スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (1) 160

「なによ!せっかく助けてあげたのに」 
「助けるだ?オメー……。助けるってのは違うだろうが!」 
 怒鳴り声を響かせはじめたランとアイシャにさすがの観客も引き気味にそれを眺める。
「今度こそは……」 
「なんなんですか?」 
 エントランスホールの片隅で隠れているつもりらしい嵯峨に誠が声をかけた。
「いきなり話しかけるなよ。俺は気が弱いんだから」 
「冗談はそれくらいにしましょうね」 
 誠の後ろからの声に覗き込む嵯峨。そこには笑顔を浮かべてはいるものの目の笑っていないリアナがいた。
「ああ、鈴木か」 
「鈴木か、は無いんじゃないですか?あんまりアイシャちゃん達をいじめてるとしっぺ返しを食らっても知りませんよ」 
 そう言われて落ち込んだように下を向く嵯峨。
「だってさ、この上映にかかる費用とかは確かに市が持っていてくれてるけどさあ、製作までにこいつ等が馬鹿やったり宣伝とか言ってあっちこっちにメールしまくったりする費用うち持ちなんだぜ」 
「だからと言ってこういうふざけたことは駄目ですよ。ちゃんとあとで吉田君を説得してアイシャちゃんに謝りましょうね」 
 そう言い切るリアナにさらに嵯峨が落ち込む。
「でも良いじゃないですか。これの方が面白かったですよ。実際、登場人物の設定には近かったですし」 
 誠の言葉にリアナの目が輝く。
「設定なんてあったの?もしかして衣装とか決めたの誠ちゃんだからその時アイシャから何か貰ったのね!」 
 食いつきの良すぎるリアナに慌てて頷く誠。
「後で見せてもらうとしてだ。あれどうするんだ?」 
 携帯端末を持った男性陣の前でポーズを取るシャム。相変わらず口げんかを続けるアイシャとラン。それをニヤニヤしながら止めるわけでもなく眺めている吉田とカウラ。要の姿が見えないのはタバコでも吸いに行ったのだろう。
「隊長!許大佐は……」 
「アイツはとっとと基地に帰ったよ。鈴木。頼むわ」 
 保安隊の事実上の最高実力者の技術部部長許明華大佐がいない今、この状況を収められるのは運用艦『高雄』艦長の鈴木リアナ中佐しかいなかった。リアナは今度はいつものほんわかと温まるような笑顔を浮かべて騒いでいるラン達に向かっていく。
「はいはーい。お楽しみ会はここまで!皆さんお気をつけてお帰りくださいね!」 
 保安隊の制服で手を叩きながら近づくリアナを見て客達はようやく平常を取り戻して出口へと向かう。
「やるもんだなクラウゼ」 
 息を切らしてホールの中央で仁王立ちするラン。
「小さいくせにやるじゃない」 
 同じように立ち尽くすアイシャ。
「見てみな、誠ちゃん。友情が芽生える瞬間だよ!」 
 シャムが近づいてきた誠にそう声をかける。
「やっぱりこいつ等馬鹿だな」 
 カウラのその一言がしみじみと誠の心に染み渡った。


                                  (了)

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (1) 159

「ったく……元気だねえ」 
「隊長」 
 ぬるい調子の声に誠が振り向くと、まだ嵯峨は大鎧を身に着けたまま控え室に腰をかけていた。
「いたんですか?」 
「いたよ?いちゃわるいのか?」 
 そう言いながら缶コーヒーを飲む姿は実にシュールに見えた。
「あれ、叔父貴の指示か?シャムとランのラブストーリー……」 
「あのなあ、俺がそんな指示出すと思うか?こいつの独走だ」 
 そう言って嵯峨が吉田を指す。
「だってマニア向けにしろって言ったのは……」 
「知らない、聞こえない」 
 吉田のいい訳に耳をふさぐ嵯峨。
「きっかけはやはり隊長じゃないですか」 
 誠の言葉に困った顔をする嵯峨。
「そんな顔したって無駄だよなー」 
「うん!」 
 恐る恐る嵯峨が振り返るとそこにはシャムとランが立っていた。
「俺はマニアックにしろって言っただけで……」 
「聞く耳持たねえよ!」 
「問答無用!」 
 そうして二人で嵯峨の兜を杖でぽかぽか殴る。
「馬鹿!コイツに傷ついたら!」 
 嵯峨はそう言うと立ち上がって逃げる。それを追いかけるラン。急な展開についていけなかった誠だが、さすがに止めようと思って立ち上がる。
 フロアーを逃げたはずの嵯峨を追って出た誠。そこには地味な服を着た集団に囲まれて立ち止まって助けを求めるような視線を送るランがいた。
「君……かわいいね……写真を一枚」 
「あのーサインはしてもらえますか?」 
「出来ればラストの台詞を……」 
 怪しげな一団が携帯端末を手にランを取り囲んでいる。
「はいはーい。うちの娘に手を出さないでねー!順番で写真撮影を……」 
「馬鹿野郎!」 
 その場を仕切ろうとしていたアイシャにランは思い切り延髄斬りを食らわせた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (1) 158

