スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 時は流れるままに 12

「起動準備!島田、固定状態はどうだ?」 
 明華の言葉がハンガーに響く。島田は黒いアサルト・モジュール、『カネミツ』の前で部下達のハンドサインを待つ。
「固定状況異常なし!」 
 空気がぴんと張り詰めたように感じられる。それが黒い機体の周囲に浮かんでは消える干渉空間の振動のせいだと気づいたとき、誠はヘッドギアをつけてタイミングを計っている明華の顔に目を向けた。
「よし!ヨハンの方はどうだ!」 
 明華がカネミツの隣に置かれている簡易調整装置をいじっている巨体の持ち主に声をかける。ヨハンはすぐに手を当ててコックピット内部にいる嵯峨の法術展開状況が最適値に達していることを示した。
「よし!じゃあ、隊長!起動開始してください」 
『ハーイ』 
 抜けたような返事をしている嵯峨の姿が一階のハンガーの隣にある管制室に響く。実働部隊の今日の当番の第一、第二小隊。そしてなぜか出てきている第四小隊の面々や、リアナやアイシャ等の運行部の面々もそこにつめていた。
「狭い……」 
 シャムがそう言うので隣に立っていた誠は少し反対に体をひねる。
「神前君……手が当たるんだけど」 
 やわらかい腕に当たる感触とリアナの声に手を引っ込める誠。彼を振り向いてにらみつける要。カウラは画面に映されたくわえタバコでエンジン起動実験を開始している嵯峨を見つめていた。
『とりあえず……現在維持している干渉空間を制御してエンジンのバイパスと連結させれば良いんだな?』 
 嵯峨はパイロットスーツではなく普段の勤務服のままコックピットに座っている。誠も何度か模擬戦の時に相手をしたことがあるが、嵯峨のパイロットスーツ嫌いは徹底していた。
「お願いします。展開率80パーセントを越えた時点で対消滅エンジンの炉を展開空間に干渉させますからそのタイミングを間違えないように」 
 慎重に指示を出す明華。熱気でむせる管制室。彼女は額の汗をぬぐうと後ろで固まっている野次馬達に目を移した。
「暇というか……何というか……」 
「まあ、言うなよ」 
 その隣で同じように振り向いてみせるラン。シャムは必死になって管制用モニターの空いているのを見つけて自分の機体のスペックを再確認していた。
「シャム……だからちゃんとさっきそこらへんの確認をしておけって言ったんだ」 
 ランはいらだたしげに必死に起動手順を暗記しようとしているシャムにため息をつく。
「でも大丈夫だよ。初めてじゃないし」 
「まあ、それでもミスは許されねーぞ。場合によっては神前に乗ってもらうことになるかも知れないからな」 
 そう言ってランは皮肉を言いそうな笑みで誠を見上げた。
『おーい、明華。どこまで出力上げればいいの?』 
 画像の中、嵯峨は余裕で鼻歌交じりである。スロットルインジケーターは順調に上がる。すでに出力は10パーセントを超えていた。
「この時点で05式と互角……化け物だな、こりゃ」 
 要は首筋にコードを差し込んで試験状態をチェックしながらニヤついている。誠も目の前の黒い機体が化け物と呼ばれる由来がよくわかってきた。
「とりあえずノーマルのシステムで対応可能なラインまで回してみてください。そこでデータを取った後で本稼動の試験を行うかどうかの判断をしますから」 
 明華の言葉に余裕でうなづく嵯峨。
「よくまああれほど余裕な表情ができるねー」 
 呆れたというようにランがつぶやく。そして急にエンジン音が途切れた。
「駆動炉を干渉空間に移行したか……」 
 場違いなほどに緊張した言葉に、誠が振り向けばつなぎを着たままのロナルドが親指のつめを口でかみながら画面を見つめていた。
「あんな芸当ができる法術師は他にいないんじゃねーかな」 
 そんなランの言葉にロナルドは大きくうなづく。エンジンの音が途切れて沈黙が支配するハンガー。固定器具の冷却液の吹き上げる音、ハンガーを渡る強い北風の風鳴り、そのような音が響いてまるで何も起きていないかのような錯覚にとらわれる。
『実に静かだねえ……こりゃあ環境にやさしいや』 
 笑う嵯峨。だが、真剣な表情で彼の様子と調査データ見比べている明華にそんな言葉は届くものではなかった。
「ヨハン!データは?」 
『ばっちり取れてますよ……ってこれは干渉空間がでかい!これだけのエネルギー退避領域があれば予定の倍ぐらいまで標準システムで回りそうですけど』 
 ヨハンの声に明華は複雑な表情で腕を抱えて考え込む。
