スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 時は流れるままに 20

「あら……お姉様方おそろいですのね」 
 窓の外には和装の美女の姿がある。嵯峨の双子の姉妹の姉の嵯峨茜。
 先月の同盟厚生局と東和軍の武断派によるクーデター未遂事件の解決でようやく来年度の正式発足が決まった『法術特捜』の新主席捜査官就任が決まった同盟司法局のエリート捜査官である。
「あと西園寺さんがタバコを吸って……」 
「おう、茜じゃねえか。会議ばかりで退屈じゃねえのか?」 
 喫煙所から戻ってきた要が茜の高級セダンの横に立っていた。ちらちらと要はその車を眺めるが、要はどちらかと言うとこう言う高級品的な車が嫌いだと何度も言っていた。その目はいつものようにただの好奇心で鏡にでもできるのかと言うほどの艶を見せる塗装を見つめているだけだった。
「会議も大切なお仕事ですわよ。特にわたくし達は国家警察や同盟司法局捜査部、場合によっては軍部との協力が必要になるお仕事ですもの。面倒だと言っても事前の綿密な連携が……」 
「聞こえない!何にも聞こえない!」 
 そのまま自分に対する説教になりかねないと思った要は両耳を手で押さえて詰め所の入り口に向かっていく。
「本当に要お姉さまは……」 
「茜ちゃんもそんなに説教ばかりしても……」 
 アイシャの言葉に大きくため息をつく茜。会議をサボる、会議では寝る、会議から逃げるの三拍子で上層部の不興を買うことを楽しんでいると言う噂の茜の父惟基。無類の女好きであっちこっちの部隊で同性にちやほやされることが趣味だと言ってはばからない妹楓。この二人を東都のはずれ豊川の部隊に残して都心に去ることに不安を感じている茜に誠は同情を禁じえなかった。
「そうですわね。カウラさん!」 
「はい!」 
 誠と同い年。だがどうしてもその雰囲気と物腰は落ち着いていてカウラですら緊張するようなところがあった。そして若干17歳で東和弁護士試験を合格したと言う回転の速い頭脳。あの嵯峨や楓すら御する腹の据わり具合。誠も声をかけられたカウラに同情する。
「しっかり要お姉さまのたずなを握っておいてくださいね」 
「うるせー!余計なお世話だよ」 
 上がりこんできた要がゲートのスイッチを押す。開くゲートを一瞥した後、茜は大きなため息をついて要を見上げた。
「なんだよ……」 
「何でもありませんわ」 
 そう言って茜は車に乗り込む。身を乗り出して駐車場に向かう茜の車を見送った後、要はずかずかと歩いてコタツのそれまで誠が入っていたところに足を突っ込む。
「何もねえって顔じゃねえよな!あれ」 
 その横柄な態度に態度の大きさでは要と負けていないアイシャですら大きなため息をついた。
「じゃあさっきの話の続きをするわね」 
 要を置いて話を始めようとするアイシャ。拳を握り締める要の手を握っカウラが頭を振るのを見てようやく要は落ち着いてコタツの外に正座している誠に勝ち誇った笑みを浮かべて見せた。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 時は流れるままに 19

「だってさー、ここにこうして詰めているのが歩哨の仕事でしょ?」 
「そこのロッカーに銃なら入ってるぞ。それ持って外で立ってろ。そうすれば仕事をしていると認めてやる」 
 みかんの皮をたたみながらのカウラの言葉にアイシャは頬を膨らませる。
「誠ちゃん!カウラって酷くない!」 
「はあ……」 
 誠はただ苦笑するだけだった。アイシャはその頼りない誠の態度にため息をつくと再び目の前の画面に目を向けた。
「でねでね!さっきの続きだけどね。今日、ランちゃんに頼んで今月の23日から来月の4日まで私達は休暇をとることにしたのよ」 
「したのよ?」 
 怪訝な顔でアイシャを見つめるカウラ。誠も突然のアイシャの言葉に驚いた。
「決定なんですか?」 
 誠の言葉に笑みを浮かべて頷くアイシャ。カウラはすぐに自分の腕に巻いた端末を起動させて画面を何度か転換させた後、大きくため息をついてアイシャをにらみつける。