『そうよ!またきっと!会おうね!ランちゃん』 
『ああ、ぜってー会いに来るからな!』 
 画面の中の白い魔法少女と赤い魔法少女。シャムとランがそう叫びながら次元を超えていく。シャムの肩に手を乗せる小夏。一人涙をぬぐう要。そしてFINの文字が躍る。
「なんだか……全然内容違うじゃないですか」 
 全身タイツのマジックプリンスの格好でラストのシーンを呆然と見つめる誠。
「そうねえ、まあ吉田少佐のことだからこうなるんじゃないのかなあって思ってたんだけど……」 
 伊達眼鏡で先生風の雰囲気を表現していると自分で言っていたアイシャの言葉。そして映写機の隣でガッツポーズをしているだろう吉田の顔を思い出す。
「良いんじゃねえの?受けてるみたいだしさ」 
 魔法少女と呼ぶにはごてごてしたコスチューム。それ以前に少女と呼べない姿の要が明るくなった観客席で伸びをしているアイシャの知り合い達を眺めていた。
「そうだな、アイシャの友達が切れたら大変だからな」 
 そう言うカウラだが隣に立っているサラは微妙な表情をしていた。途中で帰る客をさばいていたパーラも引きつった笑みを浮かべている。
「それにしてもなんでこんなに空席が?始まった時はもっと埋まっていたような……」 
 楓の言葉に青ざめるサラとパーラ。
「楓ちゃん……人にはそれぞれ趣味や嗜好があって……」 
「本当に楽しいのか?これが」 
 ごてごて飾りつけられた格好を見せびらかす楓。誠はその言葉でアイシャの米神がひくつき始めたのを見逃さなかった。
「よう!良く仕上がったろ?」 
 映写室から出てきた吉田が満面の笑みでアイシャを見下ろす。明らかにアイシャと吉田が昨日見た状態と違っていたのは間違いない。誠は二人の一触即発の雰囲気に逃げ出したい気分になった。
「そうね、さすがは吉田さんですね……」 
 アイシャの言葉が怒りで震えている。そこに突然女の子が入ってきてアイシャの髪を引っ張る。
「シャム!ちょっと!」 
 慌ててまとわりついてきたシャムを振りほどくアイシャ。
「もっとかっこよくならなかったのかなー!」 
 そう言って先ほどまでスクリーンに映っていた格好で杖をアイシャに構えるシャム。
「それは吉田君に言ってよ。私は知らないわよ!」 
 逃げ出そうとするアイシャだが、楽屋の入り口には赤い魔法少女ランの姿があった。
「クラウゼ……テメー!」 
 追い詰められたアイシャ。吉田の画像処理でシャムと最終決戦を前にディープキスをすると言う展開。当然それを知らないランとシャムは怒りの視線をアイシャに向けていた。
「知らないわよ!あれは吉田君が!」 
「先任を君付けか?良い身分だな」 
 すっかりアイシャを追い詰めたことに満足そうにほくそ笑む吉田。誠は自業自得とは言えアイシャに同情の視線を送った。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (1) 157

