スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 今日から僕は 100

 だが、振り降ろされた描く軌道がパーラの機体とシンクロしているのがわかった。
『やばい!ミスった!』 
 心の中で誠は叫んだ。
 パーラも一箇所にじっとしているほど馬鹿ではない。
 それにサーベルを繰り出すタイミングが早すぎた。サーベルが振り下ろされようとする時、もう既にパーラは機体を退かせようとしながら同時にライフルをつかんだ右手を挙げようとしている。
 空を切ろうとするサーベルを見つめている誠は自分の体に少しばかり異変が起きていることを感じた。
 頭に一瞬だけ血の気が抜けていくような感覚が走った。
 立ちくらみはそれなりに鍛えている誠には経験がなかったが、おそらくこんな感覚なんだろう。
 そう思った瞬間、コンソール上の見慣れないメーターに反応が出た。
 しかしそれでも遅すぎる。
 事実サーベルは大きく宙を裂いた。
「やられる!」 
 誠はいつものことだと半分あきらめながらモニターを眺めていた。
 しかし何故かサーベルを操作する手に重量感のような感覚が走っていた。
 次の瞬間、パーラ機は真っ二つに切り裂かれていた。
「敵4番機沈黙!やったな!神前少尉!」 
 爆発に飲み込まれないよう距離をとっている誠の機体に向けてカウラがそう呼びかけてきた。
「落とした?僕が?そんな感覚は……!」 
 初めての撃墜に上の空だった誠も、コンソールの多くのメーターが大きくぶれていることに気がついた。
「空間がひずんでいる?」 
 サーベルは仮想敵を斬ったわけではなかった。
 その存在する空間そのものを切り裂いていた。
 事実、重力波メーターは反転している。
「次!アイシャがどこかに伏せているはずだ!神前少尉、警戒しつつ前進。西園寺が落とされていれば狙撃が来るぞ!」 
 とりあえず考えることをやめた誠は、計器類の異常を無視してデブリの中に機体を突っ込ませた。
『パーラさんがポイントマンならアイシャさんも近くにいるはず!』 
 記憶をアサルト・モジュール戦の教本を思い出すことに集中する。
「こちらから確認しにくくて、攻撃にもすぐうつれるスペースのある場所!」 
 誠はようやく回復したレーダーと、少ないながらも散々叩かれて鍛えた勘で、戦艦の破片らしきデブリにあたりをつけた。
「神前少尉!狙われているぞ!回避行動を取れ!」 
 カウラの言葉が響いた時にはもう遅かった。
 デブリからのぞいているライフルの銃口からレールガンの弾丸が発射された。 
『今度はやられる!』 
 そう観念した次の瞬間、目の前に黒い壁のようなものが展開されていた。
「なんだ!?」 
 誠が叫ぶ。
 弾丸がその奇妙な空間に吸い込まれて消える。
 センサー系の目視以外のメーターがまた反転する。
「神前少尉!無事か」 
 いったん引いたアイシャの代わりに駆けつけたカウラの声が響いた。
「不思議と落ちていません。でも……」 
 誠は意外な出来事に当惑しながら次第に落ち着いていくメーターを眺めていた。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 今日から僕は 99

 誠は早速コンソールとモニターを見た。
『法術管制システム』 
 操縦桿の根元の実に目立たない所にそれらしいスイッチを見つけてそれを操作した。
 画面が一瞬消え、次の瞬間に右端にサーベルの状態を示す画面と、よく分からない星マークの状態を示す画面が映った。
「これかな?」 
「おい!新入り!とぼけたこと言ってねえでさっさと始めんぞ!カウラ!起動とチェック終わったか?」 
キンキンとした甲高い要の声がシミュレーター内部に響く。 
「もう終わった。とりあえず……」 
