スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 魔物の街 40

「これは……また。ゲットーと呼ぶべきだろうな」 
 それまで運転に集中しているかのようだったカウラのつぶやきも当然だった。外の港湾地区が崩れた瓦礫の町ならば、こちらは刑務所か何かの中のようなありさまだった。時々屋台が出ているのが分かるが、一体その品物がどこから運び込まれたかなどと言うことは誠にもわからない。
「まあアタシもここができてすぐに来たんだけどな。まああのころは何にも無い埋立地に仮設テントとバラックがあるばかり。こうしてみるとその時代の方がまだましだったかもな」 
 そう小声でランがつぶやくのが聞こえる。
「そう言えばクバルカ中佐は遼南出身でしたよね」 
 誠の言葉にうんざりした顔を見せるラン。
「まあな、共和軍にいた人間は人民政府樹立で逃げ出すしかなかったわけだし。追放の対象だったアタシはまだましな方さ。自力でここにたどり着いた連中が暮らしを立て直そうとしたときには胡散臭い連中がここに街を作って魔窟が一つ出来上がった。そしてその利権をめぐり……」 
「アタシ達のような非正規任務の兵隊さんがのこのこやってきてその筋の方々に武器を売って大戦争を始めたってわけだ」 
 苦笑いを浮かべる要。建てられて十年も立っていないはずなのに多くのビルの壁には傷が走っている。所々階段がなくなっているのは抗争の最中に小銃の掃射でも浴びたのだろうか。そう思う誠の心とは無関係に車は走る。
「カウラ、ちょっと止めな」 
 要は突然そう言う。カウラがブレーキを踏んでまっすぐ行けば港に着くという大通りの路肩に車を止めるとすぐにどこから沸いたのか兵隊が駆け寄ってくる。
「南方諸島か」 
 要の言葉を聞いて身を固める誠。都市型のグレーの戦闘服の袖に派手な赤い鳥のマークの刺繍をつけている兵士達はそのまま銃を背負って車の両脇に群がる。
「トマレ!」 
 窓を開けた誠に銃を突きつけて叫ぶ南方諸島の正規軍の兵士。誠は後ろの要に目をやるが、要もランもただニヤニヤ笑いながら怯えた様子の誠を見つめているだけだった。
「カネ、カネ!トウワエン!イチマン!」 
 兵士がそう言うと要は爆笑を始めた。それに気づいた若い褐色の肌の兵士が車のドアに手をやる。壊されると思ったのかカウラはドアの鍵を開けた。
「要さん!勘弁してくださいよ!」 
 そう言ってそのまま引き出された誠は路上に這わされる。そしてすぐに兵士は誠の脇に拳銃があるのを見つける。そのままにんまりと笑い銃を突きつける兵士とそれをくわえタバコで見ていた下士官が後部座席で爆笑する要とランに銃を向けている。
「ケンジュウ、ミノガス、30マン!30マン」 
「ずいぶん相場が上がったもんだな!」 
 そのまま無抵抗を装うように車から引き出された振りをする要とラン。下士官は良い得物を見つけたとでも言うようにくわえていたタバコを地面に投げ捨てる。
「30万円?ずいぶんと安く見られたもんだ。じゃあこれで手を打ってもらおうかな」 
 ランはそう言うと再び身分証を取り出して下士官に見せる。そしてランの左手はすでに拳銃の銃口を下士官の額に向けていた。タバコを吸いなおそうとした下士官の口からタバコが落ちる。彼はそのまま誠の後頭部に銃口を向けていた部下の首根っこを押さえて誠の知らない言葉で指示を出した。
 兵士が突然銃を背負いなおし、青い顔で誠を見つめる。
「カネ、カネ、30マン!」 
 兵士の言葉の真似をして手を出す要を見つめると今にも泣き出しそうな顔で走り去っていく兵士達。
「良い勉強になったろ?これがここの真実さ」 
 そう言うと要はそのままポケットからタバコを取り出して火をつけた。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 魔物の街 39

「面白いものが見れたろ?」 
 そう言うと要は満面の笑みを浮かべながらタバコを取り出した。本部にはいつの間にか中から武装した兵士が出てきて入り口を固めている。それを面白そうに眺めた要はそのままタバコに火をつけて歩き始めた。
「ディスクは置いてきたが良いのか?」 
 カウラの言葉に要とランは目を合わせて笑顔を浮かべる。
