スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 今日から僕は 160

「何かが足りないな」 
 要は誠からアイシャを引き剥がしてそう言った。
「何が足りないの?」 
 急に後ろで声を聞いて要は明華に気がついた。
「またあんた仕掛けをして神前を潰す算段でもしてるんでしょ?」 
「姐御。酷いですよ!アタシだってそんな何度も同じ事しませんし、リアナお姉さんがいたら何かしてたらすぐにばれるじゃないですか」 
「そうよ。あんまり度を過ごした羽目の外しかたは社会人失格よ!」 
 誇らしげに言うリアナだが、その場の全員が何時もの電波演歌リサイタルを経験しているので、無性に突っ込みを入れたくなるのをようやくのところで我慢していた。
「それはそうと肉食べないと損よ」 
 そう言うと明華は吉田が一人でなぜか豆腐ばかりを放り込んでいる鍋の方に向かう。
「シャム。どんだけ肉食った?」 
 要が恐る恐るそう言うと、シャムは後ろめたそうなしぐさをした。
「無えじゃねえか!シャム!全部喰っちまったのか?」 
「だって煮すぎたら硬くなっちゃうよ!」 
「馬鹿!全部突っ込む必要なんて無いんだよ!こいつの分ぐらい残しておけよ!」 
 親指で誠の事を指差しながら要がシャムを怒鳴りつける。
「怒鳴るなよ。おい、俺達そんなに喰わねえから、こっから取れや」 
 嵯峨がそう言うと肉と野菜が半分ぐらい残った皿を指差す。 
「シャム。お前がもってこい」 
「了解!」 
 シャムはパシリの様に嵯峨から皿を受け取ってくる。
「いいか、シャム。こいつは神前のものだ。お前はあまったのを喰え」 
「うん、わかった!」 
 そう言いながら誠が具材を入れるのを必要以上に熱心に見つめるシャム。 
「ナンバルゲニア中尉。食べますか?」 
 その視線に負けてつい口を滑らす誠。
「駄目だ。こいつは散々食い散らかしてるんだ。全部、神前が喰え」 
 要はそう言うと誠と一緒に具材を空の鍋に入れていく。
「私も駄目?」 
 さりげなくアイシャがそう口を挟むが、殺気を帯びた要の視線に退散する。
「もう春菊とかはいけるんじゃないか。取ってやろうか?」 
 正直、そんな態度の要は信じられなかった。誠はまじまじと要の顔を見つめる。
「あのな。お前殆ど喰ってないだろ?」 
 誠はとりあえず自分の皿を渡す。
「もう肉も行けるだろ」 
 そう言うと要はせっせと煮えた具材を誠の皿に盛り分けた。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 今日から僕は 159

「アタシは・・・その、なんだ、何と言ったらいいか・・・アイシャが暴走しないようについてきたんだ」 
「なんか吉田少佐が言うにはエロスな展開になってるって事だったけど、違うみたいね」 
 アイシャがそう言うと要がその顔を睨みつける。
 サラと島田はなぜか二人してシャム特製の、原材料不明のジャーキーを食べながら缶ビールを飲んでいる。
「吉田少佐、覗いてたんですか?」 
「まあこの船の監視カメラはすべて吉田君の脳につながってるから変なことしないほうが身のためよ」 
 リアナは久々に多数のギャラリーの前で電波な演歌を披露できて満足そうな顔をしていた。
「そう言えばカウラ大丈夫?」 
 サラがはじめてカウラを気遣うと言う真っ当な発言をした。
「馬鹿じゃねえの?アイツのは演技だよ」 
 そう言うと要はラム酒瓶をラッパ飲みする。
「知ってたんですか?」 
 一口酒を飲み、ようやく落ち着いた要に尋ねる誠。
「まあな。あのくらいで潰れるタマじゃねえよカウラは。それに吉田の馬鹿の覗き趣味もわかってるはずだ。どうせ人畜無害な世間話でもしてたんだろ」 
「その割にはアタシやお姉さんを殆ど拉致みたいにして引っ張ってきたじゃない」 
「アイシャ!外に出て真空遊泳でもして来い!もちろん生身でな!」 
「助けて!先生!」 
 機会があるとまとわりついてくると言うアイシャの行動パターンも読めてきたが、一応上官であると言うところから黙って彼女に抱きつかれる誠。
 顔を上げれば要が今にも襲い掛かってきそうな顔をして肩を震わせている。
「じゃあ行きましょうよ。お鍋のお肉硬くなっちゃうとシャムちゃんに悪いでしょ」 
 そう既婚者らしく場を仕切って、リアナがハンガーへのエレベータのボタンを押す。
「でもなあ、神前」 
 缶ビールを飲み干した島田が心配そうに呟く。
「あの吉田少佐の事だ、画像加工して菰田のアホを焚き付けるかもしれないな」 
「それ、ありそうね。私もそれもらおうかしら。いいネタになるかもしれないし」 
「アイシャちゃん駄目よ。私から吉田君には伝えておくから」 
 にこやかにしている割に、リアナの言葉が何となく恐ろしく感じて全員が吉田のこれから起きるだろう不幸を哀れんでいた。
「カウラちゃん大丈夫だった?」 
 ハンガーのある階で止まったエレベータが開くと、シャムとパーラが待ち構えていた。
「ああ、アイツはそう簡単にくたばらねえよ。シャムまだ肉あるか?」 
 そう言いながら、一向に誠から離れようとしないアイシャを要が引き剥がした。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 今日から僕は 158

