スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 魔物の街 140

『ア・リ・ガ・ト……』 
 そんな声が誠の頭の中に響いたような気がした。
 突き立てられた05式のサーベルの光がさらに強まる。傷口からは赤黒い粘液がどろどろと流れ落ちる。そしてそのまま流れ落ちた血のようなもので合同庁舎前の大通りが赤く染まった。
「ウギャー!」 
 うめき声を上げる肉塊。その破れかぶれともいえる干渉空間が05式の手元で瞬時に展開されて炸裂した。反動で誠の機体はサーベルを離して吹き飛ばされてしまった。
「これじゃあ」 
 隣のビルに叩きつけられた誠の機体。体勢を立て直して肉塊の体内に取り込まれていくサーベルを取り返すべく突進を仕掛ける。
『大丈夫だよ誠ちゃん。もう終わったんだよ』 
 頭の中。優しく響くのは穏やかなシャムの声だった。足を止めた誠の前で肉塊の中から銀色の光の筋が飛び出している。その光の筋の周りの組織が崩壊を始め、肉塊は次第に細かい肉片を撒き散らしながらアスファルトの上に崩れ落ちていった。
『終わったのか?』 
 カウラの声が誠の耳に響く。未だ誠は目の前に姿を現した自分の機体の専用法術兵器のサーベルが光の筋を放つのをぼんやりと眺めているだけだった。
『やったじゃねーか』 
 化け物が地下から出た際に崩れた瓦礫を浴びたのか、コンクリートの粉塵を浴びて白く顔が染まっているランの姿がモニターに映し出された。
『ランちゃん……お化粧したの?』 
『お前!馬鹿だろ?シャム。これのどこが化粧だって……』 
『俊平!またランちゃんが馬鹿って言った!』 
『事実だから仕方が無いだろ?なあ、キム』 
『なんで俺に振るんですか!』 
 いつもの隊舎でのどたばたが展開される画像を見て、ようやく目の前の生体プラントに釘付けにされていた非日常からいつもの日常を取り戻したと言うように誠は大きく息をした。
『お疲れ!とりあえず現状をそのままにして神前、降りろや』 
 要の画像が変わっていて彼女が走っているらしいことがわかる。それを見ていたのか、誠の機体を見上げていたカウラの顔に笑顔が戻った。
『この05式の破損も証拠物件だ。後は東都警察の仕事。私達はこのまま帰等するぞ』 
 コックピットを開く。生臭いにおいが漂う中、誠はワイアーを降ろしてそのまま地面にたどり着く。そこには笑顔のカウラの姿があった。
「終わったな」 
 煌々と官庁街を照らし出す東和警察機動隊の投光車両。周りには盾を構えた機動隊員が目の前の肉塊の時々びくりと跳ねる鮮血に警戒しながら包囲を始めていた。光の中、カウラのエメラルドグリーンの後ろ髪が北風になびくのを見て誠の心が締め付けられる気分になった。
「神前……」 
 誠に伸ばそうとした手が何者かに掴まれた。
「なんだ!またつり橋効果ごっこでもやる気か!」 
 そこにはいつものタレ目を吊り上げてカウラをにらみつける要の姿があった。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 魔物の街 139

 緊張感は先ほどの07式を相手にしたときの比ではなかった。干渉空間。それもこれまで誠が数回しか展開に成功した規模のものを確実に複数展開しようとする気配を感じる。
『このままじゃやられる!』 
 次第に息が荒くなるのがわかった。
 肉塊は干渉空間を安定して持続させたまま、じりじりと誠との距離を詰める。だが誠はサーベルを構えたまま動くことが出来ないでいた。じっとにらみ合う。だがもはや目の前のかつて人間であったものにはすべてを破壊する以外の考えはないというように頭上に広がる干渉空間の転送先を考えているかのように見えた。
『大丈夫だよ!』 
 突然少女の声が誠の脳内にひらめいた。目の前の肉塊の展開した干渉空間が瞬時に縮んだ。そして肉塊の表面に展開していた薄い制御空間に出来た歪に何かが命中し爆発する。
『間に合ったな!』 
 開いたウィンドウには吉田の姿があった。
『本当に効くんですか?』 
『それはお前の責任だろ?大麗から対法術適応型アサルト・モジュール兵器ってことで取り寄せたんだ。効かなかったらそれは大麗の技術陣を恨め』 
