スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (1) 20

「アタシは専門外だっつうの!オメエが仕切ればいいだろ!」 
 ランの口を尖らせて文句を言う姿はその身なりと同様、小学校低学年のそれだった。
「じゃあ、仕切ると言うわけで。神前」 
 そう言って誠を見つめる吉田。明らかに逃げ道はふさがれた。薄ら笑いを浮かべるアイシャに冷や汗が流れるのを感じる誠。
「それじゃあ戦隊モノはどうですか?」 
 破れかぶれでそう言ってみた。
「いいね!それやろう!」 
 シャムは当然のように食いつく。
「おい、お前のロボットの案はどうしたんだ?」 
 呆れたようにマリアが口を開いた。彼女にはこの会議はまるで関心の持てないものだった。だが一応上官である嵯峨の面子を立てるくらいの気遣いは出来る。隣のリアナはニコニコと議事の進行を見守っているだけで頼りにならない。
「戦隊モノねえ。そうすると野郎枠が増えるけど……島田呼んでくるか?」 
 吉田のその言葉に急に表情を変えたのは意外なことに要だった。
「バーカ。うちの野郎は骨のあるのは本部に引き抜かれた明石のタコとシンの旦那くらいだぞ。シンの旦那は今は同盟機構軍教導部隊の発足準備で忙しいんだからそんな暇ねえよ」 
 その要の言葉に珍しく頷くアイシャ。
「そうね、男性が多い戦隊モノでは新しさが無いわね。誠ちゃんが黒一点で5人組なんてどうかしら?」 
「キャストまで決めるのかよ。じゃあどうしたいんだ?」 
 吉田が投げやりにそう言った。自信満々で言葉を続けるアイシャ。
「まず『萌え』と言うことでシャムちゃんは欠かせないわね。色は当然ピンク」 
「やったー!」 
 叫ぶシャムをめんどくさそうに一瞥した吉田はすぐにアイシャに視線を移す。
「そしてクールキャラはカウラちゃんでしょうね。ブルーのナンバー2っぽいところはちょうどいいじゃないの。それに影の薄い緑は誠ちゃん」 
「僕ってそんなに影薄いんですか?」 
 そう言いながら頭を掻く誠。さらにアイシャは言葉を続けた。
「そして黄色の怪力キャラは……当然リアル怪力の要!」 
「てめえ、外出ろ!いいから外出ろ」 
 そう言って指を鳴らす要を完全に無視してアイシャは言葉を続けた。
「なんと言ってもリーダーシップ、機転が利く策士で、カリスマの持ち主レッドは私しかいないわね!」
「おい!お前のどこがカリスマの持ち主なんだ?ちゃんとアタシに納得できるように説明しろよ!」 
 叫ぶ要を完全に無視してどうだという表情で吉田を見つめるアイシャ。
「なるほどねえ、よく考えたもんだ。それでお前は何がしたいんだ」 
 吉田は彼女達のどたばたが収まったのを確認すると、半分呆れながらアイシャの意見を確認した。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (1) 19

「えーと。ロボ、ファンタジー、刑事物と。おい、神前。お前は何がしたい」 
 そう言って振り向く吉田。誠は周りからの鋭い視線にさらされた。まずタレ目の要だが、彼女に同意すれば絶対に無理するなとどやされるのは間違いなかった。誠の嗜好は完全にばれている。いまさらごまかすわけには行かない。
 カウラだが、ファンタジーは誠はあまり得意な分野では無かった。彼女が時々アニメや漫画とかを誠やアイシャの影響で見るようになって来たのは知っているが、その分野はきれいに誠の抑えている分野とは違うものだった。
 シャム。彼女については何も言う気は無かった。シャムのロボットモノ好きはかなり前から知っていたが、正直あの暑苦しい展開が誠の趣味とは一致しなかった。
 そこでアイシャを見る。
 明らかに誠の出方を伺っていた。趣味はほとんど被っている。あえて違うところがあるとすれば神前は原作重視なのに対し、アイシャは18禁の二次創作モノに傾倒しているということだった。
「それじゃあ、僕は……」 
 部屋中の注目が誠に向いてくる。気の弱い誠は額に汗がにじむのを感じていた。
「おい!オメー等。何やってんだ?」 
 突然扉が開いて東和軍の制服を着た小さな女の子が部屋に舞い込んで来た様子を誠はじっと見つめてしまった。
 小さな女の子。確かに120cmと少しの身長の、あらゆる意味で正反対の明石の後任である保安隊副隊長クバルカ・ラン中佐はどう見てもそう表現するしかない外見をしていた。
「悪巧みか?アタシも混ぜろよな」 
 そう言って勝手に椅子を運んできて話の輪に加わろうとする。ランはしばらく机の上の紙切れをめくってみた後、吉田の操作しているモニターに目をやった。そして明らかに落胆したような様子でため息をつく。
「おい、あのおっさん馬鹿じゃねーのか?」 
 吉田に正直な感想をもらすラン。
「それはちょっと言いすぎよ。面白いじゃないのこういうの」 
 そう言いながらランの頭を撫でるリアナ。リアナは保安隊で唯一ランの頭を撫でることを許された存在だった。
「で、シャムが巨大ロボット?そんなもん明華にでも頼めよ。カウラは剣と魔法のファンタジー?ありきたりだなあ、個性がねーよ。要が刑事モノ?ただ銃が撃ちてーだけだろ?」 
 あっさりとすべての案をけなしていくラン。
「じゃあ、教導官殿のご意見をお聞かせ願いたいものですねえ」 
 挑戦的な笑みを浮かべる吉田。ランは先月まで東和国防軍の教導部隊の隊長を務めていた人物である。吉田もそれを知っていてわざと彼女をあおって見せる。
 そこでランの表情が変わった。明らかに予想していない話題の振り方のようで、おたおたとリアナやマリアの顔を覗き込む。
「なんでアタシがこんなこと考えなきゃならねーんだよ!」 
「ほう、文句は言うけど案は無し。さっきの見事な評価の数々はただの気まぐれか何かなんですかねえ」 
 得意げな笑みを浮かべる吉田。明らかに面子を潰されて苦々しげに吉田を見つめるランがいた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (1) 18

