スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 播州愚連隊 80

 そんなやり取りの中、戦艦『播磨』に待機しているパイロットや技術兵達がハンガーに集まる。誰もが覚悟を決めたような表情を浮かべる中で明石達の妙に慣れた感じの言動は奇異に見られているようで、敬礼をしながらも不審そうな表情が明石の目に付いた。
「なんや……みな葬式みたいやで」 
 声をかけてみるが緊張した雰囲気は変わらない。そっと視線を落としてみれば楓も少し緊張したような表情で明石を見上げている。
「明石隊長は気にならないんですか?」 
 楓の言葉が震えていた。明石はそこでようやく自分が緊張していないことに気が付いた。
「今回は生還できるかもしれんやろ?死にに行く訳や無い。勝ちに行くんじゃ」 
 そう言って楓の長い黒髪をなでる。いつもなら猛然と講義してくるはずの楓の表情がまだ硬かった。明石は周りを見回し、安全第一と書かれた壁面の隣につるされた白い額を指差した。白い額にはあまり上手とは言えない筆文字で『至誠』とだけ書かれていた。
「ええか、ワシ等軍人はあそこにあるように誠に至る道を探すだけや。他の事は政治家さんにおまかせ。ワシ等のできることはただ誠で敵に当たること。それだけ考えておいたらええねん」 
 明石のその言葉に楓も赤松直筆の額に目をやる。その様子を別所達はニヤニヤしながら眺めていた。
「こうしてみると親子じゃねえか」 
 そんな魚住の軽口も軽く笑って無視する二人。別所はそれを微笑みながら見ながら集まり始めた兵卒達をまとめようとハンガーの中央に向かう。
「全員整列!これから赤松司令からの訓示がある!」 
 別所の張り上げた言葉にあちこちで固まっていた兵士達がそれぞれの部隊ごとに並び始めた。明石や魚住、黒田達もその部下達の顔を見つけては呼び寄せる。次第に兵士の群れは列となり、先頭に明石、魚住、黒田らのアサルト・モジュール部隊の隊長や整備班長、技術部長などの士官が部下達をまとめて並ばせる。
「それではしばし待て!」 
 別所のその言葉にハンガーは沈黙した。そしてそれを図っていたように彼の背中に大きく広がったモニターには赤松の姿が浮かび上がった。


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 播州愚連隊 79

「ええんですか?」 
 明石の言葉に一度天を向き涙をこらえる。赤松の時に見せる直情的なところがまともな経歴を持っていない明石には好感が持てるところだった。
「そないなこと貴様が気にせんでええんや。それよりついに動いたな……」 
 そう言うと赤松は立ち上がる。その瞬時に締まった表情に明石と楓は表情を変えた。彼らばかりでなく、このパイロット控え室にいる全員が一つの意思にまとまったように赤松を見つめる。
「ワシはブリッジに上がる。タコ、パイロットを集めてや」 
「は!」 
 赤松の一言にすぐさま敬礼して明石は部屋を飛び出した。従卒扱いの楓も彼の後に続く。
「魚住中佐は確か仮眠中です。黒田少佐は……」 
「全員叩き起こしたれ!グダグダ言うたら外におっぽり出す言うてな」 
 その明石の言葉ににこりと笑うとそのまま士官の個室へと走る楓。明石はそのままハンガーへと駆けつける。
「いよいよか!」 
 ハンガーに向かう廊下の待合室には別所がコーヒーを飲んでいた。それを見て立ち止まった明石は大きく頷く。周りのつなぎやパイロットスーツを着た将兵達も大きく頷きあう。
「いよいよ出番だな……言ったろ?死ぬにはまだ早いってな」 
 巨漢の明石の肩を別所が大きく叩く。だがようやくここに来て明石はことの重大さを感じて足が震えるのを感じていた。
「これで勝たなあ……」 
「逆賊だな。士官クラスは全員斬首か切腹か……」 
 そう言って笑う別所を憎らしげに見下ろしながら飛び起きてきたらしい魚住と黒田を振り返る明石だった。



FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 播州愚連隊 78

「御大将……どないしはりました?」 
 明石はじっと碁盤を覗き込んで動かない上官赤松忠満を見つめてそう言っていた。あまり上下の隔てを面白く思わない西園寺派の将校らしく、赤松も時間ができるとこうして艦内を見て周ることが多かった。そして碁の腕前が同じくらいの明石とはこうして囲碁を楽しむこともあった。
「ああ、あかんな……気になることは色々あるけど……なあ」 
「貴子様のこととかですか?」 
 隣で観戦していた楓の言葉に思わず頭を掻くのがいかにも赤松らしかった。緻密な戦況分析で艦を動かして輸送艦隊を逃がすことを得意とした猛将のもう一つの顔、恐妻家としての赤松がそこにいた。
「通信ですよ」 
 帽子と共に置いた端末が震えているのを楓が指差す。赤松は碁盤を見つめたままそのスイッチを入れた。
「司令……帝都から通信ですが」 
「帝都?もう清原はんが制圧しとるやろ?どこのアホが……」 
「言いにくいのですが奥様からです」 
 通信兵の言葉に思わず顔をしかめる赤松。仕方なく明石は碁盤を横にずらした。
『あなた。その様子だと遊んでいましたね』 
 冷たい氷のような表情に赤松は思わず苦笑した。その様子はあまりに滑稽で明石も楓も静かに上官の観察を始めることにした。
「これも仕事のうちや。部下の気持ちも分からん指揮官についてく兵隊なんぞどこにもおらんわ」 
『言い訳はそれくらいにして……恭子さんがまた倒れたそうですわ』 
 貴子の一言に赤松の表情が揺らぐ。緻密な計算機のような戦術家の突然の豹変に明石は少しばかり驚きを覚えた。安東恭子。赤松の妹であり、先の大戦で兄二人と母を失った赤松の唯一の親類なのは艦隊でも有名な話だった。
「そうか……ありがとうな」 
「何かあったらまた連絡させてもらうわね」 
「ええて……アイツも武家の娘や。自分のことは自分でするもんや」 
 そう言いつつ赤松の表情はこわばっているのを明石は見逃さなかった。
『それではこれから要さんが西園寺卿を迎えに行くそうなので切りますわ』 
「ああ……」 
 表情を変えずに戦地に赴く夫の通信を切る貴子。明石は静かに碁石をつかんでいる赤松に目をやった。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 播州愚連隊 77

