スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 播州愚連隊 40

 敗戦と復興で持ち直したのがうわべに過ぎないことはこの帝都でも路地に迷い込んでみればすぐ分かる。明石はこの路地を歩きながら去年まで肩で風を切って歩いた芸州コロニーの闇市を思い出して歩いていた。後ろからついてくるのは是非との意向で部下達を代表してついてきた楓がきょろきょろと辺りを見回している。
「なんや、珍しいんか?」 
 リラックスしている明石を緊張した面持ちで見上げて無言で頷く楓。だが、明石は別所が会合の場所に選んだ寺に向かって歩みを速めた。通り過ぎる人々も海軍の制服を着た二人をわざとらしく無視している。
 明石もかつてはそうだった。
 戦争と言う天災に近い出来事で人生そのものを棒に振った気持ちで、ただ地べたを這い回るしかないなどと自分を慰めながら同じ境遇の者同士で寄り集まるのは負け犬だったかつての自分。やっかみと羨望で軍人や官僚達を持ち上げてすごしていた時代を思い出して明石は苦笑いを浮かべた。
「あそこに墓地が見えますよ」 
 楓がそう言う前に嗅ぎなれた線香の香りに明石は気づいていた。路地を行きかう闇屋や担ぎ屋ではない参拝客を目にするようになると、古びた本堂の伽藍が目に入る。周りのバラックと比べれば確かに瓦がきちんと並んでいる屋根は見事に見えた。だが墓には雑草が見え、塀は破れ、塔婆が散らかっているのが見える。
「荒れてますね。こんな……」 
「そないな顔せんといてな。貴族相手の寺やったら別やけど今はどの寺も今はこんなもんやで」
 そう言いながら明石は破れがちの塀に沿って門を目指す。門には背広の男が立っており、明石の顔を見ると黙って道をあける。
「大丈夫なんでしょうか」 
 楓が言うのも当然な話で、男の左胸には膨らみがあり、そこには銃が隠れているのは間違いが無かった。門をくぐると寺の荒れ方がかなり本格的なことに気づいた。襖はつぎはぎで覆われ、柱には大きく傷跡が見える。
 そうして入り口には今度は陸軍の制服を着た下士官がライフルを構えて立っている。
「ご苦労さん」 
 そう言って明石が頭を下げると下士官は戸惑うように笑った後、奥を覗き込んだ。見慣れない陸軍士官がきびきびと歩いてくる。
「明石清海少佐ですね。それと……」 
「正親町三条楓曹長であります!」 
 直立不動の姿勢で敬礼をする少女に微笑んだ陸軍中尉は敬礼を返す。
「靴を脱いで上がってください。あと、出来るだけ下を見ながら歩いてくださいよ。床が傷ついているので下手をすると靴下をだめにしますから」 
 そう言って靴を脱ぐ二人を眺める中尉。警備の下士官は二人の靴を横に片付ける。40足以上の靴が並んでいるところから見てそれなりの規模の集会であることは分かった。明石も奥に消えようとする中尉について薄暗い寺の屋根の下を歩いた。


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 播州愚連隊 39

 明石が首相波多野秀基暗殺の知らせを聞いたのは、嵯峨の隠密裏の胡州入国を聞いた三日後の話しだった。最新のアサルト・モジュール『飛燕』のテストを終え、機体の評価の報告書を隊長室で入力していたときに慌てて駆け込んできた正親町三条楓の一言にただじっとモニターを見つめていた。
「手口は?」 
 そう答えるのが精一杯だった。
「遼南の東モスレムのイスラム過激派が良くやる手法です。人体発火による自爆テロで波多野首相以下4名が即死、重軽傷者は100人を越えています」 
「ほうか」 
 それだけ言うと明石は再び新型機の評価のレポートに向かった。ただ入り口で楓が報告を終えても立ち尽くしているのが見える。そして顔を上げてみれば半分開いたドアから部下達が恐る恐る様子をうかがっているのがわかった。
「ああ、下がってもええんやけど」 
 そう言うが明石を見つめたまま動かない楓。仕方なくレポートを保存した後、明石は立ち上がった。
「首相暗殺。治安部隊の警備体制は完全にテロリストにばれてたんちゃうか?確かに遼州系の人間には地球人にはない力を持っている人間もいるからのう。暗殺が議事堂から出たところでって言うが気になるわ。敷地に入るときのチェックでアストラル反応検査くらいはやってるはずやから手引きした人間がいると考えるのがふつうなんとちゃうか?」 