 吉田を先頭にドアを出ようとする面々だが、彼らの目の前には一人のライトブルーのショートカットの女性将校が待ち受けていた。
「アイシャちゃん!映画よね映画!凄いの作りましょうね!」 
 完全に舞い上がっている通称『お姉ちゃん』こと運用艦『高雄』艦長鈴木リアナ中佐。その浮かれぶりにさすがのアイシャも呆然と見つめるしかなかった。
「市役所からの依頼か、まあお前達に任せた」 
 そう言うのは『保安隊三大姐御』の一人、警備部部長マリア・シュバーキナ少佐だった。
「じゃあ、お姉さんにはこれ!」 
 そう言うとアイシャは手にした投票用紙を渡そうとする。だが、それは吉田の手に阻まれた。
「何するのよ!」 
「あのなあ、アイシャ。一応、俺等でジャンルの特定しないと収拾つかなくなるぞ。島田とか菰田あたりが整備の連中や管理部の事務屋を動員してなんだかよくわからないジャンルを指定してきたらどうするつもりだよ」 
 そう言うとアンケート用紙を取り上げる吉田。誠はいい加減な吉田がこういうところではまじめに応対するのがおかしくなって笑いそうになって手で口を押さえた。
「あれこれ文句言った割りにやる気があるじゃないの?」 
 そんなアイシャの言葉に耳を貸す気はないとでも言うように吉田は投票用紙を持って自分のホームグラウンドであるコンピュータルームを目指す。吉田が扉のセキュリティーを解除すると、一行は部屋に入った。
「ここが一番静かに会議ができるだろ?」 
 そう言うと吉田は椅子を入ってきた面々に渡す。誠、アイシャ、要、カウラ、シャム、吉田。それにマリアとリアナが加わっている。
「そこで皆さんに五つくらい例を挙げてもらってそれで投票で決めるってのが一番手っ取り早いような気がするんだけどな」 
 そう言うと吉田は早速何か言いたげなシャムの顔を見つめた。
「合体ロボが良いよ!かっこいいの!」 
「それは素敵ね!」 
 シャムの言葉に頷くリアナ。
「お姉さん、こいつが何を言ったか分かって相槌打ってるんですか?」 
 めんどくさそうな顔でリアナを見つめる要。だが、リアナは要を無視してアイシャを見つめた。
「私は最後でいいわよ」 
 そう言って隣のカウラを見つめる。アイシャに見つめられてしばらく考えた後、カウラはようやく口を開いた。
「最近ファンタジー物を読んでるからそれで……」 
 意見を言ってやり遂げたと言う表情を浮かべているカウラ。その瞳が正面に座っている要に向かう。そこに挑発的な意図を見つけたのか、突然立ち上がった要は手で拳銃を撃つようなカッコウをして見せた。
「やっぱこれだろ?」 
「泥棒でもするの?」 
 突っ込むアイシャを睨みつける要。その間にマリアが割って入る。
「アクションか。うちなら法術特捜の茜とかからネタを分けてもらえるかもしれないな」
 にらみ合う二人の間で気を使うマリアに思わず同情したくなった誠だが、マリアはすぐに誠をその青く澄んだ鋭い視線で睨みつけてきた。
『こういう時は僕が間に入れってことかなあ』 
 愛想笑いでそれに答える誠。 
「はい、刑事物と」 
 そう言うと吉田の後ろのモニターに『西園寺 刑事物』と言う表示が浮かんでいた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (1) 17

