スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (1) 100

「いつも思うんですが……私達、こんなことしていて良いんですか?」 
 その質問は誠の口ではなくカウラから発せられた。トレードマークのサングラスを直す明石はそのまま視線をカウラに向けた。
「なんでじゃ?」 
 不思議そうにサングラスの中の目はカウラを見つめる。その切り替わりに戸惑ったカウラは誠の目を見た。
「東和軍や警察からいろいろ言われてるんじゃないかって思うんですけど」 
 誠がそう言うと明石は快活な笑い声を上げた。
「ああ、言うとるぞあのアホ共。田舎で農業や野球やって給料もろうとるとかな。まあそう言うとる奴のどたまぶち割るのがワシの仕事じゃけ。まあ本気で殴らんで、半分は事実じゃけ」 
「明石中佐。くれぐれも暴力沙汰は……」 
 奥の席から顔を出した楓が声をかける。
「あ、姫様。心配及びませんわ。これはいわゆる言葉のあや言うやつですわ」 
 そう言い放って再び笑い出す明石。だが手を出さなくても見たとおりの巨漢。そして勇猛で知られた胡州第三艦隊のエースの明石ににらまれて黙り込むしかない東和軍や警察の偉い人達の顔を想像すると誠は申し訳ない気持ちになった。
「お、おはぎ残っとるやないか。ワレ等もはよ食わんと、硬とうなってまうど。さあ、神前」 
 そう言って素早く自分の分のおはぎをくわえると次のおはぎを誠に差し出す明石。
「えーと……いただきます」 
 こわごわそう言うと誠はおはぎを受け取る。それを満足げに見ながら明石はすぐにもう一つをカウラに差し出した。
「ありがとう……ございます」 
 複雑な表情でおはぎを受け取るカウラ。それを見てそれまでおはぎに手を出さなかったアンが最後のおはぎを手に取った。
「やっぱり女将さんの料理はええのう。まあしばらくはこっちで年明けの査察の段取り考えなあかんからちょくちょく邪魔させてもらうわ」 
 そう言って明石は口の周りのあんこをぬぐうと立ち上がった。
「じゃあ邪魔したな」 
 明石が部屋を出て行くと今度は入れ替わりにアイシャが入ってくる。アイシャはそのままポットに手を伸ばして、手にしていた美少年キャラが裸で絡み合うと言う誤解を招きかねない絵の描かれた自分の湯飲みに白湯を注いでいる。
「甘い!甘いわよ!」 
 白湯を飲んですぐにそう言うとアイシャは先ほどまで明石が座っていた丸椅子に腰掛けた。
「どうしたんだ?お前は甘いものは好きだろ?」 
 カウラはそう言いながら急須にお湯を入れる。アイシャはそれを奪い取ると湯飲みに茶を注いだ。
「何でも限度ってものがあるわよ……ああ、こっちにも女将さんからのがあったのね。でもこのくらいなら楽勝でしょ」 
 そう言って空の重箱を見つめるアイシャ。
「そうでもないぞ。隊長がへろへろになったからな」 
 カウラの言葉、頷く楓と渡辺。
「ああ、あの人は問題外よ。でも……さすがにねえ私もこれだけあると私でもお手上げだわ」 
 そう言いながらアイシャは手にした湯飲みを啜った。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (1) 99

 画面の中で明華が十分に要の折檻を楽しみ終えたというところで画像が消えた。
「あっちもお休みみたいですね」 
 そう言って伸びをする誠。画面が消えたのを合図にして楓と渡辺はそれぞれの席に戻る。
「まあ……なんて言うか……」 
 頭を掻きながら嵯峨はそのまま立ち上がった。その隣には真っ暗の画面を凝視して余韻に浸る彼の娘と愛人と呼ばれている士官の姿がある。ただ嵯峨は苦笑いを浮かべていた。
「隊長大丈夫ですか?」 
 いつの間にか自分のデスクに戻って仕事を続けていたアンが顔を出す。