「新米隊長さんの御託なんざ聞きたくねえよ!誠!テメエは突っ込んでアチラさんの誰かと刺し違えろ。アタシとカウラで残りを叩く!」 
「西園寺!それは作戦とは……」 
「いいんだよ!どうせシミュレーターだ!こう言うのは落とされて学ぶことが多いんだよ!誠!多少は05式のお勉強が出来たろうから、その成果とやら見届けてやんよ!」 
「確かに一理あるな。神前少尉!とりあえず貴様が前衛で囮になれ。私と要で釣られてくるアイシャとパーラを叩く!」 
「そんなベルガー大尉まで……」 
 上司二人はもう完全に自分が落とされることを前提に話を進めている。
 誠は要にそう言われることは予想していたが、カウラにまでそんなことを言われるとはと思いながらとりあえず先頭に立って状況開始を待った。 
「カウラ!そっちの作戦はできた?」 
 冷静な明華は淡々とそうたずねてくる。 
「準備万端ですよ!姐さん!たまには勝たせてもらいますよ!」 
「吹くじゃないの要ちゃん」 
 要が切れた。
 『ちゃん』付けで呼ばれた途端、モニターの要の額に血管がういたような気がした。
「第二小隊、状況開始!」 
 カウラのその言葉で突入をしようとした誠の横を要の機体がすり抜けていく。 
「西園寺!」 
「西園寺中尉!」 
 叫ぶ言葉は届かない。
 西園寺の機体は明華とリアナの長距離砲の弾幕の中に消えた。
「三番機!西園寺のことは忘れろ。アイシャとパーラが突っ込んでくるぞ!」 
 カウラは素手に気持ちを切り替えていた。
「しかし西園寺さんは……」 
「落とされて少しは勉強しろと言うことだ。早速来たぞ第一小隊4番機、パーラだ。簡単には落ちてくれるなよ!少尉!」 
 逆上した要の突撃に不安を感じながら、誠は確認したパーラの機体に正面装甲を向けて正対する。
「回り込まれないようにして距離をつめる!」 
 誠はパルススラスターに火を入れた。
 対Gコックピットのなせる業である急加速をして一気に距離をつめた。
「ここで上昇!」 
 パーラがライフルを構える前に急制動をかけ、脚部のスラスターに出力をうつして上昇する。
 4番機の放つ弾幕が紙一重の所を掠めた。
「今だ!」 
 サーベルを抜き、パーラの機体の頭部に向けて振り下ろした。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 今日から僕は 98

「おい!アイシャ。明華とリアナの姐さんはいるんだろうな?」 
 シミュレーションルームの入り口の自販機に寄りかかりながら、ジュースを飲んで一息ついているアイシャに要は甲高い声で噛み付いた。
「あの二人は高レベルなバトルしてるから暇になっちゃってさ……ってちょっと顔貸しなさいよ!」 
 誠と眼が合うとアイシャは要の襟首をつかんで自販機の陰に消えた。
「パーラはどうしたんだ?」 
「私がどうかしたんですか?」 
 自動ドアが開いて、パイロットスーツ姿のパーラが出てきた。
『ゲルパルトの人造人間の胸って全てペッタンコじゃないんだな……』 
 不謹慎と分かっていてもカウラとパーラの胸を見比べながら誠はそんなことを考えていた。
「神前少尉!」 
 そのような所にカウラの声が響き、誠は直立不動の姿勢を取った。
 相当滑稽に見えたのかパーラや自販機の裏から出てきた要とアイシャが思わず噴出す。
「別に、そんな、何も考えていないですよ!」 
「胸見てたでしょ。カウラちゃんの……」 
「そうだよなあ。こいつ盆地胸だもんな!まあそこが菰田あたりが崇拝する対象なんだろうけどさ。いやあアタシは羨ましいねえ。アタシくらいあると邪魔でさ。もうめんどくさくってしょうがねえや。それより中入んぞ!神前!ついて来いや」 
 要は文字通り胸を張ってシミュレーションルームに入った。
