スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 今日から僕は 120

 朝食時とあって、食堂は各部署の隊員が混ざり合い、混雑しているように見えた。
 事実、食券の自販機の前では整備班員達が談笑しながら順番を待っている。
「よう!誠」 
 声をかけてきたのは島田だった。
 この所、05式の調整にかかりっきりだった彼をしばらくぶりに見て、誠は少し安心した。
「島田先輩。それにしても混んでますね」 
「まあな。たぶん安心して飯が食える最後の時間になりそうだからな。最後の飯がレーションなんて言うのはいただけないんだろう」 
 そう言うと島田は特盛牛丼のボタンを押す。
「奢るけど、誠は何にする?」 
「いいんですか?それじゃあカツカレーで」 
 食券を受け取り、厨房の前のカウンターに向かう長蛇の列の後ろに付いた。
「しかし、ようやく様になってきたらしいじゃないか。模擬戦」 
 話を振る島田。
「許大佐から聞いたんですか?様になったと言ってもただ撃墜される時間が延びただけですよ」 
「謙遜するなって。どうせ近藤一派の機体は、旧式を馬鹿みたいに火力だけ上げた火龍だ。観測機でも上げてこない限り05(まるご)の敵じゃないよ」 
 列はいつになくゆっくりと進む。
 食堂で思い思いに談笑し、食事を頬張る隊員達もいつになくリラックスしている。
「でも、大したものですね保安隊は、戦闘宙域まで数時間と言う所でこんなにリラックスできるなんて」 
 誠のその言葉に島田は怪訝な顔をした。
「そうか?俺もここには設立以来、と言っても二年前からだけど、いつもこんなもんだぜ。まあ、東和軍はここ二百年も戦争やってない軍隊だから緊張感とか無理に作らなきゃ出ないもんだがな。それとも幹部候補生は見る目が違うのかな」 
 皮肉めいた調子で島田は話す。
 島田は技術系の専門職コースで、東和軍でも比較的出世が遅いコースである。
 遼北の技術士官の出世頭、明華には比べるまでも無いが、ゲルパルトの技術系士官コースのヨハンより格下の曹長である。一応少尉扱いの誠を嫉妬するのも頷けた。
「幹部候補と言っても、それは軍学校から本部詰めの後、地方を回る連中のことですよ。僕みたいにいきなり出向ってのは縁が無いですよ出世なんて」 
「確かに。お前が出世するとこは想像できないしな。でも実戦で手柄立てればいいんじゃないのか?東和軍ではせいぜい紛争地帯で白塗りの機体をバリケード代わりにして突っ立ってるくらいしか出番ないし」 
「どうですかね」 
 誠は思わず苦笑いを浮かべる。
「汁ダク、ねぎダクでお願い!」 
 カウンターに到着すると島田は炊事班にそう告げた。
「こっちは福神漬け倍で」 
 つい誠もいらない競争心を発揮する。
「はい特盛牛丼、汁ダク、ねぎダクにカツカレーお待ち!」 
 島田はドンブリを、誠はトレーにカレーの入った皿を載せて空席を探した。
「正人!こっちあいてるよ!誠ちゃんもこっち来なよ」 
 遠くで燃えるような赤い髪が目立つ、ショートヘアの女性士官が手を振っている。
 隣はピンク色のロングヘアの女性士官が突っ伏している紺色の髪の女性士官に何か話しているのが見える。
「サラ!サンクス!誠。ついて来い」 
 島田に導かれ、誠はまっすぐにサラ、パーラ、そしてどう見ても二日酔いのアイシャの待つテーブルへ向かった。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 今日から僕は 119

 要は酒を口の中に流し込む。
 アイシャは角煮を頬張る。
 カウラはその様子を心地よい笑顔で眺めている。
「なんか遠足みたいな感じですね」 
 誠は自分より年上に見える女性三人に囲まれて、つい間が持たずに口を滑らせた。
「遠足?」 
 また要が噛み付く下準備をする。
「私とカウラは遠足なんてした事ないから。今回の任務が終わったら夏よね。私は艦長候補研修があるから難しいけど、カウラは何処か行くの?」 
「特に予定はない。それ以前に無駄に動き回るのは私の性に合わない。神前、そこのオレンジ色の小さなセンベイもらっていいか」 
「いいですよ。僕は角煮食べるんで」 
 カウラはいつものように感情が入っていない声で答えた。
「要ちゃんは里帰り?」 
「馬鹿言うな。アタシは実家とは縁切ったんだ!」 
「そう?ただ康子様と楓ちゃんに会いたくないだけなんじゃないの?」 
 図星を突かれてうろたえる要。
