スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 魔物の街 120

「本人の意思ね。でもどれだけの人が自分の意思だけで生きられるのかしら?時代、環境。いろいろと自分の意思ではどうにもならないものもあるじゃないの」 
 あてつけの笑み。そして片桐博士は再びウィスキーのグラスに手を伸ばす。誠は黙って上官の二人を見た。
 カウラは挑戦的な視線を送る片桐女史に感情を殺したような視線を送っていた。要はそもそも目を合わせることもせず、天井にタバコの煙を噴き上げていた。
「それが違法研究に流れたアンタの理屈か?つまらねえことで人生棒に振るもんだな」 
 ようやく片桐博士に目を向けた要の冷たい視線。それに少しばかり動揺したように震える手でウィスキーをあおる。
 その時、外にサイレンの音が響いた。それを聞くと片桐女史は静かに立ち上がった。そのままふらふらと半開きの扉に向かう彼女を立ち上がって要が監視していた。
「大丈夫よ、自殺したりはしないから」
 その挑戦的な視線に怒りをこめた要の視線が飛ぶ。
「これを渡したくて。どうせ機動隊や一般警察の鑑識が知っても意味の無い情報でしょうからね」 
 そう言って部屋に入った片桐女史はそのまま一枚のデータディスクを要に渡した。外では物々しい装備の機動隊員が装甲車両から降車して整列している様が見える。
「あんな連中を呼び出すような物騒なものの研究をしていたんだ。少しは反省……って。その面じゃ無理か」 
 頭を掻くと要は再びどっかと元のリビングの椅子に腰掛ける。その手からディスクを受け取ったカウラは自分の携帯端末をポケットから取り出してディスクを挿入する。
『こちら、東都第三機動隊!』 
 操作中にカウラの端末から機動隊からの通信が入る。
「こちらは同盟司法局法術特別捜査本部第一機動部隊長、カウラ・ベルガー大尉。法術研究に関する同盟法規第十三条に違反する容疑者の確保に成功。別に違反法術展開の現行犯の容疑者が逃走中。データを転送します」 
 事務的に答えたカウラを片桐女史が皮肉めいた笑みを浮かべながら眺めている。
「不思議ね、あなた達。人造人間、サイボーグ、異能力を持った非地球人類。なのになんでそんなに仲良くできるのかしら?コツでもあるの?」 
 誠はこのとき初めて片桐女史の本音が聞けたような気がした。
「馬鹿じゃねえのか?そんなことも分からねえなんて」 
 すぐさま要はタバコを片桐女史が差し出した灰皿ではなく自分の携帯灰皿に押し付けるとそう言ってよどんだ笑みを浮かべながら答えた。
「アタシ等がそんな身の上を思い出すときはそれぞれの長所が見えたときだけだからだよ。いつもはただの人間同士の暮らしがあるだけだ」 
 ドアが開き強化樹脂製の盾を構えた機動隊員がなだれ込んで来る。彼らはサブマシンガンを構えながら片桐女史を見つけると銃口を向けて取り囲んだ。
「あなた、名前は?」 
 取り囲む機動隊員が目に入っていないかのように静かに笑いながら片桐女史は要にそう言った。
「法術犯罪防止法違反容疑で逮捕します」 
 要の答えを待たずに機動隊を指揮していた巡査部長が片桐女史の手に手錠をかけた。そのまま両脇を機動隊員に挟まれて部屋を後にする彼女を黙って要は見送っていた。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 魔物の街 119

 カウラが手を上げて北川の隠れたキッチンの前に要を進めようとするが、それを見ていた誠の腕を片桐博士は振り払って立ち上がる。
「危ない!」 
 誠が展開した干渉空間ではじくような音が響いた。軽く手だけを出して撃たれた北川のリボルバーの弾丸が鳴らした音だと気づいた要が突入するが、すでにそこには誰もいなかった。
「ったく……」 
 舌打ちをしながら要が腰のホルスターに銃を仕舞う。そしてそのまま要は土足で片桐博士に歩み寄った。
「なに?」 
 そう言った博士をあらん限りの敵意をこめた要のタレ目がにらみつける。いつ手が出るか分からないと踏んだカウラも銃を収めて片桐博士を見据える。
「お話、聞けませんかね」 
 カウラの静かな一言に再び落ち着きを取り戻した片桐博士が元の椅子に腰を下ろした。誠は手にした拳銃のマガジンを抜くとルガーピストルの特徴とも言えるトルグを引いて装弾された弾丸を抜いて腰を下ろす。
「あなた、ゲルパルトの人造人間?」 
 エメラルドグリーンの光を放つカウラの髪に笑顔を向ける片桐博士。その質問を無視してその正面にカウラ、隣に要が座り、誠は博士の横に座る形になった。
「聞きてえことは一つだ。この前の同盟本部ビルを襲撃した法術師の製造にあんたが関わったのかどうか……」 
 明らかに嫌悪感に染まった要の言葉、その言葉を聞きながら片桐博士はテーブルの上に置かれたタバコの箱からミントの香るタバコを取り出した。
「法術特捜の捜査権限で事情聴取と考えて言い訳ね、これからのお話は」 
 冷たい笑顔で三人を見回した後、片桐博士はタバコに火をつける。それをちらちらと見つめる要。
「良いんですのよ、あなたはタバコを吸われるんでしょ?」 
 明らかにいらだっている要にそう言うと片桐博士は煙を天井に向けて吐いた。
「法術特捜の動きまで分かっているということは、知っていると判断してもよろしいんですね」 
 念を入れるようなカウラの言葉。タバコをくわえながら片桐博士は微笑む。
「たとえば百メートルを8秒台前半で走れる素質の子供がいて……」 
 その言葉がごまかしの色を含んでいると思った要が立ち上がろうとするのをカウラが押さえた。要はやけになったようにポケットからタバコの箱を取り出す。
「その才能を見抜いてトレーニングを施す。これは良い事かしら?」 
 言葉を切って自分を見つめてくる片桐博士の態度にいらだっているように無造作にタバコを引っ張り出した要が素早くライターに火をともす。片桐博士は目の前の灰皿をテーブルの中央に押し出し、再びカウラの方に目を向けた。
「その能力が他者の脅威になるかどうか。本人の意思に沿ったものなのか。その線引きもなしに才能うんぬんの話をするのは不適切だと思いますが?」 
 カウラの言葉に満足げな笑みを浮かべた片桐女史はタバコをくわえて満足げに煙を吸っていた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 魔物の街 118

