スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (1) 40

「楓ちゃん!」 
 そう叫んだアイシャはがっちりと楓の手を握り締めた。
「その思い受け止めたわ!でも今回はあまり出番作れそうにないわね」 
「おい!今回ってことは二回目もあるのか?」 
 要が呆れながらはき捨てるように口走る。そんな要を無視してアイシャはヒロイン、シャムのデザインを始めている誠の手元を覗き込んだ。その誠の意識はすでにひらめきの中にあった。次第にその輪郭を見せつつあるキャラット・シャムの姿にアイシャは満面の笑みを浮かべた。
「やっぱり誠ちゃんね。仕事が早くて……」 
「クラウゼ少佐!」 
 叫んだのは島田だった。アイシャは呼ばれてそのまま奥のモニターを監視している島田の隣に行く。
「予想通り来ましたよ、シャムさんの陣営の合体ロボの変形シーン……こりゃあ姐御が仕切ってますね」 
 頭を掻く島田。アイシャは渋い表情で画像の中で激しく動き回るメカの動画を見つめていた。
「メカだけで勝てると思っていたら大間違いと言いたいところだけど……あちらには吉田さんがいるからねえ。それにああ見えてレベッカは結構かわいい衣装のデザインとか得意だから……」 
「あちらはレベッカさんとシャムさんですか」 
 下書きの仕上げに入りながら誠が口を開く。そこに描かれた魔法少女の絵にカウラは釘付けになっていた。アイシャのデザインに比べて垢抜けてそれでいてかわいらしいシャムの衣装にカウラは頷いた。
「でもまあ、合体ロボだとパイロットのユニフォームとかしか見るとこねえんじゃないのか?」 
 そう言った要の顔を見て呆れたように首を振るアイシャ。
「あなたは何も知らないのね。設定によっては悲劇のサイボーグレディーとか機械化された女性敵幹部とか情報戦に特化したメカオペレーターとかいろいろ登場人物のバリエーションが……」 
「おい、アイシャ。それ全部アタシに役が振られそうなキャラばかりじゃねえか!」 
「え?大丈夫よアタシの頭では全部構想はできているんだから」 
 得意げに胸を張るアイシャに要は頭を抱える。
「オメエのことだからもうすでに設定とかキャスティングとか済ませてそうだな、教えろよ」 
 挑発的な表情でアイシャを見つめる要。だが、アイシャはいつものように要から視線を外すと再び誠の隣に立った。
「やっぱりいつ見ても仕事が早いわよねえ。この杖、やっぱり色は金色なの?」 
 アイシャはドリンク剤のふたをひねると誠の隣に置いた。夏コミの時と同じく誠はその瓶を手に取るとそのまま利き手の左手で作業を続けながらドリンク剤を飲み干した。
「ちょっと敵役の少女と絡めたデザインにしたいですから。当然こちらの小さい子の杖は銀色でまとめるつもりですよ」 
 ドリンク剤を飲み干すと、誠は手前に置かれたアイシャのラフの一番上にあった少女の絵を指差した。 
「これってもしかして……」 
「ああ、それはクバルカ中佐よ。あの目つきの悪さとか、しゃべり口調とか……凄く萌えるでしょ?」 
 アイシャに同意を求められたカウラは首をひねった。誠の作業している隣では楓と渡辺がアイシャが作ったキャラクターの設定を面白そうに眺めていた。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (1) 39

「やはり吉田さんは手が早いわね。東部軍管区はほぼ掌握されたわね。中央でがんばってみるけど……ああ、来てたの?」 
「来てたの?じゃねえよ。くだらねえことで呼び出しやがって!」 
 あっさりとしているアイシャに毒づく要。カウラも二人の前にあるボードを見ていた。
「かなり劣勢だな。何か策はあるのか?」 
 そう言うカウラを無視して誠の両肩に手をのせて見つめるアイシャ。そんなアイシャに頬を染める誠だった。そんな中アイシャはいかにも悔しそうな顔でつぶやいた。
「残念だけどやっぱり誠ちゃんはヒロインにはなれないわね」 
「あのー、そもそもなりたくないんですけど」 