 得意げに鼻歌を歌いながらアイシャはコップの底の酒をあおる。
「おい、アイシャ。飲みすぎじゃないのか?」 
 珍しく要が上機嫌のアイシャに声をかけた。
「飲みすぎ?そんなんじゃないわよ!ただ少し気分がいいだけ。ねえ!誠ちゃん!」 
 誠は思った。
 明らかにアイシャは出来上がっている。しかもここは誠の部屋だ。どこにも逃げようが無い。
「カウラ、こいつ連れて帰るぞ」 
 要が心配そうな表情の誠に気を使ってカウラに声をかける。
 カウラも頷くと足をじたばたさせながらわけのわからない言葉を連呼するアイシャを押さえつけた。
「襲われるー!助けて!誠ちゃん!ビアン=ドS大帝、西園寺要がー!!」
「うるせえ!馬鹿!人が来たらどうすんだ!」 
 要がどうにかアイシャを背負い、カウラが後ろからそれを支える。
「大丈夫ですか?」 
 申し訳ない。そう思いながら誠が要に声をかける。
「しかし、初めてじゃないのか?神前。テメエがうちに来てから他人が潰れるの見るの」 
 にやりと笑いながら要が誠の瞳を見つめる。
「じゃあ!出発!進行!」 
「まったく何を考えているのか……、要!大丈夫か?」 
 カウラはアイシャがきつくしがみついているのを見ながら立ち上がった。
 要はそのままアイシャを背負って部屋から出て行く。
 カウラは少し遅れて部屋を出ようとするが、また誠の前に戻ってきた。
「神前少尉。頼みがある」 
 緑の前髪がこぼれる額、透き通るような頬を少し赤らめてカウラは言った。
「頼みですか?」 
「そうだ」
 誠は正直カウラの心が読めずにいた。
「もしこの作戦が終わったら、一緒に海に行ってくれないか?」 
 突然の誘い。
 誠は正直戸惑った。
「それほど深い意味はない。ただ戦場で生き抜くには生き抜いた後になにか頼るべきものが必要だと……本で読んだのでな」 
 カウラの声が次第にか細くなる。
 ひたすら時を待ち、言葉を伝える機会を待っていたようで、かすかに顔にかかる緑の髪が震えている。
「分かりました。約束しますよ」 
「そうか!ありがとう」 
 溢れるような、太陽のような笑みがそこにあった。
 誠は心からの笑顔を浮かべながら部屋を出て行くカウラを見送った。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 今日から僕は 118

「早かったじゃねえか。しかも豚……じゃねえか猪の角煮、炊事班の賄いか?こいつ旨いんだわ。とりあえず机にでも置いて一杯やろうじゃねえか」 
 ふくれっ面の要がカウラ、アイシャの横をすり抜ける。
 肩にかからない程度に切りそろえられた髪をなびかせながら、要はアイシャと嵯峨との間に腰を下ろして嵯峨からコップを受け取った。
「叔父貴。ケチるんじゃねえぞ!」 
「分かってるよ。まあアイシャも少しは付き合え。カウラすまんな。とりあえず茶でも飲んでくれ」 
 要の労をねぎらうべく、嵯峨は自分達より多めに酒をついでやった。
 乾杯を待たずコップの中の酒を口に含む要。
「いいねえ、こいつやっぱ旨いや。アルコール度数も高けえんじゃねえの?」 
「そうだな。確か18度くらいじゃないのか?」 
「ええと、正解です。アルコール度数17〜19度」 
 誠は手書きのラベルの片隅に書かれた品名の欄を読み上げる。
「それじゃあ私はセーブしながら飲まないと」 
「だな。アイシャはそれほど強くないからな。まあアタシは好きなだけ飲むけど」 
 要がまたグビリと酒を口に含んだ。
 誠が一口飲む間に、もうさっき注いだ酒の半分が消えていた。
「要坊。もう少し味わって飲めよ」 
 思わず嵯峨が苦笑いを浮かべる。
「そんなのアタシの勝手だろ?しかし、何度も言うけどカウラ本当に飲めないのか?お姉さんとかパーラは結構いける口なのに変じゃないのか?」 
 そう振られてカウラは緑の瞳で誠を一瞥した。
 悲しい瞳だ。誠はそう感じた。
「私達は確かに人造培養生命体だが、同じ遺伝子を使用して製造されたわけではない。体格や各種性能にはそれぞれ差がある」 
「そう言うこと。でも本当に美味しいお酒ね。隊長、やっぱりこれお姉さんも飲んだ事あるんですか?」 

「リアナか?あいつに飲ませてもつまらねえよ。アルコールが入っていりゃあ何でもOKなんだから。それにその後の拷問に俺は耐え切れん」 
 嵯峨はそう言いながら四杯目の酒をあおった。
「誠。とりあえず俺は仮眠を取るわ」 
 それだけ言うと嵯峨は席を立つ。