「だからわらしべ長者なんだって。あのデータはあそこの検問の外ではそれなりの意味を持つが、あそこをくぐって租界の中に入ってしまえば麦わら一本以下の価値しかない。証拠性が消滅するんだよアイツ等の手に渡るとな。奴等は狼少年だからな、何を言っても誰も信用してくれない。賄賂を取って国に家でも建てれば別だが」 
 そう言って要はタバコをくわえたままカウラの赤いスポーツカーの屋根に寄りかかって話はじめる。同盟軍組織の一部、こう言う二線級部隊の腐敗はどこにでもあると言うように、要は時折振り返って兵士達に笑顔を振りまく。
「じゃあ何の意味が?」 
 そうたずねた誠に手にした端末の画面を要は見せた。次々と画面がスクロールしていく。良く見つめればそれはある端末から次々に送信されているデータを示したものだった。
「あいつらでも多少はコイツの存在が気になるんだ。さっそくあのリストと出所と思われるところに連絡を入れて事実関係を確認中ってところかな。後はあの連中が連絡をつけた糸をたどっていけばどこかに昨日見た連中の製造工場があるだろうって話だ」 
 そう言うと要はタバコを投げ捨てる。検問の兵士ににらみつけられるが要は平然とドアを開けてそのままランと組んで車に体を押し込む。
「それじゃあ今日はこれで終わりですか?」 
 助手席の椅子を戻して乗り込む誠を要とランが呆れたような目で見つめる。
「馬鹿だな。オメエ等がこの租界の流儀を知らねーのは分かってんだ。とりあえず入門をアタシ等が担当してやるよ」 
 そう言うとランは端末のデータを車のナビに転送した。
「このルートで走れって事ですか?」 
 カウラは租界の外周を回るような順路を見た後そのまま車を出した。
 外の湾岸再開発地区よりも租界の中は秩序があるように見えた。しかし、それが良く見れば危うい均衡の上にあることは誠にもすぐに分かった。四つ角には必ず重武装の警備兵が立っている。見かける羽振りのよさそうな背広の男の数人に一人は左の胸のポケットの中に何かを入れていた。それが恐らく拳銃であることは私服での警備任務を数回経験した誠にも分かる。
「今でこの有様だったら東都戦争のときはどうなってたんですか?」 
 思わずそんな言葉を吐いた誠を大きなため息をついた要がにらむ。
「なに、もっと静かだったよ。街もきれいなものでごみ一つ落ちて無かったな。なんといっても外に出たらどこからか狙撃されるんだから」 
 そう言って笑う要。確かに今見ている街には人の気配が満ちていた。大通りを走るカウラの車から外の路地を見ると必ず人影を目にした。子供、老人、女性。あまり青年男性の姿を見ないのは港湾の拡張工事などに人手が出ているからだろうか。
「空気の悪いのは昔からか?」 
 ランが要を見つめる。
「そりゃあしょうがねえだろ。こんな狭いところに50万人の人間が閉じ込められているんだ。呼吸だけで十分空気が二酸化炭素に染まるもんだ。もっともアタシはここの空気は嫌いじゃないがね」 
 そんなことを良いながら外を眺める要だが、その表情が懐かしい場所に帰ってきたような柔らかい笑顔に覆われていることに誠は不思議な気持ちに鳴った。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 魔物の街 38

「司法局管轄の人間だからってそんなに構えることねーだろ?」 
 にこやかに笑う広報の腕章の士官を覚めた目で見つめているラン。その状況で誠はこの警備本部が非常に胡散臭いものに感じられてきた。同盟内部でも軍事機構と司法局の関係はギクシャクとしたものだった。特に保安隊のように軍事機構の権限に抵触する部隊には明らかに敵意をむき出しにする軍人も多い。一方で停戦監視任務や民兵の武装解除などを行っている場合になると軍事機構の側の人間の反応は少し違うと先輩の島田からは聞いていた。
 一つは明らかに仕事を押し付けてくる場合である。停戦合意ができた以上、危ない橋を渡る必要は無いと、武装解除作業を保安隊に押し付けて隊員は街にでも飲みに繰り出す。昨年春の東モスレムでのイスラム教徒と仏教徒の衝突が突然の和平合意で遼南陸軍の監督に向かったときには露骨に仕事を押し付けられたと島田は愚痴った。
 そしてもう一つのパターン。それが目の前のケースだった。