 誠はそう言うと頭を掻いた。そしてすぐにアイシャはパーラが手にしているラフを誠に手渡す。そこにはどう見てもシャムらしい少女の絵が描かれている。だが、その魔法少女らしい杖やマントは誠にはあまりにシンプルに見えた。
「これはナンバルゲニア中尉ですか?ちょっと地味ですね」 
 そう言った誠に目を光らせるのはアイシャだった。
「でしょ?私が描いてみたんだけどちょっと上手くいかないのよ。そこで先生のお力をお借りしたいと……」
 誠の魂に火がついた瞬間だった。伊達にアニメヒロインで彩られた『痛特機』乗りでは無いところを見せよう。そう言う痛々しい誇りが誠の絵師魂に火をつける。
「アイシャさん。当然他のキャラクターの設定もできているんでしょうね!」 
 そう言いながら誠は腕をまくる。ブリッジクルーが宿直室から持ってきた誠専用の漫画執筆用のセットを準備する。
「そうね。あちらがインフラ面で圧倒しようとするならこちらはソフト面で相手を凌駕すれば良いだけのことだわ!」 
 高笑いを浮かべるアイシャ。こういうお祭りごとが大好きな要はすでに机の上にあった機密と書かれた書類を見つけて眺め始めた。
「魔法少女隊マジカルシャム?戦隊モノなのか魔法少女ものなのかはっきりしろよ」 
 そう言いながら読み進めた要があるページで凍りついた。
「おい、アイシャ。なんだこれは」 
 片目の魔女のような姿の女性のラフ画像をアイシャに見せ付ける要。
「ああ、それは要ちゃんの役だから。当然最後は誠ちゃんと恋に落ちてかばって死ぬのよ」 
 何事もないように言うアイシャに要はさらに苛立ちはじめた。
「おい、なんでアタシがこいつと恋に落ちるんだ?それに死ぬって!アタシはかませ犬かなにかか?」 
「よく分かったわね。死に行く気高き騎士イッサー大尉の魂がヒロインキャラット・シャムの魂に乗り移り……」 
「お姉様が死ぬのか!そのようなもの認めるわけには行かない!」 
 背後で机を叩く音がしてアイシャと要も振り返った。
 そこには楓と渡辺が立っている。楓はそのままアイシャの前に立つと要の姿が描かれたラフを見てすぐに本を閉じた。
「あのー、楓ちゃん。これはお話だから……」 
 なだめようとするアイシャの襟首をつかんで引き寄せる楓。
「この衣装。作ってくれないか?僕も着たいんだ」 
 その突然の言葉に要が凍りついた。誠はただそんな後ろの騒動を一瞥するとシャムが演じることになるヒロインの杖のデザインがひらめいてそのまま描き続けた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (1) 38

「ちょっと……隊長。話が……」 
 帳面を手に出て行こうとする嵯峨の肩に手を伸ばすラン。
「ああ、お前もやるんだ……」 
 そこまで言ったところで帳面を取り上げて出て行くラン。さすがの嵯峨もこれには頭を掻きながら付いていくしかなかった。だが開かれたままの扉からは意外な人物が顔を出した。
「戻ってきたのね!」 
 まるで決闘でも始めそうな笑顔のシャム。その頭には猫耳が揺れる。
「ふっふっふ……。はっはっは!」 
 アイシャが挑発的な高笑いをした瞬間、吉田はシャムを呼び寄せた。そして二人でしばらく密談をしたあと、不意に吉田が立ち上がった。それを見ると気がすんだようにそのまま部屋を出て行くアイシャ。
「カウラ。ちょっと許大佐から呼び出しが……」 
「いちいち許可は必要ないんじゃないですか?」 
 カウラは明華の名前が出てきている以上あまり強く言えなかった。
「じゃあ!」 
 吉田とシャムが部屋を出て行く。誰がどう見ても先ほどの賭けの件であることが分かるだけに、カウラの表情は複雑だった。とりあえず諦めて画面に向かった誠だが、一通のメールが運行部班長名義で到着していることに気づいてげんなりした。運行部班長はアイシャである。先ほどの吉田とシャムの動きを見ていればアイシャが動き出すのは当然と言えた。
『昼食の時にミーティングがしたいからカウラを連れてきてね。ああ、要は要らないわよ』 
「誰が要らないだ!馬鹿野郎!」 
 突然叫んだ要に呆然とする楓と渡辺。隣で新聞を見ていたアンも要の顔をのぞき見ていた。
「もういーや。お前等も好きにしろよ!」 