 吉田が構えている無反動砲の後ろで装填を担当している歩兵火器の管理責任者のキム・ジュンヒ少尉が泣きそうな顔で次弾を装填している。
「ムゴー!」 
 明らかに痛みを感じているとでも言うように榴弾の直撃を受けた化け物はもがき苦しんでいた。再び干渉空間を展開しようとするが、それも瞬時に消える。
『今のうちだよ!』 
 ウィンドウが開いたところには第一小隊のエース。ナンバルゲニア・シャムラード中尉の幼く見える顔が広がる。その顔を見て誠は覚悟を決めたようにサーベルを構えなおした。
『反撃だ!行けるな』 
 カウラの声に励まされるのを感じながら誠はそのまま大きくサーベルを振り上げて目の前の化け物に向かう。
「ムガー!」 
 叫び声を上げる化け物に大きく振り上げた誠の05式のサーベルが振り下ろされた。
「行けー!」 
 言葉と同時に誠の空間干渉能力が発動してサーベルが銀色に光り始めた。振り下ろされたサーベルが肉塊の左端を引き裂き、そのまま地面に突き刺さった。切り離された肉塊は地面にボタリと落ちるとじわじわとアスファルトを侵食しながら煙を上げて消滅していく。
『行けるぞ!』 
 要の声にさらに誠はサーベルを構えなおした。その時、また吉田の無反動砲が先ほど引き裂かれて再生を始めていた化け物の左端に命中する。
 爆発。明らかにひるんだようによろめく肉塊。
『次弾装填!』 
『これがラストですよ!』 
 キムの声に誠は再び間合いを取る。もはや衝撃波や空間切削の攻撃を繰り出すことを忘れた肉塊はただの的となっていた。大きく振り上げた誠の05式のサーベル。吉田の最後の一撃が化け物の左半身に命中するのと同時にその中央に誠のサーベルが突きたてられた。
「こなくそー!」 
 叫びと共に肉塊に突き立てられたサーベルが光を放つ。一瞬動きを止めた後、肉塊は大きくうごめいて苦しがっているように見えた。
『ごめんね……でも仕方が無いの』 
 シャムの声が誠の脳内に響く。サーベルは白から赤に色を変えながら一段と際立った光を放ち始めた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 魔物の街 138

 誠が少し感覚を取り戻し始めたとき、急に合同庁舎の車止めの一部が陥没した。
『神前曹長!例のプラントの確保に失敗したとクバルカ中佐からの通信だ!出てくるぞ』 
 カウラの声に緊張の色が見える。それまでただ装甲車両から指示を出していた彼女が誠の後ろで装甲車両から降りて指示を出しているのが見える。
 誠はそのまま陥没の土煙の中に目を向けた。
『あんなにでかいのか?』 
 痛い誠の05式のモニターの画面を受信しているらしく、要の表情が驚きに包まれる。
「これが……」 
 そこまで言うのが誠には精一杯だった。まるで巨大ななまこのような物体。そこからは無数の人の手足、そして顔のようなものまで見て取れた。しばらく息を呑んでいた誠。そして次の瞬間、衝撃波が誠の機体を襲った。
「なんだってこんな!」 
 誠の気持ちはもはや届くことは無かった。18メートルの誠のアサルト・モジュールを優に超える巨大な肉の塊がぞろぞろと地下から這い出してくる。
 全身から取り込まれた法術適正者の足や腕、かつてそれが人間と呼ばれていたときの記憶のようなものを感じさせる突起を全身に配した褐色の不気味な海鼠に似た怪物。それが今誠の目の前にあった。
「どうしたらいいんですか!」 
 東都警察の機動隊の照明で明かりを浴びて伸び上がろうとする目の前の物体を前に誠が叫ぶ。
『法術兵器だ!サーベルは使えるからそれで行け!』 
 カウラの叫び。ようやく誠も理解して大破した07式に突き立てていたサーベルを引き抜いた。
「ムゴー!!」 
 雄たけびのようなものを上げる巨大な海鼠のような物体。そしてそこに渦巻く取り込まれていた人々の思いが誠を襲う。
 東都に来れば仕事がある。そう言われて東海のシンジケートに借金をして東都に渡った若者。生まれたときには不法入国者として租界のにごった空で身体を売って暮らしていた少女。法術が何かの足しになるかと誘いに乗ってみた七人の子持ちの父親。それらの過去が誠の頭の中を走馬灯のように走った。