 中にあるモニターに明華とリアナの戦いの模様が映し出されている。
 明華の四式がその得意とするロングレンジを保ちつつ優勢に模擬戦を進めていた。
「やっぱ場数は明華の姐御の方が踏んでるからな。戦いのコツって奴をどれだけ知ってるかの差か」 
 要は一目で現状を理解した。
「しかし、うちはずいぶん豪華な面子なんですよね。あの二人だって東和の教導隊ぐらいならすぐ勤まる腕前ですよ」 
 画面を見ながらパーラがそう言った。
「叔父貴の奴のことだ。あっちこっちで恫喝でもしたんじゃねえのか?まあアタシはアタシの居た特務隊が解散しちまったから仕方なく来たんだけどよ」 
「それで運命の男の子をゲットしようと現在奮闘中と!」 
「アイシャ!表に出ろ!すぐさま額でヤニ吸う方法教えてやるからよ!」 
「ああ!怖いわ!神前先生!助けて!」 
 要とアイシャがじゃれあっているのを苦虫を噛み潰すような表情でカウラが見つめていた。
 画面上ではまだ戦闘が続いていた。
 両者距離を保っての撃ちあい。
 一瞬手元が狂ったのか、直線的な動きをとった明華の機体を捕らえたロングレンジライフルの一撃が、四式の腰部に直撃する。
「自分が有利な態勢になっても油断しないことだ。それでは続けて我々も出るぞ」 
 カウラはそう言うと一直線にシミュレーターの方に向かっていく。
 その先のシミュレーターの一つのハッチが開き、明華が顔をのぞかせた。
「油断したー!なんだ、あんた等も来てたの。丁度いいわ、丁度そこの二人が役不足で困っていた所だから。西園寺や誠もやるんでしょ?付き合うわよ」 
「要ちゃんも来てくれたのね!明華ちゃん、それじゃあ第二小隊対私達でやりましょうか!」
 いつものひまわりのような明るい笑顔でリアナが声をかけてきた。
 要はあきらめたかのようにそのままシミュレーターの一つに飛び乗った。
 カウラはリアナの言葉に弾かれるようにしてアイシャとパーラがシミュレーターに乗り込むのを確認しながらゆっくりと手前のシミュレーターに乗り込む。
 誠も成り行きにあきらめながらその隣のシミュレーターに乗り込んだ。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 今日から僕は 97

「しかし、明石中佐が動くことは……」 
「まああれだ。一応タコの奴は胡州海軍関連の人脈が使えるからな。今回は、火はつけました、が風向き変わって丸焼けになりました、と言うわけにもいかんし」 
 そう言いながらタバコをふかす嵯峨。
「そんな怖い顔で見るなよ。俺は気が小さいんだから」 
 準備良く携帯用の灰皿も取り出してタバコを収めた。
「そうだ神前の。ちゃんと特訓してもらってるか?」 
 嵯峨は再びつけたタバコの火を見つめながら一息つくとそう切り出してきた。
「まあなんとかやってますが、剣一本じゃ何も出来ませんよ」 
「まあ普通の戦い方してたら勝ち目がないのは分かっちゃいたけどね」 
「分かっていたなら教えてくれてもいいじゃないですか!」 
 タバコの煙が室内に充満してきた。
 さすがに耐えられなくなったのか、要もポケットからタバコを取り出して火をつける。
「法術兵器はまだ実験段階だからな。あのダンビラだって菱川重工からの借りもんだ。そっち系のマニュアルは確かシミュレーターに積んであるって吉田から聞いたんだが……」 
「吉田少佐とは殆ど会っていないんですが……」 
「まああれだ。戦闘行動ってものがどういうものかってのが分かっただけで良しってことで」
「叔父貴……そりゃちょっと酷くないか?これからアタシとカウラが付き合うからな」 
「西園寺さん……」 
 手を伸ばして感謝を示そうとする誠の手を振りほどくと、要は頬を赤らめながらそっぽを向く。
