スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 今日から僕は 80

 パーラと要とシャムがじゃれあっている光景を誠は眺めながらどうにか掠め取った焼けた鮭の身を一口食べてみた。
 アイシャはと言えば、要達が占拠した鉄板の上の鮭の丸焼きの身を、味噌味の野菜炒めと混ぜながら自分の皿に盛り付けて、優雅にご馳走を楽しんでいる。
「ったくしゃあねえなあ。神前の。どうだい?ウチのことがよく分かったか?」 
 タバコをすいながら嵯峨がほろ酔い加減に歩み寄ってくる。
「まあ、日々驚かされることの連続ですが」 
「つまり刺激的で退屈しないと。まあそう受け取っとくよ」 
 嵯峨はそう言うとアイシャの鉄板から、アイシャが混ぜ終わった鮭と野菜の塊を取ろうとした。
「隊長はもう十分食べたでしょ!これは先生の分です!それじゃあ盛り付けますね!」 
 いかにも嬉しそうにアイシャが笑う。
「なんだかなあ。一応、俺、隊長なんだけど」 
 そう言いつつもその口元には笑みが浮かんでいる。
 誠はその笑みの理由を尋ねようとしてやめた。
 この人は今の状況、特に慌てふためく各陣営の悩み苦しんでいるさまを楽しんでいる。
 もしかするとこの46歳と言う年の割りに若く見える高級将校は、まるでトランプゲームでもするように世の中を見ているんじゃないだろうか?
『お前が何を考えてるか当ててやろうか?』
 そんな言葉が飛び込んでこないのが不思議なくらいだ。
「なんじゃ?食わんのか?アイシャの、ワシも食うとらんのじゃが」 
「しょうがない軟体動物ですねえ!じゃあこの皿使ってください!」 
「すまんのう」 
 ビール瓶を片手に明石がアイシャとそんなやり取りをしていた。
 誠はなぜこの嵯峨惟基という人物を彼等が信用しているのか不思議に思った。
 遼南王朝末期。ムジャンタ・ムスガ帝の長男として生まれたものの、父と対立。
 わずか12歳で父の陣営との内戦に敗れて東和を経て胡州に亡命。
 胡州で四大公の筆頭、西園寺家の養子となり、後に絶家となっていた殿上嵯峨家当主となった。
 陸軍大学校を卒業後、東和大使館付き二等武官を勤め、次いで遼南方面特務憲兵中隊長、下河内特機連隊隊長などを歴任、遼北軍の『スチームローラー』と呼ばれた猛攻を生き延びた男。
 遼南内戦においては軍閥の長を務めながらも、常に前線に立ち人民軍の勝利に貢献し、人民軍が割れると見るやすかさずクーデターを起こして全権を握り、遼南帝国を再建した策士。
 常にその左腰に釣り下げられた赤い鞘の日本刀『長船兼光』を手に抜刀突撃を繰り返すその様を、ある人は『人斬り』と呼んだ。
 五年前に一方的に退位を宣言して東和に移ってからは誠の実家である道場にも顔を出すようになり、飄々とした言動で周囲を煙に巻くその言動、誠としてはそれなりにこの男のことが分かっているつもりでいた。
 しかし、今のこれからこの船が向かう先の状況を見ても、部下の質問にただ薄ら笑いだけで答えるこの人物とはなんだろう?
