スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 低殺傷火器(ローリーサルウェポン) 160

「言いたいことがあるのはおじさんじゃないの?」 

クリタ少年はそう言うと再び無邪気な笑みを浮かべた。

「自分の能力を把握している勢力はどれだけあるか、東都警察はどう動くか、司法局は?少なくとも図書館の判例集には載っていないお話じゃん」 

確かにその通りだと水島は思っていた。自分の経験など法術と言う奇妙な存在がこの国で知られるようになってからはまるで役に立たない。

会社を解雇され、住む場所を失って居場所を探すのにも苦労して、そしてこうして目的を見つけたとしてもそこには悪意に満ちた会いたくも無い化け物達が待ち構えている。

「僕は・・・どうしたら良いんだね?」 

ようやく搾り出した言葉にクリタ少年はうれしそうな表情を作った。

「ようやく分かってくれたんだね。じゃあ・・・少し待っててくれるかな」 

そう言うとクリタ少年は湯飲みを置いて立ち上がった。黒髪の少女もまた仕方がないというような表情を浮かべて立ち上がる。そしてクリタ少年は背後に干渉空間を展開した。

「とりあえず僕のボスに話をつけてくるから。安心して待っていてくれても良いよ。それと東和警察や保安隊が来たら抵抗しないでそのまま捕縛されても・・・」 

「逮捕されろと?本当に大丈夫なんだね?」 

弱みを握られたような表情で水島は干渉空間に消えようとするクリタに声をかける。

「なに、外交官特権でどうにでもできるから。安心してくさい飯を数日食べていれば自由の身さ」 

「自由・・・ふざけたことを」 

つい本音を水島がこぼしたのを見ると黒髪の少女が初めて見るような素敵な笑みを浮かべた。

「じゃあね」 

クリタ少年の言葉とともに干渉空間は消滅して何も無い部屋に戻る。

「食べる為なら何でもするさ。この国が僕を必要としていないなら僕を必要とする悪魔にでも魂を売ってやるよ」 

つぶやいた水島。そしてそのまま自分の注いだままで冷めている茶をゆっくりと飲み干して立ち上がると手にしてい行政訴訟の判例集のノートを思い切りよく引き裂いた。


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。