「やるしかないのか……」 
 目の前の物体の総合としての意思はただ意識を持つものをうらみ、ねたみ、そして破壊すると言う本能だけの物体だった。
 サーベルを構える誠。その目の前で肉塊はじりじりと間合いをつめる。衝撃波を放たないのはそれで誠の05式を仕留められないということを学習したからだろう。
『干渉空間発生!下がれ!』 
 カウラの声で誠は機体を飛びのかせた。切断された空間が都心のアスファルトを削り取りビルを寸断する。
『やばいぞ!あれに巻き込まれたらオメエの機体ももたねえぞ!』 
 要の指摘を受ける前からその可能性は誠は認識していた。そしてそこに目の前の肉塊が気づくだろうと言うこともわかっていた。
『やばいな。こちらは飛び道具無し。そして次々と干渉空間を展開されれば……』 
 そんな誠の思いを理解したかのように再び干渉空間発生の感覚が誠を襲う。
 再び飛びのいてカウラの装甲車両の前にまで後退した。後ろには07式のパイロット確保の為に集結した東都警察機動隊がひしめいている。誠はこれ以上下がることができないと考え直してサーベルを構えて目の前の肉塊に向き直った。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 魔物の街 137

「駄目です!まったくコントロールを受け付けません!」 
 ランに背中から小さな身体のランには不釣合いなライフルの銃口を突きつけられながら白衣の研究者は振り返った。
「何をされたのですか?先ほどそのスイッチを押されたのは見ていましてよ」 
 厚生局の武装隊員を抑えているラーナを見やりながら茜が静かにつぶやいた。
 その向ける銃口の先の開発責任者とでも言ったかんじの白髪交じりの厚生局の女性研究者がほくそ笑む。そしてその視線の先には強化ガラス越しに十メートルを優に超える大きさに成長した法術師の成れの果ての脳下垂体分泌ホルモン生産プラントが拘束する鎖を引きちぎって暴れだしていた。
「あなた方には分からないのかしら?これは人類の一つの新しい可能性の象徴なのよ。あのプラントから生産される各種のホルモンと発生する思念波。そしてさまざまな薬物投与により東和の人類は新たな進化の道をたどることに……」 
 銃声が響く。それは腹に銃撃を受けて倒れかけていた島田のライフルのものだった。
「馬鹿……言うなよ……」 
 そう言うと静かにサラに起こされて上体を持ち上げる。その腹の傷はどう見ても致命傷だが、黒い霧のようなものとそれに活性化されたとでも言うように盛り上がりうごめく内臓と筋肉の組織の動きで流れていた血は止まって傷口がふさがっていくのがわかる。
「あなたはもしかして……」 
 女性技官の驚愕の表情に青い顔の島田の口元に笑みが浮かぶ。
「こんな小物よりよー、アタシの方がよっぽど調べがいがあるぜ。なんと言っても遼南の七騎士の一人だからなー」 
 そう言って笑うラン。技官は諦めたようにそのまま置かれていたパイプ椅子に腰掛けた。
「保安隊の介入は予想された事態よ。どうせアサルト・モジュールでの戦いではあの法術の存在を世界に知らしめた神前曹長が相手では勝ち目も薄い。なら……」 
 ガラスの向こうの生態プラント。巨大な海鼠のような姿を晒す褐色の化け物が衝撃波を放った。ラン達のいる地下研究室の強化ガラスが吹き飛ぶとランの表情が青くなった。
「なんだ!こいつは!」 
 叫ぶことしか出来なかった。彼女が製造された宇宙を支配した技術文明もそんな感覚をランには教えてはいなかった。恐怖、怒り、悲しみ。この生体プラントに生きたまま取り込まれた人々のさまざまな思いがランの心を振り回した。だが彼女はすぐに周囲に干渉空間を展開して思念を遮断して周りを見回した。
 銃口を向けていた研究者はすでに倒れて痙攣していた。女性技官も椅子から投げ出されて気を失っている。この部屋に連行された武装隊員と研究スタッフも多くは失神するか恐慌状態でただ震えるばかりだった。
 監視をしていたはずのラーナは頭を抱えてうずくまっていた。唇が青く染まり口ががたがたと震えている。茜はその方に手を伸ばすが、そんな彼女もラーナに声をかけようとしているがその声が出ない事に気づいて焦っているように見えた。
