スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 魔物の街 23

 久間のうどん屋を出た誠達が基地に帰ると吉田がニヤニヤして待ち構えていた。茜の顔を見て即座に使用許可を出した彼を置き去りにして『冷蔵庫』と呼ばれる保安隊のコンピュータルームに篭ってから6時間が経過していた。
「とりあえずラーメンを取ったんですけど……いかが?」 
 席を外していた茜が岡持を抱えて中央のテーブルに置いた。ラーナの手には盆と湯のみ。サラはポットを二つテーブルの上の雑誌の山をどけて置いた。
「アイシャ。いい加減この部屋の私物を持ち帰れよな」 
 カウラがそう言いながら端末から離れて箸などの準備にかかる。島田が難しい表情で画面を覗き込んでいる。誠もそれを見ながら再び自分の端末の画面を覗きこんでいた。
「DNAは遼南系の人類と一致。まあ予想通りの結果だよなー」 
 昼間の怪物から採取された細胞のデータを見つめていた首をねじったりした後、椅子から飛び降りるラン。篭ってからは昼間の化け物のかけらを東都警察が分析した鑑識の資料を整理する作業を始めたが、その途方も無い作業に誰もが疲れを感じていた。
「コイツを倒した正体不明の『正義の味方』がやった干渉空間内の時間軸をずらすって……簡単に出来ること……なのか?」 
「要さん!食べ始めるのが早すぎましてよ!」 
 どんぶりをを取ろうとする要の手を叩く茜。要は舌を出してそのままテーブルの隣のパイプ椅子に腰掛けた。
「干渉空間の維持にものすごい法力を取られますから……僕も何度か連続干渉の実験はやってみましたけど五回目で精神の負荷が大きすぎると言われてヨハンさんに止められてからはやってませんよ」 
「でも不可能じゃないんでしょ?」 
 ラーナから湯飲みを受け取ったアイシャはそう言いながらすでに箸を手に自分の前に置かれたパーコー麺を眺めている。
「五回でアウトなのか?お前の鍛え方がなってないからだな。実を言うとこいつはお袋の得意技でさあ。『官派の乱』で屋敷が官派軍に包囲されたときに暴れまわったからな」 
 さすがに我慢が出来なくなった要が岡持から自分の坦々麺を取り出してスープを飲み始める。要の母の西園寺康子は保安隊隊長嵯峨惟基の剣の師匠であり、『胡州の鬼姫』の異名で知られる剣豪と呼ばれていた。彼女が法術師であることが分かった今、それまでは何度と無く西園寺家を襲ったテロリストの数が急に激減したという話は誠も耳にしていた。
「しかし、こんなに時間軸のずれた空間を制御し続けて無事で済むわけもねーだろ?」 
 餃子の皿を並べるラン。誠も部屋に漂うラーメンのスープの香りに作業を中断してテーブルの席に着いた。
「神前。とりあえずこれ」 
 ランはテーブルの横に積まれて倒れそうになっている雑誌を指差す。しかたなくそれを抱えて部屋の隅においてみたが、そこで一人島田が端末の前を動こうとしないことに気づいた。
「正人。そんなに根をつめても……」 
 一通り配膳が終わったサラが島田の肩に手をかける。それまで激しくキーボードを叩いていた島田の手が止まった。
「そうだぜ、これからが正念場だ。とりあえず力をつけろよ!」 
 そう言って要が再び麺を勢い良く啜りこんでいる。
「別に焦っているわけじゃあ無いんですけどね」 
「焦っていない奴はそんな言葉は吐かないな」 
 シュウマイにしょうゆをかけるカウラの声。ようやく島田は心配そうに見つめるサラに目をやるとそのまま立ち上がって誠達が囲んでいる休憩用のテーブルに常備されている安物のパイプ椅子に腰掛けた。
「しかしまあ、衣類の破片とか見つからないもんかねえ。身元が分かればそこから何とか切り込むって手もあるんだろうけど……」 
 景気良く麺を啜りこみながらつぶやく要。誠もその意見には同意して頷くと真似をして麺を啜りこむが思い切り気管に吸い込んでむせ返る。
「なにやってんのよ!誠ちゃんは」 
 アイシャが咳き込む誠の背中をさする。そして不意に見上げた先に青い表情でチャーシュー麺とチャーハンセットを見下ろして黙り込んでいる島田を見つけた。