 視界に飛び込んできた明るい照明のリビング。誠は拳銃を構えながら周囲の確認をした。そこにはウィスキーの酒瓶をテーブルに置いている保安隊のたまり場『あまさき屋』の女将の春子と同じくらいの女性がとろんとした瞳で誠を見つめていた。
「同盟司法局です!」 
「ふーん」 
 片桐博士は驚くわけでもなく、明らかに酔いつぶれる寸前のとろんとした瞳で誠を見つめる。
「あのー……安全を優先して……その……何か?」 
 銃を構えている大男である誠が闖入してきたというのに片桐博士は無関心を装うように空になったグラスに酒を注ぐ。
「なるほど、実験以外でこういう光景に会えるのは面白いわね。あなたも飲む?」 
 そう言うとよたよたと立ち上がる博士を誠は銃を置いて支えた。
「大丈夫よ、そんなに飲んでないから」 
 明らかにアルコールのきつい匂いを放っている片桐博士。誠はその乱れた襟元に視線が向くのを無理して我慢する。
「司法局の方が動いているってことは……もう、終わりなのね」 
 そう言うと誠の分のグラスを取りに行くのを諦めて元の席に座りなおす。そして再びグラスになみなみと注がれたウィスキーを半分ほどあおった。
「そんなに飲んだら……」 
「気遣ってくれるの?若いお巡りさん」 
 片桐博士の顔に妖艶な表情が浮かぶ。だが、誠はようやくここに来た意味を思い出して銃を手にとって構えた。
「このマンションに法術犯罪者が侵入しました。安全の確保に努めますのでご協力を……」 
 そこまで言ったところで隣の部屋で銃声が響いた。誠は思わず彼に身を寄せる片桐博士をしっかりと抱きしめるような形になった。
「本物の法術師が見れるのね。自然覚醒した個体に何が出来るのか……」 
 そのうっすらと浮かぶ笑みに誠は目を奪われていたが、すぐにドアの近くに銀色の干渉空間が浮かぶのを見て立ちはだかるようにして銃を向けた。しかし、それはすぐに消えた。そして今度は後ろから強烈な気配を感じて振り返る。そこには隣のベランダから飛び移ってきていた要の姿があった。
「馬鹿!後ろだ!」 
 要の叫び声、そのまま銃のグリップで彼女はベランダに向かう窓を叩き割って銃を構える。その先を振り返った誠の目に飛び込んだのは小型リボルバーを手にした北川の姿だった。
「コイツは驚きだ!かの有名な神前誠曹長がいらっしゃるとは!」 
 再び要の銃が火を噴く。しかしその弾丸はすべて北川の展開した干渉空間に飲み込まれて消えた。北川はその間にキッチンの後ろに姿を隠す。同時にドアが開き、銃を構えたカウラが誠とカウラに視線を送っていた。
 不意にすすり泣くような声が聞こえるのを誠は聞いた。それは片桐博士の笑い声だと理解するまで誠は呆然と彼女をかばうように身を寄せて立ち尽くしていた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 魔物の街 117

