スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 播州愚連隊 120

「なんで佐賀君は泉州の自衛軍に声をかけない!」 
 清原は各艦の司令を集めた会議で開口一番にそう叫んだ。急ごしらえの合同軍とあってその言葉に向ける指揮官達の反応はさまざまだった。
 同調して頷くのは半数にも満たない。まるで当たり前だと言うように冷笑を浮かべるもの、困ったような表情で周りを見回すもの、そして大きくため息をつくもの。否定的な反応に清原は深呼吸して周りを見渡した。佐賀の貴下の胡州軌道コロニー軍の司令達は多忙と言うことで出席すらしていない。その空いた席の隣には清原が信頼を置く羽州艦隊の指揮官である秋田義貞の姿があった。
「拙いですね。このままではアステロイドベルトが戦場になります。一応宇宙に対応できる装備はありますが、あちらは艦隊戦のプロとして知られる赤松さん。苦戦は必至になりますよ」 
「それは……分かっているんだ。だけどなんでその入り口のコロニー自衛軍に影響力のある佐賀君がここにいないんだ!」 
 その言葉に再び司令達から失笑が聞こえた。
 多くの司令達は清原の大義、烏丸公を報じる為にこの場にいるわけではなかった。多くは貴族制の維持が部下達の生活にかかわると言うことでとりあえず参加した者が多い。他にも毒舌で知られる西園寺基義に一泡吹かせるためや海軍に恨みがある陸軍指揮官などが集まっていた。
『これは勝っても意味が無いな』 
 秋田は周りを見回しながらそう思っていた。事実一番の精鋭部隊である自分達が下座に置かれ、出席の見込みの無い佐賀の席が上座の方に置かれていることに苛立ちを感じていた。
「清原君。一度佐賀君には申し入れをしておくべきじゃないかね?」 
 ざわめく中で堂々と立ち上がり口を開いたのは烏丸清盛陸軍大将だった。烏丸家の分家の出であり、子の無い烏丸頼盛に次女の響子を養子に出すという話はこの場にいる誰もが知っている話だった。
「それはどうですかね。下手に手を出せばあの御仁のことです。弟からの催促に乗っかって我々を攻撃してくるかもしれませんよ?」 
 誘いのつもりで秋田の吐いた言葉に指揮官達はざわめいた。だが烏丸は表情を変えない。そのままテーブルの上のコップの水を飲み干すと静かに話しはじめた。


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 播州愚連隊 119

 父が去っても要はパイロットスーツのままうろちょろと落ち着き無く歩き続けた。
「要ちゃん」 
 一度足を止めるが康子の声にも耳を貸さずに再びぐるぐるとハンガーの片隅に置かれている多々身の回りを回り始める。
「要ちゃん!」 
 そう言うと突然康子の姿が消え、同時に要は足を払われたように後頭部から地面に叩き付けられる様に倒れこんだ。気がついた要の首筋に薙刀を突きつけている康子がそこに現れる。
「なんだ……いえ、すいません!お母様!反省しています!」 
 刃を向けて冷徹な表情を浮かべる母にさすがの要も反省したように叫んだ。康子はそれを見るとにっこりと笑いって再びたたみに座ってお茶を飲み始めた。その光景に周りの近衛師団の兵士達はあっけに取られる。明らかに康子は瞬時に五メートルほどの距離を移動していた。いや、目で見る限り移動していると言うよりワープでもしたかと言う速度だった。ただ康子が西園寺邸を脱出した時に清原派の一個中隊の警備部隊を瞬殺した話は聞いているのでなんとなく納得しながらもおびえて要達から距離をとるようになった。
 チタン合金の頭蓋骨の持ち主の要は平然と起き上がると静かにたたみに腰を下ろした。
「工作ったって……なんだ、叔父貴でも呼ぶのか?それともアステロイドのアメリカ海兵隊基地に連絡をとるとか……」 
「まだまだね、要ちゃんは」 
 康子は余裕の笑みで引き続いてお茶を飲み続けている。
「おいしいわね。新ちゃんのお茶はやっぱり最高」 
 義理の弟で姉の息子に当たる西園寺新三郎こと嵯峨惟基の名前を出したところで要は少しばかり首をひねった。
「叔父貴じゃ無いんだろ?親父が働きかけているのは」 
 そう言う娘に康子はお茶を入れてやった。要は素直にそれを受け取りそのままじっと茶の中を見つめていた。
「意思の強い人にはこういう場面では何を言っても無駄よ。相手を見て話をしないとね」 
 康子は悠然とお茶を飲みながらそうつぶやいた。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 播州愚連隊 118