 やはりカウラの部屋は士官用だけあり誠のそれより一回り大きい。
 室内には飾りなどは無く、それゆえに見た目以上に広く感じた。
「とりあえずここでいい」 
 カウラはそう言うとベッドの上に腰掛けた。誠は事務用の椅子に座った。
 机の上には野球のボールが置かれている。そこには何本か指を当てる基準にするように線が引かれていた。
「これで練習しているんですか」 
 とりあえず切り出す話題が見つからない誠は、ボールを手に当てながらそう言った。
「アンダースローだとコントロールが命綱だからな。それに初めて2年だ。基礎体力には自信があるが技術的にはまだまだだ」 
「この握り。シンカーですね」 
 誠がボールを握って見せると、カウラは少しばかり寂しい笑顔を浮かべた。
「ライズボールとストレートとシュートじゃあ菱川重工豊川には勝負にならないからな。春は二回で八点取られてKOだ」 
 誠がボールの握りを確かめている様を見て、カウラは寂しそうに呟いた。
「あそこはそのまま春の都市対抗で決勝まで行ったんですよね。まあ東都電力に負けましたけど」 
「保安隊は予選は同じブロックだからな。三回戦くらいに当たるようになっている」 
 遠くを見るような目をするカウラ。
 今年もドラフト上位指名が確実な強力打線が武器の菱川重工豊川相手に投げる自分の姿を想像している誠。
「また投げるのか?」 
 カウラは静かにたずねた。
「肩はまだ完全では無いですが、行ける所まで行くつもりですよ」 
「そうか」 
 ボールを誠の手から受け取ると、カウラは何度かシュートの握りをして見せた。
 眺めの白い肌の光る右手の指が描かれた線の上に並んでいる。
「少し疲れた。もう大丈夫だから帰って良いぞ。西園寺が心配する」 
 そう言うとカウラはそのままボールの握りを何度か確かめた後、横になった。
 誠は静かに立ち上がり、ドアのところで立ち止まる。
「お休みなさい」 
「ああ」 
 優しく返すカウラ。誠はそのまま部屋を出た。廊下が妙に薄暗く感じる。エレベータが上がってきていたが、構わずハンガーに向かうボタンを押した。
 エレベータが開くとそこには要、アイシャ、サラ、島田、そしてリアナが乗っていた。
「あのー。何してるんですか?」 
 少しばかり呆れて誠は口走っていた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 今日から僕は 157