『明華。エンジン回すのは良いけど俺の負担も考えてくれよな』 
 言葉の意味を逆用したように笑っている嵯峨。だが、しばらく考えた後明華は決断した。
「とりあえず30パーセントまで上昇後、そのままエンジンのエネルギーを正常空間内に誘導。停止ミッションに移行する」 
「だろうな。あせって見る必要もねーだろ」 
 明華の判断にランも同意するようにうなづいた。
「なんだよ……中途半端というか……煮え切らないと言うか……」 
 そんなことをつぶやく要をにらみつけるラン。
「わかってるよ。干渉領域に逃げてるエネルギーがエンジンに逆流してきたらドカンと行くって話だろ?確かに急いで稼動状態に持っていく必要も無いわけだし……」 
 合格点の言い訳と捉えたのか、ランはそのまま視線を明華に向けた。
「全てにおいて予想以上というところかしら。隊長!予定出力に達しました。後は……」 
『はいはい、絞ればいいんだろ?早速はじめるよ』 
 嵯峨はそう言うと口に左手を持っていく。それでタバコを口にくわえていないことを再確認するとそのまま大きくため息をつく。
「タバコなら後にしてくださいよ!以前どれだけその臭いで……」 
『すみません。申し訳ないです』 
 おどけたようにそう言うと嵯峨はエンジン出力を絞る。
『こちらも順調です。観測された干渉空間が縮小……エンジン通常空間に出力転移!』 
 ヨハンの言葉が届いたとたん、轟音が黒い機体から響きはじめる。再び機体の周りを制御を離れた干渉空間が覆う。
「つまらねえなあ。もっとやる気の出るようなアクションはねえのかよ」 
 ぼそりとつぶやいた要をランが見上げる。
「なんなら……」 
 そう言ってにやりと笑うラン。明らかにそれは無茶な課題を振るときのランの表情だった。
「遠慮します!全力で遠慮します!」 
 要はそう言ってごまかしにかかる。そんな彼女を鼻で笑うラン。今度は黒い機体から冷却液が蒸発する煙と振動を伴う轟音が上がり始めた。整備班員の一部、耐熱装備を着込んだ一群がそれを見守っている。
「島田!固定器具の冷却液を追加注入!それと各部の発生動力の観測データをこっちに送れ」 
 明華はそこまで言うと隣にあった椅子に腰掛けて勤務服の襟の辺りに指を差し込む。
「疲れましたか、大佐」 
 カウラの言葉に黙って笑みで返す明華。次第に機体の振動は止まり、島田の指示で整備班員達がホースやコードを持ってハンガーを走り回る。勢い良く沸騰した冷却液の蒸気が吹き上がる。作業員の叫び声が響き渡る。
「予想以上。そう言う事だな」 
 モニターを見つめていたランの言葉に明華は大きくうなづく。
「機体のスペックはまだしも嵯峨大佐の能力は予定をはるかに超えている……陸軍の連中はまだ相当隠し事をしているというわけか」 
 ロナルドの言葉。それがアメリカ海軍からの出向者の言葉だけに深みを持って誠の耳に響いた。
「そういうことね。まあ隊長を締め上げてものらりくらりとかわされるだけだから。吉田でも捕まえて問い詰めてみようかしら」 
 部下からコーヒーのカップを受け取った明華。画面にはすでにヨハンの観測したデータのグラフが映し出されている。
「大変だな」 
 ランの言葉に明華は大きくうなづいた。
「今夜は明華達は徹夜だろうな。実験データの整理もしばらくかかりそうだし」 
 冬の早い夕暮れは過ぎて、定時の時報が鳴る。ランは明華から送られたデータとにらめっこをしながら難しい顔でハンガーの隣の制御室に集まった誠達を見回した。
 すでに冷やかしに来ていた第四小隊の面々は帰っていた。データ解析を依頼された吉田は電算室に篭りきり、シャムは亀吉を新たなテリトリーである宿直室に連れて行っているところだった。
「本当に良いんですか?」 
 カウラの心配そうな言葉。ムッとした表情でランがそれを見つめる。アイシャの策で休暇をとらされるということが今ひとつ納得できない表情のカウラ。
「オメー等がいなくても仕事は回るよ。ここ数日は技術部はカネミツのデータ収集で整備の連中の手が回らないだろうからな。司法局の実力行使活動も、今頼まれてもうちは動けねえよ。既存戦力の整備に回す人的余裕なんてねーからな」 
 投げやりな言葉に冷ややかな笑い。とても見た目の子供っぽさとは遠く離れたランの表情に誠も愛想笑いを浮かべる。
「みなさーんこれからはお休みですよ!」 
 突然ドアが開く。そしていつものように突然アイシャが叫ぶ。当然のようにそれをランがにらみつける。
「えーん、怖いよう。誠ちゃん。あそこのちっこい怪物が……」 
 そう言ってすばやく誠の腕にすがりつくアイシャ。