「いつまでこうしてりゃいいんだよ」 
 パイロットスーツの女性が目の前の盆栽を弄っている中年男性に声をかけた。
「そんなことを言っても仕方が無いじゃないの」 
 その隣で静かにお茶を飲んでいた和服の女性。その手元には薙刀が置かれていてその状況が緊迫したものであることを周りの近衛師団の兵士達にも思い知らせた。胡州帝国帝都、近衛師団駐屯基地。すでに兵士達とそれにかくまわれている西園寺家の人々が篭城を始めて一週間が過ぎていた。各地で黙って盆栽を弄っている宰相西園寺基義公爵支持派の部隊が決起したが、彼等は帝都ではなく反対側の南極基地攻略へと向かっていた。帝都は現在も西園寺排斥派の部隊に占拠されていたが、西園寺支持派のゲリラ的反撃と士気の高い近衛師団に攻めあぐねているのが現状だった。
「赤松君が勝つかどうかだろうな……」 
 ようやく覚悟を決めて切った枝がどうにも形が決まらないことに気づいてうなだれながら基義がそうつぶやいた。
「勝つのか?じゃあ負けたらどうなるんだよ!」 
 叫ぶパイロットスーツの女性は西園寺要。基義の一人娘でそのパイロットスーツには胡州軍高等予科学校の三年生であることを示す徽章がつけられていた。
「まあ……縛り首か斬首か……康子さん。どれにします?」 
「そうね……斬首は腕がいい人ならいいけど」 
 お茶を飲み終えて留袖のすそをそろえながら薙刀の女性、基義の妻西園寺康子は淡々とそう答えた。
「死ぬ気かよ二人とも!」 
 地団駄を踏む要を気にしながら一人の連絡将校が走ってハンガーの奥に畳を敷いて暮らしている西園寺家の人々の前に頭を垂れた。
「閣下。準備ができました」 
「そうか」 
 士官の声に要を無視するようにして基義は立ち上がった。
「どこ行く気だ?親父」 
「ちょっと工作をね」 
 忌々しげに父を見上げる要に一瞥するとそのまま基義は連絡将校の後に続いてアサルト・モジュールの並ぶハンガーの出口へと向かった。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 播州愚連隊 117

「仕方が無い。受けない理由はないからな」 
 そう言うと立ち上がる醍醐。誰もその決断に異を唱えるものはいない。
「池君を呼んでくれ」 
 入り口に座っていた連絡将校がすぐに端末を起動する。参謀達も仕方が無いというように黙り込んだ。
「それでは……もし投降を取りやめると言い出した場合には?」 
 隻眼の参謀の言葉に醍醐は遠くを見るような顔をした。
「仕方が無いな。赤松君には本当に申し訳ないことになる」 
 そう言った時に仮設指揮所の薄い扉がノックされた。
「入りたまえ!」 
 醍醐の声につられて警備兵に挟まれるようにして再び池昌重が現れる。
「結論はどうなんでしょうか」 
 許されてもいないのに末席の椅子に腰掛けながら昌重がつぶやく。
「見て分かるんじゃないか?」 
 挑戦的な笑みを醍醐は浮かべた。そこで昌重は大きく頷いた。
「さすが醍醐将軍は話が早い。早速……」 
「まだなんとも言っていないけどな」 
 醍醐は満面の笑みの昌重を見ながらそうつぶやいた。昌重はその言葉に一瞬顔面に満ち溢れていた笑顔が途切れた。
「と……申しますと?人質でも取ろうと言うんですか?」 
 再び昌重の顔に笑みが戻る。元からそのことは覚悟してきている。醍醐には昌重の態度がそういうものに見えていた。
「つまらないことをするつもりは無いよ。ただこれだけは伝えてくれ」 
 そう言うとゆっくりと醍醐は立ち上がって昌重をにらみつける。
「勝手に死ぬな。まだこの国には人が必要なんだとな」 
 突然の醍醐の言葉に昌重はうつむいて自分の表情をどう作ればいいのか迷っているように見えた。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

遼州戦記 播州愚連隊 116

「それではよろしくご検討ください」 
 そう言って笑った表情のまま池昌重は頭を下げて立ち上がった。テントを出て行くその後姿に参謀達の判断が揺れているのは醍醐にも分かった。
「本気で投降するつもりなのかな」 
 下座の中佐の参謀の言葉に全員がうなだれる。
「投降するなら今は遅すぎる。どうせ時間稼ぎだ」 
「しかし時間稼ぎなら宇宙港施設の破壊をしたほうが手っ取り早いと思いますが」 
「それはできないだろ。既存のインフラを破壊すれば民衆の支持を得られなくなるぞ」 
「どうせ貴族主義者の行動だ。はじめから民衆の支持などあてにはしてないんじゃないか?」 
 参謀達の言葉が続く中、醍醐は黙って目を閉じていた。片目の大佐。アフリカ戦線の修羅場で失った目を隠してうつむいていた彼が静かに周りを見回す。
「池司令には本格的な軍事衝突は初めてのはず……」 
 彼の一言に周りの参謀達は口をつぐんだ。多くはアフリカ戦線やゲルパルト陥落のころから醍醐の部下として活躍してきた猛者達。政治的やり取りは別としてその戦歴は誰にも負けないと自負している彼等はじっとその時も最前線までこまめに視察に来て適当な助言をする醍醐の姿を思い出し凝視する。
「無駄な戦いは避けたい。基地は無傷で手に入れないと意味は無い。たとえ突入してもすべての施設が破壊されるなら意味は無い」 
 そう言うと醍醐は再びうつむいた。
「もう俺等は負けたのかもしれないな。烏丸派の決起を甘く見ていた俺の失態だ。とりあえず池に花を持たせるしかないだろう」 
 醍醐の顔が情けないと言うようにゆがむ。そしてそのまま唇を噛み締めて視線をテーブルに落とした。
「では申し出を受けると?」 
 隻眼の参謀の言葉にただ静かに首を縦に振る醍醐だった。


FC2 Blog Ranking

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。