 静かだった。
 この艦の運行はすべて吉田の構築したシステムで稼動している。
 作戦中で無ければすべての運行は人の手の介在無しで可能だ。
 誰一人いない廊下。
 機関員もハンガーで偽キリスト像を演じている槍田以外はすべてトレーニングルームで明華が与えた課題を正座してやっている所だろう。
「悪いな。私につき合わせてしまって。これで好きなのを飲んでくれ」 
 カウラはそう言うと誠にカードを渡す。
「カウラさんはスポーツ飲料か何かでいいですか?」 
「任せる」 
 そう言うと大きく肩で息をするカウラ。強がっていても、明らかに飲みすぎているのは誠でもわかった。
 休憩所のジュースの自販機にカードを入れた誠。
「怒らないんだな。嘘をついたのに」 
 スポーツ飲料のボタンを押し、缶を機械から取り出す誠を眺めながらカウラが言った。
「別に怒る理由も無いですから」 
 そう言うと誠は缶をカウラに手渡す。
「本当にそうなのか?お前のための宴会だ。それに西園寺やアイシャもお前がいないと寂しいだろう」 
 コーヒーの缶を取り出している誠に、カウラはそう言った。
 振り返ったその先の緑の瞳には、困ったような、悲しいような、感情と言うものにどう接したらいいのかわからないと言う気持ちが映っているように誠には見えた。
「カウラさんも放っておけないですから」 
「そうか、『放っておけない』か」 
 カウラは誠の言葉を繰り返すと静かに缶に口をつけた。カウラの肩が揺れる。
 アルコールは確実にまわっている。だが誠の前では毅然として見せようとしているのが感じられる。
 その姿が本当なのか、先程の自分で演技と言った壊れたカウラが本物なのか、誠は図りかねていた。
「やはり、どうも気分が良くない。誠、肩を貸してくれ」 
 飲み終わった缶を誠に手渡しながら、カウラは誠にそう言った。
「判りました、大丈夫ですか?」 
「大丈夫だ」 
 そうは言うもののかなり足元はおぼつかない。
 誠はカウラに肩を貸すとゆっくりと廊下をカウラの部屋に向かい歩く。
 静まり返った廊下。
 二人の他に人の気配はまるで無い。
 上級士官用の個室。そこに着くとカウラはキーを開けた。
「大丈夫ですか?」 
「すまない。ベッドまで連れて行ってくれ」 
 カウラは何時もは白く透き通る肌を赤く染めながら誠にそう頼んだ。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 保安隊日乗 今日から僕は 156

「サラ!サラ=グリファン少尉!」 
「ハイ!大尉殿!」 
 その場にいた誰もがカウラに絡まれることが決定したサラに哀れみの視線を投げた。特に島田は彼女を助けに行けない自分の非才を嘆いているような顔をした。
「愛ろはなんなろれす?サラ。おしえれもらうしら、ないろれす?」 
 もはや何を言っているか分からないが、サラは危険を感じて逃げようとした。
「カウラさん休みましょう!さあこっちに来て」 
 誠はサラに絡もうとするカウラを両腕で抱え込んだ。
「もっろするのら!もっろするのら!」 
 次第にアルコールのめぐりが良くなったようで、間接をしならせながらカウラが叫ぶ。
「ちょっと神前。もう駄目そうだから部屋まで送ってあげなさいよ」 
 見かねて明華がそう言った。
「アタシが運ぼうか?それとももっと人呼ぶか?」 
「そうよね私も手伝うわ。それとそこのソン軍曹!ラビン伍長!」 
 要とアイシャが動き出す。
 技術部と警備部のカウラファンクラブ、通称『ヒンヌー教』の信者二人が救援に駆けつける。
「あんた等!出なくていいの!神前少尉!あなたが送りなさい」 
 技術部の守護神、明華の一喝に静まる一同。
「そうらのな!タレ目おっぱいとふりょひはひっこんれるのな!誠!いくろな!」 
 そう言うと壊れたように笑い始めるカウラ。
 誠は彼女を背負って、そのまま宴会場であるハンガーを後にした。誰も居ない通路を出てエレベータを待つ二人。
「大丈夫ですか?カウラさん」 
「ああ、大丈夫だ」 
 カウラがうって変わった静かな口調に驚かされる誠。
「半年前はアイシャがあのような醜態をさらす事が多くてな。それを真似ただけだ」 
「じゃあ酒は飲んでなかったのですか?」 
 あっけに取られて誠が叫んだ。
「飲んだ事は飲んだが、この程度で理性が飛ぶほど柔じゃない。来たぞ、エレベータ」 
 カウラを背負ったまま誠はエレベータに乗り込む。
「それじゃあ何であんな芝居を?」 
 そうたずねる誠だが、カウラは黙って答えようとはしなかった。
 二人だけの空間。
 時がゆっくりと流れる。
 僅かなカウラの胸のふくらみが誠の背中にも分かった。
「何でだろうな。私にも分からん。ただ要やアイシャを見るお前を見ていたらあんな芝居をしてみたくなった」 
 すねたような調子でカウラがそう言った。
 エレベータは居住区に到着する。
「しばらく休ませてくれ。やはり酔いが回ってきた」 
 やはりそれほど酒の強くない人造人間のカウラはエレベータの隣のソファーを指差して言った。
「そうですね、下ろしますよ」 
 誠はそう言うとカウラをソファーに座らせた。

FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。