「大丈夫だろ?数なら神前の方が食べてるんだ。あーあ、胃がもたれる」 
 嵯峨はそういい残して部屋を出て行った。残されたのは三段目の半分以上を食べつくされた重箱とポットと急須。
「アン軍曹。悪いが急須の中を代えてくれないか?」 
「了解です!」 
 カウラの言葉に椅子から跳ね上がったアンは、そのまま誠に笑顔を浮かべて急須を持って部屋を出て行く。
「ふう、さすがに腹が膨れますね」 
 これで最後にしようと誠はおはぎを口に運ぶ。さすがに口の中も甘ったるくなって嵯峨の気持ちも理解できるような気分だった。
「今、女将さんはあっちの部屋に居るんだろ?」 
 カウラもさすがに甘さにやられたようで、明らかにペースを落として一個のおはぎをゆっくりと食べ続けている。
「まあアイシャさんは甘いものには目が無いですからね。それとなんといってもナンバルゲニア中尉がいますから」 
 その名前を聞くとカウラも楓も渡辺も頷く。彼女の大食漢は誰もが知るところだった。
「おう、元気しとったか?」 
 そう言いながら急須の茶葉を取り替えてきたアンに続いて明石清海中佐が部屋に入ってくる。先週までは実働部隊隊長兼保安隊副長と言う肩書きでこの部屋の主のような存在だった明石だが、同盟司法局の内勤職員に転属した彼は、まるで借りてきた猫のようにおとなしく開いていた丸椅子に腰掛けた。
「どうじゃ、クバルカ中佐は」 
 アンが気を利かせて明石がここに残していった大きな湯飲みに茶を注いでいる。
「厳しいですけど頼りがいがありますよ。さすが教導部隊の隊長をしていただけにいろいろ技術的な指導をこまめにしてくれますし」 
 そう言う誠の言葉には嘘は無かった。柄の悪い小学生にしか見えないランだが、言うことはすべて理にかなっていて新米の自覚のある誠にはそのすべてがためになるように感じていた。
「まあワシはそう言うことは苦手じゃったからのう」 
 明石は大きな湯飲みを開いているロナルドの机に置く。
「それよりも明石中佐の方が大変ではないんですか?上との折衝とかがあるでしょうし」 
 久しぶりの上官の姿に笑顔を浮かべながらカウラがたずねる。
「まあな、居づらいちゅうかー……何をしたらええかわからんちゅうか……まあ今はとりあえず頭を下げるのが仕事みたいなもんじゃけ」 
 そう言って剃りあげた頭を叩きながら明石はいつもの豪快な笑い声を上げた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (1) 98

「あのー……」 
 春子達と入れ替わりにドアから顔を出したのは西とレベッカだった。誠達はその顔を見てそれぞれ時計に目をやった。
「ああ、もう昼か」 
 十二時を少し回った腕時計の針を確かめながらげっぷをする嵯峨。乾いた笑いを浮かべながら誠はおはぎに手を伸ばす。
「ああ、シンプソン中尉!見ての通りなんで昼の買出しはいいですよ」 
 カウラが苦笑いを浮かべながら答える。西とレベッカはロナルドのデスクに置かれた重箱を目にしてそのまま入ってきた。昼の買出しは誠が隊に配属になったころから各部の持ち回りで行われるようになっていた。以前は隣の菱川重工の食堂を利用できたそうなのだが、要が暴れ、シャムがわめき、嵯峨がぐだぐだと味に文句をつけたため出入り禁止を食らっていた。仕方なく昼食は菱川重工の生協で弁当を買うというのが普通のことになっていた。
「僕好きなんですよ、おはぎって」 
 そう言いながらすぐにおはぎに手を伸ばして食べ始める西。レベッカもすでに二つもおはぎを手にして食べ始めている。
「ああ、神前さん何を見ているんですか?」 
 西は不思議そうに誠の端末が黒く染まっているのに目をつける。
「あれだよ、アイシャさんの気まぐれ」 
「ああ、映画撮るんでしたっけ?でもまあ吉田さんも大変ですよね」 