「え!今年は行かないの!アイシャ」 
 シャムの叫びがこだまする。それまでの能面のような無表情がすぐに笑顔に変わるアイシャ。
「そうよ、今年はね誠ちゃんと年越しに決まってるじゃない!」 
「おい!何勝手なこと言ってるんだ!テメエが……」 
 そう言って再び詰め寄ろうとする要だが、アイシャは余裕のある態度で要を見据えている。
「そんなに怒ること無いでしょ?私も東和の普通の年越しって奴を体験したいだけなの。毎年コミケってのも飽きてきたし。それに……」 
 艶かしい顔で誠を見上げるアイシャ。身震いする誠、だがいつの間にか隣にはいつの間にかカウラまでやってきている。
「普通の年越しか。神前の家は剣道場だろ?なにかイベントは無いのか?」 
 カウラの言葉に一瞬アイシャに惹かれていた意識を引き戻された誠は頭を掻きながら考えてみた。
「そうですね……四年前までは道場で蕎麦とか餅つきとかやったんですが親父が学年主任になったんで最近は特にイベントらしいことは……」 
 誠の言葉に目を輝かせるカウラ。
「じゃあ、今年は三人多いからやりましょうよ」 
「三人?」 
 アイシャの言葉に要が不思議そうな顔をする。そしてしばらくしてその言葉の意味に気づいた。
「アタシ等がこいつの家に?」 
 真っ赤な顔の要。だがまるで気にしていないようにアイシャは話を続ける。
「夏コミだって誠ちゃんの家が前線基地だったじゃないの。当然今度もそう。まあ私達はゆっくり、のんびり年越し。シャムちゃん達は忙しく年越し」 
「いいもん!楽しんでくるから!」 
 そう言うとシャムはそのまま食堂の味噌汁のにおいに惹かれるようにカウンターに向かう。ニヤニヤ笑いながら吉田もついていった。
「まあそんなことだろうと思いましたよ」 
 呆れる誠。名案を提示して自慢げなアイシャ。要は相変わらず頬を赤らめながら誠をちらちらと見つめてくる。カウラは納得がいったというようにそのまま自分の席へと戻っていく。
「あのーもしかして俺等も?」 
 島田が立ち上がるのを見ると素早くアイシャが指差した。
「当然!貴方達はシャムちゃんの手伝い!上官命令!拒否は認めないわよ!」 
 こういうことにかける情熱は他の追随を許さないアイシャに言いつけられてしょげる島田と整備班員。
「俺は国に帰るからな」 
 ヨハンはそう言い切って島田の希望は潰えた。誠はただ苦笑いでアイシャがこれから誠の家でのイベント予定でも考え出すだろうと思いながら見つめていた。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (1) 156

「そう言うわけ。昨日は要ちゃんは体の……」 
 誠に一言つぶやくとそのまま廊下を駆けていくアイシャ。当然のようにそれを追う要。
「まるで子供だな」 
 一言で斬って捨てるカウラに乾いた笑いを浮かべる誠。要とアイシャがどたばたと走るのはいつものことなので隊員達は一人も気にはしていなかった。
 だが、そこに珍しい姿の客が訪れて食堂は騒然とした。
 シャムである。これはよくあることだった。まだ時間的には出勤まで時間がある彼女が食堂につまみ食いをしに来たことは何度かある。珍しくコスプレをしていない。基本は猫耳だがかふかふかした灰色の生地のロングコートを着ているところから見て合わないと判断したのだろう。
 だが、決定的に違うのはその表情が今にも泣きそうなものだったことだった。
「アイシャちゃんいる?」 
 食堂の入り口で太りすぎた体を丸めて専用のどんぶりで茶漬けを啜っているヨハンにかけた言葉も心配になるほど細く元気の無いものだった。
「ああ、そこらへん走っているんじゃないですか?それよりどうしたんです?」 
 子供が怒られてしょげているように見えるシャムにヨハンは思わず心配そうな声を上げた。
「……うう」 
 その言葉にシャムの瞳に涙が写る。それを見て一緒についてきたらしい吉田がシャムの肩に手を置く。
「な、一緒に謝ってやるから……おう、神前!ちょっと顔貸せ」 
 沢庵を頬張っていた誠を招きよせる吉田。そのまま耳を貸せというポーズをしてみせる。そして近寄った誠にそのまま体をかがめる。
「冬コミ、こいつのせいで辞退だ」 
 吉田を見つめる。いつものふざけた調子ではなくシャムの保護者のような顔をしている。出展関係の事務はくじ引きでシャムが担当することになっていた。吉田が常にバックアップしてくれるということでアイシャも誠も心配してはいなかった。
 目の前のシャムは吉田からの言葉で呆然としている誠に黙って涙目で頭を下げる。
「それは……僕は良いんですけどアイシャさんが……」 
 そう言ったところに要に首根っこをつかまれて引きずられてくるアイシャ。
「おう、吉田とシャムが何しに来た?」 
 要の言葉に立ちすくむシャム。ようやく要の手を振りほどくことに成功したアイシャが襟を正しながらシャムを見下ろす。
「ごめんなさい!」 
「ああ、冬コミのことでしょ?」 
 アイシャの言った言葉にシャムが目を丸くする。
「どうして知ってるの?」 
「だって運営に知り合いがいるもの。『本当に辞退するんですか?』て連絡が昨日あったのよ。まあ辞退はしない方向になったけど場所的に微妙なところしか残ってなかったから」 
 その言葉に急に笑顔を取り戻すシャム。彼女はロングコートのポケットから折りたたみ式猫耳を取り出して頭につける。
「すっごい!アイシャちゃん!」 
 急に明るい表情になるシャム。
「ああ、でもミスはミスだから準備からすべてよろしくね。私は今年は誠ちゃんの所で年越しをするから」 
 そう言って良い笑顔を浮かべるとアイシャは食堂に入った。ドアのそばには凍りつくシャムと引きつった笑いの吉田の姿が残された。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。