スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 低殺傷火器(ローリーサルウェポン) 140

「法術師を狙って来たんですかね。ただ都心じゃ捕まるかも知れないから郊外に来たんじゃないですか?」 

誠の言葉に要は思い切り酒を噴出した。

「何するのよ!」 

顔面に直撃を受けたアイシャは叫ぶと同時にハンカチを探してコートに手を伸ばす。驚いた春子も厨房に飛び込んだ。

「クラウゼさん、これ」 

春子から手ぬぐいを受け取ると顔を拭くアイシャ。その様子をまるで無視しているかのように一人烏賊玉を焼くカウラ。誠はいつものことながら食事中に異常な集中力をみせるカウラに呆れながら隣の要に目をやった。

「都心より郊外の方が良いだって?そんな訳ねえよ。薄暗がりの街の中。作戦行動を取るには都市部の方がやりやすいんだ」 

「さすがに非正規戦闘のベテランは言うことが違うな」 

烏賊玉をひっくり返して一息ついたカウラの一言。要は得意げに再びグラスを手に取る。

「じゃあ、やっぱり今回の法術師ですか?」 

誠の言葉にそれまで騒いでいたシャムや島田まで黙り込んで静寂が支配した。

「普通に考えりゃーそうなるな。飼い主は分からねーが法術師が星なのは確実な辻斬り野郎。そいつの飼い主が相当な馬鹿野郎ならいざ知らず、いままで狂犬を官憲から匿い続けているところから見ても今回の法術師に関心を持ってねー方がおかしいくらいだ」 

ランの言葉に頷くラーナ。ただ不安そうに周りを見るパーラに少しばかり同情しながら誠はそれまで要が焼いていた自分の豚玉にソースをかける。

「最悪のパターンも想定しておくべきね。人斬りと変わった法術師の両方に同時に出会うケース。想定していないと最悪の事態になるわね」 

「アイシャさん。最悪の事態って・・・」 

誠は豚玉を切り分けながら目の前で箸でたこ焼きを半分に割っている濃紺の長い髪の持ち主に語りかけた。

「馬鹿だな。オメエの能力が奪われた状態で人斬りにマンツーマンで対応しなきゃならなくなることもあるってことだ」 

ラムを飲む要の満足げな顔。思わずカウラは目をそむける。

「本当にこういうときは悪い顔をするわね、要ちゃんは」 

「そうか?」 

アイシャの言葉を受け流しながら要は誠の豚玉の半分を奪い取ると自分の小皿に乗っけて食べはじめた。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。