 そう考えると誠は背筋に寒いものを感じた。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 今日から僕は 79

「ちゃん!ちゃん!ちゃーんの、すったか、たったったー!飲んでー飲めない酒はなしー!じゃあ島田正人曹長!日本酒、中ジョッキ一気!行かせていただきます!」 
「技術部の根性見せたれー!」 
「整備班副長の実力思い知れー!」 
 ハンガーは完全に出来上がった技術部、運用部、警備部の連中に仕切られていた。
「ほれ!はれ!はれ!ほれ!ひれ!はれ!飲めや!はい!一気!一気!一気!」 
 誠から見ても間違ったベクトルで動き出す保安隊員。
 しかし、誠の目には別の存在が映っていた。
 一気騒ぎで盛り上がっている集団の隙を突いて、シャムと要が鮭が一匹丸ごと置かれているバーベキューセットを三つ占領している。
 要は得意げに遅れてきた誠に自分の戦果を見せようとして、誠がある光景に眼を奪われていることに気づいた。
「おい新入り!何見てんだ?」 
 呆然と立ち尽くしている誠に要はいぶかしげに尋ねた。
「あれ……と言うか、あの人何をしているんでしょう?」 
 誠が指差す先には、簀巻きにされて天井からクレーンで吊るされている技術兵がいた。
「あれか?やっぱ珍しいか?」 
「そりゃそうですよ!誰も助けないんですか?」 
「何言ってるの?彼は今回の宇宙のたびの生贄に自ら志願した奇特な人よ!みんなでちゃんと成仏させてあげましょう!」 
 誠の大声に気づいたのか、アイシャが抱きついてくる。
「なんですか?アイシャさん!それより、あの人助けないと……って、あの人、誰です?」 
「なに?知らずに命乞いしてたの?あれは鎗田司郎曹長。女の敵よ!」 
「は?」 
 猿轡を噛まされて吊るされている鎗田が、必死に事情を知らない誠に向かって全身でアピールする。
「アイシャの。いい加減許してやらんのか?あの馬鹿」 
「いいえ!パーラの純情をもてあそんだ罪は決して消えません!パーラが許すと言うまで……」 
「アタシは別にもうどうだって良いんだけど……」 
「分かっているわよ、パーラ。あなたはそう言いながら、かつての思いから立ち直ろうとしているのね!でもそんなあなたの暗い過去を、明るい未来へと昇華させるためには生贄が必要なのよ!」 
「アイシャ。アタシをからかってんじゃないの?」 
「ああ!友情を守るためならアタシは鬼にだってなるわ!」 
「いいから人の話を聞け!」 
 一人で盛り上がっているアイシャを、パーラは思わず怒鳴りつける。
「酷いわ!パーラちゃん!せっかくの私の友情を……」 
「もう良いわ。いい加減降ろしなさいよ、あれっ……て、要とシャム!クレーンぶん回すの止めなさいよ!」
 いつの間にかクレーンの操作盤で哀れな生贄をぶん回している要とシャムに、パーラは思わず声を上げていた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 今日から僕は 78

「喧嘩か?とりあえずやめとけや」 
 明石はにらみ合う要とカウラの間に割って入った。
「要の、酒ならハンガーでいくらでも飲めるぞ。オヤッサンがちゃんちゃん焼きの準備が出来たから来いつうとる。早よせえや」 
「ご馳走?ねえそれってご馳走?」 
 シャムが眼を輝かせながら吉田に尋ねる。
「旬の沖取り鮭がメインだって言うからそうなんじゃねえのか?」 
「おい、タコ中酒飲めるってホントか?朝まで飲んでも何も言わねえな?」 
「西園寺!貴様朝まで飲むつもりなのか?」 
 シャム、要、カウラが一斉に話し掛けてきたため、うんざりした顔で明石は誠の顔を見た。
「あの、いいですか?」 
 誠はおずおずと手を挙げる。
「何じゃ?」 
「一応待機状態ですよね?今は」 
「それがどうした?」 
 明石はまったく理解できないという風に誠の顔を穴が開きそうなほど凝視する。