「叔父貴。これもらっていいのか?」 
 タレ目を輝かせて酒瓶を持ち上げる要。
「勝手にしろ。誠、せいぜい怖いおばさん連に虐められないように!」 
「おばさん言うな!この不良中年が!」 
 要の剣幕に押されるようにして出て行く嵯峨。
 その様子に少し頬を緩めるカウラ。
 まったく我が道を行くという様子で酒と角煮を味わうアイシャ。
「西園寺さん、カウラさん、アイシャさん」 
 それぞれの目を見て誠は切り出した。
「なんだよいきなり」 
 要が怪訝な目で誠を見つめる。
「僕は思うんです。ここに来たのは正解かもしれないと」 
「そうよね。こんなきれいなお姉さんが部屋に来てくれるなんて、他の東和軍じゃあ考えられないもんね」 
「自分で言うんじゃねえよ、バーカ!」 
「何よ、きれいなお姉さんには要も入ってるのよ!」 
 要とアイシャのやり取りに思わず声を出して笑うカウラ。
「それもありますけど、隊長とか、明石さんとか、吉田さんとか、明華さんとか、リアナお姉さんとか、マリアさんとか、シン大尉とか。ともかくみんないい人なんで。それで僕が僕の仕事をこなす事でその人達が守れるって事が凄く嬉しいんです」 
「神前のの」 
 重々しい口調で切り出す要。
「生意気ですか?」 
「バーカ。ようやく戦う心構えが出来たのかと安心しただけだ。今の気持ち、忘れるなよ。忘れればアタシみたいな外道に落ちる」 
 以前見た陰のある瞳が二つ要の顔に浮かんでいるのを誠は見つけた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 今日から僕は 117

 渋々、要は席を立って部屋を出て行こうとする。
「ああそうだ。出来れば食堂でなんかつまむ物でも持ってきてくれや」 
「わあったよ!叔父貴は人使いが荒いねえ」 
 ドアが閉まる。
 アイシャはベッドの脇、カウラの隣に座った。
「タレ目ですね」 
 誠はしみじみとした調子でつい思いついた事を口にした。
「誠。それあいつの前では言わん方がいいぞ。血を見る事になるからな」 
 完全に乾燥し、硬くなった干し肉を引きちぎりながら嵯峨はそう言った。
「それはそうと、何でお前等が……って言うだけ野暮か」 
 嵯峨は細かく千切った干し肉を口に放り込む。
「特に用があったわけじゃないですが、どうも作戦が近づいてるのが気になるみたいでちょっと声でもかけようと思って……カウラちゃんはどうして?」 
 話を振られて緑の髪を揺らしながらうろたえるカウラ。
 ポニーテールの髪がかすかに揺れているのが誠にも分かった。
 緑色をした澄んだ瞳が、ちらちらと誠の方に向けられる。
「まあいいやな。人のすることを一々詮索する趣味は俺にはねえよ。まあ初出撃だ。ビビらん方がよっぽど厄介だ。おかげさまで俺の部下に、英雄気取りの馬鹿はあまりお目にかかってないんでね。それに俺の軍籍のある胡州陸軍には伝統的な馬鹿矯正法があるからな」 
「鉄拳制裁ですか?」 
 一口酒を舐める嵯峨にカウラはそう答える。
「ぶん殴って頭をはっきりさせるって言うのは戦場で自爆どころか足を引っ張った上で勝手にくたばる運命に比べたらよっぽど人道的な対処法だよ。まあ俺は暴力は嫌いだがね」 
「本当にそうなんですか?ずいぶん芝居がかって見えますが。誠ちゃんもう一杯どう?」 
 皮肉めいた笑みを嵯峨に向けたあと、アイシャが報告書作成のための机に置かれていたコップを手に取り酒を注いだ。
「そう言えば誠との付き合いは、俺が陸軍大学校を出て東和の大使館付き二等武官をやってたころだから……」 
「隊長。そのころまだ僕は生まれてませんよ」 
 それは誠の実家の道場では誰もが知っている話だった。
 誠の父誠也(せいや)が道場を開いて初の道場破り。酔狂なその胡州軍人の話は語り草となった。
 その軍人、嵯峨二等武官は誠也の竹刀をあっさり叩き落したが、誠の母、薫の徹底的に攻撃を受け流す策の前に焦って打ち込んだ面をかわされて敗れ、そのまま入門したという事も誠は聞いていた。
「そうだったっけ?ああ、そう言えば居なかったな。思い出した、思い出した。俺が復員した後、楓に家督を譲って東都で弁護士事務所を始めたころだ」 
「弁護士事務所?茶道教室の間違いじゃないんですか?」 
 アイシャはいたずらっぽく笑う。
「仕方ねえだろ。ちゃんと裁判所には弁護士事務所で登録したんだから法律的には弁護士事務所だ。まあ実入りは茶道具の仕入れや骨董の鑑定なんかの方が多かったけどな。一応二回ほど訴訟を手がけた事もあるんだぜ」 
