スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 時は流れるままに 80

「懐かしいだろ、誠!」 
「そんなに懐かしいほど離れていません。先月だって画材取りに戻ったし」 
 高速から降りて下町の風景を見るといつも要はハイになる。あちこち眺めている要をめんどくさそうに見つめるアイシャ。
 確かに新興住宅街が多い豊川とはまるで街の様子が違った。車はそれなりに走っているが歩いている人も多く、屋根瓦の二階家や柳の植えられた街路樹など、下町の雰囲気を漂わせる光景が要には珍しいのだろうと思っていた。
「でもいいわよね、こういう街。豊川はおんなじ規格の家ばかりで道を覚えるのが面倒で……」 
「どうでもいいが覚えてくれ」 
 カウラに突っ込まれてアイシャが舌を出す。要は完全におのぼりさんのように左右を見回して笑顔を振りまいている。
「胡州の帝都の下町も似たようなものじゃないのか?」 
 大理石の正門が光る工業高校の前の信号を左折させながらカウラが話題を振った。
「あそこはどちらかというと湾岸地区みたいなところだったぜ。もっとぎすぎすしてて餓鬼のころは近づくと怒られたもんだ」 
 要の言葉に誠は納得した。彼女は一応は胡州一の名家のお姫様である。何度かテレビでも見た彼女が育った屋敷町はこのような庶民的な顔の無い街だった。
 湾岸地区や東都租界のような無法地帯は陸軍士官の任務として潜入工作隊員としてもぐりこんだことがあっても、こういう下町の雰囲気は体験する機会は無かったのだろう。
「おい!駄菓子屋があるぞ。寄って行くか?」 
 要の言葉に誠は見慣れた古い店構えを見ていた。昔の懐かしい記憶が再生される。小学生時代から良く通っていた駄菓子屋。子供相手ということで今ぐらいの時間に登校する子供達を目当てに店を開け、彼等がいなくなると店を閉めるという変わったおばあさんがやっている店だった。
「子供じゃないんだから……それにもうすぐ着くんでしょ?」 
 アイシャの言葉に頬を膨らましてにらみつける要。車はそのまま駄菓子屋を通り過ぎると狭い路地に向かって走っていく。
「でも……ここの一方通行はややこしいな」 
 カウラはそういいながら今度は車を左折させた。歩けば二三分の距離だが、路地は狭く車がすれ違えないので一方通行になっている。
 まだ店を開けていない八百屋の角を曲がり、金型工場の横を入ってようやく誠の実家の道場の門が目に入ってきた。
「おい……あれ」 
 要が指をさすまでも無く門のところで箒を使っている和服の女性が目に入る。
「ああ、皆さん!」 
 気がついて手を振るのは誠の母、神前薫だった。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 時は流れるままに 79

「しかし混むなあ、高速じゃねえよ。これ低速」 
「そんな誰でも考え付くようなことを言って楽しいか?」 
 要の言葉に運転中のカウラが突っ込みを入れる。
 誠の実家は東都の東側、東都東区浅草寺界隈である。東都の西に広がる台地にある都市、豊川市にある保安隊の寮からでは東都の都心を横切るように進まなければならない。
 都心部に入ってからはほとんど車はつながった状態で、さらに高速道路の出口があと3キロというところにきて車の動きは完全に止まった。
「すいませんねえ、朝食の準備までしていただいたのに……ええ、たぶんあと一時間くらいかかりそうなんです」 
 携帯端末で母の薫とアイシャが話しているのをちらりと見ながら、助手席で誠は伸びをしながらじっと目の前のタンクローリーの内容物を見ていた。危険物積載の表示。少しばかり心配しながらじっとしている。
「シャム達は仕事か……こんなことなら出勤のほうが楽だわ」 
 要がそう言ってようやく話を終えて端末を閉じたアイシャをにらみつける。
「なによ」 
 アイシャに言われて口笛を吹いてごまかす要。
「シャムと言えば……今頃はクロームナイトの方のエンジンの試験が始まったころだな」 
 そんなカウラのつぶやきに顔をしかめるアイシャ。そして大きく一つため息をつくと緊張した面持ちでカウラに食って掛かる。
「駄目よ!カウラちゃん。私達はオフなの、休日なの、バカンスなの」 
「バカンス?馬鹿も休み休み言えよ……あれ?バカがかぶって面白いギャグが言えそう……えーと」 
「要ちゃんは黙って!」 
 駄洒落を考えていた要を怒鳴りつけるアイシャ。その気合の入り方にカウラも少しばかりおとなしくアイシャの言うことを聞くつもりのようにちらりと振り向く。
「要するに仕事の話はするな。そう言いたい訳だろ?」 
 なだめるようにカウラがそう言うと納得したようにうなづくアイシャ。
「そう、わかっているならちゃんと運転する!前!動いたわよ」 
 タンクローリーが動き出したのを見てのアイシャの一言。仕方なくカウラは車を動かす。
 周りを見ると都心部のオフィスビルは姿を消し、中小の町工場やマンションが立ち並ぶ街が見える。
「あとどんだけかかる?」 
 明らかに要がいらだっているのを見て誠は心配になってナビを見てみた。
「ああ、この先100メートルの事故が原因の渋滞ですから。そこを抜ければすぐですよ」 
 そんな誠の言葉通り、東都警察のパトカーのランプが回転しているのが目に入る。
「なるほどねえ、安全運転で行きましょうか」 
 窓に張り付いている要に大きくため息をつくと、カウラはそのまま事故車両と道路整理のためのパトロールカーの脇を抜け目の前に見える高速道路の出口に向けて車を進めた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 時は流れるままに 78