 そう言いながら今度は西とレベッカが春子が居た場所に陣取る。アイシャが二人を出さなかった理由がシャムが書き上げた今度のコミケ向けの少年を襲う女教師の出てくる18禁漫画が原因だとは知ってはいるが口に出せずに愛想笑いを浮かべる誠。
 再び画面に目を戻すと、そこには鎖に縛られた要の姿があった。誠とカウラは目を見合わせた。間違いなく楓達が動き出す。
『うわ!ふっ!』 
 鞭打たれる要の声。誠が目を向ければ予想通り楓と渡辺が立ち上がっている。恍惚とした目で鞭打たれる要を見つめる二人。そこに割って入ろうとするレベッカだがすぐに楓が鋭い視線でにらみつける。
「シンプソン中尉!君達は買出しの任務があるんだろ?」 
 そう言って西とレベッカを追い散らす楓。
「すみません。楓さん達はお昼はどうします?」 
 頭を下げながらおずおずと楓に尋ねるレベッカ。
「ああ、あっさりとぶっかけうどんがいいな」 
「私はミックスサンドで。中身は任せる」 
 力強くそう言うとそのまま画面で拷問を受ける要の姿を目に焼き付ける楓と渡辺。
「よく食べますね」 
 誠が思わずそう言うと楓と渡辺に殺気を込めた視線を投げられて言葉を失う。
『よくもまあ恥ずかしげも無く生きて帰ってこられたものだな!』 
 サディストと言われる明華が要に鞭を振り下ろしている。
「これは……ちょっとやりすぎじゃあ……」 
 誠は苦笑いを浮かべるが楓達の反応はまるで違っていた。
「素敵……」
「私も……要お姉さま……」 
 ほんのりと頬を染めて楓が今にも身悶えそうな雰囲気で画面を見ている姿に誠とカウラは頭を抱えた。
「じゃあ、失礼します!」 
 引き時を悟った西とレベッカはそのまま部屋を出て行った。
「賢明な判断だな」 
 西とレベッカが消えたのを見てそう言うとカウラは再びおはぎに手を伸ばした。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (1) 97

『あなたは……なぜ機械帝国のことを?あなたは……魔力も無いのになぜ?』 
 シャムの肩に飛び乗ったグリンを明石が見つめる。
「それよりこの奇妙な動物に突っ込むな、俺なら」 
 そう言いながら明らかに無理をしておはぎを口に運ぶ嵯峨。
「惟基さん、お嫌いでしたか、甘いものは」 
「いやあ、そんなこと無いですよー。僕は大好物ですから……おはぎ……」 
 明らかに春子に気を使っている様子にカウラと誠は苦笑いを浮かべると再び画面を覗く。答えることもせずシャムに近づく明石。明らかに変質者とコスプレ少女と言うシュールな絵柄に突っ込みたいのを我慢しながら誠は画面を見つめていた。
『知っている人は知っているものさ、どこにでも好奇心のある人間はいるものだからね』 
 明らかに関西弁のアクセントで無理やり標準語をしゃべる明石。誠はとりあえず突っ込まずにそのまま黙っていた。
「やはり明石中佐は訛りが強すぎるな」 
「そうですね、播州コロニー群の出身だそうですから。あそこの出身者の訛りはなかなか抜けませんよ」
 楓と渡辺は要が姿を消して関心を失ったと言うようにそのまま自分達の席へと戻っていく。
『でも、あなたは魔法を見ても驚かなかったじゃないですか。この世界の人がそんなに簡単に魔法を受け入れるとは思えないんですが』 
 グリンの言葉ににやりと笑って禿頭を叩く明石。
『確かにそうだ。俺はある人物から話を聞いてね』 
「そのある人物がお前か……でもどう見ても……プリンスには見えないな」 
『マジックプリンス』と言うなんのひねりも無い役名の誠の顔を見つめるカウラ。その吐息がかかるほどまで接近している彼女にまじまじと見つめられて、誠は鼓動が早くなるのを感じたが、カウラはまるで関心が無いというように再び画面に目を移す。
