スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 時は流れるままに 13

 突然の衝撃に誠は目を覚ました。揺れる視界、そしてすぐ罵声が聞こえる。
「おい!起きろって!」 
 怒鳴りつけてくるのは要。毎日アイシャか要が誠を頼んでもいないのに起こしにくることがカウラの気に障って、先週鍵を取り替えさせられたというのに要は合鍵を作って誠の部屋に侵入していた。
「あの……」 
「なんだよ」 
 誠は魔法少女の描かれた抱き枕を手にしている要からその枕を取り返そうと手を伸ばす。だが、要はそれをまじまじと見つめた後、誠にそれを投げつけた。
「これからお前の実家行くから。準備しておけ」 
 そう突然言われて誠はあたりがまだ薄暗いことに気づいた。
「え?今から準備するんですか?」 
 鈍くしか回転しない頭。時計を見てみれば四時過ぎである。鳥のさえずりもまだわずかにしか聞こえない。どこの高血圧人間かと恨めしそうに誠は要を見上げる。
「今日は世の人々は平日なんだ。早く行かねえと渋滞につかまるだろ?」 
「でも……」 
 とりあえず寝たいという一心が誠に言い訳をさせる。
「実家の家業も忘れたのか?今頃は朝稽古の最中じゃねえか」 
 要に言われてようやく誠は気がついた。実家を出て二年弱。それまでは今の時間帯は朝稽古も始まっている時間である。夏のコミケで道場に泊まった時に、母が健康のためと要達も一緒に稽古につき合わせたのを思い出し納得する。
「じゃあ、着替えますから出て行ってください」 
「わかったよ……って……」 
 要が後ろに気配を感じて振り向く。そこにはすでに旅行かばんまで持っているアイシャの姿があった。
「そんなに荷物もってどうする気だ!カウラの車だぞ。乗らねえよ、そんなもの」 
「大丈夫よ。どうせ誠ちゃんは身一つでしょ?それに要ちゃんはあまり荷物は持たないじゃないの。これくらい私が持って行ったって……」 
 そこまでアイシャが言った時にずるずると旅行かばんが部屋の外に向かって動き出す。突然荷物が動き出して驚いたようにアイシャが振り返る。
「これは後でサラにでも送ってもらえ」 
 ダウンジャケットを着込んだカウラがアイシャのかばんを取り上げたところだった。ものすごくがっかりした表情を浮かべるアイシャ。
「着替えるんだろ?こいつ等は私に任せろ」 
 そう言ってカウラはそのままアイシャの首根っこをつかんで立たせる。要は仕方がないというような笑みを浮かべた後、カウラに引かれるようにして部屋の外へと出て行った。
 大きなため息をついてそのまま着替えを済ませてドアを開けるとそこに仁王立ちしている要。
「あのー、西園寺さん?」 
「じゃあ行くぞ」 
 淡々とそう言って歩き出す要。誠はずっと待っていたのかと呆れながら要につれられて階段を下りていった。


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。