 そう言うと急に扉のほうに視線を移す嵯峨。
 盆の上に三つのコップと烏龍茶と豚の角煮を一皿持った要が居た。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 今日から僕は 116

「よく見ると殺風景な部屋だねえ。お前の好きなアニメのポスターの一枚も貼ればいいのに」
 グビリと嵯峨は酒を口に含む。
「お前、あれだろ。アニメのディスクとかに付いてきたポスターとか、きっちり保存用に溜め込む口だろ?まあシャムやアイシャもそんなこと言ってたからなあ。アイシャなんかは保存用、布教用、観賞用って三つも同じディスク買い込んでるみたいだからな」 
 確かにそうなので誠は苦笑いを浮かべるしかなかった。
「せめてカレンダーくらい貼っといた方が気が休まるんじゃないか?こんなに殺風景だと……おい、誰か来てるみたいだぞ」 
 入り口の所を指差し、嵯峨はそう言った。
 誠は指示されるままに扉を開く。
「よう!元気か!って、なんだ、叔父貴もいたのかよ」 
 少しばかり上機嫌になっている要がそこにいた。
 自分も酔ってはいるものの、要の息は明らかに大量の蒸留酒を飲んでアルコールに満ち溢れたそれだ。
「おいおい、一応待機中なんだぜ、もうちょっと自重してもいいんじゃないのか?」 
「かてえこと言うなよ!おい神前!」 
 直立不動の態勢をとった誠だが、先ほどのシャムの『タレ眼』と言う指摘を思い出し、じっと要の顔を見ていた。
「どうした?アタシのあまりの美しさに言葉もねえのか?」 
 確かにタレ眼だった。
 笑顔を浮かべるとさらにタレ眼になる。
「虐めんなよ、要坊。それよりこいつ飲むか?」 
 嵯峨は一升瓶を掲げた。
 ぬらりと視線を一升瓶に移した要だったが、すぐそのタレ眼が輝きだした。
「これって銀鶴の純米大吟醸じゃないか!胡州でも手に入れるの大変なんだぜ!叔父貴!どこで売ってた」 
「ああ、ここの店主とは西園寺家に養子に入ってからの付き合いでね。まあ年に5本くらいは贈ってもらってるよ。兄貴の所にゃあもっと送ってると思うけど。飲んだ事ないのか?」 
「オヤジの野郎がそんな親切な人間に見えるか?ほとんど客が来た時、さしで飲むのがこれだから。アタシはめったに飲ませてもらえねえよ」 
 そう言いながら酒瓶を嘗め回すように見つめる要を気にすることなく、嵯峨は悠々とコップに酒を注いだ。
「いくら頼んでも無駄だぞ、こいつは俺と誠で飲もうと思って持ってきたんだ。そんだけ出来上がってりゃあ味も何も関係ねえだろ?消毒用のエチルでも飲んでな」 
 まったく取り付く島が無いとでも言うように、要の羨望の視線を尻目に悠然と酒をあおる嵯峨。
「ちょっと待て叔父貴。神前!ちょっとここに座らせろ!」 
 要はそう言ってベッドに腰掛ける。
 しばらく眼を瞑り、手のひらを閉じたり開いたり始めた。
「神前少尉、何をして……隊長!」 
 開けっ放しの入り口、今度はカウラが顔をのぞかせた。
「千客万来だなあ、誠。まあカウラもこっち来いや。それで要坊。アルコールは抜けたか?」
「まあな、この状態なら飲んでもいいだろ?」 
 体内のプラントをフル回転させてアルコールを分解させ、すっかりしらふに戻った要がまた目じりを下げながらじっと酒瓶を見つめていた。
「そうだ、要とカウラ。それに……カウラ、ちょっと後ろ見てみ」 
 入り口で立ち止まっているカウラが言われるとおりに後ろを見た。
 そして誠達からも分かるような驚きの表情を見せた。
「アイシャ!なんで貴様がいる」 
「それは無いんじゃない?カウラちゃん。こんな狭い艦だもの、暇つぶしに歩いてたらたまたまここを通っただけよ。それよりなんでカウラちゃんがこんなとこに……って要や隊長まで!」 
 長い紺色の髪をなびかせてアイシャがカウラに付き添うようにして誠の私室に入る。
「こりゃちょっとコップとか足りねえな。要坊、コップあと三つ、それにカウラ用にジュースでも買って来いや」 
「何でアタシなんだ!」 
「お前もこれ飲むんだろ?それにここは誠の部屋だ。つまりこいつがここの主人だ。そして階級は俺は大佐、ベルガーとクラウゼは大尉。お前は中尉。つまり上官命令って奴だ」 
「分かったよ!」 
 そう言うと仕方ないと言ったように要は部屋を出て行った。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。