「そんな時に飲み会って……」 
「まあなんだばれなきゃ良いんじゃ。ここはそういうところで、それがワシ等の流儀なんじゃけ。まあ郷に入ればなんとやらと言うこっちゃ」 
「はあ……」 
 誠は釈然としないまま飛び出していくシャムの後に続いた。
 それを捕まえようと走り出した吉田が不意に止まった。
 何かを確認するように天井を見上げた後、低い笑い声を立てて笑い始めた。
「気持ちの悪い奴よのう。なんかあったんか?」 
「大丈夫?俊平?」 
 あまり気持ちのよくない笑い声を立てる吉田に、シャムと明石が話しかけた。
「また馬鹿が動いたぜ」 
 全員の空気が固まる。
 堂々と酒が飲めると沸き立っていた要の瞳が鋭くなったのが誠にも分かった。
「どこが動いた?」 
 敵を目の前にしたときのように、要の口調は明らかに厳しい。
「特務憲兵隊。隊長に言われて軍幹部と近藤中佐の愉快な世間話をリークしてやったら、早速軍本部付きの将官三名をしょっ引いたってよ。まったくオヤッサンの下にいると退屈しないぜ」 
「ワレがリークした通信は証拠性はあるのか?」 
 真剣な口調で明石が詰問する。
「まあ軍法会議での証拠にするには難しいだろうな、あんな通信なんか俺ならいくらでも捏造できるぜ。まあ憲兵隊のかぼちゃ頭は3週間の拘留期間中にゲロさせるつもりだろうが、そんなにうまく行くわけねえよ」 
 吉田は他人事のように話す。
 その口元の笑みはどこから来るのか、冷や汗をかきながら誠はそう思った。
「叔父貴の奴、篩(ふるい)にかけるつもりか?」 
 相変わらず殺気を帯びた態度で要がそう言う。
「憲兵隊が動いたと知れば、小心者は身を引く。そして度胸のある奴は事を起こす。そしてそうなれば正式な出動命令が我々に下る。隊長の狙いはそこか?」 
 それまで黙っていたカウラが口を開いた。
 吉田は否定も肯定もせずハンガーとは反対の船尾に向かって歩き始めた。
「じゃあ俺は冷蔵庫に寄ってくから、よろしくね」 
「コンピュータ室かよ。まあテメエの分はアタシが食っといてやるからがんばれや」 
 去っていく吉田に要はそう語りかけた。
「酒だ!酒だ!酒だ!」 
 要はそう言いながら吉田のことを気にしているシャムを連れてハンガーへ向かって走り始めた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 今日から僕は 77

 待機室に要はいた。
 カウラとシャムも眼に入ったが、吉田と明石は嵯峨に呼び出されているのか、その姿は無かった。
 黒のタンクトップに着替え、その手にあるグラスにはたぶんラム酒と思われる物が入っていた。
 カウラは机の上の書類に目を通しながら、何か言いたげな視線を要に向かって投げかけるが、要はまるでそれを面白がるような笑みを浮かべてグラスを進めていた。
 シャムはソファーに寝転がって漫画を読んでいる。そしてたまに腹を抱えて笑ったりしていた。
「西園寺さん?」 
「なんだよ。テメエまでカウラみたいに『待機任務中でしょ!酒は禁止!』なんて言い出すんじゃないよな?」 
 先手を打たれて誠は押し黙った。
「なんだ?別件か。別に暇だから聞いてやるよ」 
 要はグラスを置いて、その手で目の前の椅子に座るように合図する。
 誠は立っているわけにも行かないと気づいてそこにあった壊れそうなパイプ椅子に腰掛けた。
「出港が早まった件ですけど、何か心当たりはありますか?」 
「なんだ、そんなことかよ。さっきまでリアナお姉さんや明華の姐御といたんだろ?正確な状況ならあっちの方がよく知ってると思うぞ」 
 そう言うと要はまたグラスに手を伸ばした。
「本間司令が近藤中佐に出頭命令を出したということは聞きました。それと、もし近藤中佐が拒否して篭城と言うことになれば、胡州でクーデターが起きる可能性もあるって……」 