 要はバッグからコードを取り出すと首筋のスロットに差し込む。しばらく沈黙してその後でいらだちながらコードを握り締めた。
「公安の奴等、見切りが早ええんだよ……って残ってたか」 
 いらだちながらつぶやく要。サイボーグである彼女の得意な電子情報確保を行っているのを見ると再び誠は片桐女史の部屋の明かりを見ていた。
「西園寺……また東都警察のデータベースにハッキングか?それでデータは……」 
「焦るなって」 
 カウラの心配そうな声に静かに答える要。そんな緊迫した状況に合わせるようにそれまで止まっていた冬らしい北風の季節風に揺れる木々を見ながら誠は黙ってとんかつ弁当を諦めた。
「あのクラスのマンションは指名手配犯を見つけたら近くの警察に連絡が入るシステムがあったんだけど、そのシステムが動かないか。電子迷彩か?それともシステムにハッキング……金があるんだねえアイツの飼い主は」 
 監視カメラから警戒システムにデータが転送される間にそのデータを改竄して警戒システムを無力化する最新装備。最新のものの予算計上を先月拒否された要は苦笑いを浮かべていた。
「訪問先はあのオバサンのところ……?じゃないな」 
 首をひねる要。その言葉に身を乗り出してきたカウラの気配を悟って仕方が無いように振り向いた。
「隣の302号室だ。借主は……後ろ暗いところは無い典型的なサラリーマンだな」 
 そう言って再び視線を戻す要。誠も視線を戻すとカーテンに影となった片桐女史の姿が見える。
「どうします?」 
 誠は緊張に耐え切れずにカウラを見た。あごに手を当て考え事をしているカウラ。
「北川は茜のお姫様ですら軽くいなす腕利きの法術師だぜ。確かにアイツを押さえる目的で踏み込むってことも出来そうだが、本当に無関係ならアタシ等がまだ諦めていないことがばれるわけだ」 
 そう言うと要はカウラを見つめる。
「じゃあ行こう」 
 カウラはそう言うとドアに手をかける。
「黙っているのはアタシらしくないからな」 
 そう言って要は誠の座っている助手席を蹴りつける。
 仕方が無く誠はドアを開けて路地に降り立った。カウラも要も手には拳銃を握り、誠も胸のホルスターからルガーP06を抜く。
「装弾していいぞ。間違いなくやりあうことにはなるからな」 
 そう言って要は走り出した。暴発の可能性があると言うことでキムから発砲直前まで装弾しないように言われていたことを思い出してすぐに誠は銃のトルグを引き上げて銃弾を薬室に込める。突入経路はこの場所に付いたときに設定してあった。要はそのまま右手に仕込んであるワイヤーをマンションの屋上に向けて投げる。カウラはそのまま銃を構えつつ走ってマンションの非常階段を目指す。
『行くぞ!』 
 誠は気合と共に目の前に力を集中する。訓練のときのように立ち止まった誠の目の前に銀色のかがみのようなモノ、干渉空間が展開される。
「じゃあ行きます!」 
 そう叫んだ誠はそのまま頭から銀色のかがみのような空間に突っ込んでいった。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 魔物の街 116

 コンビニを出た誠は急ぎ足で国道を進んだ。響くトレーラーのエンジン音に押されてそのまま元来た路地に曲がって坂道を進む。赤いカウラのスポーツカーを見つけ、そのままどたどたと駆け寄ると素早く助手席のドアを開いた。
「馬鹿か?オメエは!ばれたらどうするんだ?」 
 迷惑そうな声を上げる要。その手に焼きそばパンを握らせると、要は視線を片桐博士のマンションに固定したまま袋を開ける。
「あんまり感心しないが……おでんか」 
 そう言うとカウラは誠からパックの中に汁と共に入っているおでんを手に取った。
「何かあったんだろ?」 
 カウラの言葉に誠は静かに頷く。
「北川公平を見ました」 
 その言葉に勢い良く要は顔を誠に向けた。明らかに非難するようにいつものタレ目が釣りあがって見える。
「なんで知らせなかった!アイツはオメエの拉致未遂事件の重要参考人だぞ!」 
「ですが通信なんて使ったらばれてしまうかも知れませんから」 
 頼るように誠が目をカウラに向ける。カウラは口の中に大根を運んでいるところだった。
「下手に動かなかったのは正解だろ。それにコンビニくらい行くんじゃないか?刑事事件の関係者でも」 
 のんびりと大根を味わうカウラを諦めたように一瞥した後、要は再び視線を片桐博士のマンションに向けた。
 もはや日は沈んでいた。わずかな夕日の残したオレンジの光を今度は家々の明かりが補おうとしているかのように見える。黙って焼きそばパンを口に運びながら監視を続ける要。
「でもいいんですか?北川公平は……」 
「良いも何も……片桐女史と関係があるようなら事情を聞くために身柄を押さえるのもいいが、今動けばどちらにも逃げられるだろうからな」 
 冷静にそう返すカウラ。パンを頬張る要の口元にも笑みが浮かんでいる。
「二人が接触するなら話は別だけど。まあこっちの仕事をちゃんと遂行しようじゃねえの」 
 そう言うと要は最後の一口を口にねじ込む。
 沈黙の中、国道を走る車の音が遠くに聞こえる。通信端末をいじっていたカウラがそれを閉じて要を見た。
「あれ……」 
 要の声にカウラと誠は視線をマンションへ向かう路地に移した。
 買い物袋を手にした北川がそこに立っていた。何度か周りを見回した後、玄関のある方向へ歩き始めるのが見える。
「ビンゴか?」 
 そう言っている要の口元が残忍な笑みを浮かべているのが見えた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。