 突然の衝撃に誠は目を覚ました。揺れる視界、そしてすぐ罵声が聞こえる。
「おい!起きろって!」 
 怒鳴りつけてくるのは要。毎日アイシャか要が誠を頼んでもいないのに起こしにくることがカウラの気に障って、先週鍵を取り替えさせられたというのに要は合鍵を作って誠の部屋に侵入していた。
「あの……」 
「なんだよ」 
 誠は魔法少女の描かれた抱き枕を手にしている要からその枕を取り返そうと手を伸ばす。だが、要はそれをまじまじと見つめた後、誠にそれを投げつけた。
「これからお前の実家行くから。準備しておけ」 
 そう突然言われて誠はあたりがまだ薄暗いことに気づいた。
「え?今から準備するんですか?」 
 鈍くしか回転しない頭。時計を見てみれば四時過ぎである。鳥のさえずりもまだわずかにしか聞こえない。どこの高血圧人間かと恨めしそうに誠は要を見上げる。
「今日は世の人々は平日なんだ。早く行かねえと渋滞につかまるだろ?」 
「でも……」 
 とりあえず寝たいという一心が誠に言い訳をさせる。
「実家の家業も忘れたのか?今頃は朝稽古の最中じゃねえか」 
 要に言われてようやく誠は気がついた。実家を出て二年弱。それまでは今の時間帯は朝稽古も始まっている時間である。夏のコミケで道場に泊まった時に、母が健康のためと要達も一緒に稽古につき合わせたのを思い出し納得する。
「じゃあ、着替えますから出て行ってください」 
「わかったよ……って……」 
 要が後ろに気配を感じて振り向く。そこにはすでに旅行かばんまで持っているアイシャの姿があった。
「そんなに荷物もってどうする気だ!カウラの車だぞ。乗らねえよ、そんなもの」 
「大丈夫よ。どうせ誠ちゃんは身一つでしょ?それに要ちゃんはあまり荷物は持たないじゃないの。これくらい私が持って行ったって……」 
 そこまでアイシャが言った時にずるずると旅行かばんが部屋の外に向かって動き出す。突然荷物が動き出して驚いたようにアイシャが振り返る。
「これは後でサラにでも送ってもらえ」 
 ダウンジャケットを着込んだカウラがアイシャのかばんを取り上げたところだった。ものすごくがっかりした表情を浮かべるアイシャ。
「着替えるんだろ?こいつ等は私に任せろ」 
 そう言ってカウラはそのままアイシャの首根っこをつかんで立たせる。要は仕方がないというような笑みを浮かべた後、カウラに引かれるようにして部屋の外へと出て行った。
 大きなため息をついてそのまま着替えを済ませてドアを開けるとそこに仁王立ちしている要。
「あのー、西園寺さん?」 
「じゃあ行くぞ」 
 淡々とそう言って歩き出す要。誠はずっと待っていたのかと呆れながら要につれられて階段を下りていった。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 時は流れるままに 77