『明らかに邪魔者だから消えてくれって感じだな』 
 広報の士官のにこやかな笑顔が誠の神経を逆なでする。ランは広報の士官を見上げながら明らかにいらだっているように要の脇を突いた。
「構えてなどいませんよ。それに本部長は外出中ですので……君!お茶を入れて差し上げて!さあ、こちらにどうぞ」 
 地図とにらめっこしていた女性下士官がそのまま立ち上がるのを見ると要はデータチップを手にした。
「別に挨拶に来たわけじゃねえんだ。これ、ちょっと手に入れたんだけど見てもらえるか?」 
 広報の士官の態度が明らかに硬くなる。その表情でランと要は半分満足したようにそのまま広報の士官が立ち止まるのに合わせて通路の脇の端末を勝手に起動させる。
「ちょっと!困りますよ」 
「なにが困るんだ?こっちから良い仕事のネタを提供してやろうって言うんだから……ほい、出た」 
 要はすぐに人身売買や非合法の臓器取引のデータがスクロールするように設定して警備本部の広報中尉にそれを見せる。
「……これがどうしたと?」 
 その反応の薄さに要はにやりと笑った。
「ほう、これはフィクションで実在の警備部隊とは関係ありません……とでも?」 
「ありえないですよ。どこで手に入れられたか分かりませんが、租界における人権問題の重要性は同盟内部でも常に第一の課題として……」 
 そこまで中尉が言ったところで要が右腕を端末の乗っている机に思い切り振り下ろした。机はそのサイボーグの強靭な腕の一撃でひしゃげる。そして広報の中尉はおびえたように飛び上がった。
「アタシの情報がでたらめって言うんだな?」 
 腕を机にめり込ませたまま要が怯えている将校を見上げる。
「でたらめ……いえ、マスコミの捏造記事じゃあるまいし……」 
「火の無いところに煙が……って奴だ。邪魔したな」 
 そう言うと要は机にめり込んだ腕を引き抜き、振り返る。ランもせせら笑うような笑みを浮かべてそれに続く。誠とカウラはただ二人が何をしたかったのかを考えながら警備本部から出ることにした。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 魔物の街 37

 巨大な障害物で半分ふさがれた道。その脇では黒い街宣車が大音量で租界の中に暮らしている遼南難民の罵倒を続けていた。カウラの車はすぐに胡州陸軍の制服を着た兵士に止められる。ヘルメットに自動小銃と言うお決まりのスタイルの兵士は大音量を垂れ流すバスの群れに目をやりながら停止したカウラの車の窓を叩いた。
「通行証は?」 
 そう言う兵士にカウラは保安隊の身分証を見せた。二人の兵士は顔を見合わせた後、後部座席を覗き込む。
「同盟司法局がなんの用ですか?」 
「バーカ。捜査に決まってるだろ?」 
 ランの顔を見てにらみつける兵士だが、すぐに彼女が身分証を取り出して階級を見せ付けると明らかに負けたというように一人はゲートを管理している兵士達に向かって駆け出した。
「ああ、別に中に入るのが目的じゃねーんだ。部隊長の顔を拝みたくてね」 
 そんな言葉を吐く幼女を引きつった顔で見つめる兵士はそのまま無線に何事かをつぶやいた。
「とりあえず警備本部もゲートの奥ですから」 
 兵士の言葉を聞くとカウラはそのままバリケードが派手な入り口を通り過ぎてゲートをくぐる。ゲートの周りは脱走者を防止するために完全に見晴らしの効いた場所になっており、ゲート脇の塔には狙撃銃を構える兵士、ゲートの脇の土嚢の中には重機関銃を構えている兵士が見える。カウラはそのまま塔の隣に立てられた警備本部の前に車を止めた。
「さてと、わらしべ長者を目指してがんばるか」 
 要はそう言うと端末から先ほど手にしたディスクを取り出した。誠はその言葉の意味が分からずにランに後頭部を突かれて仕方なく車から降りる。
「しかし殺伐とした場所だねえ」 
 彼女の言葉も当然だった。もし暴動が起きればゲート脇の土嚢から重機関銃の掃射が始まり、武装した難民がいたとしても装甲を張り巡らせた鉄塔の上からの狙撃で簡単に制圧されることは間違いなかった。さらに明らかに過剰防衛を行いかねないと言うような感じで本部の裏を見るとさすがに機体は配備されてはいないようだがアサルト・モジュール用のハンガーまで用意されている。
