スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 播州愚連隊 9

 続いて降り立った明石が母屋に目を向けると殿上貴族の邸宅らしい裏門の大きな柱の根元に海軍幼年学校の制服を着た少年が立っていた。
「あれは?」 
 明石が魚住を見るとにんまりと笑う。
「直満(なおみつ)嬢ちゃん!」 
 黒田が叫ぶが、直満と呼ばれた少女はそのまま明石をじっと見た後そのまま走って屋敷の奥に消えていった。
「嬢ちゃん?」 
 黒田の言葉に明石は不自然さを感じた。その表情が面白かったらしく魚住が含み笑いをしている。
「赤松准将の上のお嬢さんだ」 
「でも直満やぞ!変やろ」 
 明石の顔を見ると別所は困ったような顔をした。
「それじゃあ先代の赤松家の当主は?」 
 そう言われて明石は初めて理解した。赤松家は海軍の要職を世襲する武家の名門であるが、先代の時代は男子の相続者が居らず長女の虎満(とらみつ)が家督を相続したことは有名な話だった。『播磨の虎』と呼ばれた彼女は第三艦隊司令として先の大戦で初期の電撃的勝利を手中に入れた猛将として知られていた。
「妙な家じゃのう……」 
 そう言いながらトランクを開けた明石が着替えなどの最低限の荷物を取り出して裏口に立つとそこには直満を従えてすくっと立っている冷たい感じのある女性が明石を見つめていた。
 別所、魚住、黒田達が静かに目礼をする。
「あなたが明石大尉ですね。確かに強そうに見えますわね」 
 紫の小紋。どちらかと言えば落ち着いた色調の着物にその長い髪と目鼻立ちがはっきりとした気の強そうな表情が明石の視線を奪う。
「赤松の親父の奥方様、貴子様だ」 
 別所に耳打ちされて頭を下げる明石。それを見てにっこりと笑う姿に明石は緊張した手足の自由を取り戻した。
「直満!怖くないでしょ。いずれはあなたはこの家を離れることになるのですよ」 
 そう言って貴子が娘の頭を撫でる。直満は母が傍にいると言うこともあり、再び禿頭の大男である明石を見上げた。
「この人……お坊さん?」 
 直満の言葉に別所と魚住が目を合わせる。そして貴子も口に手を当てそれまでの楚々とした様子をひっくり返すような高らかな笑い声を上げた。
「そうよ、この人はお坊さんが本職なのよ。そうですわよね、別所君」 
「ええ、コイツは坊さんになり損ねて今は兵隊をやっていますが、いずれはどこかの住職になる予定ですから」 
 別所の言葉で自分の言ったことが正しいと分かると、初めて直満はうれしそうな瞳で明石を見上げてきた。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。