スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 播州愚連隊 8

 遼州星系第四惑星『胡州』、その首都である帝都。明石は荷物を地面に置くと懐かしい赤い空を見上げた。今から14年前に帝都大学を早期終業し出陣して以来の帝都は明石には活気に満ちているように見えた。芸州や播州のような鬱屈した敗戦国の雰囲気はそこには微塵も残っていなかった。軍の施設から公用車を呼んだ別所は明石をそこに押し込みそのまま黒田に車を運転させて大通りを走る。
「さすがに帝都やな。人もぎょうさんおるわ」 
 後部座席の窓から街を眺める明石。その前では貴賎、老若、男女を問わず忙しく歩き回る帝都の人々の姿が見えた。
「タコ、これからどこに行くことになると思う?」 
 いたずらをする子供のような顔で魚住が話しかけてくる。その姿に呆れたような表情で助手席から顔を覗かせる別所。
「なんや、海軍省にでも出頭するんちゃうか?」 
 明石の言葉に呆れたような顔をする魚住。
「ならなんでタコの私物をトランクに積んだんだ?海軍省にそのまま住み着くつもりか?」 
 そんな魚住の言葉を聞いて噴出す運転中の黒田。
「おい、監物。言うんじゃねえぞ!面白くないからな!」 
 だが、車が帝都の中心部ではなくそのまま郊外の屋敷町に入った時点で明石には疑問が頭をもたげた。
「この辺りは近衛師団の先任区域で……でも……近衛の連中は陸軍の管轄や思うとったけど……」 
「ぷふっ」 
 ここに来て我慢できずに黒田が声に出して噴出す。
「気になるのう。どこに向かっとる?」 
 さすがにおもちゃにされるのもしゃくで明石は助手席の別所のシートを小突いた。
「お前のことを気に入った殿上貴族の方が貴様をボディーガード代わりに下宿させたいんだと。興味深い話だろ?」 
 別所の言葉で明石の不審は一気に晴れた。この豪勢な貴族の邸宅が続く街。それでも今だ西園寺派、烏丸派の過激派のテロが新聞記事に載らない日は無い状況で明石に一番似合う仕事は用心棒だと自分でも納得できた。
「じゃあ、赤松家か?それとも西園寺……」 
「馬鹿だねえ。西園寺家はタコみたいな無粋な輩には居場所がねえよ。赤松様のお屋敷の方だ」 
 魚住の言葉で行き先が分かると納得して明石はまた外の景色を眺めた。屋敷町らしく警官の姿が多い、人通りも軍港の周りの歓楽街とは違い閑散としている。ただ高級乗用車が行き来する様はこの国の政治が切羽詰った状況にあることを露呈していた。
「裏口から入るからな。黒田、そこの門をくぐれ」 
 別所の言葉で黒田がハンドルを切る。車の存在を察知して自動的に裏門と呼ぶには大きすぎる門が自動的に開く。
 赤松家の裏門。代々西園寺家の傍に仕える名門らしく、裏門とは言え大きな館の玄関前には車止めがあり、庭は手が行き届いて新鮮な緑を明石達に見せた。
「よし、そこでいい」 
 そのまま車を横付けするように言うと別所は真っ先に車を降りた。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。