「クバルカ中佐の許可も取ってあるな」 
 勤務体制の組み換えの許可は副隊長であるランの承認が必要だった。逆に言えばランが勤務体制がタイトに過ぎると判断すれば各人の休暇消化の指示が出る。事実、出動後のアサルト・モジュールのオーバーホールなどで超過勤務が続くことが多い技術部のメンバーには何度か休暇消化命令が出たこともあった。
「まあね。有給消化率の低い誰かさんを休ませると言ったらランちゃんすぐにOK出してくれたわよ」 
「ランちゃん?」 
 外からの声に驚いて誠はゲートの方を振り返る。そこには赤いヘルメットが浮かんでおり、その下にはにらんでいるような目があった。
「あ!クバルカ中佐……」 
 カウラはコタツの中の誠の足を蹴る。それを合図に誠は席を外している要に変わりコタツを出て這ってゲートの操作ボタンまで向かった。
「オメエ等暇そうだな……って西園寺はどうした?」 
 ゲートの開くのを見ながらデニム地のジャケットを着て小さなバイクにまたがっているランがエンジンを吹かす。
「ええと、要ちゃんならタバコ吸いに行きましたよ。それより休日出勤ご苦労様です!」 
 そう言ってにんまりと笑うアイシャを見てランは大きくため息をついた。 
「仕事を増やす部下ばっかりで大変だよ」 
 そう言い捨てるとランは工場の内部道路を軽快な音を立てて去っていった。
「でも……ほんとランちゃんてかわいいわよね」 
 うれしそうなアイシャ。それを見ながら寒さに負けてコタツに向かう誠。だが、コタツにたどり着く直前でゲートに現れた客の咳払いが聞こえてそのままの格好で誠はゲートの操作ボタンへと這って行った。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 時は流れるままに 18

「よう!」 
 立っていたのはコートを着込んだ嵯峨だった。手にはタバコを持って相変わらず何を考えているのか分からない脱力気味の視線で誠達を眺めている。
「叔父貴。警備部の訓練には付き合わないのか?」 
 要はそう言いながらゲートを開く。
 嵯峨は要と同じ胡州陸軍の軍籍の持ち主である。貴族制領邦国家、胡州帝国の四大公の一つ嵯峨家当主を次女でありこの部隊の第三小隊小隊長嵯峨楓に譲り今は一代公爵という爵位を持つ超上流の貴族である。要の父である胡州帝国宰相、西園寺基義公爵の義理の弟で西園寺新三郎と名乗っていたこともあるところから『人斬り新三郎』と言う二つ名の方が通りが良かった。
 だが今誠の目の前にいるのはそのような殿上貴族と言うにはあまりにも貧相なコートを着た目の色に生気のない男だった。そして愛車のスバル360が長身の嵯峨の後ろでぱすんぱすんと途切れそうなエンジン音を放っているのも嵯峨の貧乏臭さに止めを刺しているように見えた。
「やってられっかよ。アイツ等の室内戦闘技術は銀河屈指だぜ。俺みたいなロートルの出張る必要はねえよ」 
 そう言ってタバコを口に運ぶ嵯峨。保安隊、正式名称『遼州星系政治共同体同盟最高会議司法機関実働部隊機動第一課』の隊長に彼が選ばれたのは胡州陸軍憲兵隊の隊長としての経験を買われたということになっていた。
 だがなによりその何を考えているのか分からないポーカーフェイスを野に放しておくのを一部の同盟諸国の首脳が怖がったからと言う噂は誠も耳にしていた。確かにぼんやりとタバコをくゆらす様は不気味に思える。
 そんな不審そうな誠の顔を見て不愉快そうな表情で嵯峨が背伸びをして部屋の奥を覗き込んでくる。カウラはタバコの煙を撒き散らす嵯峨をにらみつけ、嵯峨はそれに気づいて弱ったように頭を掻いていた。
 要の操作でゲートが開くと、軽く手を上げた後、黙って車に乗り込む。それを見た要がポケットからタバコの箱を取り出した。
「吸うなら外に出ろ」 
 軽いエンジン音を撒き散らして去っていく嵯峨の軽自動車の音に合わせるようにそう言うと、カウラは再びみかんに手を伸ばす。それを見た要は舌打ちをして立ち上がると誠の後ろの出入り口に向かった。
「じゃあヤニ吸って来るわ」 