「永遠にやってろ!バーカ」 
 アイシャが誠にまとわりつく様子を迷惑そうな表情で見つめるラン。彼女もアイシャのこういうノリには慣れてきたので無視して仕事に集中する。
「クバルカ中佐。私達の仕事は……」 
 そんな気を使ったカウラの言葉に画面を見つめながら手を振って帰れというようなそぶりを見せるラン。
「ほら!実働部隊隊長殿のありがたい帰還命令よ。カウラお願い」 
 車の主のカウラを見つめるアイシャ。仕方がないというように端末を終了して立ち上がる。何度かランを見てみるカウラだが、ランの視線は検索している資料から離れることはない。
「早く帰れ!すぐ帰れ!」 
 そんなランの言葉に追い立てられるようにして誠達は詰め所を後にした。年末が近く、データを手にした管理部の隊員があちこち走り回っている。
「なんか凄く居場所が無い感じなんだけど」 
 忙しそうな隊員達を見て要は頭を掻いた。さすがに彼等がほとんど誠達に目もやらないことに気がついてため息をついたカウラはそのまま廊下を更衣室へと歩き出した。
 そのまま足早に廊下を走り回る整備班員や管理部員の邪魔にならないように端を歩きながら誠は更衣室へ入った。
「あれ?神前さんは今日は……」 
 中でつなぎに足を通していた整備班の西高志兵長が不思議そうな顔で誠を見つめる。その視線にただため息をついた後、誠はそのまま自分のロッカーの鍵を開いた。
「ああ、アイシャさんがクリスマスと正月というものを過ごしたいということで明日から休みなんだ」 
 どう説明するべきか悩みながらの誠の一言に西は首をかしげる。
「それは聞いてますけど……良いんですか?第一小隊はしばらく動けませんよ。それに引継ぎ業務とかはできるだけ口頭でやるものじゃないんですか?」 
 西の言葉に指摘されるまでも無く誠もそれはわかっていた。
「そんなこと言ってもクバルカ隊長の指示だからな」 
 そう言って言い訳をする誠を不思議そうに見つめる西。そしてすぐにその視線は羨望の色に染まっていく。
「いいなあ、僕達はたぶんクリスマスはハンガーで北風浴びながら過ごすことになりそうですよ。たぶん、ノンアルコールビールとかシャンパンとか買って」 
「お前は未成年だろ?それなら島田先輩とかの方が悲惨だよ」 
 つなぎのファスナーをあげて、帽子をかぶっても遅番の仕事開始の時間に余裕のある西は立ち去ろうとしない。
「それにいいじゃないか。にぎやかで」 
 皮肉のつもりで言った誠の言葉だが、明らかに西の心をえぐるような一撃だった。瞬時に顔が赤くなる。そして大きく深呼吸をした西は視線をそらした。
「それじゃあ失礼します」 
 誠を恨めしそうに一瞥した後、西は肩を落として更衣室を出て行った。
 さすがに西と技術部にロナルド達と同じく出向してきているレベッカ・シンプソン中尉との関係を思い出して少し後悔する誠だがどうしようも無かった。そのままジーンズを履いてダウンジャケットを羽織る。
 更衣室の電源を消して廊下に出てみるが、相変わらず活気のある廊下には隊員が行きかっている。電算室から顔を出した島田がうらやましそうに誠を見るが、そのまま勢い良く飛び出すと、早足でハンガーへと向かっている。
「おう、待たせたな」 
 そんな様子を眺めていた誠の後頭部に軽くチョップする要。ハンガーから吹いている風にカウラのエメラルドグリーンの髪とアイシャの紺色の髪がなびく。
「じゃあ、行きましょうよ。どうせハンガーを経由した通路は邪魔になるだけでしょうから」 
 そう言うといかにもうれしそうにアイシャは玄関に向かう階段を降り始めた。
「でも良いんですか?本当に」 
 誠の不安そうな顔に先頭を闊歩していたアイシャが長い髪を振るようにして見つめてくる。
「大丈夫よ!まず隊員相互の信頼関係を構築すること。そして社会とのコミュニケーションを重視すること。公僕ならば当然でしょ?」 
「そりゃあ理屈だ。でもそれじゃあただの税金泥棒じゃねえか」 
 ぼそりとつぶやいた要を挑発的な視線で見つめるアイシャ。
「そうでもないわよ。今回の『カネミツ』の部隊配備に関する予算はすべて嵯峨家から出てるのよ」 
「でもアタシ等の給料は?」 
 そんな要の突っ込みに首をひねるアイシャ。
「その点は大丈夫だ。全員の有給にはかなり余裕がある。私もクバルカ中佐から消化しろと迫られていたからな」 
 そう言って三人を置いて夕闇の中に消えようとするカウラ。三人はとりあえずは彼女についていくことにした。


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。