 その言葉は楓の予想していた言葉の範囲内であるらしく黙って明石を見つめながら立ち尽くしている。
「あのなあ、ワシに何を期待しとるんじゃ?」 
「これは烏丸派の……」 
「わあっとる!」 
 楓の言葉が出る前に明石は叫んだ。予想された、予告されていた殺人。文明社会だと信じていた胡州でテロを許す体制が存在すると言う事実に明石は打ちのめされていた。彼の仲間達が爆弾にしがみついて敵艦隊に突入してまで守りたかったのがテロが横行するこの胡州の今の状況だと言うことが腹立たしくてたまらなかった。
 楓もさすがに怒鳴りつけた明石に驚いたように身を震わせるが一歩も引くことなく立ち尽くしていた。
「ほな、ワシはどないしたらええねん。ワシはただの教導部隊の隊長やぞ。憲兵の真似事なんざ出来るわけも無い」 
「波多野氏の後任人事は?」 
 楓の言葉に明石はそり上げられた頭を掻いた。
「あのなあ、ワシは兵隊さんや。政治向きの話ならお前の伯父さんの方がよう知っとるやろ。そちらに話してみ」 
「それは無いんじゃないですか!我等に黙ってみていろとでも?」 
 ここでようやく明石の部下達が隊長室に入ってきた。彼等は平民上がりである。軍に志願することが今の胡州で平民が出世できる数少ない場である。しかも明石のような西園寺恩顧の上官につかなければただの駒として消費されるしかない。そんな現状を知っている下士官達の顔をそれぞれ見つめた後、明石は諦めたように椅子に座りなおした。
「ワレ等の気持ちは分かった。別所に聞いてみるけ、今回は収めといてくれ」 
 明石の言葉に安心したように息を吐く楓。部下達に肩を叩かれながら出て行く楓を見送ると明石はすぐに別所に連絡を取り付けることにした。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 播州愚連隊 38

「政治は一握りの貴族のための物ではない。それは親父の口癖でしょ?」 
 そう言って嵯峨は酒をあおる。その姿を見ながら西園寺も徳利の酒を注いだ。
「つまらない正論に何が出来る」 
 西園寺の口元が笑みでゆがむ。目の前の弟もただ闇に沈んだ庭に目をやるだけだった。
「東和の支援を餌に民衆を動かしたらどうなります?」 
 そう言う弟。だが、それはすでに西園寺の考えの中にあるプランの一つだった。現在の首相に過激な反貴族制論議の喚起を叫ぶ波多野秀基をすえたのもそれを見込んでのことだった。実際東和の動きは早く、外務大臣が就任式典を理由に訪問、実務者の往来は烏丸前首相のときの数倍のペースとなっている。それ以上にアステロイドベルトの開発を進める合意もとりつけてあった。
「甘いな」 
「そうです。実に甘い」 
 弟のその一言に西園寺の顔がゆがんだ。
「兄上にはその後の立場の保障は無い。留守にはねっかえりが事を起こせば立場は一変、完全に悪者で通用するようになる。もうこの屋敷にも戻れなくなる」 
 平然とそう言ってグラスを干す嵯峨。そしてその瞳に浮かんでいるのは兄にも見通せぬ闇のようなものだった。
「このまま残って乱を待つか、どう出るか分からない賭けに出るか。俺が決めることじゃない。ただどちらにしろ育ててくれた胡州に不利益になることをするつもりはありませんよ」 
 そう言った弟の目に生気が無いのを見て、西園寺は黙り込んだ。
「それなら俺は乱を選ぶしかないだろうな」 
「そうですよね」 
 あっさりと肯定する嵯峨。
 その時ふすまの外に人の気配を感じた西園寺は立ち上がった。
「新ちゃん」 
 開いたふすまから西園寺の妻康子が顔を出す。
「ああ、お姉さま」 
 それまでの余裕を失い口を引きつらせる弟に西園寺は笑いをこらえるのに必死だった。
「新ちゃんはこの家が滅びても良いという考えなわけね」 
 そう言って静かに弟ににじり寄る妻を西園寺は見物することに決めた。
「そう言うわけじゃないですけど……」 
「嘘!新ちゃんは遼南皇帝でしょ?なら勅書を出してこの対立を収めることくらい出来るはずでしょ?」 
 そう言ってさらににじり寄る姉に身を固めて動けない弟。貧弱な幼帝だった彼に武術を教え、剣を研がせた師である姉が最大の天敵であることを知っている西園寺にはこれからの行動が見えてついには噴出していた。
