スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 低殺傷火器(ローリーサルウェポン) 134

「これは・・・」 

「島田君がんばってね!」 

厨房からビールを運んできた小豆色の渋めの留袖姿の女将、家村春子の言葉に島田は首をひねった。

「わかるもんかよ・・・女将さん。とりあえずアタシ等もビール」 

そう言うと要は奥のテーブルに着席する。そしてそのまま隣の椅子を叩いた。察した誠はアイシャ達に照れながら要の指示通りその隣の椅子に腰掛けた。

「女将さん、私とカウラは烏龍茶で」 

「はいはい」 

そう言うと春子はビールを島田の隣に置いて厨房へと消えていった。

「分かるのか?」 

要の正面の椅子に座りながら振り向いているカウラ。アイシャは椅子にも座らずに島田を興味深そうに眺めていた。

「うーん・・・」 

「正人・・・」 

唸る島田。サラはいつものように島田の名前を呼ぶ。

「降参?降参?」 

迫るパーラ。ただ島田は黙ってたこ焼きを噛み始めた。

「馬鹿な遊びをしてるじゃねーか。烏賊?タコ?どっちだっていーじゃねーか」 

入り口すぐのテーブルを占拠したラン。その正面には珍しそうに島田の悩む姿を眺めている茜とラーナの姿がある。

「お待たせしました!」 

セーラー服にエプロン姿の小夏がビールを持ってランに迫る。その後ろには猫耳をつけたままのシャムがコップと付き出しを持って並んでいた。

「シャム!」 

「駄目だよ俊平。飲酒運転になるよ」 

「付き出しを取ってくれってこと。俺は烏龍茶で良いよ」 

そう言うとカウンターに座っている吉田は目の前の箸入れから割り箸を取り出した。


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。