「帰って来なくてもいいわよ!」 
「あとでぼこぼこにしてやる」 
 アイシャの挨拶に舌を出して答えた要が外へ消えていく。
「そう言えばどこまで話したっけ?」 
 アイシャはそう言うともぞもぞとコタツの中から足を抜いて正座をした。正面に座っていた誠は嫌な予感に襲われつつ、胡坐をかいていた足を引っ込めた。
「僕の家の正月はどうだって話ですけど……」 
「ああ、そうね。そうそう」 
 あいまいに頷きながらアイシャが左腕をコタツの上に置いた。腕に付いた小型の携帯端末の画面が誠とカウラの前に映る。
「今回は……私達は正月を満喫すると言う目的で動きたいと思います!」 
 アイシャのその宣言のとおり、そこには予定表のようなものが映っていた。
「仕事しろよな少佐殿」 
 みかんを口に運びながら、カウラは大きなため息をついた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 時は流れるままに 17

「いいねえ……部下にお茶を入れさせると言うのは」 
 心からそう思っているとわかるように湯飲みを抱え込んでコタツに足を入れてきた要。誠は愛想笑いを浮かべながら彼女を見つめていた。しかし、足をコタツに入れたとたん要の顔が不機嫌そうな色に染まった。そしてえしばらくするとコタツの中でばたばたと音がひびく。
「おい!アイシャ!」 
「何よ!ここは私が!」 
 明らかに足を伸ばすために身体を半分以上コタツに沈めているアイシャ。それに対抗して要も足を突き出す。
「子供か?貴様達は」 
 呆れたようにそう言って湯飲みに口をつけるカウラの視線がゲートのある窓に向かった。
「西園寺。仕事だぞ」 
「あぁ?」 
 アイシャとのコタツの内部抗争に夢中だった要が振り向いた。
 ゲート管理の部屋の詰め所の窓にはそれを多い尽くすような巨漢が手を振っていた。
「なんだよ!エンゲルバーグ。出て行きたいなら自分で開けろ!」 
「無茶言わないでくださいよ!警備室にいるんだから西園寺さん達が担当じゃないですか?仕事くらいはちゃんとしもらわないと」 
 その食べすぎを指摘される体型からエンゲルバーグと呼ばれる保安隊技術部法術技術担当士官、ヨハン・シュペルター中尉が顔を覗かせる。誠が目をやるとうれしそうに口に入れたアンパンを振って見せた。
「ったく……オメエはいつも何か食ってるな。少しは減量を考えろよ」 
 渋々コタツから出た要は再び四つんばいでゲートの操作スイッチに向かう。
「ヨハンさん、学会ですか?」 
 法術と呼ばれるこの遼州の先住民『リャオ』の持つ脳波異常を利用した空間制御技術。その専門家、そして法術の発現を地球圏社会で初めて公の場で見せ付けることになった『近藤事件』で活躍した誠の能力開発主任と言うのがヨハンの肩書きだった。
 事件が起きてもう5ヶ月が経つ今日。法術が戦争に使われることの是非、その能力の発現方法や利用方法に関しての学会が開かれるたびにヨハンは隊を留守にすることが多くなっていた。
「ああ、今度は大麗でやるんだと。ったく情報交換と言いながらそれぞれ情報を出すつもりなんてないんだから会合なんかする必要ないのにねえ……って開いたか」 
 開いたゲートを見るとヨハンは大きな身体を翻して自分のワンボックスに乗り込んだ。
「ったく」 
 出て行くヨハンの車を見送ると再び這って戻ってきた要がコタツに足を入れようとする。
「おい!」 
「何?」 
 にらみつけてくる要に挑発的な笑みを浮かべるアイシャ。
「足!」 
「長いでしょ?うらやましいんじゃ……って!蹴らないでよ!」 
 アイシャが叫ぶと同時にがたりとコタツ全体が揺れる。水音がして誠がそちらに視線を向けるとカウラの顔にお茶のしぶきが飛んでいる様が目に入った。
『あ……』 
 要とアイシャが声をそろえてカウラの顔を見る。カウラは何も言わずにポケットからハンカチを取り出すと静かに顔にかかったお茶を拭った。
「冷めてるから……大丈夫よね?」 
「アイシャが餓鬼みてえな事するからだろ?」 
「二人とも穏便に……」 