「康子さん。あまりいじめないでくださいよ。コイツも事情があるんだ。なあ」 
 兄の言葉にようやく我に返った嵯峨は静かに身ずまいを整える。
「そうね、じゃあこれだけは約束して頂戴ね」 
 そう言って康子は振り向いた。そこには陸軍士官学校の制服を着た娘の要が立っていた。
「要ちゃんに恥ずかしくない胡州を作ること。それだけは約束してね」 
 姉ににらみつけられる嵯峨。彼には頷く以外の道は残されていなかった。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 播州愚連隊 37

「お前が動く必要はあるのかね」 
 帝都、西園寺邸。この屋敷の主である西園寺基義は目の前で寿司を無造作に放り込む弟、嵯峨惟基を眺めていた。弟は現在遼州星系の要とも言える要職、遼南皇帝の地位にある男だった。二百年以上前、地球からの独立を宣言したこの遼州星系の民の心の支えであった遼南皇家。胡州帝国もその名の『帝』とは遼南皇帝のことを指すことは形式だけとなった今でも変わることはなかった。
 その皇帝が単身、着流し姿で西園寺邸に現れたことに兄である基義は不快感を隠せなかった。
 黙って土産と称して手にしてきた寿司の桶から寿司を手に取り、妻の康子が出した取って置きの大吟醸を水でも飲むように口に流し込む弟に付き合う自分の人の良さを笑う基義。だが、海胆を食べ終えたところでようやく人心地ついたというように杯を干した弟の目は真剣なものがあった。
「兄貴。すまないけどしばらくどこかに隠れてもらえませんか?」 
 突然だった。そしてその言葉に不意に笑いがこみ上げてくるのを西園寺は止められなかった。
「馬鹿言うなよ。今は一番この国の重要な局面だ……」 
「だから言ってるんですよ」 
 強い調子で迫る嵯峨。弟がこういう強い調子で自分に意見することなど初めてのことだったので、西園寺は黙って弟を見つめた。一回り以上年下だが、それ以上に童顔の弟を見ると西園寺に怒りはこみ上げてこなかった。実際、彼の政敵達は自分の退場を望んでいることは知っていた。遼州同盟の拡大と言う事実と同時進行する貴族制と言う国家の根幹に関わる方針をめぐる対立。その中で西園寺派の主張である貴族制の解体と言う主張に多くの貴族達は西園寺家の出仕停止を求める請願を司法裁判所に起こしていることも知っていた。
「それじゃあ何か?清原あたりの連中の好きにこの国を動かせといいたいわけか、新三は」 
 新三(しんざ)。嵯峨惟基がまだ西園寺家の部屋住みの時代の名前を使って弟をにらみつけてみた。だが、そのときと顔つきはほとんど変わっていないというのに、どこか余裕のある笑みを浮かべて再び寿司に手を伸ばす弟に西園寺は違和感を感じていた。
『成長しやがって……』 
 内心安堵すると共に、不安感が西園寺を襲った。突然父に引き合わされて弟となったと告げられた嵯峨惟基、遼南を追われた十二歳の甥ムジャンタ・ラスコーを初めてこの屋敷で見たとき、西園寺はそのか細い首筋を見て幻滅したことを思い出した。実の父との皇位継承権争いに敗れ、叔母に当たる康子を頼って亡命してきた幼い皇帝は吹けば倒れるような弱弱しい印象しか残らなかった。だが、今こうして自分に意見している弟はそんな弱弱しい皇子様と同一人物とは思えない傑物としか見えなかった。
「俺が引いたとする。そうすると奴等がどうすると思うんだ?同盟の中でも胡州の加盟には民主化が必要だっていう東和の意見がある限り烏丸さん達が政権を握る間は胡州の同盟加盟は不可能なんだ。それとも何か?お前が同盟結成の言いだしっぺだということで東和や大麗の説得をしてくれるとでも言うのか?」 
 そう言って西園寺は初めて寿司桶からかっぱ巻きを手にして口に運ぶ。
「じゃあしばらく時を待てば良いんじゃないですか?幸い大河内公は回復に向かっているそうじゃないですか。西園寺と大河内両家の当主の合意と言うことになれば烏丸さんも無視はできない。その状況なら俺も被官の説得に動くくらいのことは出来ますよ」 
 弟の言葉に西園寺は自然と笑みが出てきていた。彼自身もこの政治対立を武力衝突まで拡大させるのは本意では無い。政争が内乱にまで発展すれば先の敗戦で多くの駐留部隊を派遣する協定を遼州星系諸国と結んでいる地球列強の介入を招くことすらありえない話ではないことは彼も十分承知していた。