「ワシ、明日貴子さんと入籍すんねん」 
 突然の言葉に安東はソファーから滑り落ちた。貴子、それが自分の姉のことであることは間違いなかった。三人兄弟の末っ子で要領のいい赤松が色々家に来ては勝手口で姉と話しているのは見かけていたがそんな話は姉から聞いていなかった。
「なんだよそれ!俺達が馬鹿だったみたいじゃないか!」 
「結果的にはそやな」 
 赤松の超然とした態度に呆然とさせられたその瞬間。だが今の安東の立場はそんなコメディーを思い出して微笑むくらいのことしかできない状況だった。赤松は国賊と恩人達が言う西園寺基義の右腕。そして自分は清原卿の決起に一枚噛んでこうして自宅に戻ってきたところだった。そしてその自宅には不治の病に心を蝕まれた妻。
「じゃあいい、そのまま聞いてくれ」 
 ふすまを閉ざす恭子にゆっくりと安東は話しかけた。
「現在、俺は烏丸公の一派として決起軍の一人となった……これも恩を返さなければならないからだ。烏丸公や清原さんには軍への復帰に関して大きな恩を買った俺だ。断ることなんてできない」 
 そこまで言ったところで恭子はふすまから手を離したようでカタリと言うふすまが動く音がした。ここで飛び込めば妻の心は傷つくとそのまま安東は言葉を続ける。
「つまり君の兄である忠満とは敵味方に分かれると言うことだ。あいつも今じゃあ第三艦隊の司令だ。その任務を放棄することも無いだろうし主君である西園寺公を裏切るような男じゃないことは君も知っているはずだ」 
「だから……なんですか?」 
 冷たいかすれた声が安東の耳に届いた。
「兄が敵に回るのは分かっています。子供じゃないんですから。私だって烏丸公と西園寺公が対立していることやあなたが清原准将に恩があることは知っています」 
 声は震えていた。怒りか、悲しみか。安東はただ頭を垂れて恭子が落ち着くのを待つことにした。
「あなたはいいですよね。自分が信じているように動けばいいだけですから。たとえ烏丸公が負けても義に殉じたといえば済む話ですから。でも私は……」 
 言葉が途切れた。安東は何もいえなかった。暗い庭の静寂に耐えながら安東は静かに妻のいる部屋のふすまを見つめていた。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 播州愚連隊 76

 そのまま駆け出した安東。だが閉め切られたふすまを見てその手は戸から離れていた。
「おかえりなさい……」 
 ようやく搾り出したと言うような恭子の声に静かに頷く安東。何も言えずにただ日暮れの庭にたたずむ。
「調子はどうなんだ?」 
「悪くは無いです」 
 扉の裏に張り付いて開かないように踏ん張っている恭子のことを思うと安東は胸が締め付けられる気持ちになった。始めは二人はこうではなかったはずだ。安東はそう思い返してみる。
 高等予科で将来の士官として過ごしていたとき。喧嘩ばかりの彼の日常に西園寺家の三男の西園寺新三郎、その学友として付いて回る赤松忠満、そしてなぜか馬が合って共にすごしていた濃州候の時期当主である斎藤一学。陸軍予科などの不良と悶着を起こして怒鳴られるのは赤松と安東。二人は自然とお互いの家に入り浸るようになった。そんな中で次第にお互いの姉と妹に引かれていったのは不思議なことだった。
「実はな……」 
 ようやく士官学校に進むという日、赤松家の洋風のリビングで寝転んで漫画を読んでいた安東に正座をしている赤松の姿を見つけてめんどくさそうに安東は起き上がった。
「恭子がな……貴様のことを好きなんやて」 
 赤松の言いにくそうな表情の後ろの扉にじっと張り付いている恭子。赤松の知らない話だったが当時すでに恭子と安東は付き合っていた。
「で?」 
 真剣な赤松の表情が面白くて安東は漫画を脇においてソファーの上から見下ろすように土下座する親友の姿を見下ろしていた。
「別に……そんな、特にお願いは無いんやけど」 
「そうか、なら野暮なことは辞めとけ」 
 そう言いながら静かに扉の隙間から笑みを浮かべている恭子と笑っていた。
「いや、ワシも言わなアカンことがあってな」 
「ほう、聞こうじゃねえか」 
 うつむいたままじっとしている赤松。その姿を余裕を持って見つめていた安東だが次の赤松の一言に思わずソファーから転げ落ちそうになった。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。