スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 播州愚連隊 12

「言い出したのは遼南皇帝嵯峨……今はムジャンタ・ラスコー陛下だな。そして内戦中に懇意だった遼北人民共和国も加入の宣言をした。さらに東和共和国まで発足宣言を出しる。そしてそのまま三首脳の連盟の声明で現在遼州星系の各国に参加を要請中だ。大麗と西モスレムは現在事務手続き中、ベルルカンや南方諸島もほとんどが加盟を公言しているぞ」 
 ようやく座布団を取って腰を落ち着けた魚住を明石はめんどくさそうに見つめた。
「なんや、みんな仲良くってことやんか?ええこっちゃ」 
 そう言って再び机に向かおうとする明石の肩を叩く魚住。
「馬鹿野郎!そんな単純な話じゃないぞ!烏丸内閣は加盟に向けての法制度の整備に動き出した」 
「だから良いことやん」 
「いいから、聞けよ。烏丸首相の狙いは地球から押し付けられた身分制度改革の白紙撤回だ。同盟に参加すれば地球から押し付けられた約束は反故にしてもかまわないと言う世論が形成される。そうなれば……」 
「俺達は失業だな」 
 そう言って入ってきたのは別所だった。珍しく気を利かせたように一升瓶を抱えた黒田が続いてくる。
「なんでや?みんな仲良う遼州同盟。仲良きことは美しきかなって言うやん」 
 明石も本気でそうは思ってはいなかったがつい不機嫌にそうつぶやいていた。
「再び敗戦前の貴族の栄光を手に入れようって奴が旗を振っているとしてもか?無理だな。それまで下級貴族が担ってきた官僚制度はすでに平民に開かれている。軍もそうだ。もはや貴族の特権は年金と一部の名誉職の優先権くらいだ。どちらも国家の益になると言うより無駄な出費と言った方が的を得ている。烏丸政権の政策では同盟のお荷物になるのが目に見えているぜ……それ以前に門前払いで『やはり胡州は孤高の大国だ』とか変な自画自賛がネットで駆け回るんじゃないか?」 
 そう言いながら別所が腰を落ち着ける。着いてきた黒田が茶碗を配る。そして酒瓶を受け取った魚住がそれを注いで回る。
「その中心が問題やな……その嵯峨って男はどうなん?」 
 明石はそう言うと別所を見つめた。二年前まで行なわれていた遼南内戦中に別所は嵯峨の動向を探るために遼南に潜入した実績があることは話に聞いていた。
「わからん」 
 それだけ言うと別所は酒を煽った。明らかに理知的な医師の資格を持つ別所らしくないところを見つけて明石はこの冷静な男が焦りを隠せないでいることを見抜いた。
「しかし……嵯峨大佐は本来胡州の軍人だ。それなのになんでそれなら胡州を真っ先に誘わないのかね。烏丸派の貴族の復興が不可能で兄貴も信用が置けないなら同盟参加を呼びかけたら烏丸さんはほいほい付いてくるぞ。しかも西園寺卿は頭の切れる人だ。今胡州に楔を打てば遼南の政治的地位は高まるだろうしな……まあ胡州は加盟を巡り大惨事になることは必至だが」 
 魚住の言葉に黒田も頷いた。権力基盤が脆弱な遼南朝廷にとって外交での成果は政権の、いや国家の存亡にかかわる重大事件のはずである。胡州に同盟参加を持ちかけたとすれば西園寺派が議会を動かして時期尚早で拒否するにしても、烏丸派が治安部隊でも動かして議会を先に制圧して加盟を強行したにしても遼南は不安定な胡州を批判しながら一気に遼州の主導権を握ることができる可能性も残されているはずだった。
 明石はしばらく目をつぶり黙り込んだあと、頭の中で物事を整理した。
「単純に考えようや、どうせ胡州の首相は一人しか椅子が無い。そこに今烏丸頼盛言う人が座っとるが、それより実力のある西園寺基義言う人がそこに座りたいと思っとる。ならどうなる?」 
 明石は噛んで含めるように魚住に言った。そしてしばらく考えた後、魚住は明らかに沈痛な面持ちへとその表情を変えた。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。