 嵯峨を引き連れて戻ってきたランは諦めたようにそう言った。そとでピースサインをした嵯峨が帳面を手に戻っていく。その様子を見ていらだったような表情を浮かべていた要の顔色が明るくなった。
「それってさぼっても……」 
「さぼってってはっきり言うんじゃねーよ。どうせ仕事にならねーんだからアイシャと悪巧みでも何でもしてろ!」 
 そう言って報告書の整理を続けるラン。要は立ち上がってカウラに視線を送る。助けを求めるようにランを見つめるカウラ。
「ベルガー、ついてってくれよ。こいつ等なにすっかわかんねーからな」 
 カウラはうなだれる。要と誠、そしてカウラは席を立った。ドアの脇からサラが中を覗き込んでいるのが見えた。
「ごめんね!誠ちゃん、カウラちゃん。アイシャがどうしてもって……」 
 通信主任、サラ・グリファン中尉が申し訳無さそうに頭を下げている。
「それよりオメエが何でこっちの陣営なんだ?」 
 要はサラの後ろにいる島田に声をかけた。
「いやあ、あちらは居心地が悪くて……」 
 そう言い訳する島田だが、付き合っているサラに引き込まれたことは誠達には一目で分かった。
「どこで遊んでるんだ?アイシャは」 
 カウラの言葉にサラは隊長室の隣の会議室を指差した。サラと島田について会議室に向かう。会議室の重い扉を開けるとそこは選挙対策委員会のような雰囲気だった。
 何台もの端末に運行部の女性オペレーターが張り付き、携帯端末での電話攻勢が行われている。その中には技術部の小火器管理責任者のキム・ジュンヒ少尉や管理部の男性事務官の顔もあった。
「なんだ、面白そうじゃねえか」 
 そう言って要はホワイトボードに東和の地図を書いたものを見ているアイシャに歩み寄った。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (1) 37

「別に……、あっそうだ。うちはいつでもアメリカさんの仮想敵だからな。きっと東和の新兵器開発については関心があるんじゃないか?」 
 表情も変えずにそう言う吉田に再びアイシャが机を叩いた。部屋の奥の楓と渡辺が何をしているのかと心配するように視線をアイシャに向ける。
「怒ることじゃねえだろうが。ったく……」 
 そこまで言った要だが珍しく真剣な表情のアイシャが顔を近づけてくると、あわてたように机に伏せた。
「よくって?この豊川に基地を置く以上は皆さんに愛される保安隊になる必要があるのよ!だからこうして真剣に市からの要請にこたえているんじゃないの!当然愛される……」 
「こいつを女装させると市役所から褒められるのか?」 
 頬杖をつきながらつぶやいたカウラ。何気ない一言だが、こういうことに口を出すことの少ないカウラの言葉だけにアイシャは一歩引いてカウラの顔を見つめながら乱れていた紺色の長い髪を整えた。
「そうだ!マニアックなのは駄目なんだよ!」 
「シャムちゃんに言われたくないわよ!」 
 いつの間にか猫耳をつけているシャム、それに言い返そうと詰め寄っていくアイシャ。
「オメー等!いい加減にしろ!」 
 要と同じくらい短気なランが机を叩く。その音を聞いてようやくアイシャとシャムは静かになった。
「あのなあ、仕事中はちゃんと仕事してくれ。特にアイシャ。オメーは一応佐官だろ?それに運行艦と言う名称だが、『高雄』は一応クラスは巡洋艦級。その副長なんだぞ。サラとか部下も抱えている身だ。それなりに自覚をしてくれよ」 
 そう言うとランは再び端末の画面に目を移した。
「まあ、いいわ。つまり票が多ければいいんでしょ?それとこのままだと際限なく票が膨らむから範囲を決めましょう。とりあえず範囲は東和国内に限定しましょうよ」 
「うん、いいよ。絶対負けないんだから!」 
 アイシャとシャムはお互いにらみ合ってから分かれた。シャムは自分の席に戻り、アイシャは部屋を出て行く。
「何やってんだか」 
 呆れたように一言つぶやくとランは再びその小さな手に合わせた特注のキーボードを叩き始めた。
『心配するなよ。オメーの女装はアタシも見たくねーからな』 
 誠の端末のモニターにランからの伝言が表示される。振り向いた誠にランが軽く手をあげていた。
