカーの助手席から外を眺めているアイシャに後ろの席から要が声をかける。法術適正者が指名の対象から外れると思われていた東和職業野球ドラフトは、法術制御技術により指名の障害にならないとわかると逆に法術適正者を優先して指名する流れとなった。
 アイシャがバルキスタンから帰国した新港にも一応保安隊の駐屯地である豊川のミニコミ誌の取材が来ていたが、それが最後で記者達の姿は見ることが無かった。
「もしかして指名されたら……とか考えていたのか?」 
 ハンドルを握りながらカウラはそう言って一言もしゃべろうとしないアイシャを眺める。
「そんなんじゃないわよ」 
 ぼそりとアイシャがつぶやいた。カウラは菱川重工豊川工場の通用門に車を向ける。
「でも本当に神前は大丈夫なのか?検査とか受けたほうがいいんじゃねえの?」 
 黙って下を向いている誠の隣から顔を近づけてくる要。誠も彼女に指摘されるまでも無く倦怠感のようなものを感じながら後部座席で丸まっていた。
「大丈夫ですって!シュペルター中尉も自然発生アストラル波に変化が無いって太鼓判を押してくれましたから。それに昨日まで寝てたのはただの三日酔いですから」 
 車は出勤のピークらしく工場の各現場に向かう車でごった返している。カウラは黙って車を走らせる。
「生協に寄るか?」 
 カウラの言葉にアイシャは首を振った。
「やっぱり急にマスコミの取材が無くなってさびしいんだろ?」 
 相変わらずアイシャを見ながらニヤニヤ笑う要。保安隊の駐屯地を覆うコンクリートの壁が見えてくる。その前をランニングしている菱川重工豊川野球部のユニフォームの選手達。
「あれ見りゃわかるだろ?上を狙ってる連中は努力を忘れねえもんだ。オメエはただ漫画読んでにやけているだけだろ?」 
 上機嫌にアイシャの紺色の髪に手を伸ばす要。
「痛いじゃないの!本当に要ちゃんは子供なのね」 
 突然髪を引っ張られて要をにらみつけるアイシャ。
「おう、子供で結構!なあ、神前」 
 その異様にハイテンションな要に苦笑いを返す誠。車は警備部が待機しているゲートに差し掛かる。
「ヒーローが来たぜ!」 
 後部座席の窓に張り付いてブイサインをする要。それを見つめる警備部の面々。あのバルキスタンでの勇姿が別人のことのように見えるだらしない姿の彼等に誠はなぜか安心感を感じていた。
「おう、写真はアタシの許可を取ってから撮れよ!それとサインは一人一枚ずつだ!」 
「西園寺さんはいつ神前のマネージャーになったんですか?」 
 車の中を覗き込んで笑顔を浮かべる彼等に要が手を振るとカウラが車を発進させた。
「ずいぶんと機嫌がいいわね」 
 沈んだ声でアイシャが振り向く。要は舌を出すとそのままハンガーを遠くに眺めていた。
「もう少しデータが取れれば良かったんだがな」
 カウラはわけもなく浮かれている要を一瞥する。 
「そんなの必要ねえだろ?05式は最高だぜ。特に不足するスペックが出なかったんだから良いじゃねえか」 
 カウラの言葉にも陽気に返事をする要。誠は逆にこの機嫌の良い要を不審に思いながら、落ち込んでいるとしか見えないアイシャを眺めていた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 季節がめぐる中で 156

「ふー。疲れったなあ、今度は……」 
 保安隊隊長室。湾岸の宇宙港から愛車のスバル360でまっすぐここに戻ってきた嵯峨は部下達の報告書に目を通し終わり、ガラクタだらけのこの部屋で大きく伸びをしていた。すでに深夜2時。目をこすりながら通信端末の電源を落とすとそのまま首を左右に曲げて気分を変えようとしていた。
 そこにノックをする音が響いた。
「おう!開いてるぜ」 
 嵯峨の声に扉が開くとそこには彼の娘であり同盟司法局法術特捜本部部長である嵯峨茜がお盆にポットと急須、そして湯のみを載せたものを運んできた。
「なんだ、まだいたのか?」
 困ったような顔をする嵯峨。 
「ええ、やはり全五千件の法術犯罪のデータのプロファイリングということになると要さん達やラーナだけには任せて置けなくて……」 
 そういうと静々と銃の部品や骨董品が雑然と転がる隊長室の応接セットに腰を下ろした。そのまま湯飲みにポットからお湯を注ぎくるくると回す茜。 
「自分で手を下さねえと気が済まねえってところか?損なところだけ似たもんだな。俺も今回は寿命が縮んだよ」 
 立ち上がって後ろにおいてあった胡州への旅の荷物を解いた嵯峨は中から生八橋を取り出した。
「お父様、それは昨日食べました」 
 眉をひそめる茜だが、気にすることなくそのまま応接セットに座る茜の正面に腰掛けると包装紙を乱暴に破りながら開ける。
「ああ、俺はこいつが好物なんだ」 
「まるで子供ですわね」 
 そう言いながらにこりと笑う茜。嵯峨は箱を開けて中のビニールをテーブルに置かれていたニッパーでつかんで無理やり引きちぎる。冷めた視線の茜はそれを見ながら湯飲みに熱を奪われて適温になったお湯を急須に注いだ。
「その様子ですと作戦は成功ということですか?」 
 急須に入れたお茶とお湯を混ぜ合わせるように何度か回しながら茜が父親を見上げた。
「成功と言っていいのかね。軍事行動って奴は常に政治的な側面を持つってのナポレオン戦争の時代のプロシアの参謀の言葉だが、まだ今回の作戦の政治的結論は出ちゃいないからな。まあ、そこの部分は俺の給料には入っていないんだけど」 
 そう言うと引きちぎったビニールの上にばらばらと生八橋を広げてその一つを口に運ぶ。
「そんなに無責任なことをおっしゃるとまた上から叩かれますわよ」 
 仕方が無いと言うように八橋を手に取ると自分の湯飲みに手を伸ばす茜。時々外から機械音が響く。
「今回は物的損耗が少なかったのが救いだな。しばらくは技術系の連中には休みがやれるからな」 
 そういうと二つ目の八橋に手を伸ばす嵯峨。
「それより茜、プロファイリングとかなら吉田を貸そうか?あいつはそういうこと得意だし」 
 さらに三つ目の八橋に手を伸ばす父を冷ややかな目で見つめる茜。
「ええ、そうしていただければ助かりますわ。吉田さんの指導で要さん達が使えるようになれば心強いですし……お父様?」 
 まじめな顔の茜を見つめ返す嵯峨。彼の口には四つ目の八橋が入ろうとしていた。
「食べすぎです」 
 そう言われて嵯峨はまだ半分残っている八橋の箱に視線を落としながら口の中の餡を舌で転がして味わっていた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。