 カウラの沈黙が恐ろしくて誠も加えた三人は、意味も無い愛想笑いを浮かべる。当然三人の意識は次のカウラの行動に向いていた。
「要、仕事だ」 
 一言そう言ってカウラはポットと急須に手を伸ばした。ほっと胸をなでおろした要がゲートの方に目をやった。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 時は流れるままに 16

 そんなアイシャの雄たけび。誠の背筋を寒いものが走った。そしてその予感は的中した。
 アイシャの顔が作り笑顔に切り替わって誠に向かう。
「あの……なんですか?」 
 同情するように一瞥してゲートを閉じる要。カウラは係わり合いになるのを避けるように二つ目のみかんに取り掛かる。
「誠ちゃんの家の正月って何をするのかしら?」 
 満面の笑み。そんなアイシャがじりじりと顔を近づけてくる。
「別に大したことは……」 
「そうだな。西園寺の家のように一族郎党集まるわけじゃないんだろ?」 
 カウラはそう言うと剥いたみかんを口に放り込む。だがアイシャはにやけた表情を崩さずに満足げに頷きながら誠を見つめている。
「なるほどねえ、アイシャ。いいところに目をつけたな」 
 今度はいつの間にか誠の隣にやってきた要が身体を押し付けて耳元で囁いてきた。そのタレ目が誠の退路を断った。
「そんな普通ですよ。年越しそばを道場の子供と一緒に食べて、そのまま東都浅草(とうとせんげん)にお参りして……帰ったら餅をついて……」 
「おい、それが普通だって言ったら島田に怒られるぞ」 
 そう言って要は誠の頭を小突いた。言われてみて確かに父の剣道場に通っている子供達が集まるなどと言うことは普通はないことを思い出して誠は少し後悔した。
「え?誰が怒るんですか?」 
 警備室の窓の外から島田が顔を出している。後ろにあるのは誠の05式を搭載したトレーラー。運転席では西が助手席の誰かと楽しそうに雑談をしている。
「ああ、何でもねえよ!」 
 そう言うと要は四つんばいのままゲートを空けるボタンを押す。
「じゃあ明日はよろしくお願いしますよ!」 
 島田はそう言うと駆け足で車に戻って行った。トレーラーがゆっくりと走り出し、それを見送った要はまた四つんばいで誠の隣に戻ってくる。
「ああ、西園寺。明日は直行じゃないからな。いつもどおりに出勤。技術部の車で現地に向かう予定だからな」 
 カウラはそう言うと周りを見回した。厳しい表情が緩んでエメラルドグリーンのポニーテールの髪が揺れる様に誠は目を奪われる。
「ああ、お茶ね……」 
 その様子を見たアイシャが察して奥の戸棚を漁る。要はすぐに入り口のドアの手前に置かれたポットを見つけると蓋を開けて中のお湯の温度を確かめる。
「しっかり準備は出来てるんだな。うれしいねえ」 
 要はそのままポットをコタツの上に置く。急須と湯のみ、それに煎餅の袋を棚から運んできたアイシャがそれを誠の前に置いた。誠はこの三人がゲート管理をするとなればそれなりの準備をしておかないと後が怖いと思った警備部の面々の恐怖を思って同情の笑みを漏らした。
「入れるんですか?」 
 そんな誠に三人の視線が集まっている。
「当然でしょ?神前曹長」 
 そう言ってアイシャがにんまりと笑って見せた。反論は許されない。誠は茶筒を手に取り綺麗に洗われた急須を手にとって緑茶の葉を入れる。
「お茶の葉、ケチるんじゃねえぞ」 
「はいはい」 
 濃い目が好きな要の注文に答えるようにして葉を注ぎ足した後、ポットからお湯を注いだ。
「そんな入れ方してたら隊長に呆れられるわよ」 
 今度はアイシャである。緑茶の入れ方については茶道師範の免許を持ち、同盟軍幹部の間では『茶坊主』と陰口を叩かれる隊長の嵯峨ならばいちいち文句をつけてくるだろうとは想像が付いた。
 だが目の前の三人はただ誠をいじりたいからそう言っているだけ。それがわかっているので誠はまるっきり無視して淡々と湯飲みに茶を注いだ。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。