「なんだか面白くなってきたな」 
 そう言って始末書の用紙を取り出した要がシャムに目を向ける。必死に何か文章を打っているシャム。その様子を面白そうに見つめる要。
「おい、賭けしねえか?」 
 誠の脇を手にしたボールペンでつついてきた要が小声で誠に話しかけてくる。
「そんなことして大丈夫ですか?」 
「大丈夫な訳ないだろうが!」 
 当然誠をいつでも監視しているカウラの一言。だが、それも扉を開いて入ってきた嵯峨の言葉に打ち消された。
「はい!シャムが勝つかアイシャが勝つか。どう読む!一口百円からでやってるよ」 
 メモ帳を右手に、左手にはビニール袋に入った小銭を持った嵯峨が大声で宣伝を始める。
「じゃあ、シャムに10口行くかな」 
 そう言って財布を取り出そうとする吉田。ランは当然厳しい視線でメモ帳に印をつけている嵯峨を見つめていた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (1) 36

 肩で息をしながら誠は実働部隊の待機室に飛び込んだ。ようやく落ち着きを取り戻した詰め所の端末に座る隊員達。明らかに呆れたような視線が誠に注がれる。
「どうしたんだ?すげえ汗だぞ」 
 椅子の背もたれに乗りかかりのけぞるようにして入り口の誠を見つめて要が聞いてくる。誠はただ愛想笑いを浮かべながら彼女の隣の自分の机に到着した。
「慌ててるな。ちゃんとネクタイとベルトを締めろ」 
 カウラは目の前の目新しい端末を操作しながら声をかけてくる。
 誠は周りを見渡しながらネクタイを締め直した。楓と渡辺がなにやら相談しているのが見える。そして当然のことながらアンの席は空いていた。吉田とシャムが席を外しており、退屈そうにランが目の前に広げたモニターの中で展開されている模擬戦の様子を観察していた。
「すいません、遅れました」 
 おどおどと入ってくるアンが向ける視線から避けるように誠は机にへばりつく。第三小隊設立以降、毎朝このような光景が展開されていた。
「退屈だねえ」 
 そう言って肩をくるくるとまわす要にランの視線が注いがれている。
「なら先週の道路の陥没事故の報告書あげてくれよ」 
 ランの一言に振り向いた要が愛想笑いを浮かべている。
「おい、神前。警察署から届いた調査書はお前のフォルダーに入れてあったんだよな」 
 そう言いながら端末をいじる要。明らかにやる気が無いのはいつものことだった。誠は仕方なく自分の端末を操作してフォルダーのセキュリティーを解除した。
「サンキュー」 
 言葉とは裏腹に冴えない表情の要。カウラの要に向ける視線が厳しくなっているのを見て、誠はまたいつもの低レベルな口喧嘩が始まるのかと思ってうつむいた。
「諸君!おはよう!」 
 妙に上機嫌にシャムが扉を開く。その後ろに続く吉田は明らかにシャムに何かの作業を頼まれたと言うような感じで口笛を吹きながら自分の席につく。
「何かいいことでもあったのか?」 
 ランの言葉に一瞬頷こうとしてすぐに首を振るシャム。
「馬鹿なこと始めたんじゃねえだろうな」 
 要が退屈を紛らすためにシャムに目を向ける。そんな要を見つめるカウラの視線がさらに厳しいものになるのを見て誠はどうやれば二人の喧嘩に巻き込まれずに済むかということを考え始めた。
 そんな中、乱暴に部屋の扉が開かれた。
 駆け込んできたのはアイシャだった。自慢の紺色の長い髪が乱れているが、そんなことは気にせずつかつかと吉田の机まで進んできて思い切りその机を叩いた。
「どういうことですか!」 
 アイシャのすさまじい剣幕に口げんかの準備をしていた要がアイシャに目を向けた。
「突然なんだよ。俺は何も……」 
「何で在遼州アメリカ軍からシャムちゃん支持の大量の投票があったかって聞いてるんですよ!」 
 アイシャの言葉に部屋は沈黙に包まれた。呆れる要。カウラは馬鹿馬鹿しいと言うように自分の仕事に集中する。ランは頭を抱え、シャムはにんまりと笑みを浮かべていた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。