「映画を作ることになったんだけど……ねえ……」 
 保安隊隊長室。通称『ゴミ箱』でこの部屋の主、嵯峨惟基特務大佐は口を開いた。
 呼び出された保安隊アサルト・モジュール部隊、第二小隊隊員神前誠曹長もこの部屋の異常な散らかりぶりに慣れてきたところだった。床には『遼州同盟機構軍軍令部』と書かれた紙と硯(すずり)が転がっている。かと思えば執務机にはいつものとおり万力がボルトアクションライフルの機関部をくわえている。
「なんでこの面子?」 
 明らかに不機嫌なのは、喫煙可と言うことで口にタバコをくわえて頭をかいている保安隊第二小隊の西園寺要大尉。誠の上官である。隣で嵯峨の言葉に目を輝かせているのは保安隊の運用艦『高雄』副長のアイシャ・クラウゼ少佐と第一小隊のエースとして軍関係者には知らないものがいないと言うナンバルゲニア・シャムラード中尉の二人だった。
「市役所ですか?そんな馬鹿なこと言ってきたの。俺は付き合いませんよ」 
 頭を掻きながら抜け出すタイミングを計っているのは、電子戦では右に出るものはいないと言う切れ者で知られる第一小隊の電子戦担当の吉田俊平少佐。
「これも任務ですよ。市民との交流を深めるのも仕事のうちですから」 
 完全に諦めたと言う表情でそう言うのは、第二小隊小隊長カウラ・ベルガー大尉だった。嵯峨の言葉を聞いて隣に立っている誠を前に押し出すように彼女が半歩下がったのを誠は見逃さなかった。
「カウラの言うとおりよ。これもお仕事。だからあなた達でなんとかしなさい」 
 執務机に座って頭の後ろに手を組んでいる嵯峨の隣には、保安隊の最高実力者として知られた技術部部長許明華大佐が控えている。彼女の言葉に逆らう勇気のあるものはこの部屋にはいなかった。保安隊アサルト・モジュール部隊の隊長で保安隊副隊長でもある明石清海(あかしきよみ)中佐も諦めた調子で頷いていた。
「それで隊長。映画と言ってもいろいろありますが……」 
 アイシャのその言葉に嵯峨は頭を掻きながら紙の束を取り出した。
「まあ投票で決めるのがいいんでないの?」 
 そう言って全員に見えるようにその紙をかざす。
『節分映画祭!希望ジャンルリクエスト!』 
 明華はすぐにその紙の束を受け取ると全員にそれを渡した。
「希望ジャンル?私がシナリオ書きたいんですけど!」 
 そう言って鉄粉の積もっている隊長執務机を叩くアイシャ。その一撃で部屋中に鉄粉と埃が舞い上がり、椅子に座っていた嵯峨はそれをもろに吸い込んでむせている。
「オメエに任せたらどうせ18禁になるだろうが!」 
 そう言ってアイシャの頭をはたく要。カウラはこめかみに指を当てて、できるだけ他人を装うように立ち尽くしている。
「どうせ俺が撮影とかを仕切れと言うんでしょ?」 
 要とアイシャのにらみ合うのを一瞥すると吉田はそう言ってため息をついた。
「まあな。吉田は昔歌手のビデオクリップとか作ってんじゃん。その腕前を見せて頂戴よ。どうせ素人の演技だからお前さんの特殊技術で鑑賞にたえるものにしてくれねえと俺の面子がねえからな」 
 そう言うと嵯峨は出て行けというように左手を振った。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (1) 16

「やっぱり僕も……」 
 その箱を見て落ち込む誠。
「テメエのデザインじゃねえか!アイシャとシャムと一緒に考えたんだろ?それにしてもアイシャが何でこういう格好しねえんだよ!」 
 思わず衣装を投げつけんばかりに激高する要。
「私がどうかしたの?」 
 そう言って控え室に入ってきたアイシャがコスプレ中の面々を見て回る。明らかにいつも彼女が見せるいたずらに成功した子供のような視線がさらに要をいらだたせた。
「おい、大丈夫なのか?受付の方は」 
 心配そうにランがアイシャを見上げている。
「大丈夫ですよ。キムとエダ、それに菰田が仕切ってくれるそうだから……」 
 その視線はダンボールを手に更衣室に入ろうとする要に向けられた。
「早く着替えて見せてよ。久しぶりにキャプテンを見たい気が……」 
 アイシャがそこまで行ったところでブラシを投げつける要。
「テメエ等!後で覚えてろよ!」 
 捨て台詞と共に更衣室に消える要。額に当たったブラシを取り上げてとりあえずその紺色の長い髪をすくアイシャ。
「あのー、僕はどこで着替えればいいんでしょう……」 
「ここね」 
「ここだろ」 
「ここしかねーんじゃねーの?」 
 誠の言葉にアイシャ、楓、ランが即座に答える。
「でも一応僕は男ですし……」 
 そう言う誠の肩に手をやって親指を立ててみせるアイシャ。
「だからよ!ガンバ!」 
 何の励みにもならない言葉をかける彼女に一瞬天井を見て諦めた誠はブレザーを脱ぎ始める。
「あのー……」 
『何?』 
 誠をじっと見ている集団。明華、ラン、リアナ、楓、カウラ、アイシャ、シャム、小夏、春子。
「そんなに見ないでくださいよ!」 
「自意識過剰なんじゃねーの?」 
「そんなー……クバルカ中佐!」 
 一言で片付けようとする副部隊長に泣きつこうとする誠。だが、健一も鈴木もニヤニヤ笑うだけで助け舟を出す様子も無かった。
 ついに諦めた誠は仕方なくズボンのベルトに手をかけるのだった。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。