 そのまま足早に廊下を走り回る整備班員や管理部員の邪魔にならないように端を歩きながら誠は更衣室へ入った。
「あれ?神前さんは今日は……」 
 中でつなぎに足を通していた整備班の西高志兵長が不思議そうな顔で誠を見つめる。その視線にただため息をついた後、誠はそのまま自分のロッカーの鍵を開いた。
「ああ、アイシャさんがクリスマスと正月というものを過ごしたいということで明日から休みなんだ」 
 どう説明するべきか悩みながらの誠の一言に西は首をかしげる。
「それは聞いてますけど……良いんですか?第一小隊はしばらく動けませんよ。それに引継ぎ業務とかはできるだけ口頭でやるものじゃないんですか?」 
 西の言葉に指摘されるまでも無く誠もそれはわかっていた。
「そんなこと言ってもクバルカ隊長の指示だからな」 
 そう言って言い訳をする誠を不思議そうに見つめる西。そしてすぐにその視線は羨望の色に染まっていく。
「いいなあ、僕達はたぶんクリスマスはハンガーで北風浴びながら過ごすことになりそうですよ。たぶん、ノンアルコールビールとかシャンパンとか買って」 
「お前は未成年だろ?それなら島田先輩とかの方が悲惨だよ」 
 つなぎのファスナーをあげて、帽子をかぶっても遅番の仕事開始の時間に余裕のある西は立ち去ろうとしない。
「それにいいじゃないか。にぎやかで」 
 皮肉のつもりで言った誠の言葉だが、明らかに西の心をえぐるような一撃だった。瞬時に顔が赤くなる。そして大きく深呼吸をした西は視線をそらした。
「それじゃあ失礼します」 
 誠を恨めしそうに一瞥した後、西は肩を落として更衣室を出て行った。
 さすがに技術部にロナルド達と同じく出向してきているレベッカ・シンプソン中尉との関係を思い出して少し後悔する誠だが、どうしようも無かった。そのままジーンズを履いてダウンジャケットを羽織る。
 更衣室の電源を消して廊下に出てみるが、相変わらず活気のある廊下には隊員が行きかっている。電算室から顔を出した島田がうらやましそうに誠を見るが、そのまま勢い良く飛び出すと、早足でハンガーへと向かっている。
「おう、待たせたな」 
 そんな様子を眺めていた誠の後頭部に軽くチョップする要。ハンガーから吹いている風にカウラのエメラルドグリーンの髪とアイシャの紺色の髪がなびく。
「じゃあ、行きましょうよ。どうせハンガーを経由した通路は邪魔になるだけでしょうから」 
 そう言うといかにもうれしそうにアイシャは玄関に向かう階段を降り始めた。
「でも良いんですか?本当に」 
 誠の不安そうな顔に先頭を闊歩していたアイシャが長い髪を振るようにして見つめてくる。
「大丈夫よ!まず隊員相互の信頼関係を構築すること。そして社会とのコミュニケーションを重視すること。公僕ならば当然でしょ?」 
「そりゃあ理屈だ。ただの税金泥棒じゃねえか」 
 ぼそりとつぶやいた要を挑発的な視線で見つめるアイシャ。
「そうでもないわよ。今回の『カネミツ』の部隊配備に関する予算はすべて嵯峨家から出てるのよ」 
「でもアタシ等の給料は?」 
 そんな要の突っ込みに首をひねるアイシャ。
「その点は大丈夫だ。全員の有給にはかなり余裕がある。私もクバルカ中佐から消化しろと迫られていたからな」 
 そう言って三人を置いて夕闇の中に消えようとするカウラ。三人はとりあえずは彼女についていくことにした。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 時は流れるままに 76

「今夜は明華達は徹夜だろうな。実験データの整理もしばらくかかりそうだし」 
 冬の早い夕暮れは過ぎて、定時の時報が鳴る。ランは明華から送られたデータとにらめっこをしながら難しい顔で部屋を見回した。
 すでに冷やかしに来ていた第四小隊の面々は帰っていた。データ解析を依頼された吉田は電算室に篭りきり、シャムは亀吉を新たなテリトリーである宿直室に連れて行っているところだった。
「本当に良いんですか?」 
 カウラの心配そうな言葉。ムッとした表情でランがそれを見つめる。アイシャの策で休暇をとらされるということが今ひとつ納得できない表情のカウラ。
「オメー等がいなくても仕事は回るよ。ここ数日は技術部はカネミツのデータ収集で整備の連中の手が回らないだろうからな。司法局の実力行使活動も、今頼まれてもうちは動けねえよ。既存戦力の整備に回す人的余裕なんてねーからな」 
 投げやりな言葉に冷ややかな笑い。とても見た目の子供っぽさとは遠く離れたランの表情に誠も愛想笑いを浮かべる。
「みなさーんこれからはお休みですよ!」 
 突然ドアが開く。そしていつものように突然アイシャが叫ぶ。当然のようにそれをランがにらみつける。
「えーん、怖いよう。誠ちゃん。あそこのちっこい怪物が……」 
 そう言ってすばやく誠の腕にすがりつくアイシャ。
「永遠にやってろ!バーカ」 
 アイシャが誠にまとわりつく様子を迷惑そうな表情で見つめるラン。彼女もアイシャのこういうノリには慣れてきたので無視して仕事に集中する。
「クバルカ中佐。私達の仕事は……」 
 そんな気を使ったカウラの言葉に画面を見つめながら手を振って帰れというようなそぶりを見せるラン。
「ほら!実働部隊隊長殿のありがたい帰還命令よ。カウラお願い」 
 車の主のカウラを見つめるアイシャ。仕方がないというように端末を終了して立ち上がる。何度かランを見てみるカウラだが、ランの視線は検索している資料から離れることはない。
「早く帰れ!すぐ帰れ!」 
 そんなランの言葉に追い立てられるようにして誠達は詰め所を後にした。年末が近く、データを手にした管理部の隊員があちこち走り回っている。
「なんか凄く居場所が無い感じなんだけど」 
 忙しそうな隊員達を見て要は頭を掻いた。さすがに彼等がほとんど誠達に目もやらないことに気がついてため息をついたカウラはそのまま廊下を更衣室へと歩き出した。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。