「別に……アタシはお前の事なんかどうでもいいんだが、目の前で死なれちゃ寝覚めが悪いからな!」 
「西園寺。貴様の気持ちなどどうでもいいことだ。それでは隊長!私達はシミュレーションルームへ行きますので!」 
 カウラが素早く敬礼をして歩いていく。
 それにつられて誠も敬礼の後その後に続く。
「ったくカウラの奴が。ゆっくりタバコも吸えねえや!」 
 要はそう言うと嵯峨の手にある携帯用灰皿に吸いガラをねじ込んだ後、不愉快そうに頭をかきながら出て行った。
「良いんですか?隊長。神前君は未だ法術系システム起動までのエネルギー調整が出来ないみたいですが……」 
 ヨハンが心配そうにタバコを燻らせている嵯峨を見つめる。
「なあに。俺は自分の勘には自信があってね。それに今回のミッションはあの二人がついててくれれば誠も死ぬことはないだろ」 
 そう言うと肺の中にたまっていた煙を大きく噴出した。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 今日から僕は 96

「アメちゃんの実験部隊か。所在地はネバダの砂漠っと。そう言えば叔父貴が捕虜になってたのもネバタの砂漠かなんかだったろ?」 
 要は思い出したようにそう言った。
「察しがわるいぜ要坊。まあ拡大して文章読んでみりゃすぐ分かるがこいつは俺のデータを基に作られた人工的法術師養成部隊だぜ。まあアメちゃん風に言うなら魔法学校か?」 
 薄ら笑いを浮かべながらそう口にする嵯峨の姿が、誠には少しばかり自虐的に見えた。
「つまりその部隊の実戦投入阻止の為に今回の事件をでっち上げたと言うわけですか?」 
 カウラは真剣だった。誠は身を寄せてくるカウラを背中に感じていた。
『ほんとにペッタンコなんだな』 
 誠は話題についていけず、口にすれば張り倒されるような言葉が浮かんできて苦笑いを浮かべたが、すぐ要が鋭い視線を投げてくるので無意味に口をパクパクさせてごまかす。
「だったら叔父貴よ。何でこの事件をぶつけたんだ?南部諸島や外惑星系にゃあもっと破裂寸前の爆弾が埋まってるだろ?デモンストレーションとしてはそちらの方が効果的なんじゃないのか?」 
 そんな問いに下卑た笑いを浮かべて嵯峨は答えた。
「天秤はな。計るものを置いた位置によってバランスが狂うもんだ。確かに他にも遼州星系には火種なんざ店を広げるくらいあるわな。だが、今回は火種そのものが問題じゃない。俺の顔が使えて、法術に関心がある列強が顔をそろえた舞台での作戦実行と言うことになると近藤資金は一番だったと言うことだ」 
 この人はこんな笑いしか出来なかったのか?嵯峨の浮かべる笑顔が妙に誠の心に引っかかった。
 突然内線が鳴った。
「神前の。隊長居るか?」 
 礼服姿の明石の姿がモニターに浮かんだ。
「タコか。すまんねいつもこんな仕事ばかり頼んで」 
 嵯峨はタバコをふかす、横でにらんでいるカウラとヨハン。
 しかし、不敵な笑みを浮かべる嵯峨はまるで気にする様子は無い。
「気にせんでください、オヤッサン。ワシはこのためにいるんですから」 
「じゃあ忠さんにヨロシク」 
 モニターが消え、再びアメリカの機密文書に切り替わる。
「隊長!忠さんて……」 
「そんなことも知らんのか?新入りはこれだから……」 
「仕方が無いだろ要。神前少尉、胡州第三艦隊提督、赤松忠満(あかまつただみつ)中将のことだ。隊長とは……」 
「胡州の西園寺家に養子に入った時からの幼馴染でね。高等予科の同期の桜だ。まあ忠さんに言わせりゃあ腐れ縁って答えるかも知れんがな」 
 これまで見たことの無い緊張感がありながら穏やかとでも言うべき表情を浮かべた嵯峨の姿がそこにあった。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。