「おい、食えよ。力つかねーぞ」 
 心配したようにランが声をかける。島田を気にして箸をつけられないサラが不安げに島田を見つめている。
「今回も手がかりは……」 
「仕方ねえなあ」 
 そう言うともう食べ終わっている要は首筋にあるジャックにコードを刺してそのまま一番近かったランの使っていた端末のスロットに差し込んだ。
「見てな」 
 どんぶりを抱えて近寄るカウラに一言言うと画面が高速で切り替わっていく。
「監視カメラですわね。……それにしては位置がおかしくありません?」 
 茜の不審そうな顔に不敵な笑みで答える要。同盟本部ビルの前に小夏くらいの年の少女が目つきの悪い男に連れられて画面の中に入ってくる。
「こんなの良く見つけたな」 
 カウラがそう言った瞬間、少女から発せられた衝撃波で次々と周りの人物や車、そのほかの障害物が撥ね飛ばされていく。
「勘だよ勘。そこだけはアタシも自信があるからな」 
 一言そう言って微笑む要。しかし誠達には彼女を見るような余裕は無かった。
「これがあの肉の塊に……」 
 そんな低くつぶやくような誠の言葉に、一同からそれまでの歓喜の表情が消える。そして不安定な位置に取り付けられていたらしく画面は転倒し空だけを映し出すようになっていた。
「西園寺、あの少女の写真は?」 
「もうすでに所轄に送ってますよ。さすがにここまで話がでかくなれば面倒だろうが動かないわけには行かないでしょ?それと明石のタコ経由でライラの山岳レンジャーにも転送済み。後は彼らの運にかけるしかないけどね。まあこの情報は証拠性でなんどか検察が裁判で証拠にしようとして認められなかった系統のネットから拾った映像ですからねえ。物的証拠が出てこないと意味無いんだけどさ」 
 そう言うと首筋のジャックからコードを抜いてそのまま呆然としている島田からチャーハンを取り上げて食べ始めた。
「要ちゃん!」 
「サラ。良いじゃねえか。島田もようやく食欲が出たみたいだし」 
 要の言うようにすでに島田はチャーシュー麺のどんぶりに手をやっていた。
「ええ、食欲は出てますよ。当然デザートに西園寺さんのおごりがあるんでしょうからその分も空けておきますから」 
「そうですわね。こんな情報を知っておきながら独り占めなんて……厳罰が必要ですわ」 
「つーわけだ。それ食い終わったら……工場の生協は24時間営業だからな。ケーキ買って来いよ」 
 茜とランの言葉に渋い顔をする要。だが、誰もが煮詰まってぴりぴりしていた空気が変わって晴れやかな表情を浮かべていた。
「分かったよ……ちょっと待った!」 
 要はそう言うとすぐに開いていた一番奥の端末に飛びついた。すぐさまうなじのジャックにケーブルを挿して端末を起動させる。
「おい、どうした?」 
 驚いたランの言葉などに耳を貸すことも無くすばやく切り替わっていく画面をただにらみつける要。
「出てきた!出てきやがったぜ!」 
 そんな叫びに緊張した表情を浮かべたのはカウラだった。
「お前の情報網に何が引っかかったんだ?」 
 カウラが声をかけると作業を終えた要は死んだような目でカウラを見上げる。
「志村の野郎が連絡してきやがった。二時間後に事務所で会いたいとよ」 
 そう言って伸びをする要。きしむ椅子の音。画面には変換ミスの多い端末で打った長文が誠にも見えた。
「さすがにこれだけ話がでかくなったらなあ……あいつ消されるぞ」 
 ランはすぐさま立ち上がった。
「拳銃くらいは持っていったほうがいいわよね」 
「拳銃で済む話で収まればいい方だ。獲物はそれぞれ自分のを用意しろ。そのまま戦闘なんてことも十分考えておけよ」 
 アイシャをせかすように立ち上がった要。誠はただ呆然としていた。
「頼むぜ、法術師!」 
 気を利かせたように島田が誠の頭を叩いた。誠はようやく正気を取り戻して冷蔵庫を飛び出すと更衣室の金庫に拳銃とサブマシンガンを取りに走り出した。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。