「ったく明華の姐御も心配性だなあ!まあそう簡単にはクーデターやろうなんて無理だろ。近藤の馬鹿野郎の関係する組織は非公然、公然問わず特務公安隊の内偵が進んでいるし、現在、帝都に一番近い加茂野宇宙港にはオヤジの右腕の赤松中将の第三艦隊が鎮座しているんだぜ?それこそ下手に動けば首が飛ぶ状況だ」 
「そんな状況なんですか?」 
「だが神前の、安心はしない方がいいな。長期戦になれば第六艦隊が直々に動き出すことになるだろうし、そんな状況をアメリカ海兵隊なんかの外野連中が見逃すわけもない。自然と状況は国権派の望んだ状況になる」 
 そう言うと要は、グラスに半分ほど残っていたラムを飲み干した。
「飲みすぎだぞ!要!」 
 ついに我慢できなくなったカウラが叫んだ。
「だからオメエは駄目なんだよ、カウラちゃん。今の所この船は『武装艦艇』扱いだ。宇宙法じゃあ空間跳躍航法はアステロイドベルトの外に出なけりゃ出来ねえんだぜ?まあ、目的地に着くまでこうやってのんびりリラックスしてないと疲れるだけだぞ」 
「しかし……」 
 カウラは食い下がろうと立ち上がったが、扉を開けて入ってきた明石と吉田を見てとりあえず腰を下ろした。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 今日から僕は 76

 シミュレーターの外ではヨハンが息を切らせていた。
「何処が動いたのかしら?」 
「部長。第六艦隊司令名義で近藤中佐に出頭命令が出たそうです」 
「それはまずいわね」 
 とりあえず安静にした方がいいほどの、汗をかきながら、肩で息をしているヨハン。
 それを見た明華は忌々しげに答える。
「許大佐。でもそれほど大変なことじゃあ、査問会議とかで話が済むじゃないですか」 
「神前君。たぶん吉田の馬鹿ははしょったでしょうけど、タイミングが悪いのよ。現在、大河内海軍大臣の指示で特務憲兵隊がやっとのことで動き出して、近藤中佐のシンパを洗い出し始めたところなの。まだ近藤中佐が握っている資金ルートにはたどり着いていないわ」 
「でもそれが出港が早まることとどう関係が?」 
 そんなことを口にしたが、明華が鋭い視線を投げかけてきたので口を閉ざした。
「つまり、まだ近藤中佐には身柄を拘束されるだけの資料は揃っていないということよ。今回の出頭命令はどこかのルートから本間司令が情報を得て独断で出したものね。気に食わない近藤一派を第六艦隊から放逐しようと言うわけよ。でも、今の所、物証は本間司令の手元には何も無いのよ。ヨハンとりあえず後で行くから」 
 ヨハンは言われるままにのろのろと動き出す。 
「何やってんのよ!駆け足!」 
 急かすように明華が一喝すると、ヨハンは飛び跳ねるようにシミュレータールームから出て行った。
「ですが、大佐。そんな状況で近藤中佐が出頭命令に応じるんですか?」 
「最悪、揚陸作戦演習場と重巡洋艦『那珂』に篭城するわね」 
「そんなことになったら……」 
 誠は彼の顔を見るわけでもなく中空に視線を泳がせる明華を見ていた。
「近藤中佐のシンパがそれに呼応して決起するわ。賭けてもいいわよ。そうなれば倒閣運動どころではないわ、クーデターよ」 
 同盟参加国の中でも軍事力が抜き出ている胡州帝国のクーデター。
 誠は耳を疑った。
「そのあたりの事情なら要が詳しいんじゃないかしら?あの娘は胡州陸軍出身だし、非正規戦部隊に居たから、裏事情は嫌でも耳に入ってくるでしょうしね」 
「じゃあ聞いてきます……って、西園寺さんの行きそうな所ってわかりますか?」 
 呆れたというように明華は天を見上げた。
「たぶん食堂の隣の喫煙室かこの下の階にある待機室じゃない?」 
「ありがとうございました!」 
 直立不動の姿勢で敬礼した後、誠は走ってとりあえず待機室に向かった。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。