「クバルカ中佐!」 
 ようやく腹部の傷がふさがりかけた島田が衝撃波で飛ばされた銃を引き戻し、弾倉を差し替えている。それは銀色の対法術師用の弾丸の入った銀色のマガジンだった。
「大丈夫か!」 
 隣には気を失ったサラの姿がある。島田はゆっくりと彼女の盾になるように立ち上がると薬室に新しい弾丸を叩き込む。
「やれるだけやりましょう!」 
 島田のその言葉でランは本当の意味で我に返った。もはや目の前の生体プラントはつながった干渉空間からのエネルギーを吸い込んで先ほどの倍ほどの大きさとなり、天井を衝撃波で壊しながら脱出を図っているように見えた。
「わかった!」 
 ランはそう言うと自分の銃のマガジンを差し替え、対法術師用の弾丸を装填する。
「一斉に撃て!あれだけ的がでかいんだ、どこでも当たるだろ!」 
 その言葉で島田が射撃を始めた。その銃声で我に返ったラーナが弱弱しく立ち上がる。茜もすでに銃撃の体勢に入った。
『神前……うまくやれよ!』 
 ランは心の中で念じながら銃の引き金を引いた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 魔物の街 136

「07式のオペレーションシステムに接続!コントロールをそちらに任せます!」 
 誠の言葉にモニタの中でぼんやりしていた要が頷く。抵抗する厚生局の07式の左わき腹の装甲板を引き剥がされてマニピュレータで有線でシステムに侵入されても07式のパイロットは投降する意思を示さなかった。
『しばらくそのまま抑えていてくれ。西園寺がシステムを掌握すれば私達の仕事は終わりだ』 
 安堵の表情。いつも緊張して見える画面の中のカウラの顔が笑顔に変わる。誠も自然と集中していたために額から流れていた汗に気づいて苦笑いを浮かべながら空調の温度を下げた。
『シュバーキナ少佐隊は一階まで制圧したらしいわ。後は……』 
『あの化け物の回収か・・・』 
 首筋のスロットにハブを差し込んで何本ものケーブルをぶら下げている要のつぶやき。ここにアイシャがいたなら『アンタのほうがよっぽど化け物じゃない!』と突っ込みを入れていたろうと思って、誠の頬にも笑みが浮かぶ。
『誠。にやけて何考えてんだ?』 
 要の言葉に心を見透かされたように感じた誠は意味も無く頭を下げた。
『システムを制圧した。カウラ。マリアの姐御に連絡して07式のパイロットを抑えさせろ』 
 誠はようやく力が抜けてだらりとシートに身体を投げた。すでに日付をまたごうとしていた。07式の機能停止により東都警察の機動隊は投光車両を並べて一斉に誠のアニメヒロインの描きこまれた誠の機体と大破した灰色の07式を闇夜に映し出している。
『痛々しいなあ、オメエのは』 
 そう言いながらタバコを取り出そうとしている要に目をやっていたときに誠の意識に強烈な一撃が走った。
『おい!』 
 カウラが叫んでいる。誠にはそれが聞こえるが身体が言うことを利かなかった。意識が朦朧として、そして何か恐怖のようなものが全身を走り毛根に血液が流れ込むような感覚が芽生える。
『どうした!神前!』 
 再びカウラの声が意識から遠くなっていくような状況で聞こえた。とりあえずわずかに言うことをきく左腕でオートに設定して07式に取り付こうとする機動隊の隊員達から離れるのがやっとだった。
『誠!どうしたんだ?顔色が悪いぞ』 
 要の声も聞こえるが、まるで電波の悪いところの無線通信のような聞こえ方をしていた。異変に気づいたカウラがモニターの中で地下で作戦行動中のランの隊に連絡をつけようとしているのが見える。
『そうか……ランちゃん達が出会ったのかな……彼等に……』 
 かすかに意識の果てに浮かぶ誠の思い。そしてそれゆえにこの異変があの法術師開発用の生態プラントにされた難民達の意識のなせる技であることを確信していた。
「決着は……ついていないんだ……」 
 そう思うと誠は全身に自分の力を流し込もうとしてみた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。