『いずれ君達と一緒に戦う日が来るだろう!それまではお互い深いことは知らない方がいい』 
 そう言うと猟銃を握り締めて立ち去る明石。
「あいつ、本当に訛ってるな」 
 そう言いながら嵯峨がお茶を啜っている。その時、再び詰め所のドアが開いた。そこに立っていたのはパーラだった。
「ああ、春子さんここでしたか。アイシャが呼んでますよ」 
「ごめんなさい。じゃあ行ってきますわね」 
 そう言って立ち上がる春子。その後姿を目で追っている嵯峨。
「隊長……」 
 突然誠に声をかけられて頭を掻きながら嵯峨は口の中のあんこを飲み込もうと再び出がらしになった茶の入った急須に手を伸ばす。
「父上、口をゆすぐのはやめてくださいよ」 
 自分の席の端末を開いて仕事を再開した楓の警告が飛ぶ。苦笑いを浮かべながら嵯峨はそのまま口に入れたお茶を飲み下した。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (1) 96

 そこには火炎の玉を目の前に展開するシャムの姿が写っていた。
『森、木々、命のすべて!私に力を貸して!』 
 そう叫ぶとシャムが杖を振り下ろす。何度か変則的に曲がって飛ぶ火の玉。そしてその周囲の空間がそれ自体が燃えているように画面を赤く染める。
『なんだと!これは……うわー!』 
 そう叫んでイッサー大尉こと要はその火炎を受け止めるべく鞭を握って結界を張るが、勢いに負けて吹き飛ばされて崖へ追い詰められる。
『こんな……こんな筈では……私ともあろうものが……』 
 あちこち焦げてコスチュームが非常にきわどい姿を晒す。それにあわせて画面にさらに近づく楓と渡辺。誠は二人に呆れながらおはぎを口に運ぶ。
『私が……負ける……?』 
 アップにされた要の姿を良く見ると腕やふくらはぎから機械の様な色を放つ内部構造が見える。
『そこまでだ!機械帝国の手先め!』 
 突然要のわき腹のむき出しの機械の部分に猟銃を突きつける明石。あまりに唐突な登場に誠は目を覆った。
「これもアイシャの狙いか?」 
 再び口におはぎを持っていきながら嵯峨が誠に尋ねてくる。誠はさすがにこの展開はないだろうと思ってただ苦笑いを浮かべるだけだった。そんな状況を知らないだろう要ことイッサー大尉は静かに手にしていた鞭を投げ捨てた。
『おじさん!その人から離れて!』 
 そこにシャムが現れる。彼女が要に止めを刺そうとしていると思って手を握り締めて画面を見つめる楓と渡辺。
『駄目だ!こいつはこの世界を崩壊に導く機械だ!壊してしまわなければ』 
 そう言って猟銃の引き金に指をかける明石。だが、シャムから放たれた小さな火の玉に銃を取り落とす。
『イッサー大尉。本当にそれで良いの?世界を機械で埋め尽くして……それが願いなの?』 
 歩み寄るシャムに再び鞭を取ろうと立ち上がろうとするが、腕や足から機械音がするばかりで体を動かせずにいる要。
『シャム!近づいたら!』 
 小夏の制止を無視して歩いていくシャム。要の腕や足から煙が上がる。
『大丈夫、あなたを壊したりしないわ』 
 そう言うとシャムの両手に暖かいクリーム色の球体が浮かぶ。それはゆらゆらとゆれて要の壊れた体を修復していく。
「便利だねえ。俺も魔法使えないかな?」 
 そう言いながら明らかに無理をしておはぎを口にねじりこむ嵯峨。
『情けを……貴様……敵に情けをかけたつもりか?』 
 悔しそうに唇を噛む要。なぜか出てきた猟師っぽい明石が再び銃を手にしてイッサー大尉に向ける。
『この借りはいつか返すぞ!』 
 そう言って消える要。そのまま森に残されたシャムと明石は顔を見合わせていた。
「すごい組み合わせだな」 
 おはぎを手に取るとカウラは呆れたようにそう言った。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。