「だが、それまで清原達が待てるのか?」 
 そう言うと西園寺は先ほど弟が注いだ酒を口に含んでその苦味に顔をしかめた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 播州愚連隊 36

「そんな状況だから明石に会っとく必要があるんだ」 
 別所の言葉に明石はすぐにその意味を理解した。
「教導部隊はどの派閥も関係なく順番が回ってくれば仮想敵を演じて見せるのが仕事や。派閥や陸海の区別無く部隊長と顔を合わせとるのがワシってことか?」 
 そんな明石の言葉に満足げに頷く別所に明石は少しばかり違和感を感じた。
「職業上知りうる情報を他に漏らす言うんはでけへんことちゃうか?」 
「そんな詳しい話を知りたいわけじゃない。雰囲気、所感。そんなもので良いんだ。他の部隊の連中がこの状況をどう捉えているかそれを知りたいんだ」 
 そう言って別所は立ち上がるとドアへと向かう。少し開いていた扉に顔をつけていた若い従卒を捕まえると明石を向き直る。
「ああ、小松。茶を入れてくれんかのう」 
 明石の言葉で別所から解放された従卒はそのまま外へと飛び出していった。
「アイツの気持ちも分かるよな。俺達は西園寺の旦那の尖兵扱いだ。どこに行ってもいつ動くとかどこが叛乱を起こすとか物騒な話題を振られて苦笑いの毎日だからな。ここの連中も神経質になってるんだろうな」 
 そんな魚住の指摘は正しいことを明石は一番良く知っていた。時には部下を率いて陸軍基地や演習宙域での模擬戦の時には露骨に明石への敵意をむき出しにする指揮官も珍しいことでは無かった。
「それはそうなんやけど……別所。ワレの方がよう知っとるような気がするんやけど」 
 明石の言葉が途切れたときに従卒がドアをノックする。
「おう、入れ」 
 上官の言葉を聞いてポットを抱えた小松と言う新兵が遠慮がちにそれをテーブルに置く。そしてそのまま入り口の隣の棚から茶と急須、そして湯飲みを取り出してテーブルに並べる。
「軍だけじゃなく会議と言う会議は迷走三昧だな。もう作戦や方針の優劣よりも西園寺派が白と言えば烏丸派は黒。それに誰が乗っかるかと言うような話題ばかりでめちゃくちゃだ。議会が機能しているから法令はちゃんと下りてくるし、予算も見通しが立てやすいはずなんだが、それをひっくり返そうと清原将軍なんかの息のかかった連中が怒鳴り始めて手がつけられない状況になるのがいつものことだ」 
 そう言うと別所は従卒の手から湯飲みを受け取り一口茶を口に含んだ。
「確かにな。俺もたまに会議で海軍省に出向くがほとんど意見がまとまったことなんてないぞ。散々怒鳴りあった末、その会議の議長が西園寺派なら内閣の指示に賛成。烏丸派なら意見書をつけて上に送り返す。まるで会議なんて意味が無い状況だよ」 
 魚住も茶に口をつけながらそう言った。
「やはり、大河内元帥が出てこないことには話が進まない状況ですよ」 
 手に湯飲みを握ったまま黒田がそう言って明石を見つめてくる。
「大河内さんか嵯峨さんあたりが仲裁に入らないとまずいのは分かるんだがねえ」 
 別所はそう言いながら湯飲みをテーブルにおいて頭を掻いた。だが、四人ともそれが難しいことは知っていた。海軍元帥大河内吉元は病床にあった。脳血管のバイパス手術でようやく集中治療室を出たばかりの老提督にこのめまぐるしく変わる政局や軍内部の調整を依頼するのは酷だった。また四大公三位である嵯峨家当主の嵯峨惟基大佐は軍籍を抜けて現在は遼南皇帝の地位にあり、もし動いたとしても彼の発言で不利益を得る派閥が内政干渉と騒ぎ立てるのは目に見えていた。
「ちょっと待て、連絡が入った」 
 そう言って別所が携帯端末をポケットから取り出す。そのまま画面を見た彼は突然にんまりと笑って明石達の顔を見回した。
「その御仁の到着だそうだ。秘密裏に嵯峨さんが帝都に入ったそうだ」 
 別所の言葉に明石達は安堵の表情を浮かべて従卒を一瞥した後ゆっくりと茶を啜った。だが別所は不機嫌に黙り込んでいた。
「うまく行けば良いがな」 
 その言葉に明石は不安を隠すことが出来なかった。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。