「物々しいというより過剰防衛の気配があるな」 
 呆れる誠の肩を叩きながらカウラが本部へ向かう要とランについていくように誠に知らせる。
「あのー、わらしべ長者って?」 
 誠の声に呆れたような顔の要が振り向く。ランはそのまま警備本部の入り口のドアにたどり着いた。
「早くしろよ!」 
 そう急かされて早足になる誠。それを見たランはそのまま本部に入った。誠が遅れて建物に入ると怪訝な表情の胡州陸軍勤務服の兵士達が入り口に目を向けた。
「保安隊の方ですね!」 
 その中で一人の将校がさわやかな笑顔を撒き散らしながらランに近づいてくる。
「広報担当か……気に食わねーな」 
 ぼそりとつぶやくランに表情を崩すことなくその中尉は闖入してきた誠達を迎えた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 魔物の街 36

「買ったのはそっちの方でこちらはダミーか」 
 カウラはそう言うとバックミラーを使って自分の青く染まった舌を確かめた。
「当たりめーだろ。何のためにアタシが芝居をしたと思ってんだ」 
「あれが芝居か?」 
 ランの言葉に苦笑いを浮かべながら要は後頭部からコードを伸ばして携帯端末に直結してデータディスクを差し込んだ。
「オメー等も端末出しとけ」 
 ランの言葉にカウラもアイスを外に捨てた。誠はもったいないので最後まで食べる。
「ちょっと待てよ。プロテクトを解除する……よし」 
 要の言葉が途切れると誠の端末からも数字が並んでいる表を見ることが出来た。
「あのう……」 
 それは奇妙に過ぎる表だった。端末に写っているのは臓器の名前と個数。心臓、肝臓、腎臓、網膜。その種類と摘出者の年齢、血液型、抗体など。延々とスクロールしても尽きない表が続いていた。
「司法警察に持ち込めば警察総監賞ものだ。もっともこのデータを買ってくれる親切な人のところに持ってった方が金になるだろうが」 
 ランがそう言うのも当然だった。
「でもこれって……」 
「租界に流れ込む難民の数と、出て行く難民の数。発表されて無いだろ?人間の使い道がこの土地じゃあ他とは違うんだ」 
 要の言葉に誠は悟った。臓器売買のうわさは大学時代から野球部と漫画研究会の二束のわらじで忙しい誠の耳にも届いてきていた。当時は臓器売買だけでなく薬物や武器までこの租界とその近辺を流れているという噂もあった。そして誠が軍に入るとその利権をめぐり他国の工作部隊が投入されていると言う情報が事実だとわかった。そして同盟軍の治安維持部隊も賄賂を取ってそれを見逃しているという別の噂を耳にすることになった。
 武器の輸出規制が強まり、薬物の末端での取締りが強化されるようになって、それでも上納金を求める暴力団や賄賂を待つ治安維持部隊に貢ぐ資金を搾り出すために行われるといわれる人身売買。都市伝説と思っていたものが事実であると示すような一覧が手元にあった。
「そんなに驚くこともねえよ。胡州だってこの租界に派遣されているのは三流の部隊だ。地獄の沙汰もなんとやら、要するに見て通りのことが行われているってことだ」 
 誠はただ呆然と画面をスクロールさせる。
「でも法術師の研究とは関係ないんじゃないですか?」 
「他の画面も見てみろ……ってここじゃあ場所が悪いな。カウラ、車を出せ」 
 ランが端末のモニターをにらみながら指示を出す。車はそのまま路地を走り出した。
「このまま租界に入るぞ。検問の同盟軍の駐留地まで行け」 
 そのまま画面をスクロールさせていく誠。ようやく一番下まで来ると次の画面に移るためのカーソルが開いた。次の画面はさらに誠の顔をしかめさせるものだった。それはこれまでの文字だけの世界とは違うリストが表示されていた。
 それはまるでペットか何かのように子供の写真と値段が表示される画面。
「おっと二ページ目か。まあ見ての通りだ」 
 思わず吐き気に口を押さえた誠を冷ややかに突き放すようなランの一言。車内の空気はよどんだ。
「カウラ。とりあえず窓を開けてやれよ」 
 淡々と要はそう言うとデータを読み終えてコードを首から外した。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。