スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (1) 140

「それではうかがいますが、お二人に神前曹長がこうなる前に手を打てる自信はありますの?以前は原因不明の事故による死亡と言うことで片付けられてきたこういう遺体がこれからは法術暴走による死亡と言う死因が付け加えられた事実は隠しおおせませんわ」 
 優雅に湯飲みに手をやる茜を誠は見つめていた。異常な発汗は続いている。そして自分がいつかはその死体と同じ運命をたどるかと思うと体の力が抜けていく。
「神前さんを助けることが出来るのですか?もしこうなる状態にまで追い込まれたとして」 
 その穏やかな表情に似合わぬ強い語気に誠は茜が間違いなく嵯峨の娘であることを確認した。
「それは……」 
 うろたえ気味に言葉に詰まるカウラ。
「そこが知りてえんじゃねえよ!アタシは何で今頃……」 
「要お姉さま!」 
 今度はその笑顔が言葉とともに茜から消える。
「ねえよ、そんな自信は……」 
 そう言って端末のキーボードを叩くラーナに目をやる要。
「それではお二人ともいざと言うときは神前さんを見殺しにするおつもりだと?力に、法術に取り込まれて我を失って暴走して自滅する誠さんを……」 
「んなこと言ってねえだろ!」 
 要はテーブルを叩いた。テーブルがひしゃげなかったのが不思議なほどの大音響にそれまで淡々とモニターを覗いているだけだったラーナも要の方を向いた。
「できるだけ神前曹長には力を使わせないような作戦を取るように心がけている、それに……」 
「事実としてはこれまで二回、神前さんの力のおかげで助けられていますわね、お二人とも」 
 そんな茜の穏やかな言葉に押し黙る要とカウラ。
 誠は黙って話を聞いていた。恐らくは連続放火事件の犯人である発火能力、パイロキネシスの使い手の法術暴走による自滅。それが自分にも訪れるかもしれない未来だと思えば次第に震えだす足の意味も良く分かってきた。
「じゃあ、どうしろっていうんだ?それに法術暴走の可能性ならオメエにもあるだろ?」 
 ようやく話の糸口を見つけた要の言葉ににっこりと笑っている茜。
「そうですわね。ワタクシにも起こりうる出来事には違いありませんわ。でもそれを覚悟しているか、知らずに境界を踏み越えて自滅するか。私なら覚悟をする方を選びたいと思っています」 
 そう言うと茜はラーナを見つめた。その目に反応するようにそのまま戸棚の紅茶セットに向かおうとするラーナ。
「そんなにここに長居する気はねえよ」 
 再びソファーに体を投げた要を見てラーナは手を止める。
「それよりこのことは叔父貴は知ってるのか?」 
 あごを引いて茜を見つめる要。
「いつかはワタクシから伝えろとは言われていますけど……」 
「なるほどねえ、まあ一番ああなる可能性の高いのは自分だしな」 
「それってどういうことですか?」 
 誠はようやく落ち着いて要の言葉に口を挟んだ。
「なあに、言ったまんまの意味だよ。暴走の起きる可能性は叔父貴が一番高い。そう言うこった」 
 そう言って要は再びひざの上に腕を乗せて起き上がった。


