スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 低殺傷火器(ローリーサルウェポン) 135

「吉田!オメーは体内でアルコールを分解するプラントを抱えてるはずだろ?」 

早速ビールを飲みながら赤い顔のランが絡む。それを一瞥するとカウンター越しに烏龍茶を差し出す板前の源さんからコップを受け取りながら吉田は何度か頷いた。

「軍用義体だから多少の毒くらいは人工肝臓ですぐに解毒はできるけどさあ・・・酔ってる感覚が良いんじゃないですか」 

突き出しを口にしながら舐めるようにビールを飲む要の言葉に吉田は頷きつつ箸を進める。

「それじゃなくて!俊平はお偉いさんだからみんなのお手本にならなきゃいけないんだよ!だから運転する時はお酒は飲まないの!」 

元気に叫びながらシャムが吉田の隣に当然のように腰をかけた。だがその言葉に思わず店の雰囲気は戸惑いに包まれていた。

「シャムちゃん。約束させたのね」 

アイシャの問いにシャムは大きく頷いた。要はそれを見て一度誠の顔をまじまじと眺めた後少し斜に構えるようにして笑みを浮かべた。

「西園寺さん。何が言いたいんですか?」 

「いや、なんでも・・・」 

「要ちゃんはボトルよね。・・・ラム?ジン?」 

「ラムで。それと!食うもん頼もうぜ。アタシは焼きそば!」 

要の注文を聞いてそのまま厨房に春子は消えた。手伝いの小夏はエプロンからメモ帳を取り出して周りを見渡す。

「私は・・・たこ焼きにしようかしら・・・カウラちゃんは?」 

「鉄板があるんだ。烏賊玉かな」 

テーブルの中央の鉄板を覆っていた板を慣れた手つきで外すとカウラは今度は視線を背後のラン達に向けた。

「アタシは豚玉で・・・ラーナもか。茜、どうするよ」 

「わたくしは・・・あまりたっぷり食べる気にはなりませんの。つまみ程度で見繕ってくださいな」 

「じゃあアンコウ肝のいいのが入ったって源さんが言ってたからそれをメインで行きます?」 

「お願いするわ」 

ラン達幹部連の注文を受けるとメモを持って奥に小夏は消えた。

「まだ決まらないのか?」 

「ちょっと食べたい気分なんで」 

機嫌がよさそうなカウラに急かされながら誠はしばらくお品書きに目を向けて黙っていた。


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。