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (1) 139

 誠はしばらくして、それが白骨死体ではなくミイラ化した死体であることに気づいた。それと同時に眼孔の奥に見える目玉だけがまるで生きているように輝いているのが分かる。
「お気づきですか、神前さん」 
 穏やかな茜の言葉。誠はこの死体の発見された連続放火事件の詳細について思い出そうとしていた。
「ちょっと検死の結果を見せろよ」 
 要はそう言って助手を気取ってモニターの前に座っているラーナの頭を小突く。彼女は少し不服そうな顔をするが、茜が頷くのを見るとキーボードを叩いた。
「この死体の特異性はその脳の水分の分布状況にあります。大脳の水分はほぼ蒸発しているのに小脳や延髄の細胞には一切の異常がありませんでした」 
 画面には脳のレントゲン、CT、MRIや実際の解剖しての断面図までが表示された。この画像に次第に先ほどまで食べていたどんぶりモノの中身が逆流しそうになって誠は口を押さえる。
「何びびってんだよ」 
 そう言いながら要はそのまま横からラーナのキーボードを奪って断面図を拡大させる。
「これが噂の法術暴走か」 
 ぽつりとカウラがつぶやく。その言葉に要は画面の前の顔をカウラに向けた。明らかに呆れたような要の顔を見てカウラは自分が言ったことの意味を気づいて誠を見つめる。
「法術暴走?それってなんですか?」 
 手足の感覚がなくなっているのを誠は感じていた。画像の中の輪切りの脳みそ。ほとんど持ち主が生きていた時代の姿を残していない奇妙な肉塊にしか見えないそれと、自分の視野だけがつながっているように感じる。力が抜けてそのまま上体がぐるぐると回るような気分になる誠。
「おい、大丈夫か?」 
 そう言って誠の額に手を当てた要はすぐに茜をすごむような視線でにらみつけた。
「お姉さま。落ち着いていただけませんか?」 
 茜は表情を殺したような顔で要を見つめ返す。しばらく飛び掛りそうな顔を見せていた要も次第に体の力を抜いてそのまま近くのソファーに体を投げ出す。
「神前よう。お前もいつかこうなるかも知れねえってことだ」 
 そう言うといらいらした様に足をばたばたとさせる要。誠は画面の肉の塊から必死になって視線を引き剥がす。その先のカウラは一瞬困ったような顔をした後、すぐに目をそらした。
「力を持つ。人に無いものを持つ。その代償がどう言うものかそれを知ることも必要ですから」 
 そう言って茜はまだ子供のように足をばたつかせている要をにらみつけた。要もさすがに自分の児戯に気づいたのか静かに上体を起こしてひざの上に手を組んでその上に顔を乗せた。
「だけど今なんでこういうものを見せるんだ、こいつに」 
 要のタレ目の視線がいつもの棘はあるが憎めないようなものに戻る。それを見ると茜は要の前のソファーに腰を下ろした。
「ベルガー大尉。神前さん。おかけになられてはどう?」 
 その言葉にカウラは神前の肩を叩く。我に返った誠はカウラにの隣、茜の斜め左側に腰を下ろした。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (1) 138

「どうやら休憩を取られているみたいですわね」 
 にこやかな表情で会議室に現れたのは遼州同盟司法局、法術特捜主席捜査官、嵯峨茜警視正だった。
「おお、茜。お前も食うか?」 
「お父様。ワタクシはちゃんとお昼ご飯はいただきましたの」 
 そう言うと彼女は誠を見つめた。
「ちょっと神前曹長の提出した資料についてお話がありますの。よろしくて?」 
 茜の微笑みに父である嵯峨は何かを訴えたいと言うような視線を誠に送ってくる。
「おい!こいつの資料になんか文句でもあるのか?」 
 明らかに怒りを前面に出して茜に迫る要。それを軽く受け流すような微笑をたたえて茜は誠を見つめる。
「ああ、良いですよ。なにか……」 
「よろしいみたいですわね。じゃあ要お姉さまと……」 
「私も行こう」 
 茜の視線を見つけてカウラも立ち上がる。
「食べかけだよ!どうするの?」 
「ナンバルゲニア中尉。それほどお時間は取らせませんわ。とりあえずラップでもかけておいて下さいな」 
 そう言うと立ち上がった誠と要、そしてカウラをつれて部屋を出る茜。
「本当にちょっと見ていただければ良いだけですの」 
 そう言うとそのまま仮住まいの法術特捜本部と手書きの札の出ている部屋へと入る。
「ああ、茜さん!」 
 部屋ではお茶を飲みながら端末の画面を覗き込んでいる捜査官補佐カルビナ・ラーナが座っていた。
「ラーナ。どうなの」 
 茜のそれまでの上品そうな言葉が急に鋭く棘のあるものに変わる。要はそれをニヤニヤと笑いながら見つめていた。
「やはり間違いないですね」 
 真剣な顔のラーナにそれまでふざけていた要の顔が一瞬で切り替わる。
「アタシも気づいていたけどやっぱりか」 
「どういうことだ?」 
 カウラの言葉に要は画面を指差した。そこには奇妙な死体が映されていた。
「こんなのあったんですか?」 
 その白骨死体を見ても誠はいまひとつピントこなかった。そんな誠を呆れたような視線で見つめる茜とカウラ。
「しょうが無いじゃないか、こんなの珍しくも無い死体なん……?」 
 誠をかばおうとしていたカウラもその白骨死体の画像に引き込まれて黙り込んだ。
「模型じゃないですよね。これ」 
 自分が整理した資料だったが誠には覚えが無かった。だがその白骨死体はこうしてそれだけを目にするとその奇妙さがはっきりと分かるほどのものだった。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (1) 137

「餌付け?何のこと?」 
 涼やかな印象がある美女、安城がとぼけたのが気に入らないと言うようにランは今度は春子を見つめた。
「ああ、これね。安城さんの差し入れ。他にもあるわよ」 
 そう言って奥に寄せてあったテーブルの上のどんぶりモノを指差す春子。
「やったー、じゃあカツどんある?」 
「オメエさっきもとんかつ食べてたじゃねえか!」 
 要の忠告を無視してラップのかけてあるどんぶりを覗いて回るシャム。
「師匠!親子丼しかないですよ」 
 小夏はそう言って自分の分のどんぶりを確保する。シャムも仕方ないと言うように小夏から親子丼のどんぶりを受け取る。
「アタシは天丼で、神前は?」 
 要に声をかけられて誠は我に返った。
「じゃあ僕も親子丼で」 
「残念!私が最後の親子丼を食べるのよ!」 
 アイシャは要が手を伸ばしたどんぶりを奪い取る。にらみつける要だが、アイシャは気にせずラップをはがすと口にくわえていた箸をどんぶりに突き刺す。
「テメエは餓鬼か!」 
 呆れながらアイシャを見ていた要だが、サラやパーラ、リアナ。そしていつの間にか来ていた島田と言った面々がどんぶりを取っていくのを見て仕方なく適当に一つのどんぶりを確保した。
「これで良いだろ?」 
 誠が受け取ったどんぶりは深川丼だった。
「ああ、僕は貝が大好物ですから!」 
 そう言って誠はうれしそうなふりをしてラップをはがす。
「嘘つくなよ、この前アサリ汁飲まなかった奴が……」 
 低い声で要がにらんでくるので静かに箸を置く誠。
「じゃあ、私のかき揚げ丼と交換するか?」 
 誠の後ろに立っていたカウラの言葉に誠は自分のどんぶりを差し出した。
「俺のは?」 
 吉田が窓際で叫ぶ。両手にどんぶりを持っていたシャムがちょこちょことかけていって吉田にどんぶりを差し出した。
「……安城にしては良い差し入れだな」 
 喜ぶ部下達を見て複雑な表情でランがつぶやく。誠はその様子を見てアイシャを見つめた。
 アイシャはそのまま誠の袖を引き、入り口の嵯峨達から遠い場所で誠の耳に囁いた。
「あのね、安城さんもランちゃんも隊長に気があるのよ」 
 そう言われてみれば安城とランが微妙な距離を取っているのも、春子とばかり話す嵯峨を時々覗き見るのも納得できた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (1) 136

 誠のバイザーの下に台詞が映し出される。
『マジ?これ読むの?』 
 その台詞に焦る誠。だが高らかに最終決戦を告げる音楽が流れる。嫌でも盛り上がる雰囲気。そして誠は見栄を捨てた。
「世の中に!」 
 誠はとりあえず恥を捨てて叫んだ。
「悪の栄えた!」 
 ランはすっかりノリノリだった。
「たとえなし!」 
 やけなのがすぐに分かる要。
「今!」 
 短い台詞に明らかに不満な小夏。
「必殺!」 
 一番力の入っているシャムの雄たけび。
『一刀!真剣!瞬殺斬!』 
 その言葉とともにロボは明らかにばればれの避ければいいじゃないかと誠にも見える太刀筋で、目の前の巨大明華を一刀両断にした。
『グモー!!機械帝国万歳!!』 
 そう叫んで大爆発する明華。そしてロボは決めポーズを見せる。
『はい!お疲れ!』 
 アイシャのOKが出てほっと胸をなでおろすシャム達。誠も安心してシーンが終わるのを確認するとバイザー付きのヘルメットを外した。
 そこに香ばしいにおいが立ち込めていることを誠はすぐに悟った。
「ずるい!ずっこい!」 
 食べ物のことなら彼女と言うシャムが叫んでいる声が聞こえる。上体を起こした誠は嵯峨と春子、そしてなぜか特務公安隊の隊長、安城秀美までがどんぶりを抱えて誠達を見つめている光景に出くわした。
「なんだ、これが良いのか?」 
 そう言って安城がどんぶりの中の食べかけのアナゴのてんぷらを見せ付ける。
「あ!それ佃屋のでしょ!」 
 小夏がそのきらびやかな赤い柿右衛門風のどんぶりを指差した。
「いいじゃないの、さっき春子さんのお弁当散々食べてたでしょ?」 
 食べ終わったどんぶりを手にアイシャがそう言うが、シャムと小夏はじりじりとアイシャに近づいていく。
「へえ、餌付けかよ。ずいぶんな熱の入れようだねー、安城少佐」 
 明らかに安城に敵意を込めてにらみつけるラン。その先では余裕の表情で春子とランを